2017年 09月 03日 ( 1 )

まるで鳥の羽のような「ウモウゲイトウ」が見頃を迎えています(埼玉県国営森林公園)

9月2日、土曜日、東京と埼玉は、午前中雨でしたが午後は晴れ。気温は17~24度でした。

早めにお昼を食べて自宅を12時半に出ましたが、埼玉県の森林公園到着は14時半。
まずウモウゲイトウをご覧にいれましょう。鳥の羽のようにふわふわとした30~40cmの花穂(かすい)が特徴です。

b0291402_05581938.jpg



ケイトウの1種で、色はピンク、黄色、赤。

b0291402_05591177.jpg



約5000平方mの敷地に、30万本が植えられてます。

b0291402_05593826.jpg



陽が差してきた広場には、子供たちの声がはずんでました。

b0291402_05594850.jpg



大きなゴムのボールで遊ぶ楽しそうな親子。

b0291402_06001122.jpg



7月から咲いていて、 くすんだ花も増えてきたので、順次切り戻し作業をしています。
早く咲いた花を切り落としますが、9月下旬には再び花数が増えるそうです。

b0291402_06002246.jpg



最後の1枚は、ウモウゲイトウへと走る少女。

b0291402_06003656.jpg


今は栽培面積の半分が咲いていて、半分が切り戻しの作業中。それでも見事でした。
全部が咲きそろうのは9月下旬で、10月上旬まで見頃が続くそうです。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-03 16:00 | | Trackback | Comments(10)