室谷選手や、他の出場選手たちの練習フライト(幕張、レッドブル・エアレース会場)

京葉工業地帯をバックに颯爽と登場したのは、フランスの貴公子、ミカエル・ブラジョー選手。
現役最年少で、マスタークラスパイロットに昇格した若手のホープです。

b0291402_08350948.jpg



搭乗する飛行機はちょっと汚く見えますが、機体の色は錆を表現したエイジングペイントです。

b0291402_08351979.jpg



オーストラリアのマット・ホール選手が操縦する飛行機は、鮮やかな「COLA」のマーク。

b0291402_08353757.jpg



彼は元オーストラリア空軍所属で、最優秀戦闘機パイロットに選ばれたこともあるそうです。

b0291402_08354654.jpg



フランスのフランソワ・ルボット選手が登場です。

b0291402_08360628.jpg



元フランス空軍の戦闘機パイロットにして、トップガンの育成教官の肩書きを持ちます。
フランス空軍エアロバティックチームに11年間所属したというから筋金入りのパイロットです。

b0291402_08361640.jpg



クリスチャン・ボルトン選手はチリのパイロット。

b0291402_08364285.jpg



元チリ空軍の少佐という肩書きを持ちながら、エアロバティックチームのリーダーも務めます。

b0291402_08404384.jpg



チェコのペトル・コプシュタイン選手は、ナショナル・エアロバティックチームにも所属しています。

b0291402_08410588.jpg



この機体の模様が素敵です。

b0291402_08365601.jpg



SPIELBERGと書いてありますが、オーストリアのF1開催地の地名。映画監督にもいますね。

b0291402_08411560.jpg



さて、いよいよ室屋選手の登場です。

b0291402_08424857.jpg



2016年シーズンは、この千葉大会で日本人初優勝を果たし、2017年シーズンの第2戦、サンディエゴ大会でも優勝しました。

b0291402_08430296.jpg



室屋選手のスピードと、ターンの美しさは、エアレース観戦が2回目の私でも分かります。

b0291402_08431379.jpg



そしてこの2017年シーズン第3戦の千葉大会でも優勝し、母国2連覇を達成しました。

b0291402_08432331.jpg


室屋選手、おめでとうございます。
この日記では他の選手も紹介しましたが、空軍出身のパイロットが居並ぶ中で優勝してしまう室屋選手は凄いと思います。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-10 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26915969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kirafune at 2017-06-10 16:32
旅ぷらすさん

こんにちは!
室屋選手の優勝は本当にすごいですね。
先日、脳科学者の中野信子さんと室屋選手との対談を見て、
はじめて、室屋選手のことを知りました。
無の境地になることへの挑戦、禅の世界にも通じる世界に、
人間の潜在能力の可能性と深さ、不思議さを感じました。
そのすごい世界を止めて
写真で見せてくださった旅プラスさんに大感謝です。
Commented by 3740s at 2017-06-10 17:36
こんにちは
素晴らしい数々のショット

ありがとうございます。
Commented by liebekatzen at 2017-06-10 18:12
こんにちは!
パイロットのみなさんはほとんどが空軍出身だと知って、思わず納得(笑)
道理で操縦が上手なのですね~。
でも、旅プラスさんがおっしゃるように室屋選手ってもの凄い実力の持ち主だと再認識しました☆
生で見ると、その迫力は全然違うのでしょうね。
間近で観戦できた旅プラスさんが羨ましいで~す♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-10 21:31
kirafuneさん、こんばんは
「女性だけの写真展」に参加されたんですね。
いつもながらの素晴らしい活躍に、エールを贈ります。
場所も「富士フィルムフォトサロン」って、素晴らしいじゃないですか。
六本木は会社からも近いので、初日の昼休みに訪問させていただきます。
作品名が「水辺のメロディー」ですか、楽しみです。
室屋選手、ご覧になりましたか。
もう医学的にも説明できないくらいの身体能力です。
なんで、何十分の1秒を、意識してコントロールできるんでしょうね。
下から見てても、ただただ驚くばかりでした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-10 21:40
パテオナベさん、こんばんは
写真には遠景も、拡大もありますが、広い景色は70-300mmの望遠で、
パイロットの顔を狙いに行く時は100-400mmですが、エクステンダーをかまして、
換算では896mmで撮ってました。
しかも三脚無しなので、首から2本をぶら下げて交互に撮影。
首も、肩も、腰も、パンパンに凝って自宅に戻りました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-10 21:53
liebekatzenさん、こんばんは
出場選手は、空軍のパイロットを経験して、教官になったり、
アクロバット飛行のスペシャリストになったり。
皆さんが十年、二十年の飛行経験があるベテランさんでした。
そうなんですよ、その中で互角に戦ってる室屋選手は凄いですよ。
生で見ると、テレビや、PCの動画と違い、首を左右上下に振らないと見えないというのが違います。
モタモタ、観てたら飛行機を見失います。
さらに爆音が凄いです。帰る時に歩いて15分先の海浜幕張駅でも、
ビュイ~~ン、バ・バ~~ンと、音が聞こえました。
このエアレースは、ヨーロッパでは ブダペストと、ポルトガルのポルトで開催されるそうです。
Commented by umi_bari at 2017-06-10 22:04
本当に、大迫力ですね。
一回見たいとは思うんですが、
幕張は遠いんですよ。
見させていただき有り難うございます。
バグースです。
Commented by asahinahikari at 2017-06-10 22:10
こんばんは
やはりこの大会に出向いていましたね〜
昨年この大会のことを知りテレビで見たりして
あの狭いスペースを美しくすごい速さで通り抜けるのを見て
ゾクゾクワクワクしました
室屋選手また優勝〜すごい方ですね
側で見ていて違いがわかる美しいフライトなんですね
あのスピードの飛行機をバッチリ決めて撮れて旅プラスさんも凄いです
Commented by umitosora14 at 2017-06-11 00:08
今晩は^^
迫力が凄いですね!
それがつたわるお写真も、凄いです!
機体のデザインは、オーストリアのが素晴らしい♪
きっと、近くで見ても美しいでしょう^^
そして、室谷選手の飛行は見てても違いが分かるほどなんですね@@
いつか見てみたいです
人の身体能力って神秘的ですね
何十分の1秒で見て判断なんて、不可能って思えることも出来ちゃう
体操選手でも、空中回転中に床の位置とか確認してるとか。数秒で本を読めちゃう速読とか。
本当の能力は、ほとんど眠ったまま生きてるのかも(笑)
Commented by o-rudohime at 2017-06-11 06:39
素晴らしい写真ですね。
まるで静止している飛行機を写したように見えます。
室谷選手の2度の優勝は運が良かったのではなく生まれ持った才能を練習によって引き出せたのでしょうね。
イケメンにもうっとりです。
Commented by yocomilk at 2017-06-11 07:28
こちらにもすみません~(^_^;)
すごい迫力、こんなに写真が撮れたら、見に行くのも楽しいでしょうね!
私は、機体のデザインが色々で、見ていて楽しいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-11 07:41
アラックさん、おはようございます
エアレースと、ブルーインパルスは、どちらも凄いと思います。
エアレースは狭い空間で、飛んでくれるので、ずっとカメラで捉えられますが、飛行機はいつも1機だけ。
比較するとブルーインパルスの集団飛行の迫力と、美しさは圧倒的です。
幕張も遠いけれど、ブルーインパルスを観るために、姫路や、三沢に行くのも大変ですね。
でも贅沢を言えば、1年に1回は、エアレースと、ブルーインパルスの両方を観れればいいなあと思います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-11 07:53
光さん、おはようございます
はい、昨年初めて見て感動したので、今年も行こうと決めてました。
2回目なので、どこから撮影するのが、一番美しく撮れるかとか、
カメラで追いかける方向や、スピードも見当がつくので、昨年よりはNG写真が減りました(^。^)
室屋選手の優勝フライトは、日曜日なので、見なかったのですが、さすがでしたね。
カメラのシャッター・スピードを2000分の1秒にすると、飛行機も止まって見えるんですよ。
私は凄くないけど、最近のカメラの性能は凄いです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-11 08:02
umiさん、おはようございます
オーストリアの機体は、「SPIELBERG」ですね。
こんな塗装は初めて見ました。
台地があり、草原があり、遠くに海が見えて、かすかに船も見えるんですよ。
この機体は、スピルバーグ監督のアイデアじゃないかと推測してますが、真偽のほどは不明です(^。^)
パイロットも、体操選手も、身体能力と動体視力が、ずば抜けて優れてるんじゃないかと思います。
一般人には、真似さえできませんよ。
室屋選手も、体操でメダルをとった日本チームも、まさに「神って」ます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-11 08:11
himeさん、おはようございます
飛行機が止まって見えるのは、最近のカメラの性能の、お陰なんですよ。
シャッター・スピードでいうと、2000分の1秒。
しかも1秒間に、7枚から8枚の連写もできます。
なので、最近は飛行機とか、カワセミとか、走るチーターの赤ちゃんとか、
動くものの撮影が好きになりました(^。^)
室屋選手、凄いです。練習でも本番でも、ゴールすると「只今のタイムは何秒でした」というアナウンスが
あるのですが、室屋選手は54秒から55秒。私が見てた時間の他の選手は57秒くらいでしたから、
もう素質も、実力も違うという印象を受けました。
彼はイケメンですよ。ただ空を飛んでるので、これ以上大きな画像を撮るのは無理でした(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-11 08:19
yocoさん、おはようございます
凄い迫力でしたよ。
真ん前の海で、上・下・左・右に、色鮮やかな軽飛行機が飛ぶんですから、ビジュアル的に素晴らしいです。
そして、そのスピードと爆音。なんかキュイ~~~ン、シュ~~~ッ、ビュ~~~ンという感じなんです(^。^)
写真は簡単ですよ。2000分の1秒にダイアル設定すれば、他は何も必要ありません。
レンズだけは、長目のがいいと思いますが、三脚禁止なので、手で持てるレンズじゃないと駄目です。
機体も、それぞれ違うので楽しいと思います。来年は是非どうぞ。
アルコールも飲めますよ(^。^)
Commented by Photo-Lover777 at 2017-06-11 11:00
こんにちは。朝の日曜特番で放映されていましたが、飛行機好きにはたまらない
空中レースですね。旅プラスさんが、カメラ2台に長尺のレンズを設定し、首に
ぶら下げて奮戦している様子が目に浮かびます。
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-06-11 14:52
飛行機のモヨウガ面白いですね?
風景画のある飛行機にはびっくりです。
室屋選手、素晴らしい方が日本にみえるのですね?存じ上げませんでした(^_^;)
実際に飛ぶところは、音と共に壮観なんでしょうね❗

↓レッサーパンダ…
どの写真も可愛い過ぎて思わず笑いが漏れてしまいます(*^.^*)
特に3枚目の写真に釘付けです♥ 
絶体私を見てますよね?
目が合ってますから…
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-11 16:48
Photo-Loverさん、こんにちは
日曜特番でやってたんですか。
見逃しました。
はい、カメラを2台も首からぶら下げてました。
目立ちますよ~~(笑)
そして、メチャメチャ重たいです。
エアレースの写真はまだ残っていて、あと日記が2回も続くのですが、
「もういいよ」とおっしゃらずに見て下さいね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-11 16:55
sakuramoonさん、こんにちは
風景画のペイントには驚きますよね。
ペンキを機体全面に塗ると、ペンキの重さで機体が重くなるので、民間の航空会社では銀色の金属色が多くて、
ロゴの部分だけ塗ってる会社が殆どです。
なので、あのスピルバーグは重たくなってないのかなあと、つい心配してしまいます。
レッサーパンダ可愛いでしょう。
真剣に見つめてくれるんですよ。
またハルマキちゃんに会いにいきたいです。
<< 花びらが大きな肥後の花菖蒲と、... 私が好きな「ハルマキ」は、中華... >>