2015年 03月 30日 ( 1 )

世界遺産(ベトナムのフエには最後の王朝が築いた王宮があります)

宿泊したホイアンから、世界遺産フエには、毎日のように日帰りのバスツアーが出ますが、フエに行こうとした日はあいにくベトナムの正月、しかも元旦。
ツアーは出ないので、車をチャーターしてフエに向かいました。

海沿いの道を進みますが、途中の山で霧に巻き込まれました。

b0291402_16590007.jpg



でも元旦で道がすいてたせいもあり、フエまで普通なら片道3時間のところを、2時間半で着きました。

1802年にベトナムを統一し、グエン朝を開いたグエン・フォック・アインはフエに遷都し、北京の紫禁城を手本に、王宮を造営しました。

王宮門(午門)は、高さ約17m、二層式の中国風の建物です。
本来なら上に登れるのですが、現在は修復工事中で、一部がブルーのシートに覆われてました。

b0291402_16591552.jpg


王宮は城壁と濠で囲まれた正方形で、1辺が2.2kmあります。
王宮門をくぐってすぐの池には数百匹のコイが泳いでおり、餌を買って投げ入れるとコイが集まります。
珍しい光景でもありませんが、韓国人が餌を買っては投げ入れてました。

b0291402_16592603.jpg


王宮門の奥は、赤い屋根の平屋の建物で太和殿です。
ベトナム戦争で破壊されましたが、1970年に再建されました。

b0291402_16593932.jpg



太和殿は即位式や、皇帝の誕生日に使用されたので、中央には皇帝が使用した王座が置かれています。
ホテルに戻ってから撮った写真を見たら王座の手前に「no picture」 の表示がありました。
気付きませんでした(笑)

b0291402_16595127.jpg


さらに進むと、左右に長い回廊があります。

b0291402_17001660.jpg


回廊の外はまだ王宮で、その先に、庭園やお濠があります。

b0291402_17000527.jpg


回廊には彫金細工の絵が高い位置に架けられ、その1枚、1枚の絵はかなり精巧な細工でした。

b0291402_17073986.jpg


庭の真ん中あたりにあるのは「太平楼」です。
王宮内には40もの建物が建てられました。

b0291402_17003045.jpg



庭の景色です。
4つの川が取り囲んで自然の堀をなし、内堀や池もあるので、どこを見ても水風景が見えます。

b0291402_17011057.jpg


そして見事な盆栽がさりげなく、置かれています。

b0291402_17080295.jpg


ここまで来て、ようやく入り口と反対側の奥の濠です。

b0291402_17004399.jpg


最後に菊の花を撮って見学を終わりました。

b0291402_17081608.jpg

もしガイドさんがいたら1時間以上は説明を聴きながら歩くのでしょうが、ドライバーさんは駐車場の食堂で休んでおり、私1人がよくわからないまま40分程で1周してきました。

建物は中国式の建築様式が多く、形もそっくりですが、ベトナム戦争後に再建された建物にはバロックの建築様式も取り入れられており、王宮では近代ベトナム建築の変遷を見ることができました。

ちなみに王宮は陵墓と合わせて「フエの建造物」として1993年に世界遺産に指定されました。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-30 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(8)