カテゴリ:絵画( 13 )

ミロが構想し、ミロの故郷に設立した、作品数が1万点超のミロ美術館(その後半)(スペイン、バルセロナ)

昨日の日記の後半です。
ミロは1893年にバルセロナに生まれ、90歳で亡くなるまで、スペインを代表する画家でした。

b0291402_23312602.jpg


ミロの描く人物や鳥は、かなりデフォルメされています。

b0291402_23314017.jpg


原色を基調とした激しい色使いは、有機的な形態とマッチして生命感が溢れます。

b0291402_23314993.jpg


古典的・写実的なシュルレアリストの作品とは、そこが決定的に違います。

b0291402_23315868.jpg


順路通りに歩いていると屋上に出ました。小雨がパラつくバルセロナの景色です。

b0291402_23320878.jpg


再び絵画を続けます。

b0291402_23321740.jpg
b0291402_23331909.jpg
b0291402_23322727.jpg


b0291402_23364757.jpg


出口にはミュージアムショップがありました。

b0291402_23323825.jpg


ミロは90歳で亡くなるまで作品を描き続けたので作品数も多く、マヨルカ島のパルマのアトリエで、絵画以外に、陶器や、彫刻も制作しました。
wikiを引くと、愛知県美術館、岐阜県美術館、福岡市美術館、富山県立近代美術館にもミロの絵画が収蔵されているそうです。
でもバルセロナのミロ美術館で、これだけ沢山のミロを見ると、もっとミロと言われても、もうじゅうぶんですと答えたくなります(笑)

土曜・日曜は、ちょっと遠くまで取材に出かけてますので、コメント欄は閉じさせていただきました。


by tabi-to-ryokou | 2017-04-16 16:00 | 絵画 | Trackback

ミロが構想し、ミロの故郷に設立した、作品数が1万点超のミロ美術館(その前半)(スペイン、バルセロナ)

2月11日に、メトロと、バスを乗り継いで、ムンジュイックの丘にあるミロ美術館を訪ねました。
ミロの故郷に、ミロの作品を収める美術館は無かったのですが、友人たちの協力もあり、ミロを中心に現代美術1万点超を収蔵した美術館が1975年に開館しました。

b0291402_22565869.jpg


入り口ではミロの彫刻が出迎えてくれます。

b0291402_22585617.jpg


無償で設計を担当した友人のホセ・ルイ・セルトは、来館者が建物内を自然に進めるようにと中庭やテラスも設けました。

b0291402_22571880.jpg



ここからミロの作品です。(全作品の撮影がOKでした)

b0291402_22572995.jpg
b0291402_22575816.jpg
b0291402_22580862.jpg
b0291402_22581771.jpg
b0291402_22582823.jpg



屋内には外光が取り入れられており、柔らかな明かりがミロの絵画を引き立てていました。
全作品は撮れなかったのですが、ミロの代表的な作品は撮ってきたので、次回に続きます。

土曜・日曜は、ちょっと遠くまで取材に出かけますので、コメント欄は閉じさせていただきました。



by tabi-to-ryokou | 2017-04-15 16:00 | 絵画 | Trackback

雨だったので国立新美術館のミュシャ展に、そして雨が降ってるのに、さくらを撮影しようと葛飾区へ

3月26日、日曜日、東京は朝から小雨、気温は4度から8度と肌寒い1日でした。
午前中は降らないという天気予報だったので、茨城県古河市で桃を撮影するか、水元公園でカワセミを撮影するかと考えてましたが、朝から雨。
我が家の家訓は「雨の日は美術館か、水族館」(笑)、なので朝一番で、国立新美術館のミュシャ展に行ってきました。

一部屋、5作品のスラヴ叙事詩だけが撮影可でした。
作品は「ロシア農奴制廃止」

b0291402_12504068.jpg


HPのミュシャ概要から引用しますが、
アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャは、モラヴィア(現チェコ)に生まれ、ウィーンやミュンヘンを経て、27歳でパリに渡り絵を学びました。
作品は「スラヴ民族の賛歌」

b0291402_12505156.jpg


なかなか才能を発揮する機会に恵まれなかったミュシャは、34歳の時に、舞台「ジスモンダ」のポスターを手がけることになり、一夜にして成功をおさめます。
以降、優美で装飾的な作風は多くの人を魅了し、時代の寵児として活躍しました。
作品は「 スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」

b0291402_12510189.jpg


50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた画家渾身の作品が「スラヴ叙事詩」です。
作品は「イヴァンチツェの兄弟団学校」

b0291402_12513165.jpg


およそ縦6メートル、横8メートルに及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた油彩画は、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクルです。
作品は「聖アトス山」

b0291402_12514397.jpg


東京の六本木までは行くのが大変という方のために、撮影可能な全5作品を撮ってきました。
会場はというと、かなり混雑してます。作品の真正面に立って、観賞客が間に入らない瞬間はなかなか訪れず、この5作品を撮るだけでも、かなりの時間がかかりました。
私が帰る頃のチケット売り場は、50mの行列で、行かれるならやはり朝一番がお勧めです。

b0291402_12515281.jpg


さて、ここからが、感動のさくらの登場です。
雨の中、乃木坂から千代田線で金町に向かい、京成電車で一駅。駅前のさくらです!!

b0291402_12520066.jpg


なに、なに、「桜はどこだ!!」、ですって。
左側のさくらが見えませんか。
放浪の旅に出る兄の寅さんを、心配そうに見送るさくらの姿です(笑)

b0291402_12520968.jpg


なんとなく像の表情は、「さくら」を演じた、倍賞千恵子さんに似てませんか。
葛飾区が、さくら像の建設を望むファンの声を受け、柴又駅前に設置しましたが、除幕式が3月25日の土曜日だったので、まさに開花直後のさくら。
なお、この像の予算は1,600万円だとか。なんとも豪華なさくらですね。おしまい(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-03-27 16:00 | 絵画 | Trackback | Comments(20)

葛飾北斎の作品を1,800点も集めた、すみだ北斎美術館は昨日開館しました(東京・墨田)

江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の作品を集めた「すみだ北斎美術館」が昨日(11月22日)開館しました。
東京都の美術館・博物館・動物園・水族館のウォッチャーである私は、新美術館の開館初日に駆け付けました。

場所はJR両国駅から歩いて9分の公園の一角。
建物は建築界のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞を受賞した妹島和世さんの設計で、地上4階、地下1階の斬新なデザインです。
建築地は、江戸時代に弘前藩津軽家の大名屋敷があり、北斎は藩主からの依頼により、屏風に馬の絵を描いたことから、この場所は北斎とゆかりの深い土地といえます。

b0291402_07463070.jpg


入ってまず、エレベーターで4階に昇ります。
常設展示室の入り口には須佐之男命厄神退治之図(関東大震災で焼失したため復元図)

b0291402_07464042.jpg


常設展示場は北斎とすみだとの関わりや北斎の生涯を年代順の作品で楽しめる部屋です。

b0291402_07465111.jpg


ぎょっとしたのはこの部屋。こたつに寝転がりながら絵を描き続ける84歳の頃の北斎を娘の阿栄が見つめています。いわば北斎のアトリエですが、
北斎も阿栄も、部屋が散らかってるのは気にならないみたいです(笑)

b0291402_07471232.jpg


この部屋に展示されていた作品のうち北斎の代表作である冨嶽三十六景の3点です。

b0291402_07472294.jpg
b0291402_07473075.jpg
b0291402_07474071.jpg



肉筆画で「貴人と官女図」。

b0291402_07475824.jpg


ここまでは常設展示室で撮影が可能でしたが、他の企画展示室は撮影NGでした。
100年以上行方が分からなかった幻の肉筆画「隅田川両岸景色図巻」は、企画展示室にあり北斎の生涯で最大、最長級の716cmもある絵巻です。
隅田川を遡って吉原に向かう様子が、東洋の絵画では見られない洋風の表現で描かれていますが、下の絵はHPからお借りしました。

b0291402_07460031.jpg
b0291402_07461245.jpg



3階のホワイエというスペースで、左の方では北斎の生涯や、作品の制作方法を紹介する映像を観ることができました。

b0291402_07542004.jpg
b0291402_07543012.jpg



コレクションは、墨田区が収集した作品と、浮世絵研究者のピーター・モース氏と楢崎宗重氏から受け継いだコレクションで構成され、その数は1800点に及びます。
浅草や東京スカイツリーにも近いので、ついでに立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

ちなみに今朝の読売新聞によると昨日の訪問者は1872人。私は昼休みに駆け付けたので1時間程しか観れませんでしたが、1872分の1でした。
あとテレビでは、本日の22時からNHKで、「ロスト北斎」という特集番組が放送されます。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-23 16:00 | 絵画 | Trackback | Comments(22)

本日の「伊藤若冲」 対 「カラヴァッジョ」は、320 対 30で、若冲の勝ち

いったい何の話かって。
本日は会社を休んで、カラヴァッジョ展を鑑賞してきましたが、若冲の東京都美術館と、カラヴァッジョの国立西洋美術館の待ち時間です。
若冲の東京都美術館は320分待ち、カラヴァッジョの国立西洋美術館は30分待ちでした。

320分待ちのプラカードを見て、頭を掻くしかないお客さん。

b0291402_15575588.jpg


この写真を撮ったのは、私がカラヴァッジョ展を見終わってからなので11時30分ごろ。
東京都美術館に並ぶ列は、延々と国立博物館の方向に延びてます。

b0291402_15574759.jpg


この辺りの行列はどうなってるのか、分かりづらいのですが、国立博物館の方向から来てる行列は右からで、手前でグルッと廻って向こうに行き、
さらに左側の端を通って手前の東京都美術館に向かいます。

b0291402_15572581.jpg


そしてその行列は右から東京都美術館に向かい、正面をグルッと左に廻って、左から手前に。

b0291402_15574028.jpg


そしてここで当日券を買って、美術館の地下に向かう階段に進むわけです。
先にここで当日券を買ってから、行列の最後尾に並ぶ方もいると思いますが、もうどうなってるかよく分かりません。

b0291402_15573343.jpg


一方のカラヴァッジョです。
9時30分が開館ですが、私は8時55分に到着しました。行列の30番目くらいです。
本日、国立西洋美術館が「ル・コルビュジエ」の建築作品として、世界文化遺産に登録されることが、ほぼ確実となったため、報道陣が来てました。

b0291402_15571399.jpg


カラヴァッジョは開館と同時に中に入れて、ゆっくりと鑑賞できましたが、11時30分頃の国立西洋美術館はこんな状況で行列は僅かでした。

b0291402_15581053.jpg


チケット売り場に並んでるお客さんがいますが、待ち時間は30分程との案内でした。

b0291402_15580383.jpg


てなわけで、5月18日の平日勝負は、320分 対 30分。圧倒的に若冲の勝ちでした。
ちなみに私は、本日カラヴァッジョ展を鑑賞できましたが、5時間20分待ちの若冲展はもう諦らめてます。



by tabi-to-ryokou | 2016-05-18 16:06 | 絵画 | Trackback | Comments(30)

カラヴァッジョ展に既に行った、これから行く、興味はあるけど迷ってるという皆様に、ローマのサンタ・マリア・デル・ポポロ教会のカラヴァッジョ作品を紹介しましょう。

上野国立西洋美術館で開催中の「カラヴァッジョ展」は3月1日に始まり、最終日が6月12日。
展覧会の目玉は2014年に発見された「法悦のマグダラのマリア」が、世界に先駆けて、日本で初公開されること。
カラヴァッジョの、幻の名画が世界で初公開となるとやはり人気で、国立西洋美術館の朝9時30分には、いつも行列ができてます。
私もまだ観てないのですが、ローマのサンタ・マリア・デル・ポポロ教会の、カラヴァッジョを紹介しましょう。

2010年11月と、2016年3月と、過去に2回訪問したサンタ・マリア・デル・ポポロ教会は、地下鉄のフラミニオ駅から歩いてすぐのポポロ広場にあります。

b0291402_09410920.jpg


サンタ・マリア・デル・ポポロ教会は11世紀に建造され、13世紀に再建され、その後15世紀にも再建されました。
外観はありふれた教会ですが、内部はルネサンス様式で、驚くほどの彫刻や絵画の名作を所蔵しており、小さな美術館以上の教会です。

b0291402_09411914.jpg


絵画も、彫刻も数多く、どの時代の、誰の作品かは、ちょっと観ただけではわかりません。
正面の祭壇も絵画と彫刻に飾られてました。
何故か右下の方から、おじさんが顔を出してます(笑)

b0291402_09412954.jpg


ベルニーニの彫刻が何点かあるので、それを観るために訪問したのですが、贅沢なことにカラヴァッジョの絵画も2作品あります。
こちらはバロックの巨匠ベルニーニの「パイプオルガン下の天使の像」です。

b0291402_09414225.jpg


そしてこちらがカラヴァッジョの作品。暗くて、しかも斜めで、いい写真が撮れなかったので、ネットからお借りしました。
「聖ペテロの逆さ磔」。ペテロの十字架を逆さにする動作をドラマチックに強調しています。

b0291402_09421594.jpg


こちらは「聖パオロの改心」、ローマ市民であり、キリスト教徒の猛烈な迫害者であったパオロが、馬から地面に落ちた瞬間です。

b0291402_09422620.jpg


カラヴァッジョの特徴を三つあげるとすれば、劇的な画面構成、闇を切り裂くような光と影、徹底的なリアリズムでしょうか。

私も国立西洋美術館の「法悦のマグダラのマリア」は観に行きますが、5月のすいてそうな日を狙ってみます。



by tabi-to-ryokou | 2016-04-17 16:00 | 絵画 | Trackback | Comments(10)

きっかけは「ブラブラ美術館」、茨城県の笠間日動美術館

連休5日目は茨城県笠間市の笠間日動美術館と、笠間稲荷神社を訪ねました。

日記はその笠間日動美術館ですが、きっかけは、BS日テレの番組「ブラブラ美術館」。美術に造詣が深い山田五郎氏と、おぎやはぎが美術館、博物館を紹介する長寿番組です。

何年か前にこの美術館が登場したので記憶にあったのですが、今年の7月の放送で、東京ステーションギャラリーで開催中の、鴨居玲没後30年の大回顧展が紹介され
鴨居玲に興味を持っていたところ、笠間日動美術館に「鴨居玲の部屋」が創設されたというニュースを見て、早速出かけてきました。

笠間市内の観光には「かさま観光周遊バス」が便利です。1回100円、1日券でも200円です。
常磐線友部駅から周遊バスで日動美術館前で降りたのは、私1人だけでした。

b0291402_08052015.jpg


企画館と呼ばれる建物には日本画家の岸田劉生、佐伯祐三、梅原龍三郎等の作品があり、同じ階に「鴨居玲の部屋」もありました。
彼の自画像や、デッサン帳、愛用した品々、遺書のような書き殴りの原稿用紙等が集められてましたが、撮影は禁止でした。
企画館から、別棟のフランス館には3階通路ブリッジを通り移動します。

b0291402_08053259.jpg



竹林に囲まれた道を抜けると、傾斜を利用した野外彫刻庭園があります。

b0291402_08054013.jpg



彫刻庭園を下から見上げるとこんな景色です。
それぞれ有名な彫刻家の作品みたいですが、彫刻家となるとさっぱり分かりません。

b0291402_08054854.jpg



フランス館は作品がない印象派の画家を探す方が難しいくらいで、ルノアール2点、モネ、セザンヌ、ドガ、ゴッホ、ローランサン、シャガール、マティス、ミロと展示されてます。
珍しい所ではレオナール・フジタの大きな作品も2点もありました。
残念ながらここも撮影禁止でした。

b0291402_08060055.jpg


フランス館には屋上テラスがあり、ここにもさりげなくアートが飾られてます。

b0291402_08060926.jpg



笠間の町の方を眺めましたが、なんてことない普通の町並み。
でも東京で暮らしてると、こんな平凡な山でも久しぶりなので、写真に撮りたくなります。

b0291402_08062750.jpg


最後の1枚はパレット館です。
著名な画家、340人から譲り受けたパレットは世界的にも珍しいパレット・コレクションでした。
東郷青児、梅原龍三郎のパレットをはじめ、名前を知ってる画家のパレットが次々と現れるので、「ほぉ~」と「おぉ~」の連続で、見て廻りました。
私の場合、「ほぉ~」も、「おぉ~」も、特に意味に違いはありません(笑)

b0291402_08063720.jpg



この美術館は銀座・日動画廊の創始者、長谷川仁・林子夫妻のコレクションを基に1972年に創設されました。
お2人の画家との広い交遊関係をもとに、これだけのパレットも集められたのでしょう。

何故、この美術館が笠間にあるかというと、長谷川夫妻が日動画廊の創業45年と、金婚式を記念して、美術館を建てる時、長谷川家ゆかりの地である笠間を選んだからだそうです。
西洋の近代、日本の近・現代の巨匠が描いた絵画だけで3千点を超す所蔵品があるので、場所は遠いけれど、お勧めできる美術館でした。



by tabi-to-ryokou | 2015-09-24 16:00 | 絵画 | Trackback(1) | Comments(14)

オランダ第3の都市デン・ハーグにはフェルメールを3点も所有するマウリッツハイス美術館があります

オランダのアムステルダムから、デン・ハーグは列車で50分。
デン・ハーグ中央駅から美術館までは徒歩で15分でした。
このマウリッツハイス美術館はオランダで最も美しい建物の一つと言われます。

b0291402_17280986.jpg



開館の10時と同時に入館し、入り口で14ユーロを払うと美術館の案内MAPが貰えます。
私のお目当ては、3階の「ルーム15」でした。エレベーターはもどかしくて、階段を駆け登ります。
やりました。「ルーム15」を1人で独占です。

b0291402_17283954.jpg


上はご存知「真珠の耳飾の少女」(青いターバンの少女)、
下は「デルフトの眺望」です。

b0291402_17290051.jpg


フェルメールの3点目は「ディアナとニンフたち」

b0291402_17291324.jpg


これでほっとして、次はレンブラントです。同じく3階で「ルーム9」と「ルーム10」でした。
「デュルプ博士の解剖学講義」

b0291402_17292845.jpg


レンブラントが歳をとってからの自画像(1669年なので、彼が63歳で亡くなった年の作品です)

b0291402_17295719.jpg



次の2点はポートレートですが、タイトルをメモるのを忘れました。

b0291402_17300802.jpg

b0291402_17302122.jpg



ここからは2階の展示室です。
ハンス・ホルバインです。

b0291402_17304545.jpg


ルーベンスの「老女と少年」

b0291402_17310452.jpg


ルーベンスと、ヤン・ブリューゲルの共作で「楽園のアダムとエヴァ」

b0291402_17311936.jpg

この絵は、当時の2大巨匠が一緒に描いたという珍しい作品でした。
全体の構図は、ヤン・ブリューゲルが考案し、ルーベンスが、左のアダムとエバ、そして、画面右半分の風景や動物たちは
ヤン・ブリューゲルと推定されています。

というわけで、殆ど見学者がいない美術館で、写真も撮り放題でした。
入り口で貰った、案内MAPには九つの代表的な絵画の写真があったのですが、私が知っていた画家の7作品をここに掲載しました。
あとの2作品は画家の名前を知らなかったので、写真も撮らずに次の部屋に移動しました。

小さな美術館ですが、素晴らしい作品ばかりで、アムステルダムから往復する価値はじゅうぶんにあります。
できれば朝10時の開館と同時の入館をお薦めしますが、階段は駆け登らなくても大丈夫です(笑)



by tabi-to-ryokou | 2015-09-18 16:00 | 絵画 | Trackback | Comments(16)

アムステルダム国立ミュージアム(今回はフェルメールを中心に)

前回はレンブラントの作品を何点か掲載しましたが、今回はフェルメールの作品を中心に・・・・、
と言っても、彼の生涯作品は35点なので、たとえアムステルダム国立ミュージアムでも3点しかありません。

その3点は
小路。(2008年に東京で開催されたフェルメール展で観たので7年ぶりでした)

b0291402_05200386.jpg


牛乳を注ぐ女。(2007年に来日した作品なのですが、当時は仕事が忙しくて見逃しました)

b0291402_05201980.jpg


恋文。(2005年~2006年のアムステルダム国立美術館展で、来日してますが、同じく見逃しました)

b0291402_05203019.jpg

この3点の前には、さすがに鑑賞する人が何人かいましたが、写真は楽に撮れました。
これで、ほっとして、あとは館内をのんびりと、「ぶらぶら美術館」です。
天井が高く、回廊も広く、しかも部屋と部屋の境目には絵が飾られてます。

b0291402_05204783.jpg


絵画だけかと思ったらこんな模型も展示されてました。
大型帆船ウィリアム・レックス号の模型で、1698年の作品です。

b0291402_05210653.jpg


カイパース・ライブラリーと呼ばれる古い図書館がありました。

b0291402_05211585.jpg


蔵書には17世紀のものもあると思われます。

b0291402_05212344.jpg


歩いていると、所々の壁や、天井に、装飾画や、ステンドグラスがあるので、お散歩にはもってこいの環境です。

b0291402_05213699.jpg


そして、「ゴッホの自画像」が1点あるのを見つけました。
「ええ~~ゴッホだ」、と驚きましたが、ゴッホは時代が19世紀ですが、オランダ出身の画家でしたね。

b0291402_05214566.jpg


国立ミュージアムと、ゴッホ美術館は、同じ通りにあり、すぐ近くです。
国立ミュージアムで、まだ疲れて無ければ、ゴッホ美術館も「はしご」されるといいでしょう。
私は2008年にゴッホ美術館を訪問してるので、今回はパスしました。



by tabi-to-ryokou | 2015-07-23 16:00 | 絵画 | Trackback | Comments(12)

アムステルダム国立ミュージアム(レンブラントを中心に) sanpo

オランダの首都アムステルダムにある「国立ミュージアム」は、1885年に開館したオランダでも最大のミュージアム。
純粋にミュージアムの目的だけで建てられたヨーロッパで最初の建物であり、設計者はアムステルダム中央駅と同じ、ペトルス・カイパースです。

b0291402_22030902.jpg


10年に及んだ改装工事が2013年に終了し、チケット売り場と、インフォメーションも明るく、綺麗になりました。

b0291402_22033695.jpg


ちょっと余計ですが、チケットを買う前から、建築の美しさに写真を沢山撮ってしまいました。

b0291402_22034611.jpg


中世・ルネサンスから20世紀までの、絵画や工芸品が展示されてますが、なんと言っても素晴らしいのは17世紀のオランダ絵画。
その代表はレンブラントとフェルメールですが、今回はレンブラントを中心にお届けします。

壁一面の大きな作品はレンブラントの代表作「夜警」です。

b0291402_22043313.jpg


館内はそれほどの入場者もなく、最前列でじっくりと鑑賞することができました。

b0291402_22044781.jpg


同じくレンブラントで、「アムステルダムの織物商組合の見本調査官たち」

b0291402_22045715.jpg


若き日のレンブラントの自画像。

b0291402_22054044.jpg


さらに嬉しいことに、3点ともレンブラント。
作品の前には、私以外は誰もいません。

b0291402_22052417.jpg



修道士の姿をしたティトゥス。
ティトゥスはレンブラントの息子です。

b0291402_22055243.jpg


最後の1枚は「聖パウロに扮した自画像」です。
1661年の作品ですが、この時期はレンブラントは破産状態にありました。
人生の苦渋が滲み出たような晩年の作です。

b0291402_22060223.jpg


ちなみにレンブラントは1606年から1669年にかけて活躍したオランダを代表する画家。
明暗を強く表現した技法は、「光の画家」、「光の魔術師」とも呼ばれ、肖像画を中心に数多く描かれた作品は、ヨーロッパのいくつかの美術館で見ることができます。

次回はフェルメールを中心にお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2015-07-19 16:00 | 絵画 | Trackback | Comments(12)