カテゴリ:魚( 33 )

東京から日帰りで、遡上するサケのジャンプを撮影(はたして場所はどこ??)

え、まさか、予想もしてなかった場所で、サケが遡上する雄姿を見れるという日経新聞の記事を参考に出かけてきました。
北海道、岩手県、宮城県じゃないですよ。上野駅から高崎線に乗って埼玉県方向に向かいます。降りた駅は熊谷駅。
レンタカーを借りて運転すること30分、サケが遡上する南限といわれる利根川に向かいました。埼玉県行田市と群馬県千代田町を結ぶ利根大堰がその観察場所です。

年間2万人以上の小学生が社会科見学で訪れるそうですが、この日も大勢来てました。

b0291402_05380739.jpg



大堰自然の観察室では、遡上するサケを窓越しに間近で見ることができますが、果たして!!

b0291402_05381735.jpg



利根大堰は利根川から取水し、荒川などに導く施設。こちらは上流側です。

b0291402_05382889.jpg



利根大堰を管理する水資源機構は1990年代に遡上しやすいように魚道を改築しました。
二つ目の橋桁の下が、三つある魚道の2号魚道です。魚道には堰の落差を解消する段があって、サケが順番に昇るので、上流に行きやすくなります。

b0291402_05383737.jpg



この階段を降りて行くと左側が1号魚道です。

b0291402_05384743.jpg



観察中のご夫妻が、「サケは通り過ぎないけど、そこで1匹休んでるよ」と教えてくれました。

b0291402_05385737.jpg



魚道から段差を昇ったサケが休憩中のようでしたが、水の泡でこれじゃよく見えません。

b0291402_05390966.jpg



そのうちに先ほどの小学生の一団がやってきました。場所を譲って後ろで待機します。
三つある観察窓のうち、この真ん中の窓からは段差を昇るサケが見えそうです。

b0291402_05392157.jpg



待つこと1時間。小学生もいなくなり退屈してきました。過去20年間で最大のサケは全長95cmのシロサケで、こんな大きさだったそうです。

b0291402_05393107.jpg



先ほどの段差では体長10cmほどの小魚が、この高さを超えられず行ったり来たり。なんとも、もどかしい光景です。

b0291402_05394299.jpg



10時から観察を始めて、1時間待っても来なかったら諦めて帰ろうと思ってましたが、10時59分30秒に奇跡が起こりました。
F値は4.0、ISO5,000、シャッタースピード5000分の1秒で、連写します。

b0291402_05455253.jpg



利根川河口から154kmを遡上してきたサケです。力強く尾びれを振って、ジャ~~ンプ~~!!

b0291402_05460306.jpg



70cmから80cmはあるでしょうか。急流をものともせず段を昇りました。
凄いです、帰郷しようとする生命力のなせる「業」でしょうか。

b0291402_05461411.jpg



そして観察窓の左に消えていきました。このサケが写っている4コマとも、10時59分30秒。つまり1秒以内の瞬間の出来事でした。
キタ!!、カシャカシャカシャ・・・じゃないです。キ・カシャカシャカシャカシャ・タ~~~~~!!(笑)
この一瞬のチャンスを逃さなかった、自分はよくやった(笑)

b0291402_05462423.jpg



自宅に戻って図鑑や、ネットを調べましたが、形と模様からこのサケはメス。
1万キロを超す大海での回遊を終え、産卵すると4年余りの生涯を終えます。
産卵場所まではまだ数十kmを遡るので群馬県の前橋あたりまでも遡るそうです。無事産卵を終えて、利根川のサケを絶やさず、繋いで欲しいですね。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-25 16:00 | | Trackback | Comments(26)

暑~~い夏は、派手~な水しぶきで涼んで下さい(品川アクアパーク)

スリランカも暑かったけど、日本も暑いですね。

暑い、暑いと言ってても、暑さはかわらないので、思いっきり水しぶきを楽しんで下さい。
6月に品川アクアパークで撮影したイルカのショーです。

水しぶき3連発。

b0291402_22434253.jpg

b0291402_22435844.jpg

b0291402_22440912.jpg




次は観客席にまで飛び込んできた、イルカの水しぶき。

b0291402_22442702.jpg



バシャ~~ン!!

b0291402_22444486.jpg



バッシャ~~ン!!、たまらず、トレーナーのお姉さんが全速力で逃げてます(笑)

b0291402_22445872.jpg



迫力の水しぶきで、少しは涼しくなったでしょうか(笑)
暑い夏も元気に乗り切りましょう。

usaさん企画の「写真で遊ぼ。」は、テーマが「海や水」。今回は「水しぶき」で参加してみました。



by tabi-to-ryokou | 2017-07-10 16:00 | | Trackback | Comments(26)

イルカが覚えた新しい芸は、イルカのチュー(アクアパーク品川)

久しぶりにアクアパーク品川を訪問しました。
トレーナーさんたちのユニフォームが夏らしくなって、白とスカイブルー。
手前では新しい芸を披露する2頭のイルカ。

b0291402_14270854.jpg



新しい芸はイルカのチューです。「なんだこれだけ」と言われそうですが、これだけです(笑)

ここからは、毎度おなじみの、いつものパフォーマンス。

b0291402_14272062.jpg



手前がバンドウイルカ、奥がカマイルカの、ジャ~~ンプ!!

b0291402_14273423.jpg



巨体を躍らせ、バンドウイルカの、ジャ~~ンプ!!

b0291402_14274621.jpg



カマイルカの、ハイ・ジャ~~ンプ!!

b0291402_14275948.jpg



そして一番の見せ場はトレーナーさんのジャ~~ンプ~~!!

b0291402_14280832.jpg



アクアパーク品川の「ドルフィンパフォーマンス」は、迫力満点です。
ちなみに昼に5回から6回、夜のナイトバージョンが2回あるので、イベントスケジュールをご確認の上、お出かけ下さい。


by tabi-to-ryokou | 2017-06-30 16:00 | | Trackback | Comments(14)

東京は桜が満開なのに、土曜も日曜も雨。仕方なく桜のイベントを開催中という水族館に出かけました(墨田区、すみだ水族館)

4月9日、日曜日、最高気温は15度、北風が吹き、小雨がぱらつく寒い1日でした。

前日は雨が止むかと期待して、結局は止まずに撮影に出れなかったので、今日は止むかどうか分からないまま待つのは止めて、
家訓に従い(笑)、雨の日は水族館ということにしました。

すみだ水族館では、日本最大級の屋内開放型ペンギンプールで春を表現した映像を投影するそうです。

b0291402_07142095.jpg


10時15分から、僅か7分間の投影ですが、何も知らずに泳ぐペンギン君。そしてペンギン君を見つめる少女。

b0291402_07143095.jpg


ペンギンプールの底面全体にプロジェクションマッピングを用いての映像が始まりました。

b0291402_07145059.jpg


過去にも「ペンギンキャンディー」というプログラムがありましたが、今回は「ペンギンピクニック」というプログラムです。

b0291402_07150303.jpg


よく分からない映像ですが、クラゲが泳いでるようにも見えます。

b0291402_07152732.jpg


春の風物詩である桜などをあしらった映像と書いてありましたが、これでしょうか。

b0291402_07153713.jpg


まあ、これが桜ということにしときましょう。

b0291402_07155151.jpg


7分間の投影はあっという間に終わり、次はクラゲの水槽内へ投影する「クラゲと桜」です。

b0291402_07165275.jpg


左上に桜の花びらのようなのが見えて、水槽は桜色に染まりました。

b0291402_07170781.jpg


クラゲが、お花見にやって来たという雰囲気で、華やかでした。

b0291402_07171659.jpg



自宅を出たのが9時15分、すみだ水族館に行って、ショーを見て帰って来たのが11時15分。
今シーズンは今日が撮り納めかなと、雨が降りしきる中、傘を差したまま自宅前の桜を撮りましたが、道路には桜の花びらがこんなに散ってました。

b0291402_07215079.jpg


自宅といってもマンションで、右は隅田川、左は我が家があるマンションです。北側の部屋からは隅田川と桜が見え、南側の居間からはスカイツリーが見えます。
それにしてもこの週末は雨にやられました。あと1回くらいは、桜の写真を撮りたかったのですが、東京のソメイヨシノは既に散り始め。がっかりの恨み節です(笑)


私の桜ショット&お花見弁当



by tabi-to-ryokou | 2017-04-10 16:00 | | Trackback | Comments(24)

イルカとともに。はじけるお兄さん、はじけるお嬢さん、そして癒しの時間(アクアパーク品川)

3月の、ある日の「アクアパーク品川」です。
トレーナーさんが何人か交代したみたいで、今まであまり見かけなかったトレーナーさんが、この日は活躍してました。

はじけるトレーナーのお兄さんです。

b0291402_20364883.jpg

b0291402_20365632.jpg

b0291402_20370674.jpg

b0291402_20371464.jpg



見事ですね。負けじとイルカもはじけます。

b0291402_20372365.jpg


休憩時間に見た、トレーナーさんと、イルカ君のひと時。
こういう風にして、信頼関係が築かれてるんですね。なんかこの光景には癒されます。

b0291402_20373533.jpg


館内を散歩してたら、カピバラ君がまったりと温浴中。この光景にも癒されます。

b0291402_20381925.jpg


そして再び、はじけるトレーナーのお嬢さん。

b0291402_20374988.jpg


見事ですねえ。どうして滑りやすそうなイルカの頭に乗っていて、落ちないんでしょうか。

b0291402_20380065.jpg


アクアパーク品川は、リピーターの観客も呼べるように、様々な工夫をこらしてました。その点では、TDLや、USJは大先輩ですね。
品川駅前という好立地をいかし、都心のアミューズメントパークとして、これからも頑張って欲しいです。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-29 16:00 | | Trackback | Comments(10)

日本人はマグロが大好き。千住魚河岸で取材しました(中央卸売市場、足立市場)

中央卸売市場の足立市場は、「千住魚河岸」とも呼ばれ、千住の住民から親しまれています。
普通の日も入れますが、普段はスーパーや、魚屋さんが相手なので、箱売りや、キロ売り。
時々、自宅にチラシが入るのですが、「あだち市場の日」は、誰もが入れて、小さなパックでも売ってくれます。

土曜日の9時ちょっと過ぎに行きましたが凄い人数でした。お客さんは買ったものを、発泡スチロールの蓋に入れて、帳場に並びます。

b0291402_07400686.jpg


ちょっと中身を見せていただくと、皆さんが、まとめ買い。

b0291402_07401844.jpg


さて、ここからがマグロです。
メバチマグロの中トロが、100g、600円。

b0291402_07403035.jpg


皆さん、真剣に品定め。

b0291402_07403759.jpg


値段はというと、これが標準でしょうか。
高知産の生本マグロが、100g、1,500円~2,000円。

b0291402_07404585.jpg


左の奥さんが財布を取り出し、奥の男性は2,000円を払い釣りを受け取ってます。

b0291402_07411099.jpg


この店には、行列が30人ほど。1番の人気店でした。

b0291402_07412679.jpg


裏ではマグロの解体、そしてサクにする作業が、戦場のような慌ただしさで行われています。

b0291402_07414718.jpg


そしてこちらは冷凍マグロの解体作業。電動ノコギリでカットします。

b0291402_07415486.jpg


千住魚河岸は大盛況でした。何か買ったのかって??。
酒の肴を何か買おうと思ってたのですが、マグロは行列、海老や魚介類は帳場が行列。
何も買わずに引き上げましたとさ(笑)



「ほっ」と。フォトコンテスト



by tabi-to-ryokou | 2017-03-14 16:00 | | Trackback | Comments(28)

「東京クラゲツリー」と、実は明日から旅に出ますが、そのお知らせ(墨田区、すみだ水族館)

「東京クラゲツリー」は、すみだ水族館にて、昨年12月に行われたクリスマスイベントです。

b0291402_19393694.jpg


イベントの名前は「クラゲと恋するクリスマス」

b0291402_19394652.jpg


キューブ型水槽に、本物のクラゲがユラユラと泳ぎます。

b0291402_19400783.jpg


キューブ型水槽41個を5段に積み上げた光と水のクリスマスツリーに、お子さんもびっくり!!

b0291402_19401894.jpg


水槽の中はクラゲづくし。

b0291402_19404525.jpg


すみだ水族館は「東京スカイツリー」の5階・6階ですが、こちらは「東京クラゲツリー」(笑)

b0291402_19405377.jpg


・・・ということで、明日(2月10日)から、旅に出ます。
初日はヨーロッパで1ヵ所だけ寄り道して、行先はケニアのマサイマラ。昨年も2回、訪問しましたが、野生動物の写真を撮ってきます。

旅行期間中は皆様のブログに訪問できませんが、私は毎日1回か2回は、その日に出会えた野生動物の写真をアップしようと思ってます。
なので時間は16時でなく、不定期になりますが、是非ご覧下さい。

狙いは勿論、「ビッグ5+1」。人気のビッグ5(ライオン、象、バッファロー、サイ、豹)、プラス1で、チーターです。
ケニアのマサイマラは、毎回ほぼ確実にライオン、象、バッファローに出会えるという野生動物の宝庫ですが、チャンスが少ないのが、サイと、豹とチーター。
昨年9月の訪問では、ビッグ5+1に、僅か2日で全部に出会えるという幸運に恵まれましたが、今回もそうなるかどうか。
なお、帰国は2月22日の予定です。



by tabi-to-ryokou | 2017-02-09 16:00 | | Trackback | Comments(30)

働く女性は美しい。見えるのは目だけですが恐らく女性(アクアパーク品川)

変なタイトルで申し訳ありません。
ウェットスーツを着てるので、見えるのは目だけ。水槽の掃除という仕事なので、当然ながら男性と思ってました。

b0291402_23184299.jpg


挨拶してからワンダーチューブのガラスの掃除に取り掛かります。後方にはマンタ、エイ、サメが泳ぎます。

b0291402_23192908.jpg


「ノコギリエイ」の悪役面を撮ろうと思って来ましたが、イルカのパフォーマンスがあと10分で始まるので、ここにいたのは自分だけ。

b0291402_23193804.jpg


水槽の掃除をしながら、私に手を振ってくれましたが、写真は撮り逃がしました。
この瞬間、清掃をしてるのは女性と確信しました。

b0291402_23200495.jpg


だって、男が、男に手を振らないですよね。

b0291402_23201320.jpg


私も手を振って応えて、さらにカメラを構えると、パッチリした、つぶらな瞳。
2時間サスペンスの女王、片平なぎささんの若い頃に似てます。

b0291402_23210471.jpg


これで男だったら怒りますよ。どう見ても女性です。しかも絶対に美人のはず(笑)

b0291402_23211322.jpg


これは絵になると写真を撮ってたら、イルカのパフォーマンスの、一番撮りたかった人魚姫のジャンプが既に終わっていて、空振りに終わりました(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-01-28 16:00 | | Trackback | Comments(22)

イルカの鼻先に、片足で立ってジャンプをする人魚姫(アクアパーク品川)

タイトルに「人魚姫」と書きましたが、年齢不詳のイルカのトレーナーさん。

何回見ても、なんで、こんなことができるのか分かりません。
謎を解き明かそうと、連写で6コマ撮ってみました。

b0291402_05085503.jpg

b0291402_05090588.jpg

b0291402_05092500.jpg

b0291402_05093682.jpg

b0291402_05094793.jpg

b0291402_05095779.jpg


あと2コマか、3コマは欲しいとこですが、撮れてたのはここまで(笑)
プールにザブンと落ちて、水面に浮かんできた時には再びイルカの背中の上でした。
下の写真はまるで人魚姫です。

b0291402_05100775.jpg


イルカの鼻先って、平らじゃありません。
なのにイルカが水中から浮上して高さ2mか3mまで顔を出す時に、片足で立ってバランスを取りながら一緒に上昇します。
普通なら1秒か2秒で、ドボンと落ちると思うのですが、何故真っ直ぐ立てるのでしょう。

謎を解き明かそうと、連写で6コマ撮りましたが、謎は深まるばかりでした(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-01-20 16:00 | | Trackback | Comments(16)

築地の「場外市場」は、移転後どうなるの??、という質問にお答えします(築地魚河岸)

先日、築地場外市場に出かけた時に、配られていたチラシをご紹介しましょう。

質問 : 築地場外市場って、どうなるの
答え : 移転しません。場外400店舗はもちろん、新たに「築地魚河岸」の60店舗が、食市場として他にないものを揃えていきますので、豊洲移転後も築地にお越しください。

・・・というわけで、11月19日にオープンした「築地魚河岸」を取材してきました。
築地魚河岸は2棟ありますが、晴海通りに面した「小田原橋棟」です。

b0291402_20305567.jpg


1階が鮮魚と野菜の中卸、2階が事務室で、3階は大食堂です。

b0291402_20310555.jpg


タラバガニは1個入り9,000円、2個入りが18,000円。今年は中国船が根室沖で乱獲しており、その影響で激しく値上がりしてます。

b0291402_20311914.jpg


車海老は大きさにより100円/200円/350円。

b0291402_20312794.jpg


生ウニ1箱、2,800円。これ安いですか、高いですか。なんか高いのかなという気もしました。

b0291402_20315552.jpg


この生牡蠣はでかいです。1個が500円/600円。生帆立は6個入りが1,000円。
カミサンの買い物に付き合うのは月に1回あるかないか、なので相場がよく分かりません。

b0291402_20320880.jpg


お客さんが押し寄せていたマグロ店。左の方は大トロ、右の方は中トロです。

b0291402_20321771.jpg


お刺身です。2点盛りが800円、3点盛りが1,200円。

b0291402_20322952.jpg


3階に上ると食堂があります。
あら炊き定食900円、鉄火丼900円、焼魚定食900円、天丼1,000円、海鮮丼1,000円、刺身定食1,200円。お客さんが多くて、行列でした。

b0291402_20325075.jpg


隣の「海幸橋棟」は、2階どうしが陸橋で繋がってますが、1階の入り口は殺風景です。

b0291402_20375389.jpg


2階から眺めると、1階の売り場はこんな感じです。

b0291402_20380351.jpg


ずわい船盛りが4,100円。今年は蟹が高すぎます。

b0291402_20381152.jpg


「築地魚河岸」には、このような店が揃ってました。
築地の場外市場はどうなるの??、ですが、「築地魚河岸」も含めて460店舗が現在の場外の場所に軒を連ねるので、移転後も築地は変わらないと思いました。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-29 16:00 | | Trackback | Comments(22)