武蔵野の山野草と湧水の庭(国分寺市、殿ヶ谷戸庭園)

先日、国分寺駅南口から徒歩2分の、国指定名勝、殿ヶ谷戸庭園を訪ねました。
この庭園には、「ブラタモリ」のタモリさんが喜びそうな「国分寺崖線」と呼ぶ段丘崖があります。
礫層から湧き出す湧水を利用した池もあり、武蔵野の面影を残した回遊式庭園です。

ここが入り口。昔は岩崎家の屋敷でした。

b0291402_08381783.jpg



門の右側に「今が旬の草花」という展示を見つけました。

b0291402_08383100.jpg



この親切な案内板があるので、山野草の名前がさっぱり分からない私でもなんとかなります。

b0291402_08384353.jpg



門前で、1人撮影大会(笑)
オミナエシです。

b0291402_08390190.jpg



メチャメチャ、小さな花でキツネノマゴ。花の直径はせいぜい2mmです。
名前の由来は、花穂の紡錘形の形をキツネの尻尾に見立て、小さな花を、まとわりつく孫に例えたという説があります。
情けないことに花のピントが甘いです(笑)

b0291402_08391571.jpg



ヒメヤブランは、キジカクシ科ヤブラン属の小形の多年草。やはり花の直径は2~3mmです。

b0291402_08392934.jpg



そして、レンゲショウマのツボミです。

b0291402_08394520.jpg



入園券を買い、中門をくぐると、雑木林の緑と、芝生の緑がまぶしい庭園です。


b0291402_08400013.jpg



オニユリや、キキョウが咲く小道を通って、茶室に向かいました。

b0291402_08401223.jpg



茶室の紅葉亭から眺めると、石段を降りた下のほうに湧水が湧く次郎弁天池が見えます。

b0291402_08520843.jpg



丸石の段々を降りると、崖の上には紅葉亭が臨めます。

b0291402_08522256.jpg


次郎弁天池の周囲は、鬱蒼とした樹木に覆われ、昼なお暗く、湧水でジメジメしています。
そういう場所はレンゲショウマが好む環境で、次回は野生のレンゲショウマをお届けします。





by tabi-to-ryokou | 2017-08-04 16:00 | | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/27027115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-08-04 17:24
鬼ユリ素敵です。
何故に鬼ユリ?
去年汗が吹き出る暑い日に久能山東照宮へ出掛けました。
途中大きな鬼ユリに遭遇し、暑さを吹き飛ばすくらい感動したのを思い出しました。
花の力は偉大ですね🎵

芝生の青さが涼やかで気持ち良い庭園ですね(*^_^*)
Commented by ayayay0003 at 2017-08-04 18:30
こんにちは^^
今日は、オ二ユリ続きですーーー(^-^)
林の中に咲くオ二ユリはお見事です~☆

こちらの庭園は、拝見するのが3度目です☆
昨年はお盆休み中の訪問でしたが、
今年は、山野草という大きなテーマで訪れられたのですね♪
どのお花も直径2~3mmの小さなお花、
写真的には難しいです~
私が覚えてる名前はオミナエシくらいです(笑)
あ、それとレンゲショウマ~♡
蓮華(蓮)と似てるのとサラシナショウマの葉に似てるから名前が付いたと旅プラスさんに教えていただきました!
て、昨年の日記を再度読ませていただきました~(^-^)
次回の野生のレンゲショウマ、楽しみです~(^_-)-☆
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-04 21:04
sakuramoonさん、こんばんは
鬼ユリなんですよ。何故に鬼ユリ???
赤橙色の花びらとそれに対比する不気味な感じを与える黒い斑点模様が「赤鬼」を思わせることに由来するとか。
でもまあ、確かに不気味だと思われても仕方がありません。
英語では花の色合いや風格から連想されて「tiger lily(タイガーリリー)」と呼ばれます。
日本でもタイガーリリーと改名してあげたいけど、鬼ユリに慣れ親しんだ愛好家からは反対と言われるでしょうね(^。^)
野生の鬼ユリに偶然出くわしたらびっくりするでしょうね。
でもよく見ると色は派手ですが、清楚な花です。
真夏の汗が吹き出る暑い日は、こんな散歩もいいと思いました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-04 21:17
アリスさん、こんばんは
私も、アリスさんの、オニユリに続きました。
・・・・と言っても偶然なんですけどね(^。^)
ありがとうございます。その通りで掲載は3回目です。
直径2~3mmでも、100mmマクロなら簡単に撮れるだろうと思って撮りましたが、
どうしてもピントが合わないのです。ピントを絞ってF値を10とか18とか変えても合わず、
撮影中ですが、慌てましたよ。直径7mmのレンゲショウマの蕾はピントが合ったのですが、2~3mmは難しいです。
恐らく、週末にサギソウの取材に行きますが、これでピントが合わなかったら、レンズを修理に出します。
でも、ひょっとしたら自分の腕の問題なのかもしれないので慎重に判断します(^。^)
はい、次回はレンゲショウマです。昨年との違いは、昨年は蚊がいなかったのに、今年は蚊がブンブ~ン。
参りましたよ。ササッと撮って10分で引き上げました(^。^)
Commented by chocoyan2 at 2017-08-04 21:30
この庭園はちょっと気になっていたのですが
未だに行ったことがない場所です。
のんびりと散策するにはとても素敵な感じのところですね(^^)
そして、レンゲショウマが咲いているのですか!
いつも御岳山まで撮りに行っていますが
こちらの方が行くのは簡単ですね(^.^)
御岳山のレンゲショウマもそろそろ見頃でしょうか。
大好きな花なので楽しみです(^^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-04 22:50
chocoさん、こんばんは
私もこの庭園を初めて訪ねたのは2年前でした。
その時は、「都立の9庭園」をネットで眺めていて、8庭園は、何回も訪問してるのに、
この「殿ヶ谷戸庭園」だけは、訪れてないことに気づき、確か紅葉シーズンに訪問しました。
あ、残りの8庭園は「庭園へ行こう」というサイトで検索できます。
場所はJR国分寺駅から徒歩2分なので、JR御嶽駅からバスと、ケーブルで行くよりはるかに楽です。
御岳山のレンゲショウマはもう咲いてますよ。もちろん、写真撮るなら断然御岳山です。
殿ヶ谷戸庭園は、つぼみが50個はありましたが、咲いてる花は常時2輪か、3輪という感じでした。
最近、昭和記念公園までは足が軽いのですが、そこより先は遠くて遠くて、足が重たくなるんですよね(^。^)
Commented by umitosora14 at 2017-08-05 00:59
今晩は^^
岩崎家って、都内に旧岩崎邸庭園ってあって、大きな洋館もありましたよね?
で、こちらにもお屋敷、凄いですね@@
そして、中の芝生の広いこと!
人が小さくて、ビックリですw
この芝生のお写真、とても好きです♪
山野草は、私も全然分かりません^^;
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-05 07:50
umiさん、おはようございます
都立の9庭園のうち、旧岩崎邸庭園、殿ヶ谷戸庭園、清澄庭園は、岩崎家が所有していた屋敷でした。
さすが三菱財閥の創業者一族です。
芝生の写真ですが、あのお2人が歩いてる道が本当の順路。
私は先に茶室から次郎弁天池に行き、そこでユーターンして入り口に戻ってきたので、
実際には庭園の半分しか歩いてないわけです(^。^)
山野草は、近所に咲いてないと、なかなか覚えられません。
私の場合は近所には咲いてないので、車で10分の向島百花園の、年間パスポートを買って通えば、
1年でかなり覚えらると思いますが、今のところまだ面倒くさくて、その境地には達しておりません(^。^)
Commented by kaorunchoko at 2017-08-05 09:29
❤旅プラスさん こんにちは!
お江戸は沢山武家屋敷跡があり、素敵な庭園がありますねから♫
湧水を利用した池ですか!それは良いですね!!!
確かに思想、断層、タモリさん好きですもんね(笑)
草花・・・確かに草花だ・・・キキョウとオミナエシ、ツワブキ
そしてレンゲショウマだけ知っていました。約半分か!
レンゲショウマ蕾で残念でしたね。。。お山の陶芸教室で一度だけ見た事があります。
可憐な紫の花は美しかったです。
次回の野生のレンゲショウマ、楽しみに待っていますね!
芝生の緑、とても丁寧に管理されていて、池や緑も多く都会の中のオアシスですね(*^^)v
最後のオニユリは、アリスさんの所とほぼ一緒のアップでしたね!
とっても綺麗ですよ~♫
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-05 16:51
kaoruさん、こんにちは
お江戸というと、昔は今の東京よりも、はるかに小さくて23区内のごく一部だけでしたが、
明治・大正になると、どんどん地方から人口流入があって江戸は拡大を続け、
当時の金持ちは半日で行けるあたりに別荘を建てたそうです。
現在の軽井沢が、昔の国分寺あたりだったんですね。
ブラタモリでも2010年ごろだったと思うのですが国分寺を歩いたことがあるんですよ。
古地図があったのかどうか、この庭園の断層に来たのかどうかは記憶がさだかでありません(^。^)
山野草の半分知ってるだけでも凄いです。レンゲショウマは次回にお花が登場しますが、
確かに可憐で可愛い花なので、南千住から国分寺まで出かけた甲斐がありました。
今日は国分寺駅から駅にして四つくらい先の西立川まで行って、サギソウと、ナツズイセンを撮影しました。
ナツズイセンが満開で綺麗でしたが、おそらく明日の日記に間に合うと思います。
<< ネコ好きにはたまりません、チー... スリランカの、ここは見ておきた... >>