2017年 03月 31日 ( 1 )

バッファロー、カンムリヅル、象の赤ちゃんたち(到着して5日目のサファリ)

2月17日の、タンザニア国境へのロング・ドライブです。
前回の日記でチーター、ライオン、豹をお届けしましたが、今日の日記は猛獣以外です。

日の出とともに、望遠レンズで太陽光線を狙って見ました。
一条の光の背景は、バッファローのグループです。

b0291402_08000229.jpg


カンムリヅル2羽と、自分との3ショット。

b0291402_08002053.jpg


小さな水溜りに集まってきたシマウマたち。空が真っ青でした。

b0291402_08003014.jpg


赤ちゃん象を見つけるたびに車を停めてもらい撮ってます。
生れたばかりの赤ちゃんは体重が90~120kg、背の高さが1mといいますから、この子は生後3・4ヵ月でしょうか。

b0291402_08011670.jpg


先ほどの赤ちゃんよりも、さらに小さな赤ちゃん。
大人の象たちが、周囲をガッチリとガードしてます。

b0291402_08012653.jpg


そして赤ちゃんが耳をパタパタとさせました。歓迎なのか、不安になったのかどっちでしょうか。

b0291402_08014053.jpg


国境付近でチーター、豹をに出会い、帰り道でライオンの親子にもあって、ホテルの近くです。
小学校から生徒たちが出てきて、手を振ってくれました。

b0291402_08004020.jpg


まだ授業中みたいで、砂を拾いに行くそうです。

b0291402_08004999.jpg


ここの子供たちは本当に愛想がよくて、車を見ると笑顔で手を振ってくれます。
もしかしたら、カメラを持ってる私に対してかもしれないので、私も手を振って、日本とケニアの友好・親善に務めてます。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-31 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)