2017年 10月 06日 ( 1 )

只今、ケニアのマサイマラをサファリ中(その2)(生まれて4ヶ月のチーター赤ちゃん)

10月5日、マサイマラは好天で日中の気温は29~32度
暑いと思われるでしょうが、マサイマラは標高1600mで、からっとしてるので、それほど暑いと感じません。
でも夜は結構寒く、MPATAサファリクラブさんでは日本風の手厚いサービスで、ベッドに湯たんぽを入れてくれます。

本日は、ゲストリレーションの紀子さんも参加して、3人でタンザニア国境に近いところにいるというチーター親子を探しに行きました。
紀子さんも、そのチーター親子はまだ見てなくて、MPATAのお客さんも過去数組しか出会ってないというくらい草に隠れてなかなか見つからないとか。

出発してしばらくはライオンばかり。もうライオン街道とでも言いましょうか、行く先々でライオン、ライオン。
ドライバーも「ライオンはもういいよ」と無視。ライオンも負けずに車を無視して、真横を通り過ぎます(笑)
このドライバーは、ヘンリーじゃないですよ。よそのドライバーさんです。

b0291402_10302988.jpg



写真を撮ったのは、このタテガミが美しいオスライオン。
ライオンは歳をとるにしたがってタテガミが長くそして黒くなりますが、彼は金髪でイケメン。年齢は2歳から3歳くらいです。

b0291402_10361353.jpg



そして目的の場所まで行くと幸運の女神が微笑み、チーターママと、2匹の子供を見つけました。最高にラッキー!!
もう最初の2日で、1週間分の運を使い果たしたような気がします。

b0291402_10381513.jpg



まだ白いタテガミが残ってるので、多摩動物園のアイガー、ジョラス、クラリスより年下です。
毎月1回は撮ってきた、多摩動物園のチーター3兄弟の写真と比べてみると、生れて4ヶ月くらいと思われます。

b0291402_10470718.jpg



ロングドライブ6時間のうち2時間は、この親子たちと過ごしたでしょうか。遠すぎてあまり写真は撮れなかったのですが、至福のひと時でした。
ホテルへの帰り道を走ってると、「ヒョウがいる」、という仲間からの無線が入りました。ヘンリーが突然真面目な顔になり、道なき道を突っ走ります。
この写真のどこかにヒョウがいますが、分かりますか??

b0291402_10424899.jpg



ここで目を閉じて寝てました。お腹の膨らみからすると、満腹でお昼寝タイムのようです。
実は彼の頭の上あたりに仕留めて、食べたと思われる獲物がぶら下がってます。

b0291402_10455482.jpg




まさか1日で、なかなか会うことができないチーター、ヒョウの両方を見れるとは!!。しかもチーターは赤ちゃん連れの家族。
漁船だったら、大漁旗をなびかせて帰りたいような気分でした(笑)

最後の1枚は、MPATAのレストランから見えた満月です。

b0291402_11101288.jpg


チーター家族の写真は、距離があり、草がありで、彼らの表情までは撮れませんでした。
今日も同じコースを廻って、できればもう一度、彼らと会ってみたいと思います。



by tabi-to-ryokou | 2017-10-06 11:20 | 動物 | Trackback | Comments(10)