海をイメージさせるガウディ建築の世界遺産、カサ・バトリョ(スペイン、バルセロナ)

午前中にサグラダ・ファミリアの階段を登ったり下りたり、午後はミロ美術館で絵画を見て廻り、バスと地下鉄を乗り継いで、
世界遺産カサ・パドリョに辿り着いたのは2月12日の夕方19時でした。もうヘトヘトで、棒が足(笑)。
外だけ見てホテルに帰るつもりしたが、この海をイメージしたといわれる美しい外観を見たら、中に入らずに帰るなんて、できなくなりました(笑)

b0291402_20060130.jpg


1877年に建てられた建物を、1904~1906年にかけて増改築したのがガウディでした。
玄関ホールを入ると、背骨をイメージして造られたという手すりの階段を上ります。

b0291402_20061080.jpg


建物の正面が海面だとしたら、内部は海底や、海底洞窟のようなイメージです。

b0291402_20062059.jpg


全体が同じ色に見えるよう、下から見上げると白色からだんだん上に上がるにつれて、濃い青色にタイル色を工夫しているそうです。

b0291402_20062833.jpg


この外はバルコニーで、全てが曲線で造られてます。

b0291402_20064784.jpg


不思議なオブジェ。タイルやガラスの多くは、地元業者の廃棄物を再利用してるそうです。

b0291402_20065462.jpg


同じくガウディが設計した世界遺産「グエル公園」、にも似たようなオブジェがありますが、タイルを使ったオブジェはガウディの真骨頂。でもこれが何なのか、さっぱり分かりません。

b0291402_20070209.jpg


ここが、カサ・パドリョで一番有名なグラシア通りを見下ろすサロンです。曲線を描いた窓は波を表し、上部の丸いステンドグラスはその飛沫を表現しています。

b0291402_20071238.jpg


階段をグルグル上って、屋上にやってきました。

b0291402_20073118.jpg


煙突や通気口、そして明かり取りのための天窓が突き出てますが、これもガウディらしい設計。

b0291402_20074333.jpg


屋上からグラシア通りを、見降ろして撮ってみました。バルセロナのレストランは20時を過ぎてからのオープンが殆どなので、まだ宵の口。

b0291402_20132484.jpg


最後にお土産ショップ、勿論素通りです

b0291402_20134217.jpg


そして斜め前のカサ・ミラ。こちらもガウディの設計で世界遺産です。既にクローズしてましたが、例え見学できたとしても、もう限界でした(笑)

b0291402_20135149.jpg


いやはや、よく歩きました。しかも階段ばかり。
バルセロナの日記は、あと1回で最終回となります。



by tabi-to-ryokou | 2017-05-14 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26847368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-05-14 16:46
カサ・パドリョに辿り着いたら、もうヘトヘトで、棒が足だった旅プラスさん、こんにちは^^
1枚目の外観を見たら、そりゃあ、中へ入りたくなるのは解ります♪
19時でも開いてるというのがバルセロナでしょうか(^_-)-☆
8枚目の一番有名なグラシア通りを見下ろすサロンは、素晴らしいですね~
曲線の窓、あまり他では見たことないです~
丸いステンドグラスもとてもオシャレ~☆
それぞれ意味があるのですね~(^^♪
グエル公園にもあったタイルのオブジェ、ほんと不思議ですが素敵です~☆
疲れた足で屋上までお疲れ様でした(*^_^*)
食事時間が遅いスペインの旅は、正直日本人にはきつかったことを思い出しました(笑)
Commented by mami-2013 at 2017-05-14 20:47
こんばんは~。旅プラスさん。
カサ・パドリョもカサ・ミラも車の中から
見上げるにとどめてしまいましたが
カサ・パドリョは見学できるのですね。
中も素晴らしいですね!
見学しなかったことを後悔しました。
Commented by aaic5454 at 2017-05-14 21:09
あ、みんなおんなじアングルで写真を撮るねぇ〜
そこの階段やタイルの前、屋上に、
でん母が立ってる写真がうちにあります(笑)
懐かしい思い出の数々。
もう一度行きたいなぁ〜♡と眺めました。
             でん母
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-05-14 21:10
アリスさん、こんばんは
19時なので、もう入れないし、入らないと思いながら、前まで行ったのですが、結局中に入りました。
棒が足なので、ホテル戻るつもりでしたが、ここで俄然、ファイアーファイト!!(笑)
8枚目のサロンが、「地球の歩き方」にも出てましたが、カサ・バトリョを代表する部屋でした。
タイルのオブジェは、「マタ、タイルだ~」というガウディの得意技ですが、
ようく見ると、結構なアートでした。意味不明なアートですが、なんか面白かったです。
この日は、サグラダ・ファミリアを見学して、日記にも書いたシーフードレストランで食べて、飲んで、
私も1時間シェスタをしてから、午後の活動を始めました。
なので、ここまでスタミナが長持ちして、夕飯を食べたのは21時に近かったと思います。
郷に入れば郷に従え、シェスタの国ではシェスタしろが、我が家の家訓ですから(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-05-14 21:18
mamiさん、こんばんは
はい、どちらも見学可能なんですよ。
私は1回目は、サグラダ・ファミリアと、グエル公園と、カタルーニャ音楽堂と、市場くらいしか行ってないのですが、
今回ギリギリで、カサ・バトリョに入れました。
感想としては、サグラダ・ファミリアだけではよく分からなかった、ガウディの才能が、
これでもか、これでもか、と分かります(^。^)
小さな邸宅なので、設計も、建設も、小回りと自由がきいたんでしょうね。
1時間もあれば見学できますが、素晴らしかったです。
いや、ぜひまたお出かけ下さい。
フラメンコを観て、踊る旅なんていかがですか。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-05-14 21:29
でん母さん、こんばんは
あ、やはり、写真は同じでしたか。
ここが撮る場所でしょう。ここで撮らなきゃ後悔するでしょう。
・・・という場所が7・8ヵ所ありましたね(^。^)
でん母さんが、階段や、タイルの前で立ってるんですか。
今度、是非、是非、日記でアップを!!!
サグラダ・ファミリアも、あと9年で完成というところまで、出来上がってるし、行くなら今がチャンスですよ。
私も行けたらまた行きたいと思ってます。
自分はスペイン語をしゃべれるから、行かなきゃあ忘れちゃいますよ。
でもしゃべれるのは、おはよう、こんにちは、こんばんは、さよなら、それはいくら、だけですけど(^。^)
Commented by fumixparis at 2017-05-14 21:50
旅プラスさん、こんにちは〜♪
カサ・パドリョは外観しか見てなかったので
内部のお写真を詳しく拝見できて嬉しいです♡
そうそう、今週バルセロナに3日間出張へ行き
お魚を選んでオーダーするレストランへ行ってきましたよ~!
写真も撮ってきたので、またブログにアップします♪
(時系列的にまだまだ先になると思いますが…)
Commented by umitosora14 at 2017-05-14 23:23
今晩は^^
カサ・バトリョの中、見れて嬉しいです~!
ココは、ツアーの入場観光になってなくて、
夜にホテルからバルに出掛けて、
そのあと、散歩でライトアップされてるカサ・バトリョを見に行きました♪
外観だけでも、すごいって感動しましたけど、
中はもっと凄いですね~
曲線で出来てて、生きているような♪
ご紹介記事、ありがとうございます!
いつの日か、また再訪できたら、ぜひ、中を味わってみたいです♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-05-14 23:24
fumixparisさん、こんばんは
バルセロナにはガウディの世界遺産だけでも、6ヵ所か、7ヵ所はありますから、全部廻るのは大変ですよね。
私は、過去2回の訪問時に、メトロと徒歩で廻りましたが、まだ全部は見ていません。
バルセロナに3日間出張ですか。お仕事とは思いますが、それは羨ましいです(^。^)
そしてあの、「ラ パラデータ」に行かれたんですか。素晴らしい!!
満足していただけたなら良かったのですが。
でも選んでから、オーダーするので、きっと美味しく召し上がったと思います。
ブログのアップを楽しみにしてますね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-05-14 23:35
umiさん、こんばんは
カサ・バトリョ、お待たせしました~(^。^)
umiさんが見たいとおっしゃってたので、早く書こうとは思ってたのですが、
日にちが経ってしまい、思い出しながら、やっと書きました(^。^)
中は見応えありましたよ。
海面や、海底や、洞窟がモチーフで、光の反射が美しかったです。
色は全体的にブルー系です。8枚目の写真が、道路に面したサロンですが、全体的にもこんな雰囲気でした。
ただ、階段の上り下りで疲れます。できればサグラダ・ファミリアの見学とは別の日のがいいですよ(^。^)
Commented by kaorunchoko at 2017-05-15 12:41
❤旅プラスさん こんにちは!
棒が足になっちゃったんですね\(◎o◎)/!
私も、京都に皆さんと別れた後、2か所周り棒が足になってました(笑)
いやぁ~そんな中カサ・パドリョの取材、ありがとうございました!
ガウディ作品は絶対見てみたいので!
こうして、こちらの内部まで紹介いただけ、とっても嬉しかったですヽ(^。^)ノ
本当に独創的な、どれとも違う作風!!!素晴らしいですね❤
成程、タイルの色を工夫しているんですね。。。
どれも曲線・・・って、凄く大変な事ですよね!
職人泣かせのガウディだったんだろうな(^_^;)
何処をとっても、手抜きの無い素晴らしい作品ですね。
何時か此処へ行ける様に、頑張って働こう!!!
そしてツアーを組んでもらおう(^^)vその時は宜しくお願い致しますm(__)m
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-05-15 16:23
kaorunさん、こんにちは
自分が2017年で一番歩いた日が、バルセロナのあの日でした。
今年は、もうあんなに歩くことはないだろうから、自信を持って、今年の最高記録と言えます(^。^)
カサ・バトリョ、素敵でしょう。
ガウディの設計って、没後90年の現在でも、独創的で、楽しさがあります。
おっしゃる通り、職人泣かせだったと思いますが、彼には完成した姿がイメージできてたので、
きっと妥協はしてなかったと思います。
はい、是非、お出かけ下さい。
希望をうかがって、ツアープランナーを引き受けますよ。
Commented by milk--love at 2017-05-15 22:26
旅プラスさん こんばんは☆.。.:*・
はじめまして、milk--loveと申します。
ガウディーって、素晴らしい建築家であると同時に
素晴らしい芸術家でもあるのですね。
あまりの美しさに、感動の嵐です。

先日、ブログにお邪魔させて頂きまして、
旅のお写真やグルメ、街、動物などなど、
素敵なお写真がいっぱいで、もう感動するばかり。。。
これからも、お邪魔させて下さい。
わたしの拙いブログ、見てくださって、イイネをありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-05-16 07:29
milk-loveさん、おはようございます
コメントありがとうございます。
建造物の設計では、ガウディの独創性は素晴らしいと思います。
あと好きな彫刻家は、イタリアのベルニーニ。
画家は多すぎて、名前をあげられませんが、印象派時代に好きな画家が多いです。
そして旅プラスの日記にいらして下さり、ようこそです。
あまり決まったジャンルは無いのですが、365日なにかを書くようにしてます。
私もmilk-loveさんの日記のリンクをいただきました。
こちらこそ、よろしくお願いします。
<< 祭りシーズンが始まりました!!... 場内を沸かせた「泣き相撲」の赤... >>