2017年 12月 30日 ( 1 )

未来を明るく照らしていこう(未知を照らす)という「東京ミチテラス2017」の狂想曲

「東京ミチテラス」は、東京駅の駅舎の復元工事が終わった2012年から始まったので、今年は恐らく6回目。
その途中では東京駅に投影したプロジェクションマッピングに見物客が集まり過ぎて、あまりにも危険だからと中止になったという紆余曲折もありましたが、
今年も12月24日から28日まで開催されました。

昨年までは見物客の行列が凄くて、1時間待ちとか2時間待ちだったのですが、今年は空いてるよ、という情報があったので、
開始の30分前である16時30分から並びました。17時になると、運よく先頭グループで、STAFFの誘導に従い東京駅に向かって進みます。

b0291402_08462149.jpg



STAFFがテープを持って進むので、追い越しはできませんが、自分は内枠をキープして先頭なので、有馬記念のキタサンブラックと同じ位置ですね。
目指すは東京駅の真ん前のセンターポジション。
「立ち止まらないで下さい」とうるさいのですが、1秒間だけ立ち止まっては右手だけで撮影。

b0291402_08463307.jpg



なにしろこの日は、左手にビジネスバッグと、PCを入れたPCケースも持ってたので、両手で構えることができません。
スタート前に、F値4.0、ISOは2,000にセットして、これで最後までガチ勝負(笑)

b0291402_08464386.jpg



東京駅前のセンターポジションをゲットしました。そりゃそうですよ、寒い中30分も並んで待ったんですから。
彩りある花でつくられた動輪型のオブジェ「願いのリング」が、左右に見えます。

b0291402_08465326.jpg



そして丸の内南口の上空にはお月さまが見えました。

b0291402_08470954.jpg



東京駅のアップですが、花びらのロウソクに見立てたライトアップ演出「祝祭のキャンドル」が東京駅舎に輝きます。

b0291402_08471984.jpg



「写真を撮りおわった方は、すみやかに移動して下さい」という声に押されて、折角のセンターポジションを後のカメラマンに譲って帰り道を急ぎました。

b0291402_08473173.jpg



せかされることもなくなったので、こんなオブジェを撮りました。これ光の稲穂でしょうか。

b0291402_08474030.jpg



見終わった観客は丸の内仲通りへと誘導されます。

b0291402_08475083.jpg



そして私はメトロの駅に向かいますが、観覧を待つお客さんは既にご覧のような大行列。

b0291402_08475968.jpg



やはり混雑はするのですが、平日夕方だったし、開始前から並んだので、待ち時間は30分ですみました。
開催は12月28日まででしたが、来年も見に行くかと言われれば、どうでしょうか。イルミネーション自体はそれほどでもないので、微妙です(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-12-30 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(42)