2017年 03月 01日 ( 1 )

マサイマラに行けば、まず出会えるでしょう。カバ、キリン、サイ、ライオン、象(到着して2日目のサファリ)

ケニアのマサイマラに到着して2日目(2月14日)のサファリです。
朝6時からのサファリは宿泊客4人の相乗り。夕方15時からのサファリは私1人だけでした。

朝一番に出会ったのはカバ。カバが地上で草を食べるのは夜だけなので、仲間が待つマラ川に帰宅する途中です。

b0291402_08490757.jpg


「何かご用??」、とカメラ目線をくれましたが、身体はデカッ!!、目はチッチャ!!

b0291402_08491845.jpg


次に出会ったのはクロサイの花子。この時は気が付かなかったのですが、写真をよく見たら足元に耳が見えてるので、クロサイがもう1頭いました。
花子にはいつも行動をともにする息子と娘がいますが、そのどちらかでしょう。

b0291402_08495410.jpg


キリンの子供たち。生まれてまだ、5ヵ月くらいです。

b0291402_08492832.jpg


左の子が立ち止まって、カメラ目線をくれました。

b0291402_08493991.jpg



この日はバレンタインデーだったので、昼食時にホテルから薔薇の花と、チョコレートをいただきました。
この薔薇の花は、首都ナイロビで買い付けて、マサイマラに運んだそうです。

b0291402_08513021.jpg


夕方のサファリでは、チーター情報が、無線からあったので駆け付けましたが、はるかに遠い茂みの奥で、しかも見えたのは顔だけ。
しばらくしたら横になって寝てしまい見えなくなりました。

b0291402_08505243.jpg


諦めて移動中に、へんな光景を見かけました。
ライオンが1本の木の影で、日差しを避けるように1列になって昼寝をしてます。

b0291402_08515451.jpg


堂々と道路を塞いでのお昼寝で、若いオス6頭の集団だとか。遠くでは象が移動中です。

b0291402_08520793.jpg


こちらは、お食事中の象の集団。

b0291402_08572717.jpg


集団にはたいてい子象がいます。この大きさで生まれてから3~5ヵ月だそうです。

b0291402_08510265.jpg


最後にもう一度サイと会いました。ヘンリーによると、花子とは別の個体で、花子が産んだ5頭の子供のうちの1頭だろうとのことでした。

b0291402_08511264.jpg


ヘンリーは、ここでのドライバー歴が12年、かなり詳しいです。
ホテルから一番近いマサイマラ西地区で、毎日必ず会えるのが、カバ、キリン、ライオン、象。
恐らくですが出会えるのはクロサイ。そして滅多に会えないのがチーターです。
このシリーズ、まだまだ続きます。


「ほっ」と。フォトコンテスト


by tabi-to-ryokou | 2017-03-01 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(18)