スリランカの、ここは見ておきたい(その16)(象の背中はユラユラ、イテテ~)

7月4日、スリランカの3日目です。

この日の予定は、象に乗っての観光、世界遺産の岩山登山、世界遺産の黄金寺院の観光。

5人がかりで、象の背中に籠を乗せようとしています。本当、大丈夫なの、この象?(笑)

b0291402_17031677.jpg



藤か、竹の籠を予想していたら、ただの鉄パイプの囲いで、下は固いロープだけ。

b0291402_17032951.jpg



私は3mくらいの高さの櫓で待ち、近づいて来る象に乗りこみます。影は写真を撮ってる自分。

b0291402_17034385.jpg



最初は揺れるので、鉄パイプにしがみついてるだけ。写真も撮れなかったのですが、象が止まった時に咄嗟に撮ったのが、この写真。
これお尻じゃなくて、象の頭です。

b0291402_17035683.jpg



ハスの田んぼのようなとこにやってくると、象遣いの2人は木陰で煙草を吸いながら一服です。
4人は乗れそうな籠ですが、ロープがお尻に食い込みイテテ。座布団くらい、ないんかい。
象と、私だけが、このハスの田んぼを1周してますが、暴走したらどないすんねん(笑)

b0291402_17040797.jpg



ここは足元が水なので、象もゆっくり歩いてくれて、はるか遠くのシーギリヤロックが見えました。
意外と低いじゃない!!、なんてこの時は思いましたが、あとで泣きを見ます(笑)

b0291402_17041841.jpg



出会った観光客、え~、こんな乗り方ができるの。バランスを崩したら地面に真っ逆さまですよ。私なら恐くてこんな恰好では乗れません。

b0291402_17043052.jpg


帰り道です。バスに抜かれ、乗用車に抜かれ、メチャメチャ皆さんの通行の邪魔になってます。

b0291402_17044339.jpg



さんざん悪態をつきながら揺られてきましたが、ようやく出発した場所に戻り、櫓に乗り移りました。
踏ん張ってた腕も、足も痛いし、このロープのお陰でお尻も痛いし、それでもまだ写真を撮ってます。

b0291402_17050383.jpg



いやはや、象は大人しかったのですが、乗り心地の悪い籠で、ユラユラ、イテテ~、ユラユラ、イテテ~でした(笑)
まだちょっと、ヨロヨロしてますが、シーギリヤロックに向かいます。

b0291402_17051372.jpg


次回は、いよいよ岩登りです。



by tabi-to-ryokou | 2017-08-11 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/27039962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-08-11 16:35
こんにちは♪
この鉄パイプの籠は、ちょっと乗り心地悪そうですねー!!
中にお座布団があれば良かったですが
スリランカには、なかったのかも?(^^;)
そう言えば、私がタイで象に乗った時も3メートルぐらいの足場のようなところから
象に乗ったと思いますが、竹籠にお座布団のようなものがあったかも?
乗り心地、そう悪くはなかったですよ(^-^)
下から四枚目のお写真のように怖そうなことはなかったです(笑)
旅プラスさんが、象に乗っているお写真がちょっと見たかったです~☆
登山の様子、次回を楽しみにしていますヽ(^。^)丿
Commented by Photo-Lover777 at 2017-08-11 17:37
こんにちは。せっかく、スリランカに行ったのだから、象さんにも乗りたくなりますね。
馬もそうですけど、象の背丈に自分の座高が加わるので、2mはゆうに超えるでしょう?
結構、高くて怖いですよ。私もタイで家族旅行の時、乗りましたが、高かったです。
ちょっと偉くなった気分になりました。
Commented by umitosora14 at 2017-08-11 17:44
こんにちは^^
象の籠、せめて下に何かクッションになりそうなもの、欲しいですね^^;
ロープにじかに座るのは、痛いでしょう><
わたしも、何かに乗れるなら何でも乗ってみたいタイプ。
でも、象に乗るチャンスに遭遇したら、
どんな乗り物かチェックしてからにします(笑)
Commented by umi_bari at 2017-08-11 18:34
象の観光も大変ですね、象使いがいなくて、
蓮の池を一周ですは、あり得ませんね。
アラック、怖くて出来ません。
岩山、厳しかったのですね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-11 21:22
アリスさん、こんばんは
お盆休みの1日目はいかがでしたか。
私は6連休。今日は多摩動物園のチーター3兄弟でした。
明日は名古屋の東山動物園で、シャバーニのファミリーと1年ぶりの再会予定です。
スリランカは国全体で、座布団がないのかもしれません(^。^)
旅行中に、スリランカでは座布団も、クッションも見たことないですから。
タイなら東南アジアだから座布団は、有るでしょう。
世界中で座布団がある地域と無い地域の境界線を書いてみたくなりました(^。^)
下から4枚目ですが、ちょっとでも象がダンスしたら、絶対に転げ落ちます。
恐いですよね。私はもう、象はコリゴリです(^。^)
全然心地よくないし、道路を歩いてる人や、バスの乗客からジロジロ見られるし。とんでもないゾ~でした(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-11 21:33
Photo-Loverさん、こんばんは
象はガイドから、絶対に乗ったほうがいいと勧められました。
彼が勧めてきたのは、象と、エステと、土産物屋。
エステと、土産物屋は全く興味が無かったので、象に乗ることになりました。
でも、予想と違い、こんなに乗り心地が悪くて、両手を手すりから離して写真を撮ることさえ大変だ、
なんて思わなかったです。
アジア象なんですが、そうですね、背中までが2m以上ありました。
もう歩き始めたら、止まれも、進めも、象遣い次第。
私は黙って乗ってるだけで、アレヨ、アレヨ、早く帰りたい、でした(^。^)
こういうのも旅の体験ですね。私はラクダのが、はるかに「らくだ」と思いました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-11 21:43
umiさん、こんばんは
そうなんですよ。写真5枚目のロープを見ていただけましたか。
この上に座って、あとは「時の流れに身を任せ~~♪」じゃなくて
「象の動きに身を任せ~~♪」ですからとんでもないですよ。
お尻が痛いし、両手は鉄パイプを握りしめてないと危ないし。
かれこれ20分だったでしょうか。
修行というより苦行の時間でした(^。^)
もし乗られるなら、象じゃなくて、ラクダか、ロバのがいいです。鞍があるので、ロープじゃありません。
明日の名古屋が涼しければいいのですが。
例え35度の暑さでも、シャバーニに会いに行くことにしました(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-11 21:50
アラックさん、こんばんは
象とお客さんだけで、蓮の池を一周させるって、怖くないですか。
私はマジで怖かったです(^。^)
でも、象はこの蓮池を一周するというのを、毎日何回もやってるみたいで、
ゆっくりと廻ってくれました。
道中、一般道の時は緊張して、セカセカ歩いていた象ですが、ここだけは、
マイペースで、自分のペースで散歩してくれたみたいです。
次回は200mの岩山登山です。
厳しいの最上級、メチャ、マジ厳しいでしたよ(^。^)
Commented by kaorunchoko at 2017-08-12 13:15
❤旅プラスさん こんにちは!
覚えていますよ!象の背中は痛いと、現地からのアップがありましたよね。
確かにこの状態では、ロープがねぇ・・・(笑)
座布団!そうそう!座布団が絶対欲しいですよね(笑)
私の場合肉座布団があるから、大丈夫かも知れませんがね・・・(^_^;)
出会った観光客のカップル!私もこれはちょっと怖いかも・・・
帰り道!普通に自動車が走る道を象の行進がつづくんですね!
ウゥ―ンこれもちょっとね(笑)
って、事で、もしもこの先象に乗るチャンスがあったとしても、
よ~っく考えますね(^_-)-☆
続いての岩登り。。。いやぁ~暑い中のこの高さ!
旅プラスさんの体力は素晴らしいと思いましたよ!続きも楽しみです。
そして、チーター3兄妹のその後もメッチャ楽しみです(*^^)v
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-12 23:11
kaoruさん、こんばんは
写真を見ていただけると分かりますよね。
あのロープが、お尻に意地悪で、優しくないんですよ(^。^)
そうそう、私の場合、肉座布団がないので、分けて欲しい(笑)
帰り道も、バスに乗ってる子供たちが手を振ってくれたのですが、
象は公道を歩く時は、緊張するのか、足が速くて、籠が揺れるんですよ。
手は振り返しても、顔は引きつってたかもしれません(^。^)
昨日がチーター3兄弟、今日が名古屋のシャバーニでした。
体力ないわりに、お盆休みなのでスパートをかけてます(^。^)
明日は深川八幡の水掛け祭りが、3年に1回の本祭。
明日も取材が続きますが、濡れてもいい服装で頑張ってきます(^。^)
<< チーター疾走(多摩動物園)、そ... 森の妖精、レンゲショウマの花(... >>