<   2014年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大衆芸能のメッカ、浅草六区のお散歩

本日の東京は曇り後晴れ、日中の最高気温は26度でした。

散歩は久しぶりに浅草六区。

ちょっと出遅れて自宅出発が9時30分。徒歩、自転車、電車と選択肢はありますが、
帰宅はいつも12時の予定なので電車で行きました。

最寄駅南千住から、浅草へは「つくばエクスプレス」で、1駅、2分です。


つくばエクスプレスの浅草駅を地上に出ると浅草演芸ホールがあります。

本日は昼の部主任が林家正蔵、夜の部主任が林家さん平。

二人の実家、海老名家は台東区根岸にあり、二人とも下町で育ち、全国区の落語家に育ったので、ここでは人気者です。

b0291402_16231837.jpg

すしや通りを歩いて「入山せんべい」に向かいました。

建物は新しくなりましたが、昔ながらの家内制手工業のような造りで、右側がせんべいを焼く作業場所です。

b0291402_16254439.jpg

本日は3人の職人さんが働いてました。

b0291402_16360429.jpg

天日で3日間干し、自然乾燥で甘みを十分に引き出した生地を紀州の備長炭で焼いています。

ただでさえ暑いのに、ここは暑いと思います。汗を拭いながらの作業風景でした。

b0291402_16375239.jpg

創業大正3年から続く浅草最古のお煎餅屋さんで、使ってるこの機械がなんともレトロです。

b0291402_16435893.jpg

1枚130円の堅焼醤油せんべいの1品しかありません。10枚入り1300円です。

b0291402_16443000.jpg
その思いっきりの固さと厚さ、ただ醤油だけの味付けにもかかわらず、滋味溢れるおいしさ。


・・・らしいのですが、メチャメチャ固いので、歯を折った人が何人もいるという噂もあり、買わずに散歩を続けました。

浅草演芸ホールの前に戻ると、開場を待つ人が増えてました。10時なので、開場の11時まで、まだ1時間もあります。

b0291402_16565275.jpg
浅草六区からブロードウェイ商店街を歩いて、花やしきのほうに向かいます。

ここを通る時に必ず写真を撮るのが、浅草六芸神です。

b0291402_17182732.jpg
左から
唄神(うたいがみ)…東海林太郎
奏神(かなでがみ)…田谷力三(アコーディオンを弾いている)
話神(はなしがみ)…古今亭志ん生
戯神(おどけがみ)…大道芸人(氏名不詳。玉乗りをしている)
演神(えんじがみ)…榎本健一
踊神(おどりがみ)…水の江瀧子(踊り子の扮装をしている)

とwikiに出てました。

次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2014-08-31 17:19 | 街撮り | Trackback | Comments(21)

葛西臨海水族園の大きなお魚たち

本日の東京は、曇り後晴れ、東京の最高気温は26度でした。

昨日の天気予報では、今日の午前中は雨でしたが、見事に空振り。

自分も空振りで、大きな傘を持って出かけましたが、雨は降らず。
水族館に傘置きが無くて、水族館の中でも、ずっと傘を持って歩く羽目に。(なんで傘置きがないんやねん)


さてやってきたのは葛西臨海水族園です。ここからは東京湾が眺められます。
手前は噴水池、帆が見えるのは1階からつながるテントデッキ、奥が東京湾です。

b0291402_17131430.jpg

東京湾のはるか向こうには恐竜橋が見えますが、望遠レンズを持ってこなかったので、かすかにしか見えません。

b0291402_17142899.jpg

そしてこのガラスドームが葛西臨海水族園の入り口です。3階に位置していて、水族館は1階と2階になります。

b0291402_17163692.jpg

中に入ると、海辺の教会のようなたたずまい。お洒落な水族館です。

b0291402_17171262.jpg

まずは大きな水槽があり、サメがお出迎え。

b0291402_17180264.jpg

そしてこちらはアカシュモクザメ。顔の先にウチワを付けてるような変な形をしたサメです。

b0291402_17183491.jpg

この魚は、ナポレオンとウツボがいる水槽にいた巨大魚ですが、名前は分かりませんでした。

b0291402_17191894.jpg

個人的にはジンベイザメとイルカは可愛いと思ってますが、残念ながら今日の魚はちょっと・・・・・・


次回に続きます。


by tabi-to-ryokou | 2014-08-30 17:30 | | Trackback | Comments(18)

浅草サンバカーニバルの写真を大公開

第33回、「浅草サンバカーニバル」 は、8月23日の土曜日に開催されました。

「アサヒビールチーム」 の写真を、その日のうちに「浅草サンバカーニバル、速報」 として掲載しましたが、
その超過激な写真は男性からも、女性からも、大きな反響がありました(笑)

今日は、超過激でなく、中程度の過激チーム(笑) の写真を一挙9枚、掲載します。

これはへんなかかし・・・・・かな。

b0291402_846712.jpg


こんな高いヒールでよく踊れますね。

b0291402_8472933.jpg


「羽飾りが見事で賞」 は、このダンサーに。

b0291402_8474712.jpg


3人で歌ってますが、歓声でよく聞こえず。

b0291402_8483725.jpg


このドヤ顔が、素敵でした。

b0291402_16382038.jpg


橋の向こうでは、踊り終わったダンサーが、歩いて集合地点に戻って行きます。
ちょっと面白い構図の写真が撮れそうだったのに、このおまわりさんが邪魔!!

b0291402_8494471.jpg


たすきを掛けてるダンサーは、それぞれのチームのトップダンサーです。
2枚上のドヤ顔の女性も、たすきを掛けてるので、そのチームのトップダンサーです。

b0291402_8501483.jpg


各チームには、歌ったり、楽器を奏でる人たちがいますが、写真はこの1枚だけ(笑)

b0291402_8522192.jpg


場所を移動して、すぐ近くから撮れるようになりました。やはりこのくらい接近戦で撮ると、迫力も出ますが、これが最後の1枚です。

b0291402_8534678.jpg


サッカーにJ1、J2とあるように、サンバチームにもS1、S2があります。
S1の最下位はS2に落ち、S2の優勝チームはS1に昇格します。

踊りがうまくて、統一感があり、音楽もよくて、観衆からの声援も大きくないと、審査員からいい点が貰えません。
ただ踊ってるだけのように見えますが、実は全チームが、来季の生き残りをかけて、真剣に踊っています。
33年も続くイベントはそういうのも見どころであり、昇格チーム、降格チームが発表されまで、ドキドキ感が続きます。
by tabi-to-ryokou | 2014-08-29 16:48 | 祭り | Trackback | Comments(12)

ぼく、ドラえもん。 ぼく、トラのもん。 このキャッチ・コピー笑える !!!

8月24日の日曜日に訪問した虎ノ門ヒルズです。

先日の日記、「6月11日にグランドオープンした虎ノ門ヒルズを訪問しました」 に、エキサイト事務局さんが「さんぽ」マークをつけてくれました。

地上52階、高さ247mの虎ノ門ヒルズの正面入り口に向かい、上を見上げたました。

堂々としたビルですね。建築主が森ビル、設計は日本設計、施工は大林組です。

b0291402_1323653.jpg


ビルの周囲には、小さな川もあり庭園になってました。

b0291402_13232985.jpg


正面入り口で待っていてくれたのは、ご存知「ドラえもんと、」 と、虎ノ門ヒルズのマスコット・キャラクター「トラのもん」 でした。

ぼく、ドラえもん。  ぼく、トラのもん。 あまりに単純・明快で、笑えます。

b0291402_1320993.jpg


そして、二人はそっくり!! 

自分 : こんな名前でいいんかい???

ドラえもん、トラのもん : イインダもん !!

新橋と虎の門の間の道路が、「新虎通り」と命名されたのよりは、ましだと思いますが・・・・
by tabi-to-ryokou | 2014-08-28 16:27 | 建造物 | Trackback | Comments(20)

* 路地の奥  マンション覗く  佃島 (佃島の後半です)

佃島を訪れたのは8月16日の土曜日でした。

記事の前半はこちらです。

船着場の奥には、高層マンションが聳え立ちます。
最も佃島らしい景色です。

b0291402_1542960.jpg


なんともレトロな日の出湯さん。
銭湯に行くことはありませんが、東京の銭湯は今、460円だそうです。
風呂年齢というのがあって、風呂屋では12歳以上が大人。6歳以上が中人、6歳未満が小人。
今時、大人、中人、小人という言い方が、ダサイですよね。ちなみにJRや、メトロは大人、小児、幼児です。

b0291402_1543287.jpg


佃小橋の横で、乗り捨てられた自転車。

b0291402_15424028.jpg


3人の釣り人。
絵にはなりますが、釣果はさっぱりみたいです。
夕飯のオカズを期待されながら釣れない時は「釣れたよ~」 と佃煮を買って帰りましょう(笑)

b0291402_15445787.jpg


路地奥の高層ビル。威圧感があります。

b0291402_15452497.jpg


左、畳屋さん。右、床屋さん。この辺りはヨーロッパ風にいうと「旧市街」にあたります。

b0291402_15454775.jpg


よく越中島、佃島、月島と言いますが、越中島や、佃島は、江戸時代から人が住み始めた歴史がありますが、
月島だけは明治になってからの埋め立てなので、島の名前が越中島・佃島より洒落てます。
東京湾にあった「月の岬」から1字借りて、月島と命名されたそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


本日の昼休みはブロ友の「nekoyamaさん」 が参加してる、猫の合同写真展「ねこ専」 に行って来ました。
テレビ番組や、新聞にも紹介され、「エキサイトブログCAFE」 の記事としても紹介されました。

今日が最終日でしたが、素晴らしい写真ばかりで、僕が見てる時間帯にも、7・8人の猫ファンらしき方々が見に来てました。

ブロ友さんの写真展はできるだけ見に行くようにしてますが、皆さん、専門分野、得意な分野を持っていて、
写真で強烈な個性を発揮されています。
何も個性がない自分は、いつも、沢山の刺激をいただいて帰ってきます。
う~~ん、いつまでも「個性が無いのも個性」、なんて言ってられないぞ(笑)
by tabi-to-ryokou | 2014-08-27 16:32 | 街撮り | Trackback | Comments(23)

カッパドキアの絶景、いよいよ最終回(カッパドキア、その10)

カッパドキアの最終回ですが、ガイドのアルプ君、ドライバーのエルジャン君と、1日観光で廻ったカッパドキアの絶景をお届けします。

ギョレメ野外博物館では、入り口でガイドのアルプ君が色々説明してくれましたが、そんなに全部をいっぺんに言われても頭に入りません。

ツアーだとこういう時は、一生懸命聴く人と、聴かずに周囲の写真を撮る人、おしゃべりする人と、対応は色々だと思いますが、
ツアー客は私1人なので、目をそらすこともできません。
客が1人というのはいい面もありますが、苦痛な時もあります。

ようやく説明が終わると、1回前の「パジャバー」の自由時間と同じような会話が始まりました。

アルプ : はい、ここで自由時間です
自分  : 何時まで (真面目な日本人はどうしても聞いてしまいます)
アルプ : 好きなだけ廻ってきて下さい。
自分  : だいたいの目安は (几帳面な日本人はどうしても聞いてしまいます)
アルプ : 30分とか90分とか。
自分  : 60分はないんかい?? (意地悪い日本人はすぐ突っ込みます)
アルプ : 60分は言うの忘れた。

要するにアルプ君は、日本語の「目安」の意味がよく分かってないのです。

散歩に出ましたが、教会は洞窟の中なので暗いし、中のフレスコ画は撮影禁止だし、結局ブラブラ歩きました。

b0291402_1546466.jpg


山と山の間、奇岩と奇岩の間の、平地には畑もあります。

b0291402_15475754.jpg


ウチヒサル要塞の裏側にあたる谷は、「はとの谷」とよばれています。名前の由来は、かつてここで暮らした修道士がハトを飼っていたからとか。
当時はハトの糞を集めてブドウ畑、野菜、果樹の肥料にしていました。

b0291402_15495822.jpg


ウチヒサルの要塞です。巨大な岩山に無数の小部屋を彫り込んだ要塞で、以前は中にも入れたそうですが、事故があって今は内部に入ることができないそうです。

b0291402_15494067.jpg


カッパドキアで一番の絶景はここだと思います。
背景の谷はローズバレー。ここは夕日を眺めるスポットにもなってるそうです。

b0291402_1550970.jpg


他に洞窟レストランでの昼食や、地下都市の見学もありましたが、トルコ石の土産物屋と、トルコ絨毯の工房、洞窟住居で暮らす一般家庭の訪問という3ヶ所は
あまり興味が無いのでパスしてもらいました。

なので本来9時間の観光コースが、6時間で終了。
私にとっては興味が無いところに足を運ばずにすんだし、アルプ君達からも、今日は早く家に帰れると喜んでもらえました。

HISさんのお陰で、豪華専用ツアーを安く楽しめましたが、7月1日からは最少催行人数が「2名様」と改定されたので、
客が1人だけでの「催行」は無くなりました。「最高」だったのに(笑)

さらに7月以降の「1人参加者」のツアー料金は、大幅値上げとなってました。
やっぱりね~(笑)
by tabi-to-ryokou | 2014-08-26 16:20 | 旅行 | Trackback | Comments(19)

東京マンハッタン

先日、三脚が壊れてしまったので、新しい三脚を買いました。

最近は「価格コム」でチェックして、「Amazon」でポチッとすれば、2・3日で配達してくれるので、とても便利です。

・・・で、本日のテーマは三脚では無くて、三脚のテストの為に出かけた「東京マンハッタン」の夜景です。

b0291402_1510364.jpg


(18時27分、AV13、TV1/50、ISO8,000)

本当は煌々とした高層マンションの明かりを背景に、通る屋形船の明かりをバルブ撮影しようとイメージしてたのですが、
この時間だと、まだ明る過ぎました。

b0291402_15181156.jpg


(18時49分、AV13、TV1/8、ISO12,800)

もうちょっと粘ればマンハッタン風の夜景になるのですが、橋の上は風が強いし、お腹もすいたし、今日は三脚のテストだし、ということで引き上げました。
根性なし(笑)


私事で恐縮ですが、
エキサイトブログを開設したのが2013年8月25日なので、今日から2年目になります。
毎日書いてたので、昨日までに投稿した日記が366件。(何故か、数が合わず1件多いのですが、まあいいでしょう)
見てくださる、皆様のお陰で2年目を迎えることができました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初回の投稿を見てみたら以下でした。
昨年8月25日の投稿です。

------------------------------

[酒瓶]

初投稿です。

隈研吾さんが設計した「食と農の博物館」を見にいって、建物の外観よりも、このコーナーが気に入りました。
b0291402_2305110.jpg


------------------------------

なんとも愛想がない投稿でした(笑)

最初は「写真が1枚で、言葉は少なめ」、というフォトグラファー・ブログを考えてましたが、
いつのまにか、8年前から書いていた「mixi」の日記に書き方が戻ってしまい、
写真が増え、言葉も増えて、現在のような形に落ち着きました。

これからも、毎日、投稿しますので、「寒い」 なんて言わずに見て下さいね。
by tabi-to-ryokou | 2014-08-25 16:01 | 街撮り | Trackback | Comments(42)

6月11日にグランドオープンした虎ノ門ヒルズを訪問しました

本日の東京は晴れ、最高気温は32度でした。

本当は「表参道スーパーよさこい」 を見に行こうと思ってましたが、昨日の「浅草サンバカーニバル」で、活躍したので??(笑)、予定を変えて静かに街散歩をしてきました。

行先は東京のランドマークとして6月11日にグランドオープンした「虎ノ門ヒルズ」です。

昨年は6月15日に訪問し、工事中のビルを外から見学しましたが、今回は中に入れます。

昨日は2,300歩しか歩いてないので、今日の出発地点は地下鉄で一駅手前の新橋駅から。

そこに突然ゴレンジャーらしき連隊が出現!! こんなのありですか。

夕方になるとほろ酔いのお父さん達が、テレビのインタビューに答える新橋駅前広場ですが、ゴレンジャーとは!!

b0291402_1753975.jpg


東京ってなんでもありですが、これにはびっくり。

あっという間に写真撮影をして、あっという間に銀座方面に去っていきました。

b0291402_176673.jpg


虎ノ門ヒルズが見えてきました。

b0291402_177284.jpg


昨年のこの場所はこんな景色でしたが、ずいぶん工事が進みました。(下は昨年6月15日の写真)

b0291402_1785069.jpg


真下まで来て上を見上げました。

b0291402_1793923.jpg


真ん前にあるのは「GOOD MORNING CAFE&GRILL」。外人さんが多くお洒落なお店です。

b0291402_1712348.jpg


最後の1枚は、とっておきの作品??? 何の写真かわかりますか。

b0291402_1713516.jpg


店の前に展示してあるAUDIのボンネットに映り込んだ虎ノ門ヒルズです。

次回は虎ノ門ヒルズの館内をお届けします。
by tabi-to-ryokou | 2014-08-24 17:17 | 建造物 | Trackback | Comments(28)

浅草サンバカーニバル、速報

浅草サンバカーニバルも今年で33回目。

13時から16時まで見物し、今自宅に戻りました。
現像が間に合わないので、今日の写真は4枚です。

この写真をご覧になると、どこで取材したか、すぐお分かりと思いますが、
吾妻橋のたもと。
地下鉄浅草駅の上。
浅草の飲兵衛、御用達、神谷バーの前です。

b0291402_17294670.jpg


16チーム出場してましたが、今日の私の一押しはアサヒビールのチーム。

b0291402_1730243.jpg


なんといっても、このダンサーの衣装が凄い。

b0291402_17311935.jpg


いやあ、チームなので、この車の下には、他の踊り手もいたのですが、眼中に無し(笑)

b0291402_17334490.jpg


目の前を通り過ぎて行く瞬間に、5枚撮って、この4枚のピントが合ってました。執念の4枚です(笑)

サンバカーニバルも年々、ド派手になってきました。今日の晩酌はスーパードライにします。
by tabi-to-ryokou | 2014-08-23 17:47 | 祭り | Trackback | Comments(28)

暑い日には地下宮殿で涼みませんか(イスタンブール、その22)

イスタンブールのトプカプ宮殿のすぐ近くには地下貯水池がありますが、整然と並んだ円柱を見て、誰もがここを「地下宮殿」 とよびます。

西暦527年から565年にかけて、ユスティニアヌス帝によって造られたもので、幅が70m、奥行きが140m、高さが8mの大空間です。

このデッキの上を歩いて、奥に進みます。

b0291402_15452845.jpg


円柱が整然と並ぶので地下宮殿と呼ばれますが、確かに装飾が施された立派な円柱でした。

b0291402_1546821.jpg


どれぐらいの水を貯えたかというと、約8万㎥の水がめだったそうです。
よく見ると魚も泳いでましたが、暗いので、写真に撮るのは無理でした。

b0291402_15463432.jpg


一番奥まで行くと、ギリシャ神話に登場する女の怪物メドゥーサの顔が逆さになって横たわってました。
何か重要な意味があるのかもしれませんが、1500年も昔に造られたものなのでよく分かりません。

b0291402_15475181.jpg


ちょっと気味悪いですね。
少しは涼しくなっていただけたでしょうか。

この地下宮殿もイスタンブールの有名な観光名所ですが、薄暗い地下、しかも貯水池なので、ゆっくり見ようという気分にはなれません。
かれこれ20分程で、地上に退散しました。

トプカプ宮殿の休みが火曜日なので、イスタンブールの市内見学が火曜日になってるツアーは、トプカプ宮殿に入れず、この地下宮殿の見学になってしまいます。
アヤソフィアは月曜日が休みで、ブルーモスクは毎日入れるので、イスタンブールの市内観光は水曜日から日曜日の間がお薦めです。
by tabi-to-ryokou | 2014-08-22 15:59 | 旅行 | Trackback | Comments(22)