2017年 03月 04日 ( 1 )

サグラダ・ファミリア「生誕のファサードと受難のファサード」の写真12枚(スペイン、バルセロナ)

明け方の散歩で、サグラダ・ファミリアの一般入口を確認しました。この生誕のファサードの右側が一般入場口で、団体客は左側、当日券はこの反対側です。

b0291402_15013572.jpg


9時になると、予約チケットを持った一般見学者は、15分毎に生誕のファサードから入場します。

b0291402_15014937.jpg


受胎告知が見えます。

b0291402_15020380.jpg


生誕のファサードの圧巻はキリストの生誕を祝う場面です。

b0291402_15021563.jpg
b0291402_15022624.jpg
b0291402_15024015.jpg
b0291402_15025003.jpg



生誕のファサードは、ガウディの生前に完成していた彫刻ですが、詳細はオーディオガイドでもよく分からないので、解説本があったほうがいいです。
私の前に並んでいた2人の日本人女性は、こんな本を見ながら写真を撮ってました。
ちょっとだけ見せてもらったのですが、手ぶらでやって来て、どの彫刻が、どの場面か分からない自分はガックリ!!

b0291402_15030666.jpg


こちらは三つあるファサードの中でも、受難のファサード。
イエスがゴルゴタの丘で十字架にかけられます。

b0291402_15031419.jpg
b0291402_15032542.jpg
b0291402_15133504.jpg



文字・素材・象眼で受難のファサードの全体メッセージを伝えています。少し金色に見える部分は、重要な文字や、文章の部分。

b0291402_15134454.jpg


私が、そこだけカッターで切り取って持っていった地球の歩き方のバルセロナのページは、2008年版なので、サグラダ・ファミリアの写真付き解説のページは
ありませんが、最近の地球の歩き方には写真付きの解説が出ています。
ケチらずに最新版を買って、持っていくべきでした(笑)
次回は入場したサグラダ・ファミリアの内部をお届けします。


「ほっ」と。フォトコンテスト



by tabi-to-ryokou | 2017-03-04 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(20)