プレバトなら間違いなく凡人ですが一句:「江戸っ子の  粋を伝える  水飛沫」(深川八幡祭り)

8月13日、日曜日、東京の天気は晴れ、最高気温は31度で心地よい水掛け日和り。

今年もこの日がやってきました。江戸3大祭りの一つに数えられる深川八幡祭りは、2017年が3年に1度の本祭り。
大神輿53基が沿道からの清めの水を浴びながら8kmのコースを練り歩きました。

9時30分に1基目がやってきました。「木場五」と書かれてるので木場五丁目の神輿です。
連合渡御の順番は抽選ですが、総代が1番を引き当てたとか。全員が張り切りますよね。

b0291402_08545505.jpg



私がいつも神輿を待つのは、大江戸線と半蔵門線の清澄白河駅のすぐ近く。背景が都立清澄庭園の樹木なので、放水が引き立ちます。

b0291402_08552578.jpg



2基目の担ぎ手は「中木場」の皆さん。ここで神輿を高く差し上げます。

b0291402_08555591.jpg



「中木場」は町名では無く、材木屋が多かった木場の呼び名で、実際は木場3丁目あたり。中木場と、下木場が連合渡御に参加しています。

b0291402_08562538.jpg



3基目、深川1丁目の差し上げです。かなりの力がいるし、バランスも難しいので、全ての町会がやるわけではありません。

b0291402_08570157.jpg



4基目は、江東区冬木の神輿。神輿も美しいけど、半纏の赤い文字も美しい。

b0291402_08573109.jpg



8kmの距離を担ぐので、一つの神輿に400人から600人が必要と言われます。
勿論、小さな町会だと、それだけの住民がいないので、応援も呼ぶことになります。

b0291402_08581047.jpg



「下木場」の神輿です。青空に溶け込む白い放物線。

b0291402_08584069.jpg



ラストは「深川二南」です。放水の写真で少しは涼んでいただけたでしょうか(笑)

b0291402_08591125.jpg


神輿はまだまだ続きますが、神輿を近くから撮りたいので、ここで場所を移動しました。
水を浴びない安全地帯から、浴びる可能性がある危険地帯での写真を、次回はお届けします。





2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真



by tabi-to-ryokou | 2017-08-14 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/27048795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ei5184 at 2017-08-14 16:40
TVのニュースで観ました!
夏ならではのお祭りですね~
観ていて涼しく感じますが、担ぎ手は汗と水で(笑)
Commented by rui-asami at 2017-08-14 17:47
母は深川育ちで、小さい頃良く清澄公園で遊んだということを聞いていました。
私が住んでいたのは大井町線の下神明だったので、
こちらの方面に行くと言うのは余りなかったんですが、
こんなに凄いお祭りがあるんですね。
近年気になっていて、庭園のあたりをブラブラしています。
旅プラスさん良くご存じですね。
今度お祭りがある時に行ってみたくなりました。
そして東京の下町も、もっと知りたいと思っています。
Commented by umitosora14 at 2017-08-14 19:45
こんばんは^^
水掛祭り、暑い夏にはぴったりのお祭りですね!
青い空と緑の背景で、美しいです♪
差し上げって、屋台の重さがかなりあるから、難しいんですね。
そうそう、屋台って、たっぷりのお水が掛かってしまっても、
大丈夫なんですね@@
こういうのって、濡れちゃいけないってイメージなんですけど^^;
続きの危険地帯でのお写真、楽しみにしてます!
Commented by Photo-Lover777 at 2017-08-14 20:11
こんばんは。水掛け祭りは、真夏のお祭りに相応しい行事ですね。ハッピ姿は
男の心意気を感じる1番のスタイルです。大阪では、岸和田のだんじり祭りが
男らしい祭りです。何回か行きましたので、写真、探してみよう〜〜〜〜。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-14 20:47
eiさん、こんばんは
人出は観客、担ぎ手合わせて50万人というのが主催者の発表です。
江戸の三大祭りだし、水掛け祭りなので、主催者の「水増し」もかなりあるかと(^。^)
開催日は8月15日前後の日曜日と決まってるので、毎年30度超。
神輿を担いでると、「もっと水掛けて!!」という暑さだと思います。
担ぎ手は汗と水、カメラマンもノロマだと、水をたっぷり浴びせられます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-14 21:08
ruiさん、こんばんは
きっとruiさんの母上は、この深川の水掛け祭りを、毎年楽しまれたと思いますよ。
氏子町会から53基の神輿が出て、それぞれに400人から600人の担ぎ手ですから、
町内会の青年部は、3ヵ月くらい前から準備や、担ぎ手の手配で大変だと思います。
370年の歴史があり、深川の住民に脈々と受け継がれてきた伝統行事ですからね。
あともう一つあるのですが、江東区木場の角乗りはご存知ですか。
こちらは東京都指定無形民俗文化財ですが、木場公園の専用池で見事な技が披露されます。
私は毎年参加してますが、開催日は江東区のHPを参考にしており、今年は10月29日です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-14 21:24
umiさん、こんばんは
毎年8月15日前後の日曜日なので、例年はもっと暑いのですが、昨日はそんなに暑くもなく
担ぎ手も拍子抜けだったと思います(^。^)
青い空と緑の背景は、8kmのコースでも、この清澄庭園前が一番なんです。
本祭は3年に1回なのですが、その3年に1回は必ずここにきて撮ってます。
あとの2年は連合渡御がないので、深川八幡に近い永代通りで撮ってます。
ここの神輿は濡れても大丈夫に造られていて、10年で締め直し、20年で総修理をすれば
50年は使い続けることができるそうです。
神輿を担ぐのは、神様と、歴史を担いでるようなもんですね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-14 21:34
Photo-Loverさん、こんばんは
やはり神輿とハッピは心が躍りますね。
53町会が、それぞれの神輿と、それぞれのハッピで連合渡御を行うのですが、
最初の1番が出てから、53番が出るまでに2時間もかかります。
沿道でビニールプールに水をためて待ってる地元住民も、
先頭が来たらあとは2時間、水を掛けっぱなしの重労働(^。^)
担ぎ手も、水を掛ける住民も、カメラマンもきつい祭りですが、全員が水を浴びても楽しい祭りです。
私は今回は、たくみに避けてたので、自分も、カメラも無事でした(^。^)
だんじり祭りはテレビでしか見たことありませんが、勇壮かつ危険もある祭りですね。
あの「やりまわし」には、いつもヒヤヒヤしますが、撮影もきっと大変でしょうね。
Commented by umi_bari at 2017-08-14 21:41
暑さを吹っ飛ばす、粋でいなせな夏祭りですね、
カメラは心配ですが、水の迫力にバグースです。
アラック、お祭りには縁がないんですよ。
Commented by chocoyan2 at 2017-08-14 21:52
こんばんは(^^)
凄い水掛けですね!
これは夏ならではのお祭りですね♪
でもカメラマンにとっては天敵かしら(^.^)
ポジションもさすが!
考えられた構図、楽しませていただきました♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-14 22:45
アラックさん、こんばんは
昨日の撮影場所は、片側2車線、両側4車線の清澄通りという大きな通りでした。
車は全面通行止めで、神輿は奥から2車線目。私は手前の3車線目と4車線目があっての
歩道からの撮影なので、神輿は遠いけど、放水の水はここまで来ないという安全地帯でした。
過去は反対側で被弾してカメラを濡らしたことがありますが、今はベテランなので慣れてます(^。^)
やはり下町は祭りがあって、町内会の連帯感が保たれます。皆さん祭り好きですよ。
私も20年前に下町に越してきてから祭りが大好きになりました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-14 22:59
chocoさん、こんばんは
狭い道では地元の住民が、タライや、子供用のビニールプールに溜めておいた水を掛けますが、
広い道路では、消防隊員がホースを使って放水します。
これがまた凄いんですよ。担ぎ手の全員に頭からぶっかけます(^。^)
上手な消防隊員は、うまく霧雨状にして、空から落としますが、
下手な消防隊員は観客への誤爆もよくあり、要注意なんです(笑)
以前、間近で撮ろうとホースを持ってる消防隊員の真後ろで撮ってたら、
ホースがぐるっと回って、後方にいた全員がもろに誤爆を受けました。
その時は服も濡れたけど、カメラもびしょ濡れ。でもシャッターはおりたのでセーフでした。
真夏なので服は2・30分で乾きましたよ(^。^)
下町の祭りを撮り続けて、はや10年。
祭りごとの、ベスト撮影ポイントを、小冊子にして発行したいくらいです(^。^)
Commented by kaorunchoko at 2017-08-15 13:26
❤旅プラスさん こんにちは!
今年も水掛祭り、見せてもらえて嬉しいです(*^^)v
あら!?プレバト見てるんですか???
私もほとんどTV見ないんですが、ジムで歩く時には、TVが友達なので見てますよ~
これ結構面白いですよね!ジムではその時のTV番組によって頑張れる日、
もうイイヤ。。。の日がある私です(笑)

いやぁ~今年も迫力ある水飛沫!
撮る場所にも意味があるんですね!清澄庭園の樹木を背景に…なるほどφ(..)メモメモ
3枚目の左側水のアーチが綺麗ですね。
これから危険地帯での撮影写真のアップですね(*^^)v
楽しみ!楽しみ!やっぱ夏はこの水掛祭りを見なきゃ~♫って。。。
取材は何時も旅プラスさんですけどね(笑)次回のアップ待ってま~す!
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-08-15 14:57
kaoruさん、こんにちは
ジムで観てるんですか。この番組は最高に面白いですよね。
私は木曜日に録画して、金曜日の夕飯の時間に晩酌しながら観てます。
「これ、意味がわからん」とか、「季語がだぶってるよ」とか、評論家を気取って観てますが、
夏井先生の解説と添削は凄いですね。やはりプロは違うと、いつも感心してます。
はい、水飛沫を撮るなら、背景が暗くないと目立ちません。
清澄庭園の鬱蒼とした樹木はぴったりなんですよ。
次回の写真は危険地帯からです。
近づけば近づくほど、水難の危険も多く、神輿美人も多い(^。^)
今回はびしょ濡れになることもなく、無事にメトロで自宅まで帰りました。
<< 江戸の文人の協力を得て造られた... 1年ぶりのシャバーニ・ファミリ... >>