2017年 05月 17日 ( 1 )

「神田っ子」のエネルギーが炸裂した神輿宮入(神田祭、その2)

神田明神下で撮影した神輿宮入の続きです。神田祭の簡単な説明は前回の日記をご覧下さい

緑の法被は神田末広町(現:外神田4丁目)、末広町はメトロ銀座線に、その駅名が残ります。
肩車~~!!、下町の祭りは親子の絆を深め、次の世代に受け継がれていきます。

b0291402_16170261.jpg


末広町の次は神田田代町(現:外神田4丁目)、法被の赤い文字が粋です。

b0291402_16171452.jpg


DJポリスが出動中。「見物のお客さんは車道に出ないで下さい~、マナーを守りましょう~」

b0291402_16172305.jpg


神輿を担ぐ「セイヤ!、ソイヤ!」の掛け声もかき消されてしまう、DJポリスの大音響(笑)
それでも熟睡中の、この子は大物に違いない。

b0291402_16173258.jpg


神田旅籠町(現:外神田1丁目)は、中山道、日光街道の街道筋として何軒もの旅籠があったそうですが、昔の町名のが趣があっていいですね。

b0291402_17011977.jpg


神田同朋町(現:外神田2丁目)は立派な神輿。担ぐ皆さんの誇りと思います。

b0291402_16175486.jpg


神田同朋町の大人神輿の左下には、帯同してる子供神輿の形が少しだけ見えます。
この群衆の中なので、子供たちも大変でしょうね。

b0291402_16180895.jpg


神田五軒町(現:外神田6丁目)は藤色の法被。昔は五軒の大名屋敷があったとか。

b0291402_16182033.jpg


五軒町の子供神輿を担ぐのはキリリと小粋なお嬢ちゃん。

b0291402_16183173.jpg


神田明神下では、氏神様への宮入に向かう神輿のラッシュアワーが続きます。

b0291402_17013255.jpg


粋でいなせな江戸っ子たちの神田祭は、次回が最終回。
早く神田祭の日記を終わらせないと、今週末はいよいよ浅草三社祭。祭り日記のラッシュアワーも続きます(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-05-17 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(14)