長さ18メートル、重さ約88キロもの、きらびやかな金龍が境内で舞いました(浅草寺)

浅草寺の山号「金龍山」に由来する、「金龍の舞い」は、観音さまのご縁日18日の「8」にちなみ、毎年3月18日、10月18日に奉演されます。

浅草寺の香炉は、常に煙があがってるので「常香炉」と呼ばれますが、本堂から見ると宝蔵門をくぐってきた金龍が霞んで見えます。

b0291402_08331095.jpg



浅草寺の由来である『浅草寺縁起』の中で、本尊である観音様が現れた時の様子に「寺辺に天空から金龍が舞い降り、一夜にして千株の松林ができた」
とあることから、創作されたものだそうです。

b0291402_08332133.jpg



本堂の高いところでカメラを構えて、待ってたのですが、金龍は左折して五重塔へ。ここで保存会の方や、関係者が集合して、記念写真を撮ってました。
頼まれたわけでもありませんが、自分もしゃしゃり出て1枚(笑)

b0291402_08333277.jpg



記念撮影が終わり、五重塔から本堂に向かいます。

b0291402_08334385.jpg



金龍は長さが約18m、重さ約88kgで、8名の担ぎ手によって操られます。

b0291402_08335743.jpg


撮影日は10月18日。境内で華麗に舞う奉演の様子は次回にお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2017-10-20 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/27401398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-10-20 16:11
こんにちは^^
浅草寺の金龍の舞いは、何度か見せていただいてますよね?(*^_^*)
でも担ぎ手の方がこのような帽子?を被ってるのに初めて気が付いたと思います~ちょっと珍しいかも?
金龍が88kgもあるとは、一人あた11キロの重さでは大変^^;
頼まれてないけど記念撮影までされた旅プラスさんのお写真には、芸子さんのようなお姐さんもいらっしゃいますネ☆
華麗に舞う奉演の様子も楽しみにしています♪
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-10-20 17:34
金竜良いですねー🎵
浅草寺の線香に煙りながら登場ですね、
88キロもあるのですか?
金色に光輝く様はお洒落ですね(*^.^*)
長崎の竜も気になります(^.^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-10-20 21:25
アリスさん、こんにちは
はい、金龍の舞いは、過去に何回か日記にしてます。
一番最近は、今年の3月(^。^)
担ぎ手の方たちは、手拭いを被ってるのですが、恐らくは時代劇などで見る、「道中被り」と思います。
1人が11kgもあると、道中は、交代しながらでないと、きついでしょうね。
いつのまにやら、センターカメラの横で、自分も撮ってました(^。^)
それにしても、よく見つけられましたね。2列目は、浅草芸者の、お姐さん方でした。粋でしたよ。
もしかしたら、お囃子や、地唄でお手伝いされてるのかもしれません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-10-20 21:38
sakuramoonさん、こんばんは
線香の煙が凄くて、1枚目は「おい、おい、金龍はどこだい」、という写真になってしまいました。
金龍は長さが14mもあって、近くで見ると巨大な龍でした。
元々は中華圏の伝統的な踊りで、龍が玉を追いかける様子を模しています。
中国でも見たことありますが、タイのバンコックでも同じような舞いを見たことがあります。
長崎にあるのは、長崎くんちの龍踊(じゃおどり)ですが、こちらの龍は金色じゃなくて、
背が緑で、腹が赤です。でも舞い方は殆ど同じです。
どちらの共通点も重労働なので、担ぎ手の何倍も、交代要員や、サポート要員がいることです(^。^)
Commented by kaorunchoko at 2017-10-21 13:22
❤旅プラスさん こんにちは!
浅草寺は今年は縁が深く、GWと会社の出張翌日と2回ほど行けました。
沢山の人がいたけど、流石に、こんなに煙が凄くは無かったです(^_^;)
いやぁ~1枚目を見るとギョギョ!ってなっちゃう位凄いですね!!!
本当に、雲の中から龍が表れる様ですね\(◎o◎)/!
記念撮影!バッチリですよ(*^^)v
青空に五重塔も綺麗ですね~♫
大将が昨日ニュースで、海浜公園のコキアもコスモスも
雨と雑草でダメたと見たそうです(>_<)週末の取材はどこかな???
私は家でのんびり写真整理して、アップ準備します<(`^´)>
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-10-21 18:03
kaoruさん、こんにちは
撮影した日は18日の水曜日だったのですが、1枚目の写真のように、参拝客が凄く多かったです。
そして天気がよくて、風が無かったので、大勢の人が焚いたお線香の煙が、滞留してしまったように思います。
本殿から見て、宝蔵門がずっと霞んでましたが、そんなことは珍しいです。
いつ龍や、妖怪が出ても、おかしくない雰囲気でしたよ(^。^)
週末の取材はコキアでした。
茨城県の天気予報は、午前中曇りで、午後から雨だったのですが、
東京と一緒で、朝から雨。騙されましたよ。
でもバスク地方でも、毎日雨だったので、傘を差しながらの撮影は慣れてました(^。^)
コスモスは全然駄目でしたが、コキアは、まあまあでした。
背景に青空が無いのが残念でしたけど。
<< 紅く燃えないコキア!!、例え雨... カワセミが水中に潜ると、目にゴ... >>