カテゴリ:花( 186 )

新緑に映える濃いピンクのサツキ(文京区、六義園)

ついでと言ってはなんですが、6月3日の六義園では紫陽花だけでなく、サツキも満開でした。

池の周りを縁取るかのように、200株のサツキが植えられています。

b0291402_16311484.jpg


こんなもんじゃありません。あの坊ちゃんも、できるならこのサツキの前を走ってほしかった(笑)

b0291402_16312494.jpg


田鶴橋の周囲も、新緑に映え、サツキが目立ちます。

b0291402_16313791.jpg


水面への映り込みも濃いピンク。

b0291402_16314749.jpg


一番、見事に咲いてるのが、玉藻磯から出汐湊にかけて。

b0291402_16421196.jpg


遠くの日陰では、一組の老夫婦が、静かにサツキを観賞してました。

b0291402_16422479.jpg


六義園のお知らせには、「サツキは見頃が続いてますが、雨などで花びらの色が変わってしまうので、お早めにご覧下さい」、と書いてありました。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-06 16:00 | | Trackback | Comments(18)

いよいよ関東地方も、紫陽花の見頃となりました(文京区、六義園)

6月3日、土曜日、東京は快晴、16度~26度の心地よい1日。
朝は六義園で紫陽花とサツキを撮影し、家に戻って食事をしてから、午後は千葉県幕張の「RED BULL AIR RACE」の観戦。忙しい土曜日でした。

開園の9時ちょうどに六義園に入りました。
ヤマアジサイの「シチダンカ」は、前日の雨で濡れてます。
淡い青色は、落花までの間に薄紅、濃紫、藍色と変化するので、幻のアジサイと言われます。

b0291402_07465551.jpg


同じくヤマアジサイの、「くれない」
最初は白く、だんだん赤に変色していきます。

b0291402_07472594.jpg


ガクアジサイの「おたくさ」
シーボルトが日本人妻の「お滝さん」の名前から「おたくさ」と名付けたそうです。

b0291402_07475542.jpg


ヤマアジサイの「甘茶」。
葉に甘味があり、甘味料として使われてきました。

b0291402_07482580.jpg


ヤマアジサイの「紅額」。
装飾花は、終盤には真っ赤になるそうです。

b0291402_07485426.jpg


ガクアジサイと、ヤマアジサイの違いは、
ガクアジサイは、葉にうぶ毛が少ない。ヤマアジサイは、うぶ毛が多い
ガクアジサイは、葉が厚めでやや光沢がある。ヤマアジサイは、葉が薄めで、光沢がない
ガクアジサイは、背丈が高い。ヤマアジサイは、背丈が低め。
ガクアジサイは、開花時期が6月中旬~7月。ヤマアジサイは、5月下旬頃~6月頃
日が差してきました。葉っぱに映るのは「紅額」の影。

b0291402_07492567.jpg


ヤマアジサイの「紅てまり」
現在は白い花ですが、これから赤く変色するアジサイです。

b0291402_07495438.jpg


ガクアジサイの「黒軸」
花は美しいのに、茎が黒いので、黒軸という名前が付いてます。

b0291402_07502576.jpg


ヤマアジサイの「深山八重紫」
濃い紫色の綺麗な八重咲き。

b0291402_07505545.jpg


咲き具合はというと、ちょうど咲き始めの見頃。「あじさい山」も鬱蒼とした緑色が目立ちます。

b0291402_07512560.jpg


六義園には15品種、1,000株の「和の紫陽花」が咲き、額咲きの、優美な花が特徴的です。
見頃は6月中旬まで続くので、まだまだ楽しめます。




美しいあじさい&6月のイメージショット!



by tabi-to-ryokou | 2017-06-04 16:00 | | Trackback | Comments(16)

800品種、7,500株のバラ園は、眺め良し、香り良し(千葉県、習志野市、谷津バラ園)

種類も多く、バラの手入れがいいので、毎年訪問しているのが習志野市の谷津バラ園。今年もHPに「満開」の文字が出たので、さっそく行ってきました。

朝の9時、園児たちと一緒に入園です。

b0291402_05262028.jpg



毎年訪問してますが、こんなに咲いてたのは初めてのこと。

b0291402_05263370.jpg



華やかな色彩にクラクラ、バラの香りにクラクラ、暑さで頭もクラクラ。

b0291402_05264400.jpg



取り敢えず、私が好きな「青バラコーナー」に向かいました。
全体的には満開ですが、この暑さで、ブルームーン、ブルーライト、ブルーシャトーは花びらが枯れてました。
この薄い紫色のバラは、故・小林森治氏の作出で名前は「青龍」。小林さんは青いバラで有名なアマチュアで、本業は電気技師だったそうです。

b0291402_05270621.jpg



赤みのある紫色は、エンジェルフェース。作出国はアメリカです。

b0291402_05265751.jpg



「皇室・王室コーナー」で、華やかだったのは、ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ。

b0291402_05271496.jpg



望遠レンズでのお遊びタイム。

b0291402_05273134.jpg



題して「噴水とバラ」


b0291402_05274022.jpg



最後の1枚は、園児の帽子と服をタマボケにしてみた「バラと園児」

b0291402_05364295.jpg



暑かったので、1時間で引き上げましたが、バラ園の「満開」は、写真を撮りに行くには遅かったです。
撮れるバラは沢山ありましたが、暑い日が続くと「バラの命は短くて、傷んだ花弁多かりき」でした。
関東地方で、バラを撮るなら、今週末までが、ベストじゃないでしょうか。




by tabi-to-ryokou | 2017-05-26 16:00 | | Trackback | Comments(22)

「圧倒的桜。2017」、5月20日は129名のエキサイト・ブロガーが、桜の写真で参加中。

ブロ友の、usaさんが企画された「圧倒的桜。2017」
5月20日は朝から夜まで、2017年の桜が画面を彩ります。
その参加者は、なんと129名とか。エキサイトブログのブロガーさんは、皆さん熱いです。

私は「飛行機と桜」で、参加させていただきます。
b0291402_08331924.jpg

場所は成田国際空港です。

b0291402_08333013.jpg

飛行機も隠れてしまう圧倒的桜(笑)

b0291402_08334122.jpg
いかがだったでしょうか。

毎日16時に投稿してる「旅プラス」の日記ですが、
5月19日16時投稿の、神輿の掛け声は「セイヤ、ソイヤ」これを聞くと江戸っ子は熱く燃える(神田祭、最終回)は、この下に。
5月21日16時投稿予定の「チーター赤ちゃんのラン、ジャンプ、バトル」は時間をすこし早めて5月21日12時にさせていただきます。
5月22日からはいつもと同様に、16時の投稿に戻ります。

リンクはフリーです。気軽に見にいらして下さい。

そしてusaさん、楽しい企画をありがとうございました。



by tabi-to-ryokou | 2017-05-20 00:00 | | Trackback | Comments(42)

見頃が続いている白藤、大藤、むらさき藤、八重黒龍、うす紅藤(栃木県、あしかがフラワーパーク)

5月4日、みどりの日に訪問した「あしかがフラワーパーク」の続きです。5月5日に掲載した白藤、大長藤はこちら

大長藤と八重藤の間には白藤の滝。

b0291402_05091452.jpg


確かに滝を連想させるところはさすが。

b0291402_05092683.jpg


白藤の先には水上花壇が見えます。

b0291402_05093844.jpg


次は樹齢150年、広さ1,000平米の大藤。

b0291402_05100364.jpg


そして人に邪魔されずに写真が撮れる、むらさき藤。

b0291402_05101354.jpg


クルメツツジと、藤の路というエリアも歩きました。

b0291402_05103583.jpg


ツツジは見頃を過ぎてましたが、綺麗に咲いてるツツジもありました。

b0291402_05104524.jpg


世界でも珍しい八重黒龍の藤棚です。

b0291402_05111029.jpg


ちょうど満開で、見事な八重黒龍を観ることができました。

b0291402_05113500.jpg


八重黒龍の藤棚からは、遠くにうす紅橋が見えます。

b0291402_05194685.jpg


最後にやってきたのが、うす紅橋。この桜色の藤も珍しいと思います。

b0291402_05121171.jpg


これで、あしかがフラワーパークの藤の花を終わります。今年は殆どの藤が、GWの後半に見頃を迎え、見応えがありました。
きばな藤はまだ咲き始めでしたが、今は見頃を迎えつつあるようです。
タクシーの運転手さんが、ライトアップが綺麗だから夕方にも来てくれと、勧めてくれましたが遠いので、それは無理です。
鬼が笑いますが、また来年の、「ふじのはな物語、2018」、に期待したいと思います。


2017、私のゴールデンウィーク!




by tabi-to-ryokou | 2017-05-09 16:00 | | Trackback | Comments(14)

小石川後楽園のカキツバタと、東京スカイツリーと、鯉のぼり

5月7日、大型連休最後の日曜日、東京は曇り空、気温は19度から25度でした。

月曜日からは会社なので、すいてる近場に行こうと、選んだ場所は小石川後楽園。
HPには、「小石川後楽園では、初夏の花、カキツバタが咲きはじめました」、の文章が。
「よっしゃ~~、ここに決めた」と、出かけましたが、咲いてたカキツバタは全部でこんだけ。

b0291402_15552650.jpg


しかも写真の木道は通行禁止。近寄っての「マクロ戦」。花の集団でボケを作る「望遠戦」を封じられ、なんとか撮ったのは2枚だけ。

b0291402_15553608.jpg


もうちょっと、花の色彩の厚みが欲しいところです。

b0291402_15554424.jpg


確かに咲き始めましたと書いてあっても、全部で50株とは書いてなかったですもね。
「サギじゃないよ」と、見送ってくれたのは、コサギです(笑)

b0291402_15555389.jpg


写真が4枚しかないので、スカイツリーの4枚を追加します。どちらも「出世鯉」を取材に行った、5月5日の撮影です。
亀戸天神といえば藤の花。そして背景はスカイツリーというのが定番の撮影スポット。

b0291402_15561425.jpg


藤の花は、見頃からはチョイ過ぎでした。

b0291402_15562352.jpg


亀戸からの帰りに寄り道したのはスカイツリーの鯉のぼり。

b0291402_15563201.jpg


スカイツリーの634mにちなんで、634匹の鯉のぼりだそうです。

b0291402_15564459.jpg


GWの最終日も終わってしまいました。
裏浅草・街撮り、根津のツツジ、泣き相撲、日立のネモフィラ、足利の藤、亀戸天神の出世鯉、迎賓館赤坂離宮、小石川後楽園とお届けしましたが、
明日からは掲載できなかった写真の、怒涛の消化試合を予定しています(笑)


2017、私のゴールデンウィーク!



by tabi-to-ryokou | 2017-05-08 16:00 | | Trackback | Comments(18)

見頃を迎えたのは白藤、大長藤、大藤。まさに満開なのは、むらさき藤、八重黒龍、うす紅(栃木県、あしかがフラワーパーク)

5月4日、みどりの日、栃木県は快晴、気温は12度~24度でした。

前日のひたち海浜公園と同様に、自宅出発は朝の6時20分。東武鉄道の足利市駅に着いたのは8時10分でした。
あしかがフラワーパークの開園は7時なので、シャトルバスはもう運行してるだろうと思ったら、これがまだで、仕方なくタクシーで向かいました。
「国民的お祭り」への参加は時間も、お金もかかります(笑)

正面ゲートから入ると、既に「藤ソフト」を食べてる人、買おうと並ぶ人で、園内は大渋滞。
前日のネモフィラといい勝負ですが、こんなのはヘッチャラです(笑)。まず白藤のトンネルをくぐりました。

b0291402_08204117.jpg


古木が、からみあってできた全長80mのトンネルは、ちょうど見頃でした。

b0291402_08205055.jpg


白藤のアップ。

b0291402_08210191.jpg


その先は、むらさき藤のスクリーン。

b0291402_08211239.jpg


むらさき藤は、満開の場所と、あともうちょっとの場所と様々でした。

b0291402_08212369.jpg


本日のカメラはCanon5Dと、7D。それぞれに標準ズームと、望遠レンズを付けてきました。
マジで重たいのですが、混雑の中でレンズ交換をしなくてすむ方法を選びました。

b0291402_08214457.jpg


さらに歩くと、お待ちかね大長藤です。

b0291402_08215828.jpg


花房は最長1.8mに成長するとか。

b0291402_08220793.jpg


太陽光と藤の花。

b0291402_08260729.jpg


そして最後は、この写真でしょう。

b0291402_08221742.jpg


大長藤はもうちょっと花房が伸びそうですが、見事な咲きっぷり、そして間違いなく見頃です。
残りの大藤、八重黒龍、うす紅と、園内の景色は次回お届けします。


2017、私のゴールデンウィーク!


by tabi-to-ryokou | 2017-05-05 16:00 | | Trackback | Comments(26)

みはらしの丘に咲く450万本のネモフィラは今年も満開でした(茨城県、ひたち海浜公園)

5月3日、憲法記念日、快晴、茨城県の気温は15度から22度。

自宅を出たのは朝の6時15分、みはらしの丘への到着は8時55分。電車ですが、片道で2時間40分もかかりました。
ネモフィラはこんな感じで見頃。朝の7時半から開園してるので、9時なのに見物客は既にこんなにいました。

b0291402_23440896.jpg


世の中には、混んでるなら行くのを止そうと思う人と、混んでても行ってしまう人。
見ても見なくても人生変わらないという人と、見ないと人生損してしまうという人がいます。
私はどちらも後者の立場ですが、それにしても凄い人(笑)

b0291402_23441981.jpg


取り敢えず、ネモフィラ畑に咲くオレンジ色の異端児を撮ったり・・・・

b0291402_23442901.jpg


反対側の、鯉のぼりを撮ったり。

b0291402_23444082.jpg


そしてこの1枚を撮ってから、チューリップ畑に移動しました。

b0291402_23445094.jpg


チューリップ畑は見頃、もしくは見頃のちょい過ぎくらい。
チューリップも撮って、10時過ぎには、ひたち海浜公園を後にしました。
過去のネモフィラの時期、コキアの時期を合わせても、これだけの入園客は初めてです。
もし行かれる方が、いらっしゃったら、できるだけ朝の早い時間をお薦めします。


2017、私のゴールデンウィーク!



by tabi-to-ryokou | 2017-05-04 16:00 | | Trackback | Comments(34)

100種、3000株のつつじが、咲いててもよかったはずのつつじ苑で・・・(文京区根津神社)

4月30日、連休前半の日曜日は雲一つない快晴、気温は11度から24度でした。

昨日の「泣き相撲」が1日順延となったので、予定していた「ひたち海浜公園」のネモフィラはGW後半に行くことにして、
この日は朝一番で根津神社のつつじ、その後に浅草寺の「泣き相撲」と連チャンで廻りました。

周辺は5月5日までが「文京つつじまつり」。このくらい咲いてればいいなと期待が膨らみます。写真は境内の露店で売ってるつつじです。お隣は「いか焼き」のお店。

b0291402_08253457.jpg


8時45分には、つつじ苑に到着し、9時の開苑を待ちます。でも周囲の景色を見るといやな予感。
HPには、【つつじ開花状況】遅咲きのオオムラサキなどが咲いています(4/30現在)、と書かれていたのですが、入苑すると「お~いオオムラサキはどこだ~い」でした。

b0291402_08254409.jpg


昨日、今日と連敗ですが、こんなことではめげません。
「つつじまつり」を、「つつじ シベ まつり」に変更し、シベを狙います(笑)

b0291402_08255496.jpg


何とも可愛らしいツツジのシベ。

b0291402_08260420.jpg


雲も風もない快晴で、シベが揺れることも無く、シベ日和(笑)

b0291402_08261365.jpg


オオヤマツツジの園芸品種でしょうか。

b0291402_08262370.jpg


白は琉球ツツジだと思うのですが、花びらも美しい。

b0291402_08263473.jpg


最後の1枚は、ハナグルマ、後方のボケはオオムラサキです。

b0291402_08264506.jpg


こんなわけで、今年ただ1回のツツジ撮影は、30分で終了とし、いったん自宅に帰り画像をPCに取り込んでから、次の「泣き相撲」の会場に出かけました。


2017、私のゴールデンウィーク!


by tabi-to-ryokou | 2017-05-01 16:00 | | Trackback | Comments(26)

ネモフィラと、芝桜と、菜の花が同時に見頃を迎えた4,000種、100万株の花園(館林市、東武トレジャーガーデン)

4月23日、日曜日、群馬県は晴れ、気温は6度から19度で、絶好の行楽日和。

北千住駅から特急と、鈍行で、東武伊勢崎線の茂林寺前駅まで1時間15分。駅から茂林寺沼湿原を歩き15分で、東武トレジャーガーデンに到着しました。
東武トレジャーガーデンへの訪問は、毎年GWの連休前後ですが、今年で3回目になります。

芝桜がちょうど見頃。

b0291402_08361939.jpg


例年よりも1週間早いのですが、今年も咲いててくれました。

b0291402_08363044.jpg


一面のなだらかなピンクのグラデーションは20万株の芝桜。

b0291402_08364046.jpg


この日は雲一つない青空で、日差しが眩しかったです。

b0291402_08364905.jpg


新緑と、菜の花もいい感じです。

b0291402_08372167.jpg


菜の花畑で遊ぶ親子連れ。

b0291402_08374138.jpg



今年からシーズナルガーデンといって、80万株の季節の花が咲く庭がオープンしました。

b0291402_08380743.jpg


リナリア、ルピナス、ポピー、ワスレナグサまでは分かりましたが、あとは色とりどりでよく分かりません。

b0291402_08381712.jpg



ネモフィラです。

b0291402_08384074.jpg


ネモフィラも、今が見頃。中央の丘をネモフィラ・ブルーが染めあげます。

b0291402_08382998.jpg


背景はガーデンウェディングが人気の、聖ペテロ&パウロ教会。

b0291402_08441559.jpg


最後の1枚は場違いですがチューリップ(笑)、チューリップは終わりかけでした。

b0291402_08442779.jpg



芝桜、ネモフィラを同時に見れる庭園は珍しいと思いますが、さらに菜の花、リナリアも見頃。
東武トレジャーガーデンからは、「館林市つつじが岡公園」に行く、無料のシャトルバスが出てたので、有名な館林のつつじも満開になってるようです。
関東の今年の開花は、芝桜、ネモフィラは早め、つつじは普通、藤の花は遅めと感じました。
今週がどれくらい暖かいかにもよりますが、GWの花巡りをどうするか、日程に悩みます(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-04-24 16:00 | | Trackback | Comments(24)