カテゴリ:花( 191 )

雨が降った翌日はバラ園でしょう(800品種、7,500株のバラが咲く千葉県、谷津バラ園)

11月3日、文化の日。3連休初日は、東京も千葉県も晴れ、気温は13度~22度。

カワセミを予定してましたが、木曜夜に関東は雨が降ったので急遽、予定をバラに変更。
「雨の日は美術館・博物館、その翌日はバラ園へ」というのが、我が家の家訓(笑)
頭に浮かんだテーマは、千葉県谷津バラ園の「青いバラと雨滴」

9時の開園と同時に入園し、人気の「青バラコーナー」に急ぎましたが、1人だけの貸切状態でした。

バラの名は、ブルーバユーです。

b0291402_19192310.jpg



レディエックス。

b0291402_19193349.jpg



咲くと、ブルーになる、ブルーパヒュー。

b0291402_19194385.jpg



花びらの水滴で玉ボケを狙ってみましたが、ビショビショ過ぎて失敗(笑)

b0291402_19195468.jpg



さて、この日の開花率は、谷津バラ園の発表では70%。
もうちょっとですが、逆に傷んだバラが殆どないので、マクロ撮影には絶好でした。

b0291402_19200433.jpg



この一角はよく咲いていて、カメラマンも、カメラ女子も集まってきます。・・・といっても開園直後でお2人さん。

b0291402_19201566.jpg



レンズを「望遠レンズ」に交換して、ここからは玉ボケ狙い。

b0291402_19202711.jpg

b0291402_19203775.jpg

b0291402_19204816.jpg



見頃は11月下旬まで続くと書いてありましたが、一番の見頃が恐らく11月10日前後。
見頃おさめは11月20日くらいではないでしょうか。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-05 16:00 | | Trackback | Comments(10)

今年の菊人形は大河ドラマの「女城主直虎」でした(文京区湯島天神 菊祭り)

毎年恒例の湯島天神。菊まつり。今年は11月1日から11月23日までですが、その初日に訪問しました。

さて、目玉の菊人形は・・・・・・・、女城主直虎、今年はこれしかないでしょう。
ちなみに左が家康、真ん中が直政、右が直虎です。

b0291402_20380085.jpg



毎年、大河ドラマの主人公が登場するので、これは予測できました。
1年前の記憶って、儚いもの。皆さん、昨年の大河ドラマの主人公は覚えてますか。昨年撮影したのは、真田丸でした。

b0291402_20381370.jpg



やはり、菊まつりの初日なので、菊の咲き具合は、あと少しという感じでした。
社務所と本殿を結ぶ渡り廊下の懸崖ですが、咲いてたり、咲いてなかったり。

b0291402_20382668.jpg



管物咲きの中でも、1株からこれだけ咲かせるという千輪咲き。
この千輪咲きは、見頃でした。

b0291402_20383954.jpg



初日なので、会場にはテレビ局の取材も入ってました。
危うく自分が標的にされるところでしたが、昔から逃げ足の速さには定評がありますので(笑)、たくみに避けたら、このおじさんが捕まってしまいました。

b0291402_20384923.jpg



レンズをマクロレンズに交換して、私が好きな管物を撮影しました。

b0291402_20390588.jpg



管物の菊でも、これは細管。

b0291402_20391550.jpg



「新玉光院」と書かれた菊の花。珍しい菊です。

b0291402_20392770.jpg



最後は恒例、園芸家としてプロ級の鈴木敏彦さんのコーナーです。

b0291402_20394172.jpg



やはり開催期間が23日間もあると、どこにピークを持っていくかが難しいのでしょうね。
1週間早かったと思いましたが、鈴木敏彦さんは、いつも見事な菊の花を見せてくれます。

湯島天神の菊まつりは、11月23日までなので、まだじゅうぶんに間に合いますが、11月の第2週目のが良さそうに思いました。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-04 16:00 | | Trackback | Comments(16)

芸術の花絨毯(フラワーカーペット晴海2017)

昼休みに「晴海トリトンスクエアー」に出かけてきました。

2015年は屋外で開催されましたが、今回は2階のグランドロビー。毎日雨なので屋内でちょうど良かった。
今年のフラワーカーペットは「見る」だけでなく、「聴いて」楽しめる企画。それぞれの名画に合わせて音楽が流れてました。

b0291402_07545477.jpg


入り口に近いほうから、ゴッホの「渦巻く青い背景の中の自画像」

b0291402_07550753.jpg

b0291402_07551967.jpg


ダ・ヴィンチ作、「モナ・リザ」

b0291402_07552997.jpg

b0291402_07562985.jpg



写楽の、「大谷鬼次の江戸兵衛」

b0291402_07564779.jpg

b0291402_07570049.jpg



最後はフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」

b0291402_07571847.jpg

b0291402_07574171.jpg



実によくできてます。花を集めてくるだけでもたいへんそうですね。

b0291402_07572973.jpg


作業工程は、(1)花むしり(花びらをむしり、色別にわける)、(2)アウトライン作成(下絵を描き、カラーサンドで輪郭を描く)
(3)花絵制作(花びらを敷き詰めます)、(4)仕上げ(カラーサンドで絵のラインを明確にする)と、かなり手間暇がかかります。

ちなみに17回目を迎えた今年の開催は10月14日~17日で、昨日が最終日でした。
毎年10月の最終週から11月にかけて4日間、開催されますので、興味がある方は、来年是非ご覧になって下さい。



by tabi-to-ryokou | 2017-10-18 16:00 | | Trackback | Comments(12)

深まる秋に、ハギのトンネル (墨田区、向島百花園)

9月24日、日曜日、東京は秋晴れで、気温は18度~26度。
朝一番で、水元公園の、かわせみの里へ出かけました。

1時間程に2回も飛んできてくれましたが、狩りは1回だけ、しかも失敗。自分も同時に撮影失敗(笑)
日曜日は「かわせみフェスティバル」が、開催され、数々の催し物や、花の市、パンの販売もあり大勢の人が集まって、賑やかだったのです。
なので、カワセミ君も、やりにくかったのかもしれません。いたという証拠写真程度の1枚。

b0291402_05491217.jpg



カワセミを諦め、向島百花園に向かいました。
向島百花園の名物、ハギのトンネルです。

b0291402_05493427.jpg



竹で編んだトンネルに、ハギを沿わせ仕立てあげてます。

b0291402_05494588.jpg



ハギの花は可愛らしく咲いてました。

b0291402_05495790.jpg



トンネルの長さは30mほど。見頃には、4・5日早いかなという印象でしたが、日曜日なので観賞客も多かったです。

b0291402_05501110.jpg



六義園、小石川後楽園が大名庭園とすると、ここ向島百花園は江戸の町人文化がつくりあげた庭園。
200年前からここにあるわけですが、「ハギのトンネル」は、いつ頃からあったんでしょうね。

b0291402_05502610.jpg



向島は江戸文化発祥の地ともいわれますが、在りし日を偲ばせる、風流なトンネルでした。
なお向島百花園では、9月16日~10月1日まで、萩まつりを開催中です。


私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!


by tabi-to-ryokou | 2017-09-26 16:00 | | Trackback | Comments(16)

雨上り  マクロレンズで  彼岸花 (小石川後楽園)

9月23日、秋分の日、東京は朝の9時ごろまで雨、最高気温は24度でした。

東京の彼岸花は、見頃を既に過ぎており、「見頃、ちょい過ぎ」。出遅れましたが、今年初の彼岸花の撮影に出かけました。

150枚撮ったうちの厳選6枚です(笑)、解説はありません。

b0291402_19285275.jpg

b0291402_19290651.jpg

b0291402_19291739.jpg

b0291402_19293635.jpg

b0291402_19294766.jpg

b0291402_19295904.jpg


小石川後楽園は、他に咲いてる花も無く、人影もまばらでした。でも、気の早いモミジが、ほんのりと色づき始めています。
昨年は11月26日に出かけて、紅葉の見頃には1週間、早かったのですが、今年は昨年より少し早いかもしれません。



私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!


by tabi-to-ryokou | 2017-09-24 16:00 | | Trackback | Comments(22)

ジニア と コキア (茨城県、ひたち海浜公園)

なんとも「ベタ」なタイトルで恐縮ですが、9月9日に訪問した、ひたち海浜公園の続きです。

「みはらしの丘」の手前に広がる「見晴らしの里」は、コキアが色づく季節にはコスモスが、咲き乱れますが、訪問した9月9日はジニアが満開でした。

b0291402_08142965.jpg



ジニアはキク科、 ヒャクニチソウ属。ジニアの和名がヒャクニチソウです。

b0291402_08144094.jpg



色は白、赤、ピンク、オレンジ、黄、,緑と様々で、開花期は5月~11月上旬まで。
百日草の文字通り、100日以上花が楽しめます。

b0291402_08145006.jpg



花言葉は、「不在の友を思う」、「注意を怠るな」
咲いてる期間が長いので、時が過ぎてゆくにしたがって会えない人を想い、時間の経過とともに注意力が薄れるというような意味かなと思います。

b0291402_08150489.jpg


写真は4枚しかないのですが、とにかく華やかでした。
10月には、ここに200万本のコスモスが咲くはずなので、ジニアも、そろそろ終わりかなと思います。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-15 16:00 | | Trackback | Comments(12)

どう撮りゃいいのか、パンパスグラス(茨城県、ひたち海浜公園)

9月9日に訪問した、茨城県ひたち海浜公園の続きです。

園内は白、ピンク、赤黒色の三品種、約500株のパンパスグラスが、見頃を迎えてました。
手前はピンク、右奥に白いパンパスグラスが小さく見えてます。

b0291402_04593940.jpg



南米原産、イネ科の植物で、高さは2mから3m。
ススキに似た巨大な穂が風になびきます。

b0291402_04595372.jpg



借景にちょうどいい大観覧車。
絵にはなりますが、何枚撮っても似たような写真ばかり。

b0291402_05000680.jpg



「シーサイドトレイン」がやってきました。
約40分で園内を1周してくれて、10ヵ所の停留所で乗り降り自由。1日券が500円です。
「にわか撮り鉄」、参上。

b0291402_05001807.jpg


どの写真も似たような写真ばかりなので、この4枚を選びました。
なお、パンパスグラスは、8月末から咲き始めて、10月下旬まで見頃が続くそうです。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-13 16:00 | | Trackback | Comments(12)

秋の深まりを待ちわびるコキア(茨城県、ひたち海浜公園)

9月9日、土曜日、茨城県は快晴で、気温は18度~28度。

茨城県ひたちなか市の、国営ひたち海浜公園を訪問しました。

b0291402_08214534.jpg



毎年2回、ネモフィラの時期と、コキアの紅葉の時期に、ここで写真を撮ってますが、そのどちらでもない時に訪問したのは初めてです。

b0291402_08221358.jpg



勝田駅前からの臨時バスは無く、園内は人もまばら。
でも緑色のコキアは大きく成長し、あとは秋の深まりを待つばかり。

b0291402_08222431.jpg



今年も、このみはらしの丘に3万2千本を植栽したそうです。

b0291402_08224417.jpg



いつも思いますが、丘の全斜面に手作業で植えるのですから、作業も大変だと思います。

b0291402_08225956.jpg



フワフワ・モコモコですが、現在は直径2mmほどの小さな、赤い花が咲いています。

b0291402_08232663.jpg



緑色のコキアに、青空と白い雲。絵になる景色でした。

b0291402_08234282.jpg



ちなみにコキアの紅葉ですが、ここ3年間の秋の訪問日は、
2016年10月22日、
2015年10月24日、
2014年10月18日。
いずれも真っ赤に紅葉して、どんぴしゃの見頃でした。
今年の狙い目も、10月20日前後の1週間と思いますが、夏の天気がおかしかったので、どうなるでしょうか。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-10 16:00 | | Trackback | Comments(36)

まるで鳥の羽のような「ウモウゲイトウ」が見頃を迎えています(埼玉県国営森林公園)

9月2日、土曜日、東京と埼玉は、午前中雨でしたが午後は晴れ。気温は17~24度でした。

早めにお昼を食べて自宅を12時半に出ましたが、埼玉県の森林公園到着は14時半。
まずウモウゲイトウをご覧にいれましょう。鳥の羽のようにふわふわとした30~40cmの花穂(かすい)が特徴です。

b0291402_05581938.jpg



ケイトウの1種で、色はピンク、黄色、赤。

b0291402_05591177.jpg



約5000平方mの敷地に、30万本が植えられてます。

b0291402_05593826.jpg



陽が差してきた広場には、子供たちの声がはずんでました。

b0291402_05594850.jpg



大きなゴムのボールで遊ぶ楽しそうな親子。

b0291402_06001122.jpg



7月から咲いていて、 くすんだ花も増えてきたので、順次切り戻し作業をしています。
早く咲いた花を切り落としますが、9月下旬には再び花数が増えるそうです。

b0291402_06002246.jpg



最後の1枚は、ウモウゲイトウへと走る少女。

b0291402_06003656.jpg


今は栽培面積の半分が咲いていて、半分が切り戻しの作業中。それでも見事でした。
全部が咲きそろうのは9月下旬で、10月上旬まで見頃が続くそうです。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-03 16:00 | | Trackback | Comments(10)

約30万株のキバナコスモスが花畑を橙色に染めました(中央区、浜離宮恩賜公園)

8月30日、水曜日、東京は晴れ。気温は26~33度。
メチャ暑くて、「コスモス日和」とは言えませんが、朝10時から浜離宮で撮影してきました。

キバナコスモスは毎年撮ってるので、今年は別の撮り方です。
レンズは標準、マクロ、望遠と3本持って行きましたが、使ったのは望遠レンズだけ。
高層ビルとキバナコスモス。

b0291402_23374020.jpg



いつもは、もっと露出をアンダーにして撮ってますが、今日は思い切って露出ハイ。
姿勢は、しゃがみ込み、目線は上に40度(笑)

b0291402_23375111.jpg



こちらは昨年までとそう変わらない撮り方ですが、サニーイエローという品種。

b0291402_23380867.jpg



同じくキバナコスモスですが、サンセットという品種です。

b0291402_23381965.jpg



アオスジアゲハと、高層ビルと、キバナコスモス。

b0291402_23383220.jpg



最後の1枚は再び、高層ビルとキバナコスモス。

b0291402_23384738.jpg


浜離宮は朝10時でも、クラクラするような暑さ。歩くだけで汗が噴き出ました。
入園客は外人さんが数名と、私のようにカメラを持った男性が1名で、ほぼ貸し切り状態。
撮影チャンスでしたが、熱中症の危険もあるので、30分程で切り上げて帰りました。
なお、浜離宮のHPによると、キバナコスモスの見頃は、9月中旬までだそうです。



2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真




by tabi-to-ryokou | 2017-08-31 16:00 | | Trackback | Comments(18)