2017年 07月 03日 ( 2 )

只今、スリランカを旅行中(その2)(コロンボ市内の様子)

7月2日、日曜日、その2回目は、コロンボ市内の様子です。

飛行機のコロンボへの到着は、3時間半の時差があるので、夕方の17時頃(スリランカ時間)
手荷物だけなので、真っ先に外に出るとまだ明るくて、今日のうちに市内観光に行ってしまおうということになりました。
ガイドが「明日は月曜日で、渋滞は大変あるけど、今日は日曜日なので、すいてあるよ」。
ガイドのニクンタカ君は、7年間茨城県の部品工場で働いた経験があるのに、日本語がちょっと訛ってます(笑)

街中で、どこでも見かけるのが市民の足「トゥクトゥク」、よく見かけるのが「仏像」です。

b0291402_09110580.jpg



最初は「トゥクトゥク」が珍しく、窓を開けて撮ってましたが、これだけいるとすぐに厭きます(笑)

b0291402_09113581.jpg



市民の服装はというと、こんな感じ。

b0291402_09120574.jpg



たまにはムスリム衣装の女性も歩いています。

b0291402_09133507.jpg



若者たちはジーンズが多く、日曜日の夕方を外で楽しんでます。
これはきっと、屋内よりは、外のが涼しいからじゃないでしょうか。

b0291402_09123574.jpg



金色の仏像の前を、子供がチャリで走り抜けていきました。「This is スリランカ」です。

b0291402_09130673.jpg



夕方は景色がいい場所で、市民はおしゃべりを楽しみます。
暗くて写真には撮れなかったのですが、砂浜には大勢の家族連れが繰り出していて、空にはいくつもの凧が揚がってました。

b0291402_09140585.jpg



道路にゴミが沢山落ちてる、インドのニューデリーに比べれば、コロンボの道路は綺麗です。
車も新しい日本車が沢山走っているし、運転マナーもいいです。
隣国のように、ビービーとクラクションを鳴らして割り込んでくる車は1台もみかけませんでした。
インド亜大陸との距離は、一番近いところで50kmと書いてありましたが、似て非なる国がスリランカ。
街が綺麗で、クラクションの喧噪がないスリランカに、私の好感度はアップでした。



by tabi-to-ryokou | 2017-07-03 10:50 | 世界遺産 | Trackback | Comments(24)

只今、スリランカを旅行中(その1)(直行便でコロンボへ)

7月2日、日曜日
成田空港から、スリランカ最大の都市「コロンボ」までは、直行便で9時間です。
写真のスリランカ航空・エアバス330型機に搭乗しました。

b0291402_00515681.jpg



スリランカの場所はというと、インド大陸の右下。
日本との時差は3時間30分で、日本時間の朝9時は、スリランカの朝5時30分。30分刻みの時差を採用してる国は珍しいです。

b0291402_00524655.jpg



客室乗務員さんのユニフォームが華やかです。模様は孔雀の羽を模してるのでしょうか。

b0291402_00520947.jpg



そしてお腹や、背中が見えるんですよ。思わず目を閉じたくなる、この迫力(笑)

b0291402_00522300.jpg



映画を3本観て、食事が2回サービスされて、スリランカの上空に差し掛かりました。
インド洋が終わり、ここからスリランカです。

b0291402_00525950.jpg



島の大きさは北海道の8割くらいですが、上空から見ると緑が多い島です。

b0291402_00531189.jpg



コロンボの気温は29度、空はどんよりとした曇り空でした。
ガイドのニクンタカ君と、ドライバーのチャミラ君が待っていてくれて、いよいよスリランカ観光が始まります。
次回は街の様子です。



by tabi-to-ryokou | 2017-07-03 00:59 | 世界遺産 | Trackback | Comments(14)