カテゴリ:鳥( 77 )

キミは空飛ぶペンギンを見たか?(池袋、サンシャイン水族館)

昨日登板予定だったこの日記ですが、昨日は午前も午後も、スタディアムが閉鎖中。14時間遅れの変則スライド登板です(笑)

7月17日、海の日、東京は早朝に、一雨ありましたが35度のうだるような猛暑日。
「キミは空飛ぶペンギンを見たか?」というキャッチコピーで、人気を集めるサンシャイン水族館に出かけました。
きっと大混雑だろうと開館の30分前、9時30分には1階に到着しましたが、ここで整理券を配布していました。この時点で先客は100名以上。

b0291402_22403616.jpg




水族館の入り口がパンクしないようにとの配慮か、1階の通路で来場者をグループ分けしていました。
整理券の時間毎に囲いのような枠に入れられて待つらしく、私が貰った整理券は10時から10時15分。
9時50分には、水族館に昇るエレベーターに乗り、再び水族館の発券売り場に並んで待つこと20分。ようやく水族館に入れました。

b0291402_22410744.jpg




館内の順路に従い、水槽の魚は一切見ないで、ひたすら前に進みますが、大混雑で「天空のペンギン」まで辿り着くのに、さらに20分。
到着してから60分後の10時30分に、ようやく「空飛ぶペンギン」とご対面できました。

b0291402_22424394.jpg



前置きが長くなりましたが、スイスイと泳ぐのはケープペンギンです。

b0291402_22433098.jpg



確かに真上にもペンギンが見えるので、ペンギンが空を飛んでるように見えます。

b0291402_22441662.jpg



どんな水槽かというとこんな感じで、奥と頭の上が水槽です。

b0291402_22444626.jpg



水槽の全面は広いし、一般客は5分も見れば分かったという感じで、写真を撮り去って行くので、どうやって撮ろうかと、悩みながら粘ってる自分は、
楽に写真を撮ることができました。
1時間もかけて、並んで、歩いて、再び並んで、歩いて、やっと会うことができた「天空のペンギン」は青空と、高層ビルを背景に、異次元空間のペンギンでした。



by tabi-to-ryokou | 2017-07-19 06:00 | | Trackback | Comments(36)

カワセミのパパと息子の、雨の中の狩り(葛飾区、水元公園)

スリランカ旅行の前でしたが、6月28日に、水元公園で撮影したカワセミ親子の写真です。

パパが魚を獲ったら、分け前にあずかろうと、近くに来ようとする息子。そうはさせじと、ブロックするパパ。背景のタマボケは、降りしきる雨です。

b0291402_20173430.jpg



ブロックをかいくぐり、同じ枝に着地する息子(笑)
パパは仕方ねえなあと無視です。

b0291402_20174679.jpg



親子の攻防が続きますが、パパは魚を見つけたのでしょうか。

b0291402_20180926.jpg



戻ってきましたが、失敗です。

b0291402_20183164.jpg



今度は、息子が魚を見つけたのか、水面を目指しますが、大粒の雨が水面を叩き飛沫をあげてます。

b0291402_20185398.jpg



やはり失敗でした。

b0291402_20190742.jpg



パパがぼやいてます。「雨が止んでくれないと、魚が見えないよ~~」

b0291402_20195100.jpg



再び飛び立ちました。何か見えたのか。

b0291402_20202098.jpg



ダイブの瞬間は見えなかったのですが、戻ってきた時には小さな魚を咥えてました。さすがパパ!!

b0291402_20203139.jpg



一口で呑み込めそうな小魚なのに、雛たちが待つ巣の方に咥えたまま帰って行きました。

b0291402_20205110.jpg


カワセミのオスは、子供のうちは狩りが下手であまり魚が獲れないし、親になると1年に3回も子育てがあって、
ママや子供たちにせっせと、魚を運ばなければいけないので大変です。

ポールマッカートニーの作詞・作曲で、ビートルズが唄った歌詞を思い出しました。
It’s been a hard day’s night ~ ♪
And I’ve been working like a dog ~ ♪♪

でも、working like a dog~ よりは、working like a カワセミ~ ♪♪
のがいいんじゃないかと思ったひと時でした。


by tabi-to-ryokou | 2017-07-14 16:00 | | Trackback | Comments(18)

カワセミのパパと、息子が雨の中でバトル(葛飾区、水元公園)

6月28日、水曜日、東京は午前中が雨、午後は曇り、最高気温は25度でした。

例え雨が降ろうとも、休みの日には何か撮りに出かけるのが、365日ブロガーの宿命(笑)
2ヵ月ぶりに水元公園のカワセミを撮りに出かけました。私が到着した9時30分には、カメラマンが2人だけ。
そりゃそうですよ。平日だし雨ですからね。ちょうど帰る方がいて、様子をうかがったら「雨だから来ないよ、今日は全然駄目」ということでした。
でも私がカメラの準備をしたらカワセミのパパがやってきました。最高にラッキー!!

カワセミパパ : 雨で池の中の魚が見えにくいよ、止んでくれないかな~~

b0291402_07493928.jpg



そこに子供のカワセミがやってきました。5月16日前後に巣立ったという1番子です。カワセミ夫婦は1シーズンに3回、子供を産み育てるので、1番子から3番子までいます。
子カワセミの特徴は嘴が短くて、お腹側は黒っぽく、足は赤くありません。

b0291402_07495341.jpg



左がパパ、右が息子。生まれて1ヵ月とちょっとですが、図体は殆ど一緒です。

b0291402_07500115.jpg



パパは、6月20日頃に雛からかえって巣の中で待ってる2番子を育てるのに必死。1番子が、自分の縄張りにまだいるのが鬱陶しいのです。
パパ : ここは俺の縄張りだぞ、お前どっか他所行けよ。

b0291402_07500928.jpg



取り敢えずパパが仕方ねえなあと別の枝に移動します。

b0291402_07501995.jpg



子供と比べると、親は嘴が長く、お腹の黄色が鮮やかで、足は綺麗な赤です。

b0291402_07502834.jpg



おや、パパが身構えました。

b0291402_07503600.jpg



1番子が再びやってきて、同じ枝に止まろうとしてます。

b0291402_07504345.jpg



1番子 : パパ、オレにも魚ちょうだい。

b0291402_07510019.jpg



パパ : オレは忙しいんだ、お前はあっち行って、自分で探せ!!

b0291402_07510926.jpg



パパがすごい剣幕ですが、この結果はいかに。次回に続きます。
場所は水元公園の不動池で、ここには毎日カワセミがやってきます。ブログで情報を公開してくれる親切なカメラマンが多く、1年に5・6回の私も助かってます。
雨の中、傘を右わきから頭に傾けて挟み込み、両手には本体と望遠レンズで、合計2.7kgを持ちながらの撮影でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-29 16:00 | | Trackback | Comments(24)

僕の名前は「ワッショイ」ちゃんに決まりました。「ミコシ」ちゃんじゃなくてごめんなさい(すみだ水族館)

6月25日、日曜日。東京はどんよりした曇り空で、最高気温は24度でした。

5月27日の日記でお届けしたのは、「生まれて1ヵ月の赤ちゃんペンギンが、自分の名前を募集中」でした。
その時の写真がこちらです。

b0291402_08313182.jpg



赤ちゃんの名前を募集中だったので、兄や姉のマツリちゃん、ハナビちゃん、ハッピちゃん、タイコちゃんの連想で、応募用紙に「ミコシ」ちゃんと書いてきました。
13,313通の応募から選ばれた名前は「ワッショイ」ちゃん。かすってました!!、惜しかったです(笑)

「わっしょい」ちゃんが他のペンギンたちと一緒に泳ぐ「プールデビュー」があるというので、再びすみだ水族館を訪ねました。

b0291402_08255802.jpg



生れてから2ヵ月、前回の訪問から1ヵ月。こんなに大きくなってました。

b0291402_08260617.jpg



まだ羽毛が白と黒のツートンカラーではなくて、白とグレーです。

b0291402_08261536.jpg



飼育員のお姐さんが、いったん岩の上に置きます。

b0291402_08262685.jpg



どうしようかと、困った「ワッショイ」ちゃん(笑)

b0291402_08263674.jpg



そしたらお姐さんが後ろから、ツンと押しました。「ドボン!!」
ちょうど岩陰で、「ドボン」の瞬間は撮り損ないました。でもちゃんと泳いでます。

b0291402_08264583.jpg



「ワッショイ!!」、「ワッショイ!!」、頑張れ、頑張れ!!

b0291402_08265695.jpg



スイミングスクールに通う、子か孫を、観覧席からみてるような感じ(笑)

b0291402_08270697.jpg


さすがペンギンの赤ちゃん、泳ぐスピードもスイスイと速く、岩の上には戻ってきません。
でも疲れないようにという配慮から、プールデビューは50分間で終了し、飼育員さんとともに赤ちゃん部屋に帰っていきました。
なお、「ワッショイ」ちゃんの公開時間は15時から15時50分。7月3日からは少しずつ時間を増やしていくそうです。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-26 16:00 | | Trackback | Comments(32)

カワセミのパパが、息子に魚を与える貴重な場面(葛飾区、水元公園)

5月28日、土曜日、東京は最高気温27度の心地よい天気。

水元公園では、カワセミの里で4羽、不動池で2羽のヒナがかえり巣立ちました(常連客情報)

不動池では、ヒナが池にデビューしたのが今月16日。昨日もそのうちの1羽がやってきました。
私はこの子に、イチローという名前を付けました(笑)

b0291402_09090044.jpg


そこにパパが給餌にやってきました。

b0291402_09090907.jpg


給餌成功!!、パパもイチローも大きさは、あまりかわりません。

b0291402_09092186.jpg


パパが持ってきた魚があまりにも大きいので、バランスをくずすイチロー、オットット~~~(笑)

b0291402_09093510.jpg


パパは再び狩りに出かけました。この時期のパパは忙しいのです。

b0291402_09095854.jpg


「どうしよう、この大きな魚」、焦るイチロー。

b0291402_09100833.jpg


この格好では呑み込めません。一度咥え直さないと。

b0291402_09102041.jpg


お、うまく頭を咥えました。

b0291402_09104536.jpg


おお~~~、頭からいきました。

b0291402_09153732.jpg


あとちょっとだ。

b0291402_09161884.jpg


ゴックン!!、「ウメ~~~」、なんかさっきよりお腹が膨らんだように見えます。

b0291402_09162743.jpg


今度は近くの木に、さっきのパパがやってきました。狩りのチャンスをうかがってます。

b0291402_09163638.jpg


さっきのより小さな魚をゲット。

b0291402_09164520.jpg


ゴックン!!、今度は自分で食べちゃいました。

b0291402_09165406.jpg


恐らくパパが、子供たちに給餌をするのも、あと何日か。
イチローも自分で狩りができるように練習しなければ、この自然界では生きていけません。
今後のかわせみの里、不動池、どちらも注目です。



by tabi-to-ryokou | 2017-05-28 16:00 | | Trackback | Comments(22)

生まれて1ヵ月の赤ちゃんペンギンが、自分の名前を募集中(すみだ水族館)

場所は東京スカイツリーの「ソラマチ5階」にある、すみだ水族館。
4月15日に生まれた赤ちゃんペンギンを見てきました。
残念ながら熟睡中。

b0291402_08082369.jpg


パパはカリン、ママはカクテル。そういえば2年前に見た赤ちゃんもパパはカリン、ママはカクテルでした。
マゼランペンギンの夫婦は、ずっと仲よく連れ添うんですね。

b0291402_08083322.jpg


20分くらい他を見てから戻って来ましたが、相変わらず寝てました。ガッカリ!!

b0291402_08084332.jpg


ここから下の3枚は2015年6月20日に撮った赤ちゃんです。
2013年に生まれた子が「まつり」と「はなび」。2014年が「はっぴ」。2015年生まれのこの子は「せった」という説もありましたが、
決まった名前は「たいこ」でした。

b0291402_08091512.jpg


そして2016年に生まれた子は「ふうりん」。(写真は2年前のたいこです)

b0291402_08092528.jpg


ならば4月に生まれた赤ちゃんは「みこし」でしょう。これしかない!!、(写真は2年前のたいこです)

b0291402_08093457.jpg


応募用紙に「みこし」と書いてきましたが、発表は6月下旬。
「みこし」ちゃん(仮称)と会えるのは5月31日まで(笑)。プールデビューは6月下旬だそうです。



by tabi-to-ryokou | 2017-05-27 16:00 | | Trackback | Comments(22)

ある日のカワセミ夫婦は、ふう~ふう~♪♪(葛飾区、水元公園)

4月下旬の水元公園、かわせみの里です。

かわせみの里に到着したら、既にメスが岩の上にいました。

b0291402_08154969.jpg


こちらを向いてくれました。真正面のカメラ目線。

b0291402_08155843.jpg


オスがやってきました。このオスとメスは、かわせみの里に巣を持つ夫婦です。

b0291402_08160935.jpg




巣の中には雛が誕生しており、両親はせっせと餌を運ばねばいけない時期です。

b0291402_08161994.jpg


メスが唄ってます。
心配ないからね~♪ 君の思いが~♪ 誰かに届く~明日がきっとある♪

b0291402_08162968.jpg


そうするとオスが突然!!。ここからは「18禁」です(笑)

b0291402_08163886.jpg


Carryon~♪ Carryout~~♫

b0291402_08164818.jpg


遠くの方で、ご婦人の呟く声が。「あら、短いわね」(笑)

b0291402_08165855.jpg


オスは去っていき、残ったメスは狩りをして、ザリガニを一発で仕留めました。

b0291402_08171399.jpg


常連さんによると、5月10日から14日の間くらいに、雛たちが巣立ちして、池に現れるのではないかということでした。
そして読売新聞朝刊によると5月9日に、ひな鳥が巣から飛び立つ様子が初めて確認されたそうです。そして少なくとも3羽はいるとの記事。
きっと週末の土曜日、日曜日はカメラ愛好家で混雑するでしょうね。私も、勿論行きます(笑)


2017、私のゴールデンウィーク!





by tabi-to-ryokou | 2017-05-11 16:00 | | Trackback | Comments(26)

ハヤブサが空を舞い、ルアーにアタックする美しい姿(埼玉県吉見町)(最終回)

お花見に浮きたち、桜の写真が続いてる今日この頃ですが、本日はハヤブサが空を舞います。
満開の桜も優雅ですが、ハヤブサが飛ぶ姿も優雅です。

b0291402_08362698.jpg


鷹匠さんのコントロールで、ハヤブサは空を飛び、急降下してはルアー(疑似餌)を狙います。

b0291402_08363500.jpg


ハヤブサが付けてる装置は、どこかに飛んでいってしまった時のためのGPS。

b0291402_08370276.jpg


空を飛びながらも、視線はルアーを見ています。

b0291402_08371197.jpg


アタック開始。

b0291402_08373136.jpg


急降下して接近中。

b0291402_08374263.jpg


鷹匠さんは、巧みにルアーを操り、ハヤブサとぶつからないようにします。

b0291402_08375649.jpg


後から見ると、足をきちんとお腹につけて飛んでます。

b0291402_08382615.jpg


鷹匠と、ハヤブサとの日頃の練習のたまもので、ハヤブサは何回もアタックを繰り返します。

b0291402_08383663.jpg


50回近くのアタックを終え、ご褒美のお肉をいただくハヤブサ君。

b0291402_08420663.jpg


最後にカメラ目線の、ドヤ顔!!。なんか笑顔に見えました。

b0291402_08421579.jpg


カワセミが飛ぶのは速すぎてうまく撮れませんが、ハヤブサなら飛んでいても撮れます。
こういう大会が、次はいつあるのか分かりませんが、2回にわたって撮影した競技会は、猛禽類と、猛禽類が好きな人たちが集まる楽しい祭典でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-04-11 16:00 | | Trackback | Comments(16)

カワセミとモズが飛んでる写真、ボケボケ画像でもアートならいいじゃない(葛飾区、水元公園)

4月2日、日曜日、東京は5度から14度の、心地よい晴れでした。

朝一番の8時50分から9時20分までは、六義園で枝垂れ桜を撮影しました。まあまあ撮れたので、明日の日記でアップします。
時間も早かったので、六義園から水元公園に廻りました。勿論、そういう展開を予想してたので、カメラ2台、レンズ3本のフル装備で出かけてます。

水元公園の不動池に到着して10分ほどで、カワセミのオスが現れました。
前回、ここで撮影した「カワ男」君だと思います。

b0291402_05102435.jpg


静止画像は過去にも沢山撮ってるので、飛んでるシーンを撮るために、モードは動いてもカメラがピントを追ってくれるという「AIサーボ」で、
望遠レンズは「追っかけモード」、1.4倍に撮れるレンズのエクステンダーをはずして、左右に飛び出してもフレームから出ないように工夫してます。

b0291402_05105943.jpg


ふ~~、イマイチ。
私のカメラとレンズの組み合わせでは、F値が最低で5.6。露出指定のAVモードだと結果的にシャッター・スピードが640分の1秒にしかなりません。
カワセミを止めて撮るには、最低でも1600分の1秒が必要ですが、それにはもっと明るくて大きなレンズがないと無理です。

再度のチャンス到来。

b0291402_05104482.jpg


追っかけましたが、再びボケボケ。
いいじゃないの~♪、幸せならば~♫、いいじゃないの~♪、アートだから~♫
背景は美しいのでご容赦を(笑)

b0291402_05111808.jpg


「カワ男」君は、もう来なかったのですが、モズのオス、「モズ男」君がやって来ました。

b0291402_05110626.jpg


いいじゃないの~♪、幸せならば~♫
やはりボケてます。

b0291402_05111657.jpg


「モズ男」君の再度のチャンス。

b0291402_05112549.jpg


いいじゃないの~♪、幸せならば~♫
飛んでる場面は、全滅に終わりました。

b0291402_05113583.jpg


持ってるカメラとレンズの組み合わせでは無理なのか。もしくは技術が下手糞なのか。
「モズ男」君が、帰る私をカメラ目線で見送ってくれました。

b0291402_05114674.jpg


ネットを検索すると、もっと綺麗に飛んでるカワセミを撮る達人もいるので、がっかりです。
これが限界なのか、他に方法があるのか、調べてまた挑戦してみます。



by tabi-to-ryokou | 2017-04-03 16:00 | | Trackback | Comments(16)

繁殖期を迎え奮闘するカワセミの「カワ男」君(葛飾区、水元公園)

3連休の最終日、真っ先に向かった場所は水元公園でした。
いつもなら「かわせみの里」に行くのですが、先週あまりにもカメラマンが多かったので、久しぶりに「不動池」に行ってみました。先着のカメラマンは十名程。
嬉しいですね~、到着したら既にカワセミがいてくれて、カメラマンさん全員がおしゃべりもせず、真剣にファインダーを覗いてます。不動池いいぞ!!

b0291402_15270216.jpg


ここは昨年まで、デブ子ちゃんと、ドジ男君が縄張りとしてた池。現れたのはオスなのですが、昨年のドジ男君なのかどうか、よく分かりません。
一応、「カワ男」君と名付けましたが、愛想もいい。

b0291402_15271261.jpg


ところがこの日は風が強くて、池にさざ波が立ち、狩りには向かない日。
お腹の黄色い羽も風に吹かれて、たなびきます。

b0291402_15272743.jpg


それでも繁殖期なので、獲物をGETしたいカワ男君。必死に池を覗きこみます。

b0291402_15274087.jpg


時々、場所を変えるので、その度にシャッターは押しますが、瞬間でフレームから飛び出してしまうので、飛翔場面が撮れません。
持ってる器材はかれこれ3kg。支える腕が疲れますが、カワ男君が移動する度に、自分も近い場所に移動し、ダイブするシーンを狙い続けます。
一方の、カワ男君は、狩りは成功しないけど涼しい顔。

b0291402_15274957.jpg


30分以上は経過したでしょうか、腕が痛くてたまらない時に、カワ男君が果敢にダイブ。
カワ男君、捕りました~。自分、撮り損ねました~。
待ち疲れて、ピントがずれてました。
カワ男君は枝の上で、ザリガニを、しっかりと咥えています。おめでとう!!

b0291402_15280098.jpg


食事風景をアップで撮ろうと思ったら。獲物を咥えたまま飛んでいってしまいました。
巣では奥さんが待ってたんでしょうか。カワ男君、本当に頑張ってました。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-22 16:00 | | Trackback | Comments(36)