カテゴリ:花( 172 )

例年より4週間も早く満開になった「あたみ桜」と、メジロたち(熱海市糸川遊歩道)

1月18日、水曜日、午前中に時間があったので、熱海まで往復しました。

「あたみ桜」は毎年1月上旬~2月に咲くインド原産の寒桜の一種。
市内中心部を流れる糸川沿いの58本が早くも満開となりました。

b0291402_05375469.jpg


明治4年頃イタリア人によってレモン、ナツメヤシとともに熱海にもたらされ、地元の努力により増殖が行われました。

b0291402_05380477.jpg



市内の多くの場所に植栽され、下田の御用邸や、伊勢神宮、 東宮御所にも献上されたことから有名になりました。

b0291402_05381537.jpg


昭和40年に開かれた「花いっぱい運動」で「あたみ桜」と命名されたそうです。

b0291402_05404401.jpg


そして昭和52年の市制40周年記念に、熱海市の木に指定されました。

b0291402_05405403.jpg


同じ枝に、早期に咲く花芽と後期に咲く花芽が二段構えにできることから、例年一ヶ月以上花が楽しめます。

b0291402_05411092.jpg


沖縄のカンピ桜とともに日本で最も早いことで有名なあたみ桜ですが、「例年より2週間早い」と言われたのが昨年で、
今年は更に「昨年よりも2週間早く」開花してしまいました。

b0291402_05413044.jpg


糸川遊歩道で「あたみ桜糸川桜まつり」が開催されるのは1月21日~2月12日ですが、1月18日には、ご覧の通り満開なので、
桜まつりの事務局も驚いてると思います。
おっと~~、メジロがジャンプ。

b0291402_05414525.jpg


最後の1枚は背景の桜がピンクにボケてくれたこの写真です。
本当は桜を撮りにきたのですが、4・5枚撮ってしまったら、あとはメジロばかり撮ってました(笑)

b0291402_05415527.jpg



糸川遊歩道は熱海駅から歩いて15分。往きは下り坂で楽ですが、帰りの上り坂はきつい!!、バスならば10分、本町商店街下車です。
熱海梅園と両方を観賞する人のために、日にちによっては梅園との間に無料シャトルタクシーが運行します。
なお「あたみ桜 糸川桜まつり」の開催期間中の17時~23時はライトアップもあるそうです。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-19 16:00 | | Trackback | Comments(22)

今が見ごろの冬ぼたん。今回は「ぼたん苑」の魅力をご紹介しましょう(上野東照宮、ぼたん苑)

1月7日にお届けしました「富貴花」、「百花の王」などと呼ばれる「冬ぼたん」が見頃になりました(上野東照宮、ぼたん苑)の続編です。
今回は「ぼたん苑」の魅力をご紹介します。

b0291402_04593414.jpg


名前は連鶴。

b0291402_04594369.jpg


和傘と冬ぼたん。

b0291402_05000414.jpg


冬ぼたんの光と影。

b0291402_05001940.jpg


藁ぼっちに、2人ぼっち。

b0291402_05004210.jpg


和傘のアート。

b0291402_05005480.jpg


まゆ玉の背景は光と影。

b0291402_05010925.jpg


冬ボタン以外にも、葉ぼたんとか、

b0291402_05013694.jpg


キンギョソウも。

b0291402_05014514.jpg


水鉢には花びらが浮かびます。

b0291402_05063208.jpg


最後の1枚は、やはりこれでしょう。冬ぼたんと上野東照宮五重塔。

b0291402_05071740.jpg


2009年から毎年訪問してるので、今年で9回目。
ここで写真を撮って下さいというような新しい写真スポットが、何ヵ所か用意されてました。
見頃が続いてますが、できれば1月中、遅くとも2月中旬までに観に行かれることをお薦めします。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-17 16:00 | | Trackback | Comments(14)

梅は咲いたか~♪、 桜はまだかいな~♫、都内の梅は例年より10日早い(皇居東御苑)

1月9日、成人の日、東京の午前中は雨でしたが、午後は晴れました。気温は4度~11度。

午後の2時半ごろでしたが、皇居大手門から東御苑に入り、二の丸雑木林に向かいました。
この雑木林にはシソ科の山野草「シモバシラ」が野生していて、大きな霜柱のような「氷」を蓄えることがあり、探しましたが最低気温が4度では無理でした。

b0291402_08570658.jpg


梅林坂の紅梅です。

b0291402_08571788.jpg


「新冬至」という名前の白梅。

b0291402_08572655.jpg



こんなピンクの梅も咲いてました。
気象予報士の依田さんが、「熱海梅林」からの生中継で、今年の熱海の梅は1週間から2週間、例年より早いと言ってました。

b0291402_08573496.jpg


早くも陽が傾いてきた東御苑を散歩しました。
逆光と、石垣と、見上げる外人さん。

b0291402_08574591.jpg


西日と、少女と、大手町のビル。

b0291402_08575725.jpg


柑橘類を育てるエリアが新しくできてました。
クネンボと、サンボウカンと、カブス。

b0291402_08580984.jpg


最後の1枚は、空と、西日と、外人さん

b0291402_08581742.jpg


午後からブラッと散歩に出ましたが、梅は咲き始めで、いい感じでした。
今週は寒波が来そうなので、開花に影響が出るかもしれませんが、あと10日程で都内は見ごろを迎えそうです。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-10 16:00 | | Trackback | Comments(24)

「富貴花」、「百花の王」などと呼ばれる「冬ぼたん」が見頃になりました(上野東照宮、ぼたん苑)

1月7日、土曜日、晴れ、東京の最高気温は8度から9度。
本日の午前中の撮影ですが、外は寒かったです。

上野東照宮ぼたん苑の入り口です。入苑料金は700円。

b0291402_14432345.jpg


250品種、3,200株の日・中・洋の牡丹が咲き、うち40品種、600株が、冬ぼたんです。

b0291402_14433192.jpg


今日は、マクロレンズで、蕾も丁寧に撮りました。

b0291402_14433916.jpg


白の次は黄色。

b0291402_14435002.jpg


花の少ないお正月の縁起花として、抑制栽培で冬に開花させるのが冬牡丹ですが、 今年も見事に咲き、今が見ごろです。

b0291402_14435749.jpg


開苑の9時半に訪問したので、観賞客は50人くらい。どのぼたんも自由に撮れました。

b0291402_14440666.jpg


今年、注目した牡丹は、「島錦」。赤と白のツートンカラーです。

b0291402_14441459.jpg


蕾も、赤と白のツートンカラー。

b0291402_14442376.jpg


出口の近くの枯山水、後方には東京都の重要文化財、寛永寺の五重塔が見えます。

b0291402_14443377.jpg


2009年から毎年訪問してるので、今年で9回目。こことは相性が良くて、9回とも見頃なのですが、冬ぼたんは開花すると長く咲いてるのかもしれませんね。
冬ぼたんの開苑期間は2月26日までと、公式HPに書いてありますが、それでも見頃は1月中のような気がしました。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-07 16:00 | | Trackback | Comments(20)

問題です、この冬に咲く花の名前は???(東京、品川区)

写真は全部で8枚あります。わかったところでピンポンと押して下さい。

1 撮影日は12月10日、土曜日でした。場所は品川区弁天通り公園です。

b0291402_05564186.jpg


2 花の色はピンクです。3文字でも正解ですが、7文字なら完璧な正解です。

b0291402_05565354.jpg


3 シベはこんな形。

b0291402_05570830.jpg


4 花びらに映るシベを撮ってみました。

b0291402_05572635.jpg


5 ツボミです。もうお分かりですね。

b0291402_05582387.jpg


6 1人で黙々と写真を撮ってたら、妙齢のご婦人2人連れから声をかけられました。「このお花はなんですか」

b0291402_05584459.jpg


7 切り抜いてきた記事を見せて説明すると、お2人ともスマホで写真を撮られてました。

b0291402_05585558.jpg


8 誰もが驚くと思います。この時期に、こんなに咲くなんて。

b0291402_05590564.jpg


答えは「サクラ」ですが、「ヒマラヤザクラ」と答えた方は、完璧に正解です。
ヒマラヤザクラは、ヒマラヤ地方に分布する野生種の1つで、日本の桜の原種といわれます。
他には戸越公園に2本、新宿御苑にも1本あるので、恐らく今頃咲いてると思います。

お2人のご婦人から「どこからいらしたんですか」と聞かれました。
「桜の研究者」と思われたのか、「プロのカメラマン」と思われたのか、「そこらの変人」と思われたのか。
恐らく、三つめの「そこらの変人」ですね(笑)



by tabi-to-ryokou | 2016-12-11 16:00 | | Trackback | Comments(28)

出荷を待つポインセチアとシクラメン(江戸川区鹿骨の園芸農家)

11月20日、日曜日、東京は曇りでしたが、気温は20度まであって過ごしやすい1日でした。

正月用のシクラメンを江戸川区の鹿骨で買ってくるという重要なお使いを任されてましたが、最初に葛飾区の水元公園に寄り道して、カワセミを撮影。
次に江戸川区の鹿骨5丁目に向かい、先にポインセチア農家の温室に立ち寄りました。

b0291402_22051971.jpg


毎年、この時期に写真を撮らせてもらう川手農園さん。
出荷間近のポインセチアは、ラップに包まれてます。

b0291402_22054498.jpg


次に向かったのは6丁目の真利子農園さん、シクラメンの出荷は既に始まっていて、温室はちょっと寂しくなってましたが、花は咲いてました。

b0291402_22060291.jpg


ちなみに10月2日にも、同じ場所から撮影してますが、当時はまだこんな状況でした。

b0291402_22062504.jpg


さあシクラメンを買おう、と立ち寄ったのが5丁目の、いしいプランテーションさん。

b0291402_22065271.jpg


毎年、ここでシクラメンを買ってるので、店主も私のことを覚えてくれてます。
「この中のどれが元気が良さそうですか」、と聞いて、選んでくれたシクラメンを買います。

b0291402_22071096.jpg


本日のお買い上げはこのシクラメン。

b0291402_22072543.jpg


春まで咲き続けるという店主のお墨付きで、お値段は2,000円。
高いのか、安いのか、自分では分かりませんが、これで私の任務の一つが終了。
次はお正月のオセチの発注担当という重要な任務がありますが、これは12月になってから。
シクラメンが我が家で咲き、なんとなく年末ムードが漂ってきました。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-21 16:00 | | Trackback | Comments(16)

「黄葉 紅葉まつり」の黄色い絨毯(立川市、昭和記念公園)

11月13日、日曜日。東京は曇り空でしたが9度~19度の行楽日和。

東京で真っ先に、黄葉と紅葉の両方が楽しめる、立川市の昭和記念公園。
イチョウの落ち葉が踏み荒らされる前に行きたいので、開園の9時半に西立川口から入園し、イチョウ並木がある立川口までは、410円のレンタサイクルを借りて、まっしぐら。
ここが、立川口にあるイチョウ並木です。

b0291402_08303663.jpg


今年の黄葉はというと、この通り。
約200mの水路沿いに、106本のイチョウの木が並び、空からは木漏れ日が差し込みます。

b0291402_08304512.jpg


今年の黄葉は例年より1週間ほど遅れましたが、じゅうぶんに色づきました。

b0291402_08305779.jpg


ここは誰もがカメラを構える、定番の撮影スポット。

b0291402_08311095.jpg


そして水路へのイチョウの映り込み。

b0291402_08312502.jpg


遠くの紅葉を背景にイチョウの葉っぱ。

b0291402_08313713.jpg


こんな並木道に来ると、黄葉で心も高揚、女性のポーズも様々です(笑)

b0291402_08314657.jpg


最後の1枚は、無理な姿勢から撮った黄色い絨毯。
お客さんが、ぞろぞろと歩き始めると、この構図の写真は無理ですが、開園と同時に借りたレンタサイクルをぶっ飛ばしてきたので、間に合いました。

b0291402_08315753.jpg


昭和記念公園の「黄葉 紅葉まつり」、は11月の5日から11月23日まで。
見頃は既に後半戦ですが、まつり期間中の23日までは楽しめると思います。

b0291402_14063280.png



by tabi-to-ryokou | 2016-11-14 16:00 | | Trackback | Comments(18)

私が好きな「くだもの」は「管物」と書く菊の花(亀戸天神と、湯島天神)

私が好きな花は、
梅は枝垂れ、桜も枝垂れ、薔薇はブルーと紫、朝顔は変化朝顔、菊は管物です。

最初はスパゲティー。これも菊の管物です。

b0291402_08155743.jpg


キシメン。

b0291402_08160753.jpg


アメ細工。

b0291402_08161789.jpg


これは「管物」ではありません。「厚走り」と書いてありました。

b0291402_08162627.jpg


菊は昔から栽培しやすいという特徴があるので、次々と新種が作られています。
ここまでは亀戸天神で10月29日に撮影しました。
ここから下は湯島天神での11月6日の撮影です。

花びらの内側が真紅、外側が黄金色の巴錦。

b0291402_08164695.jpg


管物にも種類がありますが、これは細管。

b0291402_08170130.jpg


文京区教育長賞を受賞した菊。

b0291402_08171159.jpg


最後の1枚は、私が勝手に選んだ優秀賞です(笑)
中学生の重野壱太君の作品で、菊の名前は「泉郷高峰」

b0291402_08172068.jpg


重野君、賞品は何もないけど、おめでとうございます。
ちなみに都内の菊は、これからが見頃の本番。亀戸天神、湯島天神以外では、浅草寺、日比谷公園、新宿御苑も菊祭りやっています。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-09 16:00 | | Trackback | Comments(16)

今年の菊人形は大河ドラマの真田丸でした(文京区湯島天神 菊祭り)

11月6日、日曜日。最高気温は21度で、絶好の「菊観賞」日和り。

1週間前の10月29日に訪問した亀戸天神は早過ぎましたが、湯島天神はまさに見頃でした。
まずは咲き具合をご覧下さい。懸崖造りです。

b0291402_07313453.jpg


管物咲きの花は沢山でも、1株からこれだけ咲かせるという千輪咲き。

b0291402_07321738.jpg


こちらはオーソドックスな厚物の千輪咲き。

b0291402_07324302.jpg


湯島天神の社務所と本殿を結ぶ渡り廊下です。

b0291402_07352390.jpg


カメラマンは早くも一服中、おサルの芸を見てしばし休憩です(笑)

b0291402_07364833.jpg


境内には入賞作品がずらりと展示され、全部で2,000株とか。

b0291402_07374408.jpg


毎回、素晴らしい作品で楽しませてくれるのは園芸家としてプロ級の鈴木敏彦さん。

b0291402_07383015.jpg


そして盆庭には「ゆしま」の文字が。

b0291402_07384246.jpg


お待たせしました。最後の1枚は、湯島天神の目玉、菊人形です。

b0291402_07385460.jpg


今年は絶対に「真田丸」だと予想してました(笑)
湯島天神菊祭りの開催期間は11月1日から11月23日まで、朝7時から夕方5時までです。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-07 16:00 | | Trackback | Comments(22)

今シーズンの、ラスト秋桜、そしてナットウ列車(ひたち海浜公園)

今シーズンの秋桜も、そろそろ終わりですね。
在庫一掃ってわけでもないのですが、10月22日に撮影した秋桜をお届けします。

b0291402_08453326.jpg


背景が赤いのはひたち海浜公園の「見晴らしの丘」に咲くコキアです。


b0291402_08454382.jpg



b0291402_08455257.jpg





b0291402_08460463.jpg




b0291402_08461314.jpg


本当はこの秋桜でラストの予定でしたが・・・・・・

b0291402_08462377.jpg


帰りの勝田駅で見つけた「ナットウ列車」、そして着物姿は水戸の「梅大使」のお嬢さんです。

b0291402_08463119.jpg


勝田駅の隣駅は水戸駅。水戸といえば納豆と、偕楽園の梅。
この列車は勝田駅と、阿宇ガ浦駅を結ぶ「ひたちなか海浜鉄道」ですが、10月22日に食堂車仕様の列車で、納豆ご飯を試食できるという、ナットウ列車が運行されました。

出発のベルが鳴った時に気づいたので、慌てて撮りましたが、レンズは望遠レンズのまま。
「梅大使」のお嬢さんが、私にだけ特別に(??)カメラ目線をくれたので、さらに慌ててしまい、せっかくの着物の足元が画面からはみ出てました(笑)



by tabi-to-ryokou | 2016-11-01 16:00 | | Trackback | Comments(12)