2017年 06月 25日 ( 1 )

出世の石段を登り、ほおずき縁日へ(港区、愛宕神社)

6月24日、土曜日、東京は好天で最高気温は29度、つかのまの行楽日和でした。

朝一番で、愛宕神社の「千日詣り ほおづき縁日」に出かけました。
ここが有名な「出世の石段」です。

b0291402_11060577.jpg



愛宕山は標高25.7m。天然の山としては都内で一番高い山です。
「出世の石段」が男坂とすると、こちらはちょっと楽な女坂。おじいさん、頑張って下さい。

b0291402_11061918.jpg



「出世の石段」の由来は講談で有名な「寛永三馬術」の中の曲垣平九郎の故事にちなみます。
私は、勿論「出世の石段」へ。こんなちびっ子に負けてられません。でもきつかった(笑)

b0291402_11063063.jpg



愛宕山に梅が満開の春。家光公は、 「誰か、馬にてあの梅を取って参れ!」と命ぜられました。
誰もが下を向いた時に、颯爽と馬で駆け上り梅をとって献上したのが、丸亀藩の曲垣平九郎。
家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、その名は全国にとどろき、出世したとか。
登ってから下を見るとこんな感じです。人間だって、馬だって、この石段は怖いです。

b0291402_11064153.jpg



社務所で、ほおずきを売ってるお兄さんのシャツにも「出世の石段」と書かれてました。

b0291402_11065152.jpg



6月23日か24日に社殿前にしつらえた茅の輪(ちのわ)をくぐりお参りすれば千日分の御利益があるそうです。
浅草寺の7月10日は4万6千日分の功徳といいますから、それに比べれば控え目なご利益です。

b0291402_11070269.jpg



社殿の前の招き石、「この石をなでて福を身につけてください」。勿論、しっかりとなでました。

b0291402_11071554.jpg



社務所では、ほおずきが売られています。

b0291402_11073439.jpg


これが見てる目の前で、次々と売れて行きます。

b0291402_11075430.jpg



お値段は2,000円。買うと社殿でお祓いを受けられますが、私は写真を撮っただけで買ってません。

b0291402_11080460.jpg




蚊取り線香が珍しいです。

b0291402_11163526.jpg



最後の1枚は、このほおずきたち。

b0291402_11164413.jpg


30分ぐらい、境内をブラブラしましたが、ご利益を足してみると、階段を登ったので「出世」して、茅の輪をくぐりお参りしたので「千日分のご利益」があり、
招き石をなでたので、「福が身についた」はず。今後のご利益に期待です(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-06-25 16:00 | 祭り | Trackback(1) | Comments(16)