2017年 05月 06日 ( 1 )

子供たちが健康に育つことを祈願し、鯉を放流するお祭り(江東区、亀戸天神)

5月5日、子供の日、東京は快晴、気温は26度まで上がりました。

全国的にも珍しいと思いますが、亀戸天神にて、年2回行われるお祭りは「出世鯉放流」
子供の日と、「七五三」の日に、境内の池に鯉を放流し、子供たちの成長と出世を祈願します。

b0291402_05395186.jpg


子供が大きく育つようにと、周囲にいる全員が大声で「大きくな~れ、大きくな~れ」と囃します。

b0291402_05400406.jpg


流されていく鯉を、心配そうに見守る少女。

b0291402_05403260.jpg


なかには、ピョンピョン跳ねて抵抗する鯉も。

b0291402_05404377.jpg


子供たちが見守る中、鯉はスロープを下って・・・・

b0291402_05411720.jpg


ドボンと池に落ちて行きます。小林明子さんの「Fall in Love♪」を思い出しました。
日本語タイトルは確か、「鯉が落ちて♪」、じゃなかった「恋に落ちて♪」でした(笑)

b0291402_05412683.jpg


今年の鯉は小粒だなと、タライを見てみましたが、大きさは以前の半分でしょうか。

b0291402_05415386.jpg


実は2014年には、もっと大きな鯉を放流しましたが、悲しい出来事がありました。

b0291402_05421554.jpg


鯉がまだ慣れない池で戸惑ってるうちに、やってきたアオサギが、次々と丸飲みにしました。
「恋の予感♪」を唄ったのは「安全地帯」ですが、「鯉の行方♪」は危険地帯(笑)

b0291402_05422547.jpg


主催者側も、それを避けようと、目立たない金魚くらいの大きさの鯉に変えたようです。
お子さんを連れた親御さんが次々といらっしゃり、鯉を放流して、子供の成長を祈願しました。
ちなみに、今年はアオサギの襲撃も無く、タライの鯉は全て心字池に放流されました。
でも同じ鯉なら、私は坂本冬美さんの、「また君に鯉してる♪」が好きです(笑)


2017、私のゴールデンウィーク!


by tabi-to-ryokou | 2017-05-06 16:00 | イベント | Trackback | Comments(20)