2015年 03月 24日 ( 1 )

3ヵ所の丹頂鶴・観察ポイントを訪問しましたが、その一つは鶴見台です

鶴居村の鶴見台は、無料のタンチョウ観察ポイントで、釧路市内からは28km、車なら40分~50分です。


タンチョウの給餌場の一つで、昭和38年頃から給餌は行われており、11月~3月の冬期間、朝方と午後2時30分頃に、ご近所の有志の女性が給餌を行っています。
ただ、ここは私有地みたいで、我々が観察できる場所からは遠くて、給餌はよく見えません。

b0291402_14240952.jpg


阿寒国際ツルセンターでは、飛んでるタンチョウを見ることはできなかったのですが、ここでは、見ることができました。

b0291402_14241991.jpg


着地風景です。
夫婦のタンチョウだと思うのですが、着地も息がぴったりです。
あらよ~~~

b0291402_14242805.jpg


ほいさ~~
お見事です。

b0291402_14243550.jpg


この鶴見台の欠点は、あちこちに電線が見えることで、カマラマンにとっては、せっかく撮った写真が、残念な結果になります。、
撮る角度は工夫してるのですが、この写真は電線が写ってしまった失敗作です。

b0291402_14250893.jpg


ここで面白い光景を目撃しました。
1歳児の1人ダンスです。
今年は無理ですが、来年の求愛に備え、今から練習してるようでした。

b0291402_14252699.jpg
b0291402_14254132.jpg
b0291402_14255388.jpg


親たちのダンスに比べたら、50点ですね。来年は頑張って下さい。

白鳥たちが、あきれて眺めてます。

b0291402_14264705.jpg


鶴見台は大きな道路に面してるので、大型バスで乗り付けて観察するツアー客もいました。

やはり「伊藤サンクチュアリ」が、カマラマンにとっては一番、撮りやすい場所ですが、阿寒国際ツルセンターはオジロワシが、給餌の餌を横取りに現れるので面白そうです。


写真を整理してると、来年も行きたくなってきました。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-24 16:00 | | Trackback | Comments(10)