2017年 07月 01日 ( 1 )

サグラダ・ファミリアに近い裏通りのシーフードレストランと、ホテルの屋上テラスからの夜景(スペイン、バルセロナ) (そして次の旅行のお知らせ)

今年の2月10日から2月12日にかけて訪問したスペイン、バルセロナの最終回です。
旅行期間中と、帰国後と合わせて12回、日記を書きましたが、今回が正真正銘の最終回です(笑)

午前中にサグラダ・ファミリアの階段を上ったり下りたり、午後はミロ美術館で絵画を見て廻り、バスと地下鉄を乗り継いで、
ガウディ設計の、世界遺産カサ・パドリョに辿り着いたのは2月12日の夕方19時。
その時すでに、棒が足(笑)、だったのにカサ・パトリョの内部を見学し、ホテルに近い路地裏のレストランに辿り着いたのは21時でした。

このレストランは「魚介類を選んで、料理方法を伝え、お金を払って、あとは待つだけ」と、4月18日の日記に書いたレストランです。
お姐さんも、私のことを覚えていてくれて笑顔で迎えてくれました。

b0291402_05482827.jpg



注文を端末に打ち込んでくれてますが、やっとこれで夕飯にありつけます。

b0291402_05483962.jpg



じゃ~~ん、バルセロナの、ラスト・ナイトなので、ちょっと奮発しました。
手長エビ1尾、大きなエビ2尾と、イカです。アルコールもセルフなので、いちいち買いに行かなくてもいいように、取りあえずビールと、取りあえずワイン(笑)

b0291402_05484805.jpg



五臓六腑にしみわたるとはこのことですね。朝6時から夜の21時まで、2万歩以上は歩いたので、美味しい~~~♪
お勘定は忘れましたが、3,000円もしなかったと思います。
いったんホテルに戻ってから、態勢を整え屋上で夜景の撮影を始めました。

b0291402_05490998.jpg



三脚は持ってきてないので、手持ちです。

b0291402_05485950.jpg


そして最後に、この眺めです。

b0291402_05491819.jpg


現在の塔の高さは72mですが、この真ん中の工事中の塔が、グングンと空に伸びて、完成する2026年には170mの巨大な塔になります。
2026年はガウディの没後100周年にあたる節目の年。またこの場所に立って完成したサグラダ・ファミリアを見たいと強く思いました。
スペインの日記は、カテゴリーなら「世界遺産」、タグからなら「スペイン」でご覧いただけます。

2月のスペイン、ケニアの旅行日記も終わったことで、7月2日の日曜日から次の旅行に出かけます。
今回は1週間の短い旅ですが、詳しくは毎日、旅を続けながらの日記でお届けします。
旅行期間中は、皆様の日記に訪問できませんが、帰国後にまとめて訪問させていただきます。



by tabi-to-ryokou | 2017-07-01 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(36)