スリランカの、ここは見ておきたい(その19)(世界遺産・タンブッラの石窟寺院)

7月4日、スリランカの3日目、気温は31度。
午前中はシーギリヤロックに登り、ホテルに戻ってから昼食をとり、ゆっくりと休憩してから、夕方に2件目の世界遺産を目指しました。

スリランカでも有数の石窟寺院は、岩山の頂に5つ並んでいて、壁画や仏像の美しさと歴史的な価値からユネスコの世界遺産に指定されています。

b0291402_07330837.jpg



第1窟は「神々の王の寺」と言われる最古の石窟で、2100年前に造られました。
この色彩鮮やかな壁画が2100年前のものだとすると、凄いことです。

b0291402_07334696.jpg



壁と同じ自然石に彫られた約14mの涅槃仏。黄金色に染められてました。

b0291402_07335889.jpg



第2窟は、ダンブッラ最大の洞窟で、幅52m、奥行き25m、高さ6m。
仏像と天井をご覧下さい、自分の表現力では言い表すことができませんが、素晴らしいです。

b0291402_07341023.jpg



タンブッラとは「水の湧き出る岩」という意味で、天井から湧き水が滴り落ちています。
雫の落ちる所には壺が置かれ、囲いがありますが、この壺の水は減りもせず、増えもしないので不思議な聖なる水と言われます。

b0291402_07342269.jpg



第3窟は、「偉大な新しい寺」と言われ、18世紀後半に造られたそうです。
第1窟から第3窟まで、あっという間に、紀元前1世紀から、18世紀まで移動しました。

b0291402_07345115.jpg



右側は全長9mの寝仏の頭です。

b0291402_07350255.jpg



そして、その寝仏の足。

b0291402_07351423.jpg



石窟から石窟の間はこんな回廊で繋がっています。

b0291402_07354465.jpg



ずっと石窟の中にいるのも圧迫感があるので、外を歩いたり・・・・・

b0291402_07360179.jpg



池の睡蓮を撮ったり。

b0291402_07410593.jpg



再び戻って第4窟、第5窟を観ましたが、どちらも新しい石窟なので第3窟までと比べると見劣りしました。

b0291402_07414818.jpg



第3屈から、第5窟までで、目立った仏像です。

b0291402_07413382.jpg

中には、人相・・いえ仏相が、あまりよくない仏像も。

b0291402_07420066.jpg



段々と、観光客も少なくなり、岩山の頂から陽が沈みます。

b0291402_07421116.jpg



第1窟から、第5窟までを見学すると、壁画と仏像で、スリランカ仏教の歩みが分かります。
特に壁や天井の壁画は、仏陀の生涯や、スリランカの歴史が描かれており、迫力がありました。
タンブッランの石窟寺院は、1991年に世界遺産に指定され、スリランカに8つある世界遺産のうちの一つです。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-14 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/27113981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-09-14 17:01
こんにちは^^
シーギリアロックに登った日の夕方にスリランカでも有数の石窟寺院の観光とは、凄い体力ですね☆
一度ホテルに帰り昼食にビール(大瓶)をいただいたら
もう眠くなり行くのが面倒にならないところが素晴らしいです☆
昨日は、ビールを頂き過ぎて返コメが出来なかった自分はそう思います(笑)
第1窟の壁画、2100年前とは思えないくらいはっきりと残る素晴らしい壁画ですね☆
赤い色に魅了されます~♡
自然石に彫られた約14mの涅槃仏は、拝んだだけで御利益有りそうですね♫
第2窟の天上画は、曼荼羅のように感じます~♪
第3窟でいきなり18世紀とはその間に支配されてた歴史があるかでしょうか?
まっ白ナ回廊も素敵ですね☆
見応えのある世界遺産ありがとうございました(*^_^*)
Commented by umi_bari at 2017-09-14 18:23
スリランカは世界遺産が多いんですいよね。
世界中に宗教的な遺産はいっぱいありますが、
やっぱり、仏教遺産が一番みたいです。
良いですね、バグースです。
Commented by umitosora14 at 2017-09-14 19:15
今晩は^^
見事な石窟寺院ですね~
2100年前のものが、こんなに鮮やかに残ってるのは、すごいです!
14mの石に彫られた涅槃仏も、綺麗ですね^^
よくこんなに綺麗に保存されてるって
感心しました♪
圧倒されるようなスケールですね!
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-09-14 21:06
アリスさん、こんばんは
一度ホテルに帰り、昼食にビールの大瓶を飲んだら、 もう外出は面倒くさいですよね。
ところがどっこい、眠くなってから、部屋に戻り、たっぷり昼寝をしてから、出かけたんです。
ガイドも、ドライバーも、全員昼寝をしてから再集合でした(^。^)
あれ、昨晩はビールの飲み過ぎでしたか。たまにはそんな日も、いいじゃないですか。
毎晩、ホロ酔いで、コメントを書き、日記を作ってる自分よりも、はるかに健全です(^。^)
スリランカの歴史は、ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地として
貿易で栄えてきたという歴史がありますが、それ以前は紀元前5世紀から、
王国が栄えたり滅んだりしながら、仏教が広まりました。
首都も次々と遷都されたので、この石窟寺院も忘れられてた時期があったんでしょうね。
次のスリランカ日記は、古都キャンディの予定です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-09-14 21:19
アラックさん、こんばんは
左脚大腿部の肉離れですか。
痛いだろうし、辛いでしょうね。
アラックさんの日記には、ものすごい数のコメントが、書かれてたので、
ここでお見舞いをさせていただきますが、くじけず、粘り強くリハビリして下さいね。
無事に復帰される日を、心から待ってます。
スリランカに8つある世界遺産のうち、5つは仏教遺産です。
2000年前の仏教遺産が形としてしっかり残ってるので、びっくりしました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-09-14 21:33
umiさん、こんばんは
石窟と、涅槃仏は2100年前なのですが、この壁画は、もしかしたら色が褪せるたびに、
修復されたんじゃないかと思いました。
umiさんがご覧になった、古代洞窟の絵も、そのまま自然にさらされてたら、
こんな鮮やかな色彩ではないですよね。
・・とちょっと思ったのですが、実際のところは分かりません。
スリランカは、島の中での覇権争いはありましたが、国際間の大きな戦争には巻き込まれてないので
遺跡や、遺産が残りやすかったのだと思います。
自然遺産もあるし、2100年前からの文化遺産もあるし、巨大な岩山もあるし、
観光客にとってはメニューが多い国だと思います。
お薦めですよ。
Commented by kaorunchoko at 2017-09-15 13:03
❤旅プラスさん こんにちは!
あの後、一休みして行かれた洞窟ですね(^^)v
いやぁ~しかしまぁ~2,100年も前にこれを作ったって!!!
壁画や天井画、どれもみんなとっても綺麗ですね!
一体どうやって描いたんでしょうね???
仏像も見事に残っていて、洞窟の中だからこそ残った物なんでしょうね。。。
「水の湧き出る岩」そこの壺の水。。。不思議ですね~???
滴り落ちて来たら溢れそうだと思うのですが・・・抜けていくんでしょうね!
不思議な力が働いていそうです!
9mもある大きな寝仏様!これまた凄いですねヽ(^。^)ノ
いつかスリランカへ行ける時があったら、是非見てみたい所です!
そして、あのシーギリヤロック登る体力を付けておかねば<(`^´)>ですね!
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-09-15 16:06
kaoruさん、こんにちは
そうなんです。1日で2世界遺産なんて久しぶりのことなので頑張りました。
世界に残ってる壁画では、アルタミラ洞窟壁画が有名ですが、あれは1万年以上前の旧石器時代。
モチーフは牛や馬やとなかいで、簡単なものですが、人類は1万年以上前から絵を
描いてたようです。
この石窟寺院は、現役のお寺として使われてた時代もあったので、
傷ついたり、汚れたりしたら、その都度、修復していたのではないかと思われます。
特に仏像なんかは、どれもピカピカに綺麗で、壁の絵も天井画も、カビなど無かったです。
滴り落ちた水が溢れないというのは、受ける壺に穴が開いてるんだと思います。
そうじゃないと、科学的に証明できないので、自分が寝れ無くなってしまいそうです(^。^)
寝仏さんは、なんの不思議も感じないみたいで、目は開けてましたが静かに寝てましたよ。
<< ジニア と コキア (茨城県、... どう撮りゃいいのか、パンパスグ... >>