カテゴリ:イベント( 76 )

深海2017、最新研究でせまる生命と地球(国立科学博物館、上野)

国立科学博物館の深海展は7月11日から始まり、入場者が50万人を突破したそうです。
開催最終日が10月1日までなので、平日の朝9時に入館して一通り観賞してきました。
上野まで行く時間が無い、もしくは1600円は高いよ、という方のために、そのハイライトをご紹介しましょう。

入り口からしばらくは「深海と生物」のゾーンが続きます。
キタノクロダラ

b0291402_05040108.jpg



映像は写真撮影不可ですが、こういう実物は写真撮影可でした。
ソコボウズ

b0291402_05041406.jpg



結構、リアルです。
ダイオウイカ

b0291402_05042527.jpg



日本海の深海生物がずらり。

b0291402_05044055.jpg



ここからは、海底探査機や、有人潜水調査船のゾーンです。
1万mを超える海底での撮影や観測が行えるフルデプスミニランダー。ガラス球の中に、カメラや、電子部品が組み込まれています。

b0291402_05050004.jpg



こちらは無人深海探査機「江戸っ子1号」、
町工場が中心となって共同開発され、推進7800mで生物の撮影に成功しました。団子3兄弟みたいですが、上が通信用中継器、真ん中が照明球、下が撮影球。

b0291402_05051098.jpg



有人潜水調査船「しんかい6500」の、2分の1の模型。
現在までに世界中の深海で通算1500回の調査潜航を行ってきました。

b0291402_05053348.jpg



こちらがその船内。直径2mほどですが、乗組員の定員は3名。

b0291402_05054682.jpg



地球深部探査船「ちきゅう」の100分の1の模型。
海底下7000mの掘削能力は世界最高で、巨大地震の震源まで掘り進み、直接観察して地震発生メカニズムを解明しています。

b0291402_05055822.jpg



ここからは、深海と資源のゾーンです。
白色光があたってると、左のペチュニアですが、紫外線光が当たると右のように発光します。
富山湾深海に生息する海洋プランクトンが持つ蛍光タンパクの遺伝子情報を明らかにし、これを組み込むことで「光る花」の開発が成功しました。

b0291402_05102971.jpg



1500年前に生成された黒鉱鉱床から取り出された黄鉱の塊。金色の輝きが綺麗でした。

b0291402_05104097.jpg



そして最後は、お約束のギフトショップです。

b0291402_05105233.jpg



宇宙と深海はともに、人類に残された未開の分野。展覧会では「深海の生物」も面白かったのですが、探査機・探査船や、深海調査船の模型は
初めて見たので、面白かったです。

ざっとしたご紹介ですが、上野まで行く時間が無い、もしくは1600円は高いよという読者の皆さんも、楽しんでいただけたでしょうか(笑)
開催は10月1日の日曜日までです。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-23 16:00 | イベント | Trackback | Comments(14)

覗きのエンターテイメント、浮遊する光の幻想空間!!、万華鏡展2017(渋谷、Bunkamura)

3連休の真ん中の日曜日でしたが、台風18号接近で雨が降る渋谷に出かけました。
目的は「Bunkamura Gallery 万華鏡展」、今年で15回目だそうです。

会場は結構な賑わいです。世の中に万華鏡ファンって、多いんですね。

b0291402_14375806.jpg




人気作家の作品が、ずらりと並びます。

b0291402_14380952.jpg



有難いことに、どの万華鏡も手にとって覗くことができ、会場内のカメラ撮影は自由でした。

b0291402_14382074.jpg



大がかりな作品から、覗いてびっくりの面白い作品まで。その場で買って、持ち帰ることもできます。

b0291402_14383185.jpg



覗き口が大きな万華鏡は、写真を撮ることもできました。

b0291402_14385807.jpg

b0291402_14391184.jpg

b0291402_14451735.jpg



圧巻はこの作品、万華鏡のドレスです。
おやまあ、なんとなんと、と驚きながら光と色彩の幻想空間を楽しんできました。

b0291402_14511695.jpg



なお万華鏡展2017の開催期間は9月24日の日曜日までです。
久しぶりに渋谷まで来たので、渋谷駅の改良工事の様子を「ヒカリエ」から撮ってきました。
左側が渋谷駅の上に建設中の高さ230mの商業施設です。完成は2019年度。

b0291402_14454969.jpg



銀座線渋谷駅では、現在のホーム位置が表参道方向へ約130m移動して、明治通りの上に
出てくることで、現在の窮屈なホームが広くなります。でも完成は2020年度。

b0291402_14455980.jpg


JR東日本が公表している渋谷駅改良工事は2015年に着手し、全体の完成は2027年度。
バルセロナのサグラダファミリアが、工期を150年短縮し、2026年完成と公表したので、
サグラダファミリア完成の翌年に、渋谷駅の改良工事が終了することになります(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-09-19 14:34 | イベント | Trackback | Comments(18)

魚河岸とな、それはいかん、サンマは目黒に限るのじゃ(目黒さんま祭り)

9月10日、日曜日、東京は晴れ、気温は22度~30度

古典落語「目黒のさんま」で、殿様はサンマは魚河岸でなく、目黒に限るとのたまいました。
そのオチがきっかけで始まった、目黒のさんま祭りは今年で24回目。今や、秋の風物詩です。
通りの奥のほうが、さんま会場ですが、この目黒駅前の熱気は朝の10時です。

b0291402_08003623.jpg



例年3万人の人出があり、サンマにありつけるのは先着の7000人。
最初からサンマは諦めてるので、来賓の片山さつき議員を眺めてから、会場に向かいます。

b0291402_08004849.jpg



カメラマンは、まず全体を把握しなければ(笑)。行列はというと八幡神社の前ですがこのくらい。

b0291402_08010174.jpg



サンマは岩手県宮古産が7000匹。「三陸沖の海洋深層水」を取り入れた氷で鮮度を維持したまま、今朝、直送されました。

b0291402_08014038.jpg



「目黒のさんま祭り」の白いシャツは、目黒駅前商店街青年部(通称:め組)の皆さんです。

b0291402_08011818.jpg



青いシャツは、応援にかけつけた宮古市の皆さん。
「本州最東端の街、岩手県宮古市から新鮮なさんまをお届けしています!」と書かれてます。

b0291402_08012778.jpg



手前はこれから焼くサンマ、奥は焼きあがったサンマ。

b0291402_08015236.jpg



こんがり焼けたサンマがこちら。漂う煙と、香ばしい匂いが、もう堪りません(笑)

b0291402_08020596.jpg



スダチは徳島県神山町、大根おろしは栃木県那須塩原市、備長炭は和歌山県みなべ町が、毎年提供して下さるそうです。

b0291402_08021710.jpg



焼き立てが美味しそう!!、きっと朝早くから並んだんでしょうね。

b0291402_08022858.jpg



行列はというと、目黒駅から延々と上大崎の交差点まで。平均待ち時間は3~4時間とか。

b0291402_08102116.jpg


「目黒のさんま」に登場するお殿様は、松平出羽守ですが、きっとこの行列を見たら、馬から転げ落ちて驚くでしょうね(笑)
なお目黒には、もう一つのさんま祭りがあり、目黒区民まつり。
こちらは9月17日の日曜日で、気仙沼産のサンマ5000匹が、ふるまわれます。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-11 16:00 | イベント | Trackback | Comments(24)

EXILEのHIROがプロデュースした宇宙飛行士の奇妙なダンス(NAKEDの東京体験空間)

先日の日記でお届けした「360度 TOKYO体験空間 by NAKED」、の続きです。

中央広場に2人の光る人間が現れました。

b0291402_10314500.jpg



歩みは遅く、まるでスペースシャトルの宇宙飛行みたいです。

b0291402_10315850.jpg



バックに照明が灯ると、ここは銀座か、新宿か。

b0291402_10322355.jpg



なにやら踊り出しました。月面を歩く宇宙飛行士のようです。

b0291402_10323793.jpg



ダンスが始まりました。パンフレットには、EXILE HIROがプロデュースする実力派ダンサーによるパフォーマンスと書かれています。

b0291402_10325872.jpg



舞台には星クズがあふれ出しました。

b0291402_10332680.jpg



宇宙飛行士はLEDの光の演出とともに歩きます。

b0291402_10341565.jpg



ここは渋谷のスクランブル交差点でしょうか。

b0291402_10342750.jpg



そしてダンスもクライマックス。

b0291402_10344025.jpg



パフォーマンスが終わった宇宙飛行士は、子供たちと会話中。何語で話してるんでしょうね。

b0291402_10345378.jpg



東京ドームシティの東京体験空間、面白かったです。
日記は今回で終わりますが、本物の体験空間は9月3日まで。朝10時から20時までです。



by tabi-to-ryokou | 2017-08-25 16:03 | イベント | Trackback | Comments(14)

「ボートレーサー募集」に採用された自分の写真(ボートレース平和島)

8月19日、土曜日、東京は25~30度。夕方にはゲリラ豪雨がありました。

出かけた先は「ボートレース平和島」。午後の4レースを観戦して、900枚は撮りましたが、3枚選びました。

まずは1番新田選手を流し撮り。

b0291402_12075202.jpg



次は後藤選手の水しぶき。

b0291402_12080442.jpg



そして手に汗握るコーナーでのターン。

b0291402_12081682.jpg



ところで「一般財団法人日本モーターボート競争会」では第124期ボートレーサーを募集中です。
平均年収は約1600万円、養成費用は無償、未経験から目指せるプロアスリートです。

b0291402_12084126.png




実はこのポスターには、私が撮った写真が採用されています。

b0291402_12085598.jpg



広告会社のデザイナーさんにより恰好がいい、素敵なポスターに仕上がりましたが、ほらね、原画は自分の写真。

b0291402_12090690.jpg


関係者の方から問い合わせがあり、使っていただきました。謝礼金ですか??。秘密です(笑)
30歳未満、175cm以下、健康な男女、合わせて50名程度を募集中です。






2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真



by tabi-to-ryokou | 2017-08-20 16:00 | イベント | Trackback | Comments(36)

360度 TOKYO体験空間 by NAKED(東京ドームシティ)

先日、「TOKYO ART CITY展」を、体験しました。
通算150万人を動員したというアート集団ネイキッドが創り出した360度の体験空間ですが、文字では分かりにくいので、映像からご覧いただきましょう。

コンセプトは、「東京はアートである」

b0291402_05554274.jpg



街は新宿、正面は都庁。右は恐らく歌舞伎町のゴジラで、左はパックマンらしい。

b0291402_05561487.jpg



左右に歌舞伎町の繁華街、床面は東京の夜景のようです。

b0291402_05562558.jpg



レインボーブリッジを渡ると、そこはお台場。ガンダムが輝きます。

b0291402_05563763.jpg



そして会場の真ん中あたりは、渋谷のスクランブル交差点でしょうか。
東京がギュッと詰まった、よく分からない空間です(笑)

b0291402_05565675.jpg



さらに奥に進むと東京駅。

b0291402_05570545.jpg



東京駅の壁面に投影されたプロジェクション・マッピングは、ネイキッドが得意とする技術。

b0291402_05571738.jpg



東京ドームシティにやってきました。ドームホテルと、東京ドームです。

b0291402_05574179.jpg



この東京ドームは中から花火が打ち上げられており、実によくできた模型でした。

b0291402_05575008.jpg



そして隅田川でしょうか。花火のプロジェクション・マッピングは子供たちに人気。

b0291402_05580231.jpg



先ほどのスクランブル交差点で、宇宙飛行士のようなダンサーによるショーが始まりました。

b0291402_08482031.jpg


なんとも不思議な東京体験空間を楽しんでいただけたでしょうか。
私がネイキッドを体感したのは、「SWEETS」、「AQUARIUMU」、「FLOWERS」に続いて4回目でしたが、
今回の「TOKYO ART CITY」もよくできた楽しい空間でした。
やはり本物を観たいという方は、東京ドームシティで9月3日まで開催中です。



by tabi-to-ryokou | 2017-08-17 16:00 | イベント | Trackback | Comments(14)

チーター疾走(多摩動物園)、それから、指定有形文化財「百段階段」の7部屋に灯る和のあかり(目黒雅叙園)

8月11日、山の日、東京は最高気温が27度の曇り空、絶好の動物園日和でした。

多摩動物園の、チーター3兄弟の撮影に行ってきましたが、展示が今までのガラスの中では無く、屋外放飼場に移動してました。
颯爽と走り回るのは、恐らくですがジョラス、アイガー、クラリスの順で、最後がママのシュパーブ。

b0291402_23225246.jpg


溌剌とした彼らの姿にチーターだけで500枚、それ以外の動物で200枚。
現像が間に合わないので、今日は4匹で走り回ってる1枚だけです。
写真が1枚だけなので、以前に準備していた、百段階段「和のあかり」を掲載いたします。

なお本日(8月12日)は、名古屋に遠征し、シャバーニの一家と、1年ぶりに再会する予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月28日の日記では、百段階段に向かう豪華エレベーターを紹介いたしましたが、今回は7部屋それぞれの、和のあかりを紹介いたします。


                               十畝の間

b0291402_20313894.jpg





漁樵の間

b0291402_20315277.jpg





草丘の間

b0291402_20320437.jpg





静水の間

b0291402_20321484.jpg





星光の間

b0291402_20322474.jpg





清方の間

b0291402_20323665.jpg





頂上の間

b0291402_20324652.jpg





昭和の時代に、階段で繋がる7部屋は、客に料理を供する料亭として使われました。
全ての部屋が階段を上る右側にありますが、左側にも一部屋あり、そこの天井に描かれた扇子は、赤い和のあかりに照らされていました。

b0291402_20330055.jpg



全ての部屋を見終わり、下に降りてからから再度、百段階段を見上げます。
今度は、念力をかけても消えない、しぶとい男性が1名(笑)

b0291402_20331424.jpg


これで2回にわたってお届けした、和のあかり百段階段2017を終わります。
展示は8月27日までありますので、興味のある方は、ホテル雅叙園東京へお出かけ下さい。



by tabi-to-ryokou | 2017-08-12 16:00 | イベント | Trackback | Comments(16)

関東の行ってみたい花火大会ランキングで1位に選ばれた足立の花火(その後半) sanpo

7月22日、土曜日に1万2先発が打ち上げられた足立の花火。
7月25日の日記「東京の夏花火一番乗り(第39回足立の花火)」の後半です。

写真が13枚ありますが、今回は説明抜きです。
マンションの非常階段の踊り場で、観ている気分でご覧下さい(笑)

(1)

b0291402_05360825.jpg



(2)

b0291402_05363586.jpg



(3)

b0291402_05364670.jpg



(4)

b0291402_05370739.jpg



(5)

b0291402_05371960.jpg



(6)

b0291402_05374065.jpg



(7)

b0291402_05375157.jpg



(8)

b0291402_05384395.jpg



(9)

b0291402_05392186.jpg



(10)

b0291402_05393268.jpg



(11)

b0291402_05485000.jpg



最後の2枚は、昨年までは見なかったので、新しい花火のようです。
(12)

b0291402_05490460.jpg



(13)

b0291402_05491905.jpg


「たまや~~~~♪」、「かぎや~~~♪♪」
こうして2017年の足立の花火は、1時間で、1万2千発を打ち上げて終了しました。
鬼が笑うといいますが、2018年の7月には、どんな花火を見せてくれるか楽しみです。




2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真



by tabi-to-ryokou | 2017-08-02 16:00 | イベント | Trackback | Comments(24)

指定有形文化財「百段階段」は、日本で一番豪華なエレベーターに乗って向かいます(目黒雅叙園)

目黒雅叙園の百段階段は、東京都の指定有形文化財。
「和のあかり展」を開催中ですが、1階ロビーと、3階から始まる百段階段を繋ぐのは、私が日本で一番豪華だと思う、螺鈿(らでん)細工のエレベーター。

b0291402_08462971.jpg



wikiで引くと、螺鈿(らでん)は漆工芸品の加飾法の一つ。螺は貝、鈿は物を飾る意味で、貝殻を文様に切り器物の表面に張付け漆で固定したもの。

b0291402_08464068.jpg



エレベーターの内部ですが、左右に金色に輝く唐獅子が施されています。

b0291402_08465059.jpg



漆工芸を、エレベーターの鉄の鋼板に焼き付けるためには、岩手県の専用窯が使用され、この特注品のエレベーターのお値段は6千万円という噂です。

b0291402_08470737.jpg



扉が開きました。ここから先は昭和の竜宮城とも言われる百段階段。正面には「和のあかり」に展示されている馬のオブジェが見えます。

b0291402_08471898.jpg



紫と紅の明かりが、オブジェを神秘的に輝かせます。

b0291402_08472981.jpg



百段階段の下には、確か昨年の「和のあかり」でも見たような金魚たち。

b0291402_08474375.jpg



そしてここからが昭和10年竣工の百段階段です。
念力をかけ、入館者全員に、階段から消えてもらいました(笑)
千と千尋の観客隠し!!

b0291402_08475671.jpg


ここから階段に繋がる七つの部屋があり、和のあかりを楽しめます。
次回はアートイルミネーション「和のあかり」の写真を掲載予定です。



by tabi-to-ryokou | 2017-07-28 16:00 | イベント | Trackback | Comments(24)

東京の夏花火一番乗り、そして全国の人気ランキング6位(第39回足立の花火)

7月22日、土曜日、19時30分~20時30分、絶好の花火日和

今年も三脚を担ぎ、カメラをぶら下げて、自宅マンションの非常階段・14階に向かいました。
住民の皆さんは自宅から観るので、非常階段で三脚を構えて撮ってるのは、毎年私だけ。つまり非常階段の踊り場は、私だけの特等席です。

b0291402_05413567.jpg



ド・ド・ド・ド、ドッカ~~~ン。大輪を咲かせる尺玉花火 !!

b0291402_05415108.jpg



シュル・シュル・シュル~!!

b0291402_05420874.jpg



ド~~~ン!!!

b0291402_05422973.jpg



この足立花火はウォーカープラスの調査で、全国の花火大会人気ランキングの6位。行ってみたい花火大会ランキングでは4,769票を集めて堂々の1位だそうです。
足立区民、荒川区住民の組織票が、かなり入ってますね(笑)

b0291402_05431534.jpg



打上げ場所は荒川の河川敷で、現地の特等席は西新井側の土手の斜面。最寄り駅の北千住駅からは歩いて20分程です。

b0291402_05430202.jpg



今年も1時間で、1万2先発が夜空を彩りました。

b0291402_05425057.jpg


95万人が訪れる隅田川花火は、河川敷が無く、手頃な撮影場所が見つからないのですが、同じ下町でも、足立の花火ならエレベーターで昇るだけで特等席。
写真を300枚も撮ったので、次回に続きます。






2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真



by tabi-to-ryokou | 2017-07-25 16:00 | イベント | Trackback | Comments(34)