2017年 09月 16日 ( 1 )

遠州の 古刹に風鈴 秋近し(静岡県袋井市、法多山尊永寺)(最終回)

8月27日に遠州三山の古刹を廻り、その風鈴祭りを撮影しましたが、
1回目は萬松山可睡斎、8月28日の日記でした
2回目は医王山油山寺、9月6日の日記です
3回目は高野山真言宗別格本山の法多山。今回で遠州三山の風鈴祭りは最終回です。

1290年ほど昔、神亀2年(725年)聖武天皇の勅(みことのり)により行基上人が開山した高野山真言宗別格本山である法多山は、
厄除観音として地域の人々に愛されています。
遠州三山でも境内は一番広く、仁王門前の駐車場から本殿まで15分も歩きました。この仁王門は、国指定重要文化財に指定されています。

b0291402_05451755.jpg



黒門という名前の門なので、ここはモノクロで撮りました。

b0291402_05452944.jpg



「参道」のつもりでしたが、この道はきつい「山道」でした。

b0291402_05453983.jpg



最後の最後に、石段。15分の道のりでしたが、ずっと登り坂できつかったです。

b0291402_05455084.jpg



ここが法多山本堂です。風鈴まつりの風鈴はというと、本堂両翼の回廊に吊るされてます。

b0291402_05460011.jpg



回廊に吊るされた絵付け風鈴は、左右の回廊で合計480個ほど。

b0291402_05461324.jpg



回廊に設けられた竹製の格子に1つ1つ風鈴が吊るされています。

b0291402_05463809.jpg



風鈴に吊るされた木の短冊に願いごとを記入して、1枚200円で奉納することができます。
まずは「家内安全」ですよね。

b0291402_05520994.jpg



そして「病気平癒」も。

b0291402_05522491.jpg



カランコロンと風鈴の音色が届きますが、鈴には鮮やかなイラストが描かれ、モチーフは花火、金魚、朝顔、そして蛍などでした。

b0291402_05523580.jpg



願い事は「毎日笑顔」

b0291402_05530103.jpg



ひとたび風が吹けば一斉に響く軽やかな音色は、鉄琴の和音のようでした。

b0291402_05531311.jpg



1枚200円の短冊を奉納する時間はありませんでしたが、「家内安全」、「毎日笑顔」と、「健康」をご本尊に、祈願してきました。
3回にわたってお届けした遠州三山の日帰り旅は今回で終わります。
またこんな旅に出かけられるといいのですが、次はいつになることやら。


by tabi-to-ryokou | 2017-09-16 16:00 | 旅行 | Trackback | Comments(14)