2017年 09月 17日 ( 1 )

まだ若いカワセミ・パパの、華麗な狩り(葛飾区、水元公園)(その1)

9月16日、土曜日、台風18号が接近中。東京はどんよりした曇り空で、気温は20度から23度でした。

いつ雨が降ってもおかしくない曇り空だったので、近くの水元公園に出かけました。
「かわせみの里」では、ここを縄張りとするメスと、若いオスがカップルになり抱卵・巣ごもり中。
池にはあまり出てこないという噂もありましたが、駄目モトで出かけました。

到着して65分。今日はもう現れないかと不安になる頃、若いオスが飛んできてくれました。

b0291402_07463713.jpg



さっそく、飛びます。

b0291402_07464910.jpg



写真を撮る都合上、できれば横に飛んでほしいのに、奥の岩に飛んでいきました。

b0291402_07470108.jpg



見事に着地。まあ、彼らにしたら当たり前のことですけどね(笑)

b0291402_07471229.jpg



餌となる、小魚とエビを探しています。中川から取水した水を浄化して、このミニ池から水元遊水池に浄化水を流すので、ここには小魚とエビが多いのです。
お~、行くかな!!、行け~~~

b0291402_07472223.jpg



なんだ、フェイントでした。

b0291402_07473337.jpg




そして次の瞬間、狭いミニ池にダイブ。ダイブする瞬間は、ボケボケにぶれてましたが、「飛び出し」が撮れてました。
この写真では目立たないのですが、嘴の一番先っぽに、捕らえた透明な獲物を咥えてます。

b0291402_07474323.jpg




獲物はエビでした。雛がいると持ち帰るのですが、ここでゴックンと食べてしまったので、巣の中はまだ卵で、オスとメスが交代で抱卵中のようです。

b0291402_07475549.jpg



常連さんの話では、このオスは素早くて、狩りは上手いけど、今年生まれた幼鳥だそうです。
ここを縄張りとするベテランのメスに気に入られて、旦那様の座におさまったとか(笑)

カワセミは、オスが小魚を咥えてきて、メスにプレゼントし、メスがが受けとると、求愛成立でカップルになります。
ところが昨年のカミサンが、今年もカミサンになってくれるかというと、毎年オーディションが行われ、落選もあり、逆に略奪愛も、下剋上もあるそうです(笑)
オスは、毎年メスに気にいってもらわないと「ぼっちカワセミ」になってしまうので、オチオチしてられません。
カワセミの世界も、人間の世界も、オスは厳しいです(笑)



動物とわたし




by tabi-to-ryokou | 2017-09-17 16:00 | | Trackback | Comments(10)