カテゴリ:紅葉( 18 )

紅く燃えないコキア!!、例え雨が降ろうとも、365日ブロガーですから取材に行きます(茨城県、ひたち海浜公園)

10月21日、土曜日、東京は朝から雨、茨城県水戸市で引くと、本降りになるのは午後から。
行くしかないでしょう。何故なら今シーズンのコキアの紅葉は、今週がピークで、来週は望み薄。

自宅を朝7時に出て、ひたち海浜公園に到着したのが9時10分。雨が降る前にと、400円を払って自転車で、みはらしの丘に急ぎます。
無情にも、この時間になって雨が降ってきました。

b0291402_14364303.jpg



レンズに雨滴が~~~

b0291402_14373631.jpg



タオルハンカチでレンズを拭きながらの撮影です。

b0291402_14374686.jpg



右端にカメラマンらしき男性、左の道路でしゃがむモデルさんらしき女性。ご苦労様です。

b0291402_14380848.jpg



コスモスとコキアです。雨脚がちょっと弱まってきました。

b0291402_14381771.jpg



傘を差してる人が半分、差さない人が半分。やれやれ!!

b0291402_14383198.jpg



と思ったら再び、雨え~~!!!、台風も接近中だし、仕方がありません。
最後の1枚は、燃えるようなコキアの紅葉を載せたかったのですが、本日を象徴するような「コキアに雨滴」です。

b0291402_14384661.jpg


みはらしの丘の滞在時間は1時間。自宅には12時30分に戻りました。
少なくとも、年に2回は、ここでネモフィラと、コキアを撮ってますが、こんな雨の日は初めて。
毎年、同じような写真だったので、たまにはこんな雨が降る「みはらしの丘」はいかがでしょうか(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-10-21 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(28)

ブルーのライトアップで青い川が浮かび上がる庭園(文京区、六義園)

12月5日に掲載した六義園のライトアップの続きです。

まずは写真をご覧ください。

b0291402_05540346.jpg


ブルーのライトアップは初めてみました。

b0291402_05541287.jpg


ミストが幻想的な青い川を演出します。

b0291402_05542288.jpg


紅葉に浮かぶ天の川のような。

b0291402_05543192.jpg


六義園の中でも「水香江」(すいこうのえ)と呼ばれた場所。かつてここには水が流れ、蓮の花が咲いていたと伝えられます。
紅葉と組み合わせた最高にロマンティックなライトアップでした。

b0291402_05544578.jpg


案内板の解説によると、江戸時代の六義園の造園当初に、この辺りを柳沢吉保が「水香江」(すいこうのえ)と名付けました
李白や杜甫が「蓮の花で木が香る」と詠んだことを、真似たのが由来だそうです。

今は川も流れておらず、蓮の花も咲きませんが、ブルーのライトアップは、東京で一番ロマンティックな紅葉スポットといわれ、
見物客を楽しませてくれます。




00000010_13281537.png


by tabi-to-ryokou | 2016-12-07 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(18)

12月の初旬になると1800本のメタセコイアが黄金色に輝き迎えてくれます(葛飾区水元公園)

12月4日、日曜日、東京は7度から16度の穏やかな晴れ。

都立水元公園の紅葉の特徴といえば、生きた化石ともいわれる「メタセコイア」
12月の初旬になると1800本のメタセコイアが黄金色に色づき輝きます。

b0291402_08372569.jpg


毎年、この場所で家族連れか、ジョギングする女性、仲良さそうなカップルを待つのですが、おじさん2人。

b0291402_08373502.jpg


やっと女性が・・・、でも遠すぎます。

b0291402_08375011.jpg


このメタセコイアの並木道は、時々映画のロケや、CMに使われることもあります。

b0291402_08380466.jpg


例え倦怠期でも、ここを歩けば仲良くなる。・・・なんてことはないでしょうね(笑)

b0291402_08381807.jpg


走ってきたお子さん。この林では自然と足取りも軽くなります。

b0291402_08382834.jpg


ワンちゃんを撮りたかったのですが、残念!!、向こうに行っちゃいました。

b0291402_08384175.jpg


最後の1枚は、三脚を立てたカメラマンさん、ダンディーです。
もしこの自転車も彼の自転車ならば、最高にお洒落!!

b0291402_08385681.jpg


水元公園のメタセコイアは今が見頃。
黄金色に輝くのは、陽が差す時間なので、できれば天気が良い日を、お薦めします。




00000010_13281537.png


by tabi-to-ryokou | 2016-12-06 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(26)

東京で一番ロマンティックな紅葉スポットは、ライトアップで人気ナンバーワンです(文京区、六義園)

関東の紅葉人気ランキングではいつも3位以内の常連さん、ライトアップではいつも1位の紅葉の名所といえば、文京区の六義園です。

昨日の夕方17時頃に訪問しました。
モミジの色づきも、これならじゅうぶんです。

b0291402_19355642.jpg


紅葉があっても、なくても美しいのが7年の歳月をかけて造り上げた「回遊式築山泉水庭園」。

b0291402_19361673.jpg


池の周囲を歩きながらライトアップされた紅葉と、その映り込みを眺めます。

b0291402_19362568.jpg


千鳥橋から眺める紅葉は見事でした。

b0291402_19364214.jpg


ここで、半周。吹上茶屋の奥です。

b0291402_19365030.jpg


足元を照らすライトが必要なくらい暗い小道ですが、真っ赤に染まった紅葉が浮き上がります。

b0291402_19370023.jpg


そして、最後の1枚は紅葉と落葉の間におぼろげに浮かぶ滝見茶屋。

b0291402_19370866.jpg


400本のモミジに彩られる六義園は、ひときわ紅い色が冴える都立庭園です。
昼間の紅葉も美しいのですが、幽玄の世界を楽しめるライトアップ時間は、なおお薦めです。
開園は午前9時。ライトアップは日没からで、最終入園は20時30分。ライトアップ期間は12月7日までです。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-05 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(20)

小石川後楽園、昨年の紅葉はやった~の「◎」、今年の紅葉はがっかりの「△」でした。

11月26日の土曜日。開園の9時に小石川後楽園に到着しました。

入り口の風景です。ここの紅葉の色づきで、庭園の色づき全体が分かります。
あちゃ~~、こりゃあかん!!

b0291402_10022834.jpg


ちなみに2015年12月6日の同じ場所です。
この日はここで勝利を確信し、ガッツポーズでした(笑)

b0291402_10023838.jpg


紅葉もデリケートですね。HPに「見頃」と出たので自信を持ってやってきましたが、色の鮮やかさが違います。1週間早過ぎたようです。

b0291402_10024813.jpg


ここが小石川後楽園の紅葉のハイライトで、大堰川と通天橋。

b0291402_10025974.jpg


ちなみに昨年の紅葉はこんな色でした。

b0291402_10031044.jpg


朝一番なので、渋滞もなく、名物の飛び石も自由に渡れます。

b0291402_10064382.jpg


気を取り直して、色づきのいい枝を見つけ、今年の小石川後楽園のベスト3を撮りました。
あくまでも自画自賛の、ベスト3です(笑)

b0291402_10033185.jpg

b0291402_10034288.jpg

b0291402_10040006.jpg



帰ろうと、入り口に向かって歩いていたら、クラブツーリズムのバスでやってきた団体さんが「まあ、綺麗」と歓声をあげてました。
そうなんです。初めていらっしゃる方々には綺麗なんです。
毎年来てると、つい過去と比較してしまい、つべこべ言ってますが、その年、その年で風情を味わえばいいと思います。
でもチャンスがあれば、もう1回リベンジに来たいです(笑)



by tabi-to-ryokou | 2016-11-29 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(22)

紅葉は毎年撮ってますが、映り込みを中心に撮った写真(昭和記念公園の日本庭園)

ちょっと前になりますが、11月13日に訪問した昭和記念公園です。
平成9年に造営された昭和記念公園の日本庭園は池泉回遊式庭園。この日は、池か小川への映り込みだけを撮るつもりで、日本庭園に入りました。
何故かって??、毎年撮りに来てるので普通に撮ると昨年と同じだし、他のカメラマンさんとちょっとだけでも違う写真を撮ってみようかと思ったわけです(笑)

日本庭園に続く門を入いると、小さな、小さな小川にに映り込みが。

b0291402_19595713.jpg


橋の上で姿勢を低くして、紅葉の映り込みと、落ちた紅い葉っぱを狙いました。

b0291402_20000904.jpg


池を一周するコースは、この清池軒からスタートします。

b0291402_20003258.jpg


風が吹いてなかったので、紅葉がうまい具合にリアルと、バーチャルに分かれてくれました。

b0291402_20005155.jpg


先着2匹までの日向ぼっこの石ですが、3匹目の子亀が、上陸しようと後ろから押してます。

b0291402_20010418.jpg


半周すると今度は今まで歩いて来た道の、紅葉と黄葉が映り込みます。

b0291402_20012131.jpg


小川のせせらぎに作りだされる玉ボケには、モミジの紅が映り込みました。

b0291402_20013180.jpg


そして1周すると再び清池軒に戻ります。

b0291402_20014703.jpg


昭和記念公園のモミジの紅葉は、都心より1週間以上早いのが特徴です。
そして今週末は都立庭園の紅葉が見頃を迎えるはず。
取り敢えずは、小石川後楽園と六義園の紅葉を狙ってみます。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-25 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(18)

東京から日帰りで訪れた紅葉は、桂離宮、銀閣寺、金閣寺、平等院、清水寺。

11月23日、勤労感謝の日、低気圧が接近中ですが比較的穏やかな1日でした。

最近のブロ友さんの日記は、皆さんが美しい紅葉。東京の都心はまだちょっとですが、京都の紅葉は今が見頃のようです。
さっそく、朝早く起きて片道2時間半もかけて行ってきました。

最初に訪問したのは桂離宮です。

b0291402_07513894.jpg


紅葉もいい感じでした。

b0291402_07514840.jpg


紅葉真っ盛りの祝日なのに、交通渋滞は無く、すいすいと移動して次は銀閣寺です。

b0291402_07522102.jpg


銀閣寺の境内や、庭はガランとしていて写真は撮り放題。

b0291402_07523436.jpg


え、何かおかしいですか。

b0291402_07524409.jpg


お隣の金閣寺です。

b0291402_07565860.jpg


金閣寺にしてはしょぼい?、いえ結構精巧ですよ。気が付きましたか。
次は平等院です。

b0291402_07531778.jpg


写ってる人間が人形みたい。やはりばれましたか(笑)

b0291402_07533098.jpg


最後は清水寺です。

b0291402_07534156.jpg


清水の舞台には、昨年の世相を表す1文字の漢字「安」が飾られてました。

b0291402_07535014.jpg


2016年の1文字の漢字は12月12日にここで発表されます。
私が予想する本命は、税金の無駄遣い、ゲス不倫、麻薬での逮捕等を根拠に「乱」
予想する大穴は、五輪でのメダルラッシュ、ポケモンGO、SMAP5人の解散から「五」
さてどうなるでしょうか。

昨日の撮影場所は、北千住から東武電車の特急で2時間ちょっとの、日光市鬼怒川温泉「東武ワールドスクエア」
25分の1で作られた精巧な建築は、天井のない世界建築博物館と言われます。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-24 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(24)

圧倒的な、「あか」、「赤」、「紅」、「RED」、今日の日記は説明がありません(立川市、昭和記念公園)

11月13日の昭和記念公園。

1)

b0291402_05431165.jpg


2)
b0291402_05432115.jpg


3)
b0291402_05433192.jpg


4)
b0291402_05435093.jpg


5)
b0291402_05441598.jpg


6)
b0291402_05442509.jpg


7)
b0291402_05443781.jpg



8)
目がチカチカしたという読者のために

b0291402_05450362.jpg

終わり



by tabi-to-ryokou | 2016-11-17 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(20)

小石川後楽園の紅葉を、映り込みだけで表現してみました

小石川後楽園の紅葉の後半です。

色づきが予想以上によかったので、大堰川に映り込む紅葉を狙いました。
奥で日差しを浴びてるモミジよりは、手前の日陰のモミジのが紅が濃く映ります。

b0291402_08535993.jpg


大堰川という名前ですが、流れは殆ど無くて池のようです。
なので、映り込みも、色あざやかでした。

b0291402_08533756.jpg


この右側の丸い石の上が、庭園の道になってます。
水面全体が赤信号を出してるように見えますが、背中にリュック、首から一眼レフをぶら下げて、慎重にゆっくりと渡りました。

b0291402_08541413.jpg


一番大きな池「大泉水」です。
ここも、そこそこに紅葉し水面が綺麗でした。

b0291402_08542999.jpg


最後の1枚は「ほんまかいな」というくらいの映りこみ。
集会所として利用される涵徳(かんとく)亭です。

b0291402_08532306.jpg


中で掃除をされてるようですが、きっとこの方の視界は全てがモミジ色でしょうね。いやいや、驚きました。
小石川後楽園の見ごろは、今週いっぱいは続くと思います。



by tabi-to-ryokou | 2015-12-09 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(16)

今年の紅葉は「あきまへんなあ」の大合唱ですが、ここの紅葉は素晴らしかった(文京区・小石川後楽園)

12月6日(日曜日)は今年2回目の紅葉撮影に出かけました。
11月29日(日曜日)は千葉県本土寺で「あきまへんなあ」を喰らってるので、できれば2連敗は避けたいところ。

JR飯田橋駅からも、メトロ後楽園駅からも徒歩8分の小石川後楽園は、東京都立の庭園です。
開園は朝9時ですが、9時20分に到着しました。
毎年訪問する庭園ですが、その入り口で、勝利???、を確信!!!
この色づきは、毎年観る小石川後楽園の色づきです。

b0291402_11180864.jpg


そして入ってすぐ右側のイロハモミジです。安心しました。

b0291402_11182356.jpg


ここは小石川後楽園で定番といえる紅葉の撮影スポットです。
手前が大堰川、奥が通天橋です。

b0291402_11183571.jpg


これだけ紅葉してればOKですね。
「あきまへんなあ」といわない場合は、「ぼちぼちでんなあ」といえばいいでしょうか。

b0291402_11185737.jpg


花見客はここにもいました。どこから遊びにくるんでしょうね。

b0291402_11191035.jpg


天気は晴れですが、陽光が差したり、曇ったり。
そのたびに、モミジの「紅」も色が変化します。

b0291402_11192566.jpg


このモミジが、見物客に一番の人気でした。
朝早かったので、庭園内はすいてましたが、ここだけはカメラマンで渋滞中。

b0291402_11193632.jpg


「大泉水」を一周しました。
写真の女性が撮ってるモミジが、先ほどの人気のモミジです。

b0291402_11194767.jpg


ここまでゆっくり歩いてかれこれ40分。
恐らく午後になると、もっと混雑すると思いますが、心地よい散歩でした。



by tabi-to-ryokou | 2015-12-07 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(26)