カテゴリ:花( 172 )

秋バラの撮影に千葉県まで(玉ボケ編)

千葉県習志野市谷津の谷津バラ園です。

入園してすぐは曇っていたのですが、10時過ぎから晴れてきました。

b0291402_08021364.jpg

こうなると光を利用した撮影ができます。

b0291402_08032338.jpg
b0291402_08072533.jpg
b0291402_08041398.jpg
b0291402_08033470.jpg


最後の1枚は前ボケを入れてみました。

b0291402_08044920.jpg


関東地方のコスモスはそろそろ終盤ですが、秋バラは見頃を迎えました。
来週からは紅葉と菊の開花情報が増え、11月中旬まで楽しませてくれます。
いい季節になりました。




by tabi-to-ryokou | 2014-10-30 16:00 | | Trackback | Comments(14)

青いバラの撮影に千葉県まで

1年に2回、春バラと、秋バラで通う、千葉県習志野市の谷津バラ園です。
このバラ園は、12,000㎡の敷地に、約700品種、7,000株が植えられています。

9時開園ですが、9時30分には到着したので、園内は人影もまばらでした。

b0291402_08244771.jpg

そのうちに鑑賞客も増えてくるので、真っ先に「青いバラのコーナー」に向かいました。

b0291402_08245821.jpg

毎年同じような写真になるので、今年は「青いバラ」で、いってみようという作戦です。

名前は「ブルームーン」。ドイツが原産のバラです。
「ブルーの香りと称される青いバラ系特有のとても甘く繊細な香りを有している」
と書いてありますが、臭いに鈍感な私には、全然違いが分かりません。

b0291402_08251211.jpg

名前はレディーエックス。花径が14cmにもなるという巨大なバラ、原産地はフランスです。

b0291402_08252158.jpg

名前はカーディナル ドゥ リシュリュー。オールドローズ(現代のバラの改良の元となった品種)の、中では一番青いと言われるそうですが、蕾はあまり青くありません。

b0291402_08253138.jpg

バラはタイミングにより咲いてたり、まだだったり、終ってたり様々ですが、青いバラコーナーは、終わってるバラが多かったです。


仕方なく「新品種のコーナー」をあさりました。
名前はマダム・ミユキ。銀座のマダムかと思ったら、元首相夫人の鳩山みゆきさんにささげられたバラだと書いてありました。

b0291402_08254097.jpg

花弁の表が赤、中のほうは薄いクリーム色で、確かに変わったバラでした。

ここで日が照ってきたので、青バラ作戦は終了して、玉ボケを背景に撮ることにしました。

b0291402_08255326.jpg
バラは色彩が多いので、しばらく玉ボケに夢中になってから、谷津バラ園を後にしました。



by tabi-to-ryokou | 2014-10-27 17:00 | | Trackback | Comments(22)

タイトルは「爆発」

タイトルは「爆発」ですが、果たしてこれは何でしょうか。

サブタイトル、炎上

b0291402_17052351.jpg


噴火

b0291402_17050796.jpg

マグマ

b0291402_17054712.jpg


窯の中

b0291402_17053626.jpg


ネタバラシです。

実は紅葉したコキアでした。

b0291402_17055752.jpg


撮影は10月18日、土曜日。


場所は埼玉県の国営森林公園でした。



by tabi-to-ryokou | 2014-10-19 17:12 | | Trackback | Comments(28)

ちいさい秋を見つけた神奈川県大和市への小旅行

本日の東京は曇りで、最高気温は22度。
ちょっと小雨もパラつきましたが、涼しい一日でした。

彼岸花を撮ろうとネットを検索をしていたら、神奈川県の「花のお寺、常泉寺」を見つけました。


常泉寺のHPによると、
「当山の彼岸花は赤花と、白花が境内のあちらこちらに咲きます。」
「白色は繁殖力が弱く、大変珍しいとされており、赤色より少し早く咲きます。」
「彼岸花の関東三大名所の一つと言われています。」
ということであれば、早速行かねば。


千代田線町屋駅から神奈川県大和市の高座渋谷駅までは2時間かかりました。
下町住民にとっては、完全アウェーの小旅行(笑)


ここが常泉寺の入り口です。
花のお寺ということで拝観料(守華代)を300円払って、拝観します。

b0291402_19012204.jpg

庭園のようになっていて、細い道の両側には、彼岸花が咲いてました。
集団で咲いててくれたほうが、前ボケ、後ボケで色を使えるのですが、1本、1本、バラバラに咲いてるので、撮影は難しそう。

b0291402_19002675.jpg

紅葉を見つけました。
神奈川県は早いですね、もう紅葉ですか。

b0291402_19004754.jpg

ちいさい秋、ちいさい秋、ちいさい秋~、み~つけたの気分です。

b0291402_19005579.jpg

かっぱの像を見つけました。
『当山は「花のお寺」 「河童のお寺」として皆様に親しまれております』と書いてありましたが、確かにかっぱが沢山いました。
でも、かっぱは先週撮ったばかりなので、本日はこの一匹だけ。

b0291402_19003878.jpg

さて、彼岸花も撮らなければと、ここでレンズを望遠に換えて、ハイキーで、女子カメラ風に撮影。

b0291402_19010437.jpg

ハギの花も咲いてたので、ハギ&彼岸花です。

b0291402_19011496.jpg

大変、珍しいという白い彼岸花は撮るのを忘れました(笑)


自宅出発は9時、帰宅は13時30分。アウェーは遠かった。
万歩計は5,040歩、撮った写真は63枚でした。


by tabi-to-ryokou | 2014-09-20 19:08 | | Trackback | Comments(24)

「夏水仙」をご存知ですか sanpo

昭和記念公園で、一昨日(8月9日)に撮影した、夏水仙です。

実は私、「夏水仙」 は全く知らず、見るのは初めてでした。

b0291402_14431735.jpg


これを夏水仙と言われても、「どこが水仙やねん」 と突っ込みたくなります。

一句ひねると、 
* 水仙に  似ても似つかぬ  夏水仙

WIKIを調べると、「秋から翌年の春にかけてスイセンに似た葉を出し」 とあるので、ここから水仙の名が付いたようです。

正式な分類は以下でした。
目 : ユリ目
科 : ヒガンバナ科
属 : ヒガンバナ属
種 : ナツズイセン

b0291402_14492112.jpg


でも、この花のピンク色は、とても綺麗です。

茎は50cmから60cmに伸びますが、葉は残らず、茎と花だけの姿となってました。

b0291402_14513827.jpg


昭和記念公園の立川寄りのはずれが、「夏水仙」の群生地ですが、見頃は過ぎていて、
今シーズンは、そろそろ店仕舞という雰囲気でした。
by tabi-to-ryokou | 2014-08-11 15:15 | | Trackback | Comments(26)

昭和記念公園のサギソウ

8月9日、土曜日、台風11号が接近中でどんよりとした曇り空。夕方からは雨が降り出しました。

早く出かけて、早く帰ろうと、自宅出発は8時。

昭和記念公園の開門(9時30分)と同時に園内に入りました。

立川近辺は既に雨が降ったみたいで、地面はビショビショ、そして若干の霧雨がぱらつく中での撮影となりましたが、幸い傘は差さなくても大丈夫でした。

こういう日は、自然と「玉ボケ」が出てくれます。

b0291402_17563490.jpg


でも、サギソウはびしょ濡れでした。

b0291402_17571632.jpg


b0291402_17574535.jpg


b0291402_1758250.jpg


b0291402_17581841.jpg


サギソウの自生地である花木園まで歩いて行きましたが、下もぬかるんでいて近づけません。

花木園展示場の屋内で、サギソウを展示していたので、1枚だけ濡れてないサギソウを撮らしてもらいました。

b0291402_1759552.jpg


今日は、ひまわりは見頃過ぎで真っ黒、夏水仙も見頃過ぎですが、まあ見れるということで、夏水仙を撮ってから入り口に戻って来ると、サギソウを撮影にきた団体さんがいました。

奥の方がサギソウの花壇、手前で撮ってられる方々は、サギソウの貸し出しサービスを利用して、鉢植えのサギソウを撮ってる方々です。

b0291402_17595056.jpg


雨もなんとかもってくれて、殆ど濡れずに、昭和記念公園をあとにしました。

自宅出発8時、帰宅12時30分、万歩計7,076歩、撮った写真は93枚。レンズは広角、望遠、マクロのフル装備でした。
by tabi-to-ryokou | 2014-08-09 18:03 | | Trackback | Comments(24)

浜離宮恩賜公園のキバナコスモス sanpo

東京の最高気温は35度!! アヂ~~♪ です。

朝早く浜離宮恩賜公園に行ってきました。

1月に梅、3月に菜の花、4月に藤、11月に紅葉と、四季折々楽しませてくれる浜離宮。

いつかHPに「紅梅が見頃」という案内があり、翌日に勇んで行ったら、5輪しか咲いてなかったということがあったので、
この公園のHPはあまり信用できないのですが、今回は「キバナコスモス見頃です」という第一報が7月16日だったので、大丈夫でしょう。

咲いてました。

b0291402_15415411.jpg


色鮮やかです。

b0291402_15422358.jpg


オレンジ色が「サンセット」。

b0291402_15425670.jpg


黄色が「サニーイエロー」です。

b0291402_15431931.jpg


この暑い中、他にも何人かのカメラマンがコスモス撮影に来てましたが、どうやら皆さんが追っかけてるのはチョウチョ。

b0291402_1622155.jpg


それならオレもと、戦線に参加。素早いチョウチョを追っかけまわしてやっと1枚撮れました。

b0291402_15443974.jpg


最後の1枚は、抽象アート作品。涼しげにアートしてみました。
ネタをばらすと、前ボケがキバナコスモス、背景は汐留の高層ビルの窓ガラスです。

b0291402_1545783.jpg


自宅出発は8時30分、帰宅は10時30分、撮った写真は88枚、レンズは望遠1本だけでした。
by tabi-to-ryokou | 2014-08-02 15:54 | | Trackback(1) | Comments(14)

朝顔の花摘みは、一瞬の早業でした。

先程、日比谷公園で開催中の「大輪朝顔展示会」に行って来ました。

展示は朝の7時30分から12時まで。

今シーズン、朝顔はもう2回撮ってるので、朝早く家を出て、出社前に日比谷公園に行くほどの根性も無く、
11時30分に会社を出て、会場に行ったら、もう咲いてません。

b0291402_15293971.jpg


やっぱり朝顔は、早朝ですね。ちょっとは咲いてるのも残ってますが、係りのベテランさん2名が無情にも「花摘み」を開始してました。

b0291402_15323121.jpg


朝顔は早朝に開花して午前中には、しぼんでしまうので、咲き終わった花はすぐ摘み取ります。
そうしないと、タネがついて、株が早く老化してしまうそうです。

b0291402_15335329.jpg


左手で花をつまみ、右手のハサミでチョキッ!! 一瞬の早業です。

b0291402_1535168.jpg


ちょっと、ちょっとだけ待って下さい、早すぎる。 慌ててまだ咲いてる一輪を探してカチャッ!!
危ないところで、一輪だけ、撮影できました。

b0291402_15364639.jpg


係りのベテランさんは切った朝顔を集めて、後片付け。

b0291402_15381327.jpg


ご苦労様です。ずっと腰をかがめてるので、重労働だと思います。
あっという間の早業で、咲いてる花は全て無くなり、また明日の展示に備えます。

b0291402_15401330.jpg


ちなみに、この朝顔展は8月3日までです。
11時に行っても遅いですよ(笑)
お出かけの際はお早めに。
by tabi-to-ryokou | 2014-07-30 15:56 | | Trackback | Comments(14)

向島百花園の大輪朝顔

本日も東京の最高気温は35度。

暑くならないうちにと9時に自宅を出ました。でも9時の気温が既に33度。
普段なら歩いて行く、墨田区の向島百花園ですが、暑いので自転車で行きました。
歩いても、自転車でも、暑さは変わりませんが、歩くと40分、自転車なら15分です。

b0291402_16162811.jpg


今日は催し物があって朝顔の展示をやってます。9時半頃に着いたのですが、この暑さでは朝顔も萎れ気味でした。

b0291402_1617228.jpg


あずまやでは、大輪朝顔の育て方教室をやってました。
講師は「墨田朝顔愛好会」の方で、受講者の方々も真剣にメモをとってます。

b0291402_16174792.jpg


私の本日のお目当ては、「墨田朝顔愛好会」の方々が丹精を込めて育てた、大輪朝顔です。
朝顔は遣唐使が種子を持ち帰ったといわれ、その栽培は江戸時代にブームとなりました。
下町の朝顔栽培は、その時代から続いており歴史があるわけです。

b0291402_16182949.jpg


本日の朝顔の写真は「よしず」からこぼれる光をテーマにしてみました。

b0291402_1619833.jpg


「すだれ」と「よしず」の違いはご存じですか。「すだれ」は軒につるして使い、「よしず」は「すだれ」よりも大きくて、立てかけて使います。
海の家などでよく見かけるのは「よしず」です。

b0291402_16195396.jpg


こんな写真は、どうでしょうか。「だめ」 or 「よしず」(笑)。
次の機会に、写真教室の先生に提出して、評価を受けて見ます。

b0291402_16203355.jpg


自宅出発は9時、帰宅は11時、万歩計は1,500歩、レンズは広角とマクロの2本、撮った写真は61枚でした。
by tabi-to-ryokou | 2014-07-27 16:27 | | Trackback | Comments(24)

栃木県野木町の「ひまわりフェスティバル」

本日の東京の最高気温は34度~35度。熱中症が怖いので、朝8時に自宅を出発しました。

常磐線、東北線を乗り継いで、宇都宮のちょっと手前の野木駅へ。
野木町は埼玉県より北に位置し、栃木県の南端です。

「ひまわりフェスティバル」が25日・26日・27日と開催されていて、
期間中は駅前から会場まで、無料シャトルバスが運行されていました。

4.3haのひまわり畑に、20万本のひまわりが咲き乱れるひまわり畑に、もう感動です。

b0291402_16292479.jpg


背が高い品種のひまわりみたいで、背丈は2m以上あります。

b0291402_16305220.jpg


昭和52年に、野木町の「町の花」として、ひまわりが指定され、「ひまわりフェスティバル」は毎年、恒例の行事となってるそうです。

b0291402_16313442.jpg


期間中は「ヒマワリの大迷路」や、ふれあい模擬店などの催し物が行わます。
名物の大迷路に入ってみましたが、ひまわりの背丈が2mもあると、中で迷います。
15分くらいウロウロと迷って、汗を掻いて、やっと入り口に戻りました。

b0291402_163273.jpg


ひまわりはちょうど満開で、写真も沢山撮ることができました。最後にもう一度、圧巻のひまわり畑です。

b0291402_16324353.jpg


自宅出発は8時、帰宅が13時、万歩計6,686歩、撮った写真は63枚、使ったレンズは望遠1本、帰りの電車で飲んだビールが超ウマでした。
by tabi-to-ryokou | 2014-07-26 16:42 | | Trackback(1) | Comments(30)