カテゴリ:花( 195 )

「福島に桃源郷あり」と称された福島市花見山の里山散歩、その後半

快晴の日曜日(4月12日)に、福島駅から15分の花見山臨時バス停から歩き始めました。


周辺は花木生産農家の集落で、農家の私有地に様々な花木が咲いています。
手前の赤い花は木瓜の花です。

b0291402_07463124.jpg


菜の花の黄色と桜のピンクはよく合います。

b0291402_07464280.jpg


春の色が交錯する里山の風景です。
雑然と咲いてるようですが、よく手入れされてます。

b0291402_07465298.jpg


満開の桜はソメイヨシノでした。

b0291402_07470397.jpg


ここから花見山公園に入り山を登り始めました。
道は整備されていて30分コース、45分コース、60分コースがあり、60分コースを選びました。

b0291402_07471345.jpg


花見山公園は昔、養蚕農家だった阿部さんが、養蚕を止め、花木を植え20年近く整備して昭和34年に花見山公園として一般に開放しました。
今ではシーズンの来園者が33万人にもなるそうです。

b0291402_07472338.jpg


女性を数多く撮っていた写真家の故・秋山庄太郎さんは、この花見山公園に魅せられ、年に3回、通算で20年くらい通われて、花見山公園の花や木を撮られたそうです。
ここが60分コースの山頂展望所で、福島市と吾妻連峰が一望できます。

b0291402_07473111.jpg


ちょっと休憩して山道を下りはじめました。途中には「桜のトンネル」があります。

b0291402_07473969.jpg


結構、急な下りもありましたが、歩きやすい道をトコトコと下り、1時間ほどで麓に降りました。
下から菜の花、桜、桃です。

b0291402_07475728.jpg


道路は一方通行で、反対側の道では、これから花見山公園に向かう人たちが歩いています。

b0291402_07480553.jpg



私がわかるのは桜、桃、木瓜、木蓮、レンギョウ、サザンカ、サンシュユ、菜の花くらいですが、それらの花が同時に花開くところが、この里山の特徴です。

この日は、びっくりするような偶然がありました。
後からわかったのですが、ブロ友の「三友写真部」さんも同じ日に、花見山公園に来られていたそうです。
彼は岩手県から車で、私は東京から新幹線で、そして同じ日に、同じ里山を、歩いていたわけです。
赤い糸で結ばれて結ばれてる?????(笑)、奇遇でした。
三友写真部さんの日記はこちらです。




by tabi-to-ryokou | 2015-04-14 16:00 | | Trackback | Comments(22)

身延山久遠寺の本堂と桜

三門から本堂へと続く287段の石段「菩提梯」を登ると、左が五重の塔、正面が本堂です。

b0291402_14282433.jpg


久遠寺の本堂は明治8年(1875年)に焼失しましたが、 昭和60年に再建されました。
間口が32m、奥行が51mあり、一度に2,500人の法要ができるそうです。

b0291402_14284525.jpg


天井に描かれた龍があまりに見事だったので、写真に撮りました。
家に帰ってから調べてみたら、 日本画壇の重鎮、加山又造画伯の「墨龍(ぼくりゅう)」でした。
かなり大きな天井画で、4畳半が4つ分くらいの大きさがありました。

b0291402_14285649.jpg


本堂から境内を眺めると右が五重の塔、左側の正面が、先程登ってきた「菩提梯」です。

b0291402_14291072.jpg


久遠寺の枝垂れ桜というと、一番よく撮られる写真がこの角度です。
背景は祖師堂。日蓮聖人をお祀りしてるお堂で、明治8年に焼失しましたが、明治14年に江戸にあった寺院のお堂を移築し、再建されました。

b0291402_14292809.jpg


境内には報恩閣、仏殿、来客殿、大鐘と建造物が有りますが、何といっても枝垂れ桜が見事です。
ちょうど満開で見頃の大きな枝垂れ桜が数本ありました。

b0291402_14294864.jpg


わんちゃんがいたので遠くからですが、1枚撮らせてもらいました。
飼い主が合図をすると、後ろ足2本で立ち上がるという芸をします。
その芸は、突然で1回だけだったので、撮り損ねました。

b0291402_14295880.jpg



そして最後の1枚は、試行錯誤しながら、最近よく撮っているアート風の桜。

b0291402_14300998.jpg


帰りは別の道を通ってみようと男坂を降りましたが、こちらは土と砂利のスロープなので、気を付けないと、ズズ~~ッと滑ります。
そして景色はたいしたことないので、女坂か「菩提梯」のが、いいように思いました。


JR身延駅には何もなかったので、甲府駅まで戻り,コンビニでおにぎりと、ビールを買って、車内でほおばりました。
中央線の車窓からも、所々に桜や桃が見えて、いい感じの車中お花見を楽しめました。



by tabi-to-ryokou | 2015-04-07 16:00 | | Trackback | Comments(22)

「古河桃まつり」会場には、「桃むすめ」のお嬢さんたちが・・・・

4月5日、日曜日、東京は雨です。

昨日の「古河桃まつり」会場です。
あいにくの雨で、桃の観賞客もまばら。

期間中は野点茶店、野外音楽会、郷土物産品の即売会が行われるのですが、この雨では無理です。


その中で、笑顔をふりまいていたのが、「桃むすめ」のお嬢さん。
私はモデル撮影の経験はありませんが、幸いにも1対1、これは頑張らねば。

聞きかじりの知識では、まず打ち解けて、モデルさんをリラックスさせることが必要とか。
美人さんなのに、これじゃあ笑い過ぎです。

b0291402_09473583.jpg


今日はもう1人「桃むすめ」がいたので、呼んできて2人に入ってもらいました。
着物と、傘と、背景の桃の花がいい感じです。

b0291402_09474322.jpg


「桃むすめ」のお2人と別れて、再び黙々と撮影。
標準レンズと望遠レンズの2本を持って行ったのですが、雨なのでレンズ交換が大変でした。
結局、100m程離れた屋根のあるところに行って、交換しまた戻るというのを繰り返しました。

b0291402_09475262.jpg


この風景は題して「ミニ桃源郷」

b0291402_09480286.jpg


昨日の記事で訂正があります。
上から3枚目、下から3枚目の白い花を「梅の花」と書きましたが、「桃の花」の間違いでした。
見分け方を調べたのですが、梅は一箇所に芽が1つ、桃は3つあるそうです。



by tabi-to-ryokou | 2015-04-05 15:00 | | Trackback | Comments(26)

東京の桜は、ほぼ終わってしまい、茨城県で桃の花を撮ってきました

4月4日、土曜日、東京は曇り、現地は霧雨、気温は11度~13度でした。

東京の桜もほぼ終わり、本日は桃の花を訪ねて、茨城県古河市まで行ってきました。

東京は降ってなかったのに、JR宇都宮線の古河駅で降りたら、あいにくの雨。
傘も持たずに家を出てきたので、もう強行突破しかありません。


古河駅から、桃まつりの会場まで向かうシャトルバスに乗り込みましたが、バスの乗客は僅か5人。
本当はこの週末が桃の花のピークなんですけどね。

「古河桃まつり」は昭和51年(1976年)より開催されている古河を代表するお祭りです。
総合公園に花桃が美しく咲きそろうなか、会場はシトシトと降る霧雨で人影もまばらでした。
でも桃が咲き、菜の花畑には菜の花も咲いてました。

b0291402_17070421.jpg


「桃まつり」の期間中は野点茶店、野外音楽会、郷土物産品の即売会が行われるはずですが、皆さん傘を差して空を見上げてました。
写真では見えないと思いますが、奥のほうには、三脚を立て熱心に撮影してる男性がいました。
私も同類ですよ~、折角来たんだから頑張って撮りましょう~。

b0291402_17072130.jpg


白いの花に雨滴が残ります。背景は菜の花と桃の花です。

b0291402_17071278.jpg



古河桃まつりは江戸時代に古河藩主土井利勝が、領地に桃を植えさせたことに由来しますが、「矢口・源平・菊桃・寿星桃・寒白桃」の5種類の花桃があるそうです。
確かに何種類かの桃の木がありますが、案内札が無いので、区別はできません。

b0291402_17073279.jpg


本日の、渾身の1枚はこの写真です。ちょっとアート風に撮ってみました。

b0291402_17074077.jpg


カメラは濡れましたが、レンズはフードのお蔭で濡れずにすみました。
そして雨も降りましたが、そう寒くもなく桃も綺麗に咲いてたので、287段の石段を登るよりは、はるかに楽な一日でした(笑)

自宅出発は8時20分、帰宅は12時50分、撮った写真は84枚でした。



by tabi-to-ryokou | 2015-04-04 17:17 | | Trackback | Comments(14)

287段を登り切れば涅槃(ねはん)に達するという身延山久遠寺の石段

昨日(4月2日)に行ってきました。

見頃を迎えた境内の枝垂れ桜の見学が第一の目的ですが、総本山というと一宗派の中で最高位の寺院なので、日蓮宗の総本山を見てみようという好奇心もありました。

好奇心で行くにしては、とんでもない遠方で、新宿から甲府まで1時間37分、身延線に乗り換えて身延駅までが52分、そこからさらにバスで身延山まで12分です。

バスで身延山の停留所に着くと、そこから門内商店街を歩き、ようやく三門の入り口です。
自宅を朝の8時に出たので、ここまでが3時間10分。は~るばる来たぜ♪ 身延山~~♪♪でした。

b0291402_10331685.jpg


三門です。
このあたりから桜が多くなり、境内の桜にも期待がもてます。

b0291402_10332963.jpg


「空」「無相」「無願」の三解脱をあらわす三門には、79世日慈上人の筆による「身延山」の扁額がかかります。(身延山久遠寺のHPより)

b0291402_10334010.jpg


境内への登り方は何通りかありますが、287段を登り切れば涅槃(ねはん)に達するという石段を登ろうと決めてました。
涅槃とは「一切の悩みや束縛から脱した、円満・安楽の境地。仏教で理想とする、仏の悟りを得た境地」(国語辞典)だそうです。

しかし、この石段を見上げると、身震いなのか、武者震いなのか、ちょっと震えが(笑)
でもここまで来たのだから、登るしかないでしょう。

b0291402_10341531.jpg


この階段が菩提梯(ぼだいてい)です。287段、高低差104mです。
ここで半分くらいでしょうか。

b0291402_10343830.jpg



菩提とは、煩悩(ぼんのう)を断ち切って悟りの境地に達することをいい、菩提梯には、悟り(さとり)に至る梯(きざはし)の意味があるそうです(身延山HPより)
仏教の言葉は難しすぎて、よくわかりません。

b0291402_10345211.jpg


案内に10分と書いてありましたが、15分以上かかったような気がします。
そもそも時計を見るなんて余裕は、まったくありません。
やっと登り切ると、境内の五重の塔が迎えてくれました。

b0291402_10351072.jpg



今登ってきた階段はと見るとこの通りです。よく登りました。
あまりの急こう配なので、皆さん足元だけを見つめてひたすら登ってきます。

b0291402_10361963.jpg


さあ、お待ちかね、境内の枝垂れ桜です。樹齢は400年。
日経プラス1、「桜を堪能 お寺をゆく」の、東日本ランキングの1位に選ばれています。

b0291402_10355128.jpg


ふうぅぅ~~疲れました。
境内の写真は次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2015-04-03 16:00 | | Trackback | Comments(34)

都内で一番だと、私が勝手に評価してる桜は、六義園の枝垂れ桜

昨夜(3月28日、土曜日、夕方)、行ってきました。

もう何年見てきたことか覚えてませんが、私が都内で最も愛する桜です。


列の最後尾に到着したのが17時40分。
ライトアップは日没からなので、間に合いそうです。

チケット売り場は3列あり、すいすいと前に進んで、12分後の17時52分には中に入れました。

ここが六義園の内庭大門です。

b0291402_09245577.jpg


この混雑を見て、ひるんでいるあなた!!
こんなの、どうってことありません。

私がいつも見る場所に、静かに進みます。
そして徐々に前進して、10分程で最前列に。
ここが私がお薦めするベストポジションです。

b0291402_09250550.jpg



反対側の観賞客が沢山見えますが、無視、無視!!!
カメラの角度を工夫すれば見えません。

b0291402_09251942.jpg
b0291402_09252908.jpg
b0291402_09254193.jpg


この枝垂れ桜は樹齢が70年、高さが15m、幅が20mあります。
一通り、写真も撮り終わって一安心。

b0291402_09254992.jpg


そろそろ引き上げますか。
名残惜しいので、内庭大門で、もう1回パシャ。

b0291402_09255930.jpg

門を出たのが18時30分くらい。
もみくちゃの混雑は、出入りする時だけで、あとはゆっくり観賞できました。

今年も綺麗に咲いてくれてありがとう。


ちなみに六義園のライトアップは4月5日まで、時間は日没から21時です。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-29 15:00 | | Trackback(3) | Comments(34)

小石川後楽園の枝垂れ桜は満開でした

3月28日、土曜日、東京は晴れ、気温は15時現在で21度です。

桜のシーズンに毎年必ず行くのが、小石川後楽園と六義園。

午前中に小石川後楽園に行ってきました。
実は明日の日曜日は雨らしいので、夕方に六義園に行って夜桜も撮ってきます。
・・・・というわけで、今日は枝垂れ桜の連チャンです。


何本かある枝垂れ桜で、一番見事に咲いてたこの桜は、満開でした。

b0291402_16072538.jpg


背景にちょっと見えるのは東京ドームホテルです。

b0291402_16073726.jpg


折角来たので、庭園を一周しました。
ここでは、毎回「コサギ」に会いますが、いつも同じ「コサギ」なのかは、わかりません。

b0291402_16074783.jpg


都立の庭園ですが、なかなか綺麗です。

b0291402_16080169.jpg


和服の女性は、この庭園のボランティアガイドさん。
私と同時刻に庭園に来ていた金髪の女の子が申し込みをしてました。
撮影が無ければ私が案内してもよかったのですが(笑)

b0291402_16080938.jpg


一服風景。
カメラバッグに三脚は重たいでしょうね。
ちなみに今日の私はカメラ本体に、レンズは2本なので軽装でした。

b0291402_16081608.jpg


小さな白い枝垂れ桜が、きれいでした。

b0291402_16082591.jpg


ここからはボケの3段活用で、色んな撮り方を試しています。

b0291402_16083422.jpg


ちょっと気に入ったのが、この白い花を利用した前ボケ。

b0291402_16084288.jpg


ちょっといい感じ。

b0291402_16084970.jpg


だからといって、3枚も載せることはないと思いますが(笑)

b0291402_16125782.jpg

都心のソメイヨシノは、まだ3分咲きから5分咲きですが、枝垂れ桜は見頃を迎えました。
見頃はあと1週間と思います。

9時半に入園した時はすぐ入れましたが、10時半に帰る時には50名程の方が、チケット売り場に行列してました。

さて、六義園のライトアップは日没からなのですが、今日の東京の日没は17時58分。
そろそろ六義園に向かいます。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-28 16:22 | | Trackback | Comments(26)

練馬区立「牧野記念庭園」で、桜の撮影

3月21日、土曜日(春分の日)、東京は曇り、気温は10度から16度くらいでした。

今日は桜を撮りに行こうと、「桜」「見頃」で検索していたら、意外と近くの庭園がヒットしました。

池袋から西武池袋線で大泉学園に行き、徒歩5分の「牧野記念庭園」です。
決め手は、まだ一度も訪問したことがない庭園だから。つまり好奇心です(笑)


この庭園は、植物学者牧野富太郎博士が、1926年から、自分の生涯が終わる1957年まで大切に育てた庭で、1958年から「牧野記念庭園」として一般公開されています。

約300種類の草木類が植栽されており、それらのなかには珍しい種類の植物も数多くあり、学問的にも貴重なものと評されています。


ここが入り口です。入場は無料で、受付で名前と住所を書けば中に入れます。

b0291402_17103736.jpg


「花の見ごろ」が案内された掲示板がありました。
「HP」にも咲いてる花の案内が出ていたので、全5ページをプリントして持ってきたのですが、この庭園はとても親切です。

b0291402_17104780.jpg


入り口の門に被さるように咲いてた「オオカンザクラ」。

b0291402_17110413.jpg


そして「カンヒザクラ」です。

b0291402_17111556.jpg


順路には「オトメツバキ」や、同じくツバキ科の「ヒカルゲンジ」も咲いてましたが、ツバキの撮影は苦手なのでパスしました(笑)

マンサク科の「トサミズキ」です。

b0291402_17112649.jpg


そして「クリスマスローズ」も咲いてました。

b0291402_17113560.jpg


最後に一番沢山の枚数を撮った「クマガイザクラ」です。
早咲きの桜は、花が下を向いてるのが多いです。

b0291402_17114330.jpg


しゃがんで下から見上げて撮ったのがこの写真。
小さい桜なのですが、色が淡くて綺麗でした。

b0291402_17115199.jpg


庭園ですが、六義園、小石川後楽園、清澄庭園あたりを想像して行くと肩透かしをくらいます。
ちょっと大きな個人の庭というイメージで行かれるといいでしょう。

あっという間に全部見てしまい、写真も撮れたので1時間で引き上げました。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-21 17:18 | | Trackback | Comments(14)

オカメザクラが満開の、日本橋本町1丁目界隈

オカメザクラは、「wiki」によると、イギリスの桜研究家イングラムが、「カンヒザクラ」と「マメザクラ」を交配させて作った園芸種。
淡い紅色の一重咲きで、花が下を向いているのが特徴です。そして早咲き桜で、2月下旬から3月上旬にかけて、花が咲きます。


日本橋本町で、オカメザクラが満開という情報をキャッチし、さっそく行ってきました。

b0291402_08201804.jpg



あまりにも紅色があざやかなので、一瞬、造花かと思いましたが、これ全部本物です。

b0291402_08202644.jpg


場所は日本橋本町の、コレドのビルのすぐそばで、桜と高層ビルのコラボが楽しめます。

b0291402_08205074.jpg


私は、サラリーマン時代に、航空会社から金融系子会社に4年間、出向した時期がありまして、この近所にオフィスがありました。
なので、この近辺は多少の土地勘があります。


当時(もう20年以上前ですが) からあった、鶏肉の小売店「鶏萬」さんです。
NHKのブラタモリで紹介されてましたが、関東大震災(1923年)の前からある店だそうです。

b0291402_08204240.jpg


こちらはその隣ですが、とんかつの「宇田川」さん。
創業して40年になるそうです。私がいた頃は焼き魚も出してくれたという記憶があります。

b0291402_08203400.jpg


さて、コレドに行ってみました。
コレド室町は重厚なデザインで、昼休みはOLさんや、サラリーマンが、コレドのレストランに続々と吸い込まれていきます。

b0291402_08205842.jpg


最後の1枚は、福徳神社へ向かう道で、ピンクの電球約2万個が、コレド室町の二つのビルの間を覆ってました。
桜模様のちょうちんや、造花なども飾られていて、ちょっとした春のお花見気分です。

b0291402_08210659.jpg

この日は、昔懐かしいテンプラの「天松」さんで、1080円のテンプラ定食をいただきました。この店も創業60年になります。

シニアーの皆さんが、静かに食べる店で、訪問した日も、1階のカウンターは満席だったので、写真を撮るのは遠慮しました。

「天松」さんのテンプラはゴマ風味の美味しいテンプラで、一度食べると、やみつきになります。
昔と殆どかわらない1080円という値段で、昔と同じ味のテンプラを出してくれたのが嬉しかったです。
「天松」さんの顛末(笑)は、また別の機会がありましたらお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-13 16:00 | | Trackback | Comments(16)

都内で最も美しいお寺の、最も美しい枝垂れ梅(その後半)

3月7日に訪問した北区無量寺の続きです。


手前に枝垂れ梅、奥が紅梅、その奥が手水舎です。

b0291402_08173326.jpg


本殿の横には、さらに手洗い岩がありました。
本殿横のピンクの梅が映り込んでます。

b0291402_08174739.jpg


陶器の椅子の上には枝垂れ梅の花びらが。

b0291402_08175588.jpg


降ったり、やんだりの生憎の天気で、たまに訪れる見物客は、30分くらいの間に2組でした。

b0291402_08181024.jpg



雨に濡れた紅梅。

b0291402_08181923.jpg


枝垂れ梅のアップ。

b0291402_08182634.jpg


梅以外にはボケが咲き始めてました。
あまりに小さいので、ピントがボケたボケの花。

b0291402_08350489.jpg


最後にもう一度枝垂れ梅の全景です。

b0291402_08184861.jpg


都内で一番美しい枝垂れ梅と、誰かが評したこの枝垂れ梅ですが、私もそう思いました。


3.11
忘れない
Pray for -4- Japan

b0291402_13262002.png


by tabi-to-ryokou | 2015-03-11 16:00 | | Trackback | Comments(8)