2015年 03月 21日 ( 1 )

練馬区立「牧野記念庭園」で、桜の撮影

3月21日、土曜日(春分の日)、東京は曇り、気温は10度から16度くらいでした。

今日は桜を撮りに行こうと、「桜」「見頃」で検索していたら、意外と近くの庭園がヒットしました。

池袋から西武池袋線で大泉学園に行き、徒歩5分の「牧野記念庭園」です。
決め手は、まだ一度も訪問したことがない庭園だから。つまり好奇心です(笑)


この庭園は、植物学者牧野富太郎博士が、1926年から、自分の生涯が終わる1957年まで大切に育てた庭で、1958年から「牧野記念庭園」として一般公開されています。

約300種類の草木類が植栽されており、それらのなかには珍しい種類の植物も数多くあり、学問的にも貴重なものと評されています。


ここが入り口です。入場は無料で、受付で名前と住所を書けば中に入れます。

b0291402_17103736.jpg


「花の見ごろ」が案内された掲示板がありました。
「HP」にも咲いてる花の案内が出ていたので、全5ページをプリントして持ってきたのですが、この庭園はとても親切です。

b0291402_17104780.jpg


入り口の門に被さるように咲いてた「オオカンザクラ」。

b0291402_17110413.jpg


そして「カンヒザクラ」です。

b0291402_17111556.jpg


順路には「オトメツバキ」や、同じくツバキ科の「ヒカルゲンジ」も咲いてましたが、ツバキの撮影は苦手なのでパスしました(笑)

マンサク科の「トサミズキ」です。

b0291402_17112649.jpg


そして「クリスマスローズ」も咲いてました。

b0291402_17113560.jpg


最後に一番沢山の枚数を撮った「クマガイザクラ」です。
早咲きの桜は、花が下を向いてるのが多いです。

b0291402_17114330.jpg


しゃがんで下から見上げて撮ったのがこの写真。
小さい桜なのですが、色が淡くて綺麗でした。

b0291402_17115199.jpg


庭園ですが、六義園、小石川後楽園、清澄庭園あたりを想像して行くと肩透かしをくらいます。
ちょっと大きな個人の庭というイメージで行かれるといいでしょう。

あっという間に全部見てしまい、写真も撮れたので1時間で引き上げました。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-21 17:18 | | Trackback | Comments(14)