昭和の匂いがプンプン、裏浅草の花やしき通りと、ホッピー通り

昭和の匂いがプンプンの裏浅草ですが、浅草寺からの道順に沿って案内させて下さい。
まず、浅草寺本堂から左手に向きをかえ、花やしきを目指します。屋台のお店が軒を連ね、いい匂いです。
湯気が上がる広島風お好み焼きは600円。

b0291402_08155247.jpg



そして、あゆ塩焼きも600円。

b0291402_08160570.jpg



西参道お祭り商店街が見えたら右折します。

b0291402_08162220.jpg



花やしき通りの芳野屋さん。昭和にタイムスリップしたようなお店です。

b0291402_08164658.jpg



本当はおじいちゃんもいるのですが、おばあちゃんが開店準備中。創業から60年の芳野屋さんは、焼きそば500円、煮込み400円、ラムネ200円。
名物はおじいちゃん自慢の絶品かき氷ですが、まだやってません。

b0291402_08163474.jpg




花やしき通りから、やはり昭和の匂いが漂う「ホッピー通り」に向かいました。冬の日差しが眩しい通りは、朝からご覧の賑わい。

b0291402_08170155.jpg



朝の9時半に堂々と、煮込みを食べ、ホッピーを呑めるのが嬉しい通りで、人によっては、この通りを「煮込み通り」と呼びます。

b0291402_08173234.jpg



お酒の配達も朝から忙しい。

b0291402_08174206.jpg



最近は雷門通りに向かって右側の店が頑張ってます。朝から樽酒は500円。

b0291402_08175760.jpg



同じく右側で、外人女性も興味津々の浅草もんじゃは「かのや」さん。明治4年の創業です。

b0291402_08181157.jpg



出汁は焼きあご、かつお節、サンマ節、さば節、昆布といったブレンド出汁8種類の海鮮系と鶏ガラを合わせているそうです。粉モンは出汁が決め手ですからね。
看板下の「いか墨と塩辛もんじゃ」は、強烈です。お値段は1280円、店の人が焼いてくれます。

b0291402_08193419.jpg



浅草演芸ホールの前までやってきました。昭和39年の開業で、今や六区のシンボルです。

b0291402_08401342.jpg



もっとディープな裏の、裏浅草もありますが、本日歩いたのは裏浅草の中でも明るい表通り。
朝から夜まで賑わう裏浅草、いかがでしょうか。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-17 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://tabitotabi.exblog.jp/tb/28009417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2018-01-17 17:56
こんばんは^^
裏浅草、イイですネ~(^。^)
1枚目の広島風お好み焼きからテンション上がりますね☆
ホッピー通りの朝から樽酒にはまいりました~(笑)
でも寒い時期でもナイロンカバーの屋台が賑わってて活気が有りますね~♫
もんじゃ、実は、こちらでも有りますが、どうやっていただいたらよいか?分からなくて未体験なんですよ~
お店の方が焼いてくださるなら食べたいです~♡
芳野屋さんのかき氷も食べてみたいです~ただし暑い日に(笑)
こういうお写ん歩をいつの日かトライしてみたいです~(*^_^*)
Commented by liebekatzen at 2018-01-17 18:17
おはようございます!
わぁ、これが朝の裏浅草の風景なのですね~。
アルコールの香りがあちこちからしてきそうで…
ホント!昭和の匂いが(笑)
この様子は今だけでなく、一年中なのですか?
時間があったら、一度覗きに行ってみたいです♪
Commented by sakuramoon7767ryo at 2018-01-17 18:33
充分ディープを感じますよ~(^_-)
花屋敷一度行ってみたい所です。
「かのや」さん明治四年創業の老舗なんですか?
きっとお味も良いのでしょうね🎵
賑わってますね~
鮎の塩焼きが気になりますね(*^^*)
勿論冷凍したものですよね?
綺麗に並んで美味しそうです🎵
Commented by umitosora14 at 2018-01-17 19:03
今晩は^^
ホッピー通り、朝からお客さんが入ってるんですね@@
以前歩いた時は、夜だったから、賑わってるって思いましたけど、
昼間からとは、びっくり! 笑
そうそう、広島焼のお好み焼き、まず溶いた生地を広げて、その上に具材のキャベツとか載せる焼き方、
名古屋もむかしは、その焼き方だったんですよ~
生地と具材を混ぜるのが関東方式なんだって思っているうちに、
いつの間にか、変わって行って、
今ではほぼ全てのお店がその方式です^^ 笑
Commented by momophoto at 2018-01-17 20:10
実はもんじゃて食べたことがありません(^^;
このような老舗です一度は食べてみたいです!
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-17 21:27
アリスさん、こんばんは
1枚目の広島風お好み焼きは、凄い量のキャベツを使ってました。
キャベツ・白菜が値上がりしてるので、ちょっと食べてみたくもなりますよね。
このホッピー通りは、朝からホッピー、朝から牛煮込みなので、樽酒で驚いてはいけません(^。^)
もんじゃを焼くこつは「土手」にあります。私も初めて食べた時は店の人が作ってくれました。
「土手」の「堤防」が「決壊」しないように気を付けろ、というのが、もんじゃのキーワードです(^。^)
ここをお散歩されるなら、いつでもご案内できますが、一番活気があるのは、
平日の17時から20時くらいですが、メニューが豊富なので、ここで食べればもう夕食はいりません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-17 21:34
liebekatzenさん、こんばんは
チューリッヒまで、昭和の香りが届きましたでしょうか(^。^)
いや、ここは凄いですよ。
この通りの居酒屋さんの前には、客引きのおじさんや、お嬢さんもいます。
でも安全だし、朝から呑んでることを除けば、極めて健全です(^。^)
1年で一番、賑わうのが、正月、三社祭の時期、サンバ・カーニバルがあった日、
それからちょっと暑くなってきて、サラリーマンや、OLさんがビアホールを恋しくなる時期です。
覗かれるなら、ヨーロッパのパブや、バールと同じように、夕方の黄昏時がお薦めです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-17 21:44
sakuramoonさん、こんばんは
ハ、ハ、ハ、ディープでしたか。
本当にディープな裏の、裏の、裏浅草もあるんですよ。
でも、今日歩いた通りは全部、健全なとこばかりです。
ビニールテントの居酒屋さんも、その殆どの店が「食べログ」に紹介されてますから。
「かのや」さんは明治4年の創業ですが、今や都内に何店舗もの支店があるそうです。
裏浅草で、ブレークすれば、東京下町でも通じると言われてます。
鮎の塩焼き、まだ開店直後で売れてなかったけど、こういう焼き方は外国人観光客にも受けてるみたいですよ。
時間が無くて、手軽にすますなら、鮎を1本と、缶ビールです(^。^)
Commented by kaorunchoko at 2018-01-17 21:46
❤旅プラスさん こんばんは☆
昭和の香り~♫良いですねヽ(^。^)ノ
やっぱり私達28歳位とか、旅プラスさん達29歳位は昭和ですよね(笑)
東京へ行くと時々こうして朝から飲んでる人がいるけど・・・
夜のお仕事が明け方終わったり、朝早くのお仕事が終わった人ですか?
それとも・・・優雅な年金生活者かな?
群馬ではちょいと見られない光景なので・・・
やっぱ大都会東京!色々な人がいるな~って見てます!
おばあちゃん、開店準備頑張ってますね(^_-)-☆
ご夫婦元気に、お店をやってらっしゃるんですね!
浅草もんじゃって言うのがあるんですね!!!もんじゃは月島かと思っていました(^_^;)
もんじゃは、OL時代月島で1回、数年前花見の屋形船で1回食べた事があるだけかな…
私的には、お好み焼きの方が好みかも(笑)
もっとディープな裏浅草。。。確か以前見せもらった様な記憶が・・・
藤棚のある女性名のスナック通りでしたっけ!?(^_^;)
お酒好きですが・・・流石にまだ、朝から飲もうって感じではないですな(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-17 21:54
umiさん、こんばんは
この通りの居酒屋さんは、9時か、9時半にオープンする店が多いです。
夜に歩かれましたか。ここは朝から賑わいますが、意外なことに20時を過ぎると、客も帰り、
21時にはひっそりします。その時間になると寂しいですよ。
そうですね。生地を広げて、その上に具材を乗せてます。
でも昔は、コップの中に生地も具材も入っていて、出されると客がそれを混ぜて、焼きました。
今も、そういう店はありますよ。
でもなんか時間がかかるし、面倒臭いので、今はもんじゃのがてっとりばやいです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-17 22:07
ゆうさん、こんばんは
そうですよね。もんじゃ焼きって、まだ全国区の食べ物じゃなくて、浅草とか、月島とか、ごく一部ですもね。
下町には何軒もあって、台東区、荒川区、墨田区、江東区に多いのですが、
今は埼玉、群馬、栃木でも、もんじゃ焼きの店を見かけます。
なんか、モンジャ博士みたいに語ってますが、最近はたまにしか食べません。
でも、ゆうさんが食べにいらっしゃるならご案内できますよ。
上野動物園の帰りとかなら、浅草は近いから、浅草もんじゃがちょうどいいと思います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-17 22:23
kaoruさん、こんばんは
ハ、ハ、ハ、29歳くらいですもね。
なんか、自分で言うのも、人から言われるのも、ちょっとこそばゆい(^。^)
あの朝から呑んでる人たちですか、夜のお勤めの人が多いです。
あとは、馬券売り場があるので、そこの常連さんとか。
浅草寺の参拝前に一杯、帰りに一杯というお客さんもいますよ。
もんじゃは月島のが圧倒的に有名です。月島は75店舗、浅草は20店舗くらいでしょうか。
お好み焼きはお腹がふくれるけど、もんじゃには「どんなもんじゃ~」という満腹感がないですよね(^。^)
ディープな裏浅草は、私も、オレさんも時々、取り上げてますが、あの藤棚のある通りはディープです(^。^)
今も、常連客で賑わってるみたいですよ。
朝から呑むと「小原庄助さん」になっちゃいますよ~。
でも自分は旅行中に時々、庄助さんやってます(^。^)
Commented by 3740s at 2018-01-17 22:29
こんばんは
いいですネ!

血が騒ぐ街写真です。

少し暖かくなりましたら行ってみたいです。(喜)
Commented by yocomilk at 2018-01-17 22:50
こんばんは。
興味津々です!
朝から飲める、赤羽と似ていますね。
通ったことはありますが、こちらで飲んだことはありません。
体験したいです!
もんじゃ、大学生で東京に来てから、月島に食べに行きました。
それまでは知らなかったです。
久しぶりに食べたいな(^^)
そして、もっとディープな裏浅草、気になります!
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-18 07:31
パテオナベさん、おはようございます
血が騒ぎましたか(^。^)
江戸時代には、江戸最大の盛り場と言われ、明治・大正・昭和と賑わいましたが、
1960年代になると、賑わいが新宿・渋谷。池袋に移って、客足が減り、一時期は閑古鳥が鳴いてました。
私の学生時代には、さびれた六区で遊ぶのは、六本木で遊ぶより、レトロで格好良かったんですけどね(^。^)
再び賑わうようになったのは、六区再生プロジェクトが始まってからで最近のことです。
落語を楽しんで、煮込みを食べ、ホッピーを呑んでから帰るのがお薦めです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-18 07:41
yocoさん、おはようございます
赤羽と雰囲気が似てますが、浅草はこのホッピー通りに店が集中してるのと、
角打ちが無いのと、メインメニューが煮込みというのが違いでしょうか。
あとは明治・大正から続く繁華街なので、街並みに「趣」があるのと、寄席や、芝居小屋があるのも特徴です。
そういえば赤羽には芸者さんがいないけど、浅草には浅草芸者もいるし、浅草振袖さんもいます(^。^)
月島のもんじゃは、今は75店舗まで増えました。
メトロの駅の近くで、「もんじゃストリート」のマップを無料配布してくれます。
ディープな裏浅草ですね、ここはオレさんに任せて、yocoさんは、よしといたほうがいいです(^。^)
<< 宮内庁の「皇居東御苑だより」で... 「富貴花」、「百花の王」などと... >>