2017年 07月 06日 ( 1 )

只今、スリランカを旅行中(その6)(世界遺産の聖地キャンディと、トゥクトゥク体験)

7月5日、水曜日、旅行の4日目。晴天で気温は31度ありましたが、過ごしやすい1日でした。

シーギリヤで楽しんだというか、悪戦苦闘した翌日は、ダンブッラの町から、スリランカの最もスリランカらしい町と言われる「キャンディ」への移動で、
かれこれ3時間かかりました。
聖地キャンディとして世界遺産に指定されてるのは、王権の象徴である仏歯を祀る仏歯寺が建立され、今なおスリランカの仏教徒のあつい信仰を集めているから。

古都キャンディは標高300mの高地にあり、キャンディ湖は最後の王朝が造った人造湖です。

b0291402_11295930.jpg



小学校が終わる時間になると、迎えにくる親たちで、町は渋滞します。いったい何人乗るの??

b0291402_11310380.jpg



世界遺産の仏歯寺は、シンハラ建築様式の八角形。絶えることなく参拝者が訪れてました。

b0291402_11315492.jpg



1日3回の礼拝の時だけ扉が開扉されますが、仏歯の金製の小箱が見れるのは、年に1度、夏に行われるペラヘラ祭の時だけで、その時期は町中が賑やかになるそうです。

b0291402_11325541.jpg



夜は伝統舞踊のダンスショーの鑑賞でした。会場周辺が駐車できないので、会場までトゥクトゥクで移動しました。僅か5分でしたが、人生初のトゥクトゥク体験。
乗り心地ですか?、原付バイクに乗ってるような振動と騒音でした(笑)

b0291402_11335599.jpg



ガイドのニンニク君に、「いくら払ったの」と聞いたら、150ルピー(日本円で約115円)。
ドライバーさんが大喜びで手を振ってくれましたが、150ルピーは相場よりも高かったのかも。

b0291402_11344292.jpg



ダンスショーは、こんな感じですが、別の機会にまた日記に書きます。
前に座った男性の座高が高くて、写真の黒い部分は彼の頭です。撮影に苦労しました(笑)

b0291402_11353190.jpg



圧巻は、火を使うショー。見てるだけで、自分が火傷したような気分になります。

b0291402_11372240.jpg



本日は、ヌワラエリアと言う地域で、紅茶畑や、工場を見学する予定です。
シーギリヤでの足腰の筋肉痛は、ようやく治ってきました(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-07-06 11:43 | 世界遺産 | Trackback | Comments(14)