2017年 03月 08日 ( 1 )

マサイ族の子供たち、バレーボールと、サッカーと、お手伝い。そして夕陽。

今回、いいタイトルが思いつかず、そのままを羅列しました(笑)
2月28日にアップした「ケニアからタンザニアの先住民であるマサイ族の子供たち」の後半です。

我々が訪問するというので、村の女性たちが最高のお洒落をして出迎えてくれました。

b0291402_15570455.jpg


小学校に通ってない小さな子供たちです。

b0291402_15571553.jpg


段々と小学校から大きな子供たちも帰ってきて、遊びが始まります。

b0291402_15572559.jpg


小さな子供たちも、ジャンプの真似。

b0291402_15573529.jpg


手作りのボールで、バレーボールもできます。

b0291402_15574657.jpg


そして人数が増えると、サッカーが始まりました。

b0291402_15575458.jpg


サッカーの人気は、万国共通です。

b0291402_15580596.jpg


夕方には水を汲んでくるお手伝い。

b0291402_15582280.jpg


男の子は手で持って、女の子は頭から布で吊るします。

b0291402_15583504.jpg


別の日の夕暮れ時に村の近くで出会った、マサイの親子。

b0291402_16060636.jpg


女の子が、放牧から戻ってくる牛の見張りをしてました。

b0291402_16061698.jpg


そしてマサイ村に日が暮れます。

b0291402_16062716.jpg


マサイ族の子供たちを撮ろうと、滞在期間中に2度、村を訪問しました。
「マサイの子供たち、その光と影」、なんて、タイトルを考えてましたが、子供たちは底抜けに明るくて、影の部分が見つからず、
「マサイの子供たち」、だけになってしまいました。小学校はあるし、村では大勢の友達と遊べるし、ここにいれば都会の文明も必要ありません。
ケニアもタンザニアも、国をあげてマサイ族の定住化政策を進めており、徐々に彼らの生活も変わりつつあります。
この子供たちが、今後どういうふうに成長していくのか、何年か後にまた取材してみようと思います。



「ほっ」と。フォトコンテスト


by tabi-to-ryokou | 2017-03-08 16:00 | 旅行 | Trackback | Comments(22)