只今、スリランカを旅行中(その11)(世界遺産、ゴール旧市街とその要塞群)

旅の最終日はウェリガマのホテルから世界遺産の都市「ゴール」に向かいました。

ゴールは、もともとはアラブ商人たちの中継貿易港として栄えた港町。半島を囲む砦の中が旧市街で写真の手前側、道路から岬沿いに開けたのが新市街です。


b0291402_08385884.jpg


ゴールは16世紀末にポルトガル人が入植し砦が築かれました。
遠くに見える時計塔が、この砦のメインゲートです。

b0291402_08390912.jpg


17世紀に今度はオランダ人がその砦を拡張し、砦の中に街を造り、城塞都市の原形となりました。

b0291402_08392128.jpg


今は砦の上が遊歩道になっていて、地元の人たちの憩いの場になってます。
遠くには灯台と、真っ白いコロニアル風の洋館が見えます。

b0291402_08393261.jpg


ムーン要塞から、カラスと一緒に子供たちが遊ぶ野原を眺めました。
この野原はクリケットの競技場にもなるらしいので、要塞がかなり広いことが分かります。

b0291402_08394913.jpg


砦の上では、プロモーションビデオの撮影でしょうか。

b0291402_08400554.jpg


面白そうなので見てたら、ポツポツと雨が・・・・。全員が走って逃げます。
ここは雨というよりも、スコール。なんとか庇のある建物の下に逃げ込みました。

b0291402_08402079.jpg


スコールも10分くらいで止み、砦から旧市街の町並みの方に移動しました。
途中で見かけた、美人ママと、男の子。

b0291402_08403045.jpg


南国のスコールに遭遇し、びっくりしましたが、走ったのでそれほど濡れずにすみました。
次回は、仏教寺院、イスラムのモスク、キリスト教会が混在するカオスな旧市街です。



by tabi-to-ryokou | 2017-07-13 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/26985511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-07-13 17:40
こんにちは♪
砦の大きさに感動しました~(^_-)-☆
上がお散歩コースになってるとは眺めも良くて素晴らしいです☆
カラスと一緒に眺めた野原、クリケット場ですか?
クリケットと言えば、英国を思い浮かべますが
ここは、かつては、オランダ人やポルトガル人がいたのですね!!
スリランカと言う国の歴史を把握してないので
旅プラスさんの日記で勉強したいと思います(笑)
最後の美人ママさん、彫りが深くてこちらの美人ママさんの典型的な方でしょうか(^-^)
サンダルがイイですね☆いかにも南国仕様です!
Commented by o-rudohime at 2017-07-13 18:37
砦が市民の憩いの場になっているのですね。
日本のカラスと違ってスリムに見えますが・・・このせいかな。
スリランカの人はインド人とはまた少し顔つきが違うように見えますが美人が多いのでしょうかね。
Commented by umitosora14 at 2017-07-13 19:20
今晩は^^
やっぱり、城塞都市が原型なんですね
それにしても規模が大きいです
カラスと一緒に。。。、カラスいるんですね~
インドにいたか覚えてないのですけど、
スペインのアルハンブラの辺りで、ガイドさんに、
ここはあまり暑いから、真っ黒なカラスはいないんですよと。
そっか~あまりに暑いところは、
真っ黒なカラスは生きていけないんだって思った記憶があるんです
インドに近いとはいえ、そこまで暑くないんでしょうか?
って、変なところが気になっちゃいました(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-07-13 21:19
アリスさん、こんばんは
昔の要塞の城壁が、今は散歩コースというのは、ヨーロッパには、いくつもありますが、
ここは散歩はできますが、ぐるっと1周する構造にはなってなかったです。
アリスさ~ん、まだ書いてなかったのですが、ポルトガル(~1658年、オランダ(1658年~1796年)
に統治されて、最後がイギリス(1796年~1948年)の植民地でした。
クリケットはその時代に伝わったんでしょうね。
このような美人さんを、スリランカでは数多く見かけましたが、写真を撮るチャンスがなかなかありません。
幸い親子連れが遊んでたので、撮らせてもらいましたが、美人ママさんの後ろにいた普通のパパさんは
この写真からトリミングして無理矢理消しました(笑)
Commented by haru2721 at 2017-07-13 21:19
こんばんは~

すごい広さですね~
そして、時計台が雰囲気を出していますね。
砦の上の若者、楽しそう( *´艸`)
Commented by umi_bari at 2017-07-13 21:30
現地の方々がいっぱいいると、それだけで
海外旅行へ来たと実感しますね。
嬉しくなりますね、バグースです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-07-13 21:31
himeさん、こんばんは
ゴールの旧市街は、端から端まで歩いても、せいぜい15分。
芝生が多い広場や、海の見える散歩コースというと、ここしかないようでした。
ここのカラスは、日本のカラスよりスリムです。食事が違うんでしょうね。
全然逃げないという図々しさは、日本のカラスと、よく似てました(^。^)
インド亜大陸は、インド人なんですが、ここスリランカの人種は、南インドからきたインド人と、
ここで商業貿易をしてきたムスリムと、土着のシンハラ人が混血してきたので、
インドよりも美しい女性が多かったです。写真を撮るチャンスが少なかったのは残念でした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-07-13 21:48
umiさん、こんばんは
半島の先が全部、旧市街なのですが、端から端までが歩いて15分くらい。
そこに統治してた支配者と、町の人たちが、通りを隔てて暮らしていたことになります。
暑いと真っ黒なカラスがいないんですね。言われてみれば確かに、ここのカラスは真っ黒というより薄い黒でした。
熱帯の鳥は、黒が少なくて、殆どがカラフルですが、カラスだけは異端児みたいな存在でした。
スリランカは、日本の8月の暑さが12ヶ月続くという気温です。
インドのニューデリーは、スリランカよりも夏は5度高く、冬は20度は低くなる感じですが、
モンスーン気候なので、雨季も乾季もあります。
やはり気温が安定してるスリランカのが過ごしやすそうな気がします。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-07-13 22:19
haruさん、こんばんは
この砦の中だけで一つの町だったので、時計台もあり、灯台もあり、
教会もあり、イスラムのモスクもあり、仏教の寺もありました。
勿論、軍の施設も、総督邸もあったんですよ。
機能的にコンパクトだけど広い要塞でした。
若者たち、なんのビデオ撮影だったんでしょうね。ダンスはリズムにのってなかったし、
メンバーの皆さんが、それぞれバラバラでした(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-07-13 22:29
アラックさん、こんばんは
スリランカは北海道の8割の面積ですが、人口は2000万人。
人口密集度は、日本よりはるかに高いです。
国民所得は3万円から4万円で安いのですが、物価は日本の7割くらいだし、
なんてったって、小学校。中学校。高校、大学の授業料はタダです。
内戦が終わってから暴動もないみたいで、平和です。
なんとなく、こういう公園で出会う家族連れは、皆さんが幸福そうに見えました(^。^)
Commented by Photo-Lover777 at 2017-07-14 13:35
こんにちは。スリランカは実情がよく分からなかったのですが、意外と綺麗で清潔
そうですね。ポルトガルやオランダの植民地時代の遺跡は、インドのタジマハール
ように独自の建造物に発展しなかったのでしょうか?国力が違いますもんね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-07-14 15:39
Photo-Loverさん、こんにちは
スリランカは1948年まで300年以上にわたって、他国に統治され、言葉は悪いですが、
植民地として搾取されてきたので、独自の国力や、文化が育まれる機会が無かったのだと思います。
国土も狭いので、インドみたいに富を蓄えた皇帝(シャー)もいなかったようです。
ただ、独立後のスリランカは8%くらいのGDP成長率で、発展した年もあり、
小学校から大学まで無償なので、今後の潜在成長力はありそうに思います。
<< カワセミのパパと息子の、雨の中... 夏色鮮やか、小さなほおずき市(... >>