<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

建築家、安藤忠雄さんの建築をたずね六本木、そして上野へ

安藤忠雄さんは日本を代表する建築家で現在73歳。


大学での専門的な建築教育は受けてなくて、建築設計事務所でのアルバイト経験と独学で、建築士試験に合格したという、異色の建築家です。

安藤忠雄さん、略して「安忠」は、過去プロボクサーであった時代もあり、若い頃は「安忠模索」、いえ「暗中模索」。
そして4年間にわたる世界放浪の後、1969年に建築家として独立し、数々の建築設計にたずさわり、現在にいたります。


出身地が大阪で、現在の事務所も大阪にある彼は、その作品も関西に多いのですが、東京にも4件あり、表参道ヒルズと、東急東横線渋谷駅、
国際子ども図書館、そして「21_21 DESIGN SIGHT」が有名です。


まず3月22日に、「21_21 DESIGN SIGHT」(トゥーワン トゥーワン デザインサイト)を訪問しました。

場所は六本木ミッドタウンの奥にあり、日曜の朝9時は、地元の人たちのお散歩タイムでした。
建物の屋根は2つの三角形の鉄板から構成されていて、シャープな印象です。

b0291402_22122164.jpg


奥に廻り込んでみました。手前はミュージアムで、展示室の大半は地下に埋まっていました。
この三角形の切り方が安藤忠雄さんの特徴でもあります。

そして屋根の鉄板の他、鉄柱やガラスなど、随所で高技術+工夫のこだわった施工がされていると書いてありましたが、素人の私にはよく分かりません。

b0291402_22123611.jpg


奥はカフェですが開店前でした。
お客さんたちは、水平ではなく、斜めの天井の下で外を見ながらくつろぐことになります。

b0291402_22124836.jpg

林の中で身を低くして、周囲の景観を邪魔しないように建っており、コンクリートと鉄板の屋根が印象に残りました。


竣工は2007年
設計は安藤忠雄建築研究所と日建設計。
施工は竹中工務店、大成建設の工事共同企業体です。


そして3月29日に上野の「国際子ども図書館」を訪問しました。

b0291402_22213882.jpg

国立国会図書館の支部図書館として、2002年に設立されました。残念ながら大規模な改修工事中で建物の半分以上がフェンスや覆いに隠れてました。
一応中に入れたのですが、古い建物の造りと、新しいガラスの大きな窓とを組み合わせたホールが目を引きました。

b0291402_22263254.jpg
竣工は2002年。
設計は安藤忠雄建築研究所と日建設計。
施工は鴻池組です。

あまりぱっとしなかったので、桜を撮ることにしました。

東京国立博物館の黒門に咲くソメイヨシノです。

b0291402_22330166.jpg


そしてテレビでも必ず映る場所がこの桜並木。
日曜日の午前11時30分でしたが、凄い人出です。

b0291402_22331189.jpg

ソメイヨシノは満開でしたが、この通りの中を歩くのは諦めて駅に戻りました。
上野駅公園口の、駅改札も次から次へと、公園に向かう人で大混雑。
テレビの天気予報では午後から雨と言っているのに、満開の桜を一目みようという見物客が、駅から桜並木までを埋め尽くしました。
私はその前日の土曜日に小石川後楽園と六義園で、桜を見たので、この日はさっさと帰りました。

ちなみに安藤忠雄さんの代表的な建築を、私の独断と偏見で何件か書いてみます。
いずれも、まだ見たことがありません。

1986年 風の教会(兵庫県六甲)
1988年 水の教会(北海道トマム)
1989年 光の教会(茨城県春日丘教会)
1992年 ベネッセハウス(瀬戸内海、直島)
1994年 近つ飛鳥博物館(大阪)
1994年 高梁市成羽美術館(岡山)
1994年 木の殿堂(兵庫)
2000年 豊栄図書館(新潟)
2001年 国際芸術センター(青森)

全部見たいのですが、全国各地に、これだけあると、廻るとしても大変なことです。
将来の目標として、取り敢えず書いてみましたが、いずれは訪問して自分の目で見て、写真も撮りたいと思います。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-31 16:00 | 建造物 | Trackback | Comments(12)

世界遺産(ベトナムのフエには最後の王朝が築いた王宮があります)

宿泊したホイアンから、世界遺産フエには、毎日のように日帰りのバスツアーが出ますが、フエに行こうとした日はあいにくベトナムの正月、しかも元旦。
ツアーは出ないので、車をチャーターしてフエに向かいました。

海沿いの道を進みますが、途中の山で霧に巻き込まれました。

b0291402_16590007.jpg



でも元旦で道がすいてたせいもあり、フエまで普通なら片道3時間のところを、2時間半で着きました。

1802年にベトナムを統一し、グエン朝を開いたグエン・フォック・アインはフエに遷都し、北京の紫禁城を手本に、王宮を造営しました。

王宮門(午門)は、高さ約17m、二層式の中国風の建物です。
本来なら上に登れるのですが、現在は修復工事中で、一部がブルーのシートに覆われてました。

b0291402_16591552.jpg


王宮は城壁と濠で囲まれた正方形で、1辺が2.2kmあります。
王宮門をくぐってすぐの池には数百匹のコイが泳いでおり、餌を買って投げ入れるとコイが集まります。
珍しい光景でもありませんが、韓国人が餌を買っては投げ入れてました。

b0291402_16592603.jpg


王宮門の奥は、赤い屋根の平屋の建物で太和殿です。
ベトナム戦争で破壊されましたが、1970年に再建されました。

b0291402_16593932.jpg



太和殿は即位式や、皇帝の誕生日に使用されたので、中央には皇帝が使用した王座が置かれています。
ホテルに戻ってから撮った写真を見たら王座の手前に「no picture」 の表示がありました。
気付きませんでした(笑)

b0291402_16595127.jpg


さらに進むと、左右に長い回廊があります。

b0291402_17001660.jpg


回廊の外はまだ王宮で、その先に、庭園やお濠があります。

b0291402_17000527.jpg


回廊には彫金細工の絵が高い位置に架けられ、その1枚、1枚の絵はかなり精巧な細工でした。

b0291402_17073986.jpg


庭の真ん中あたりにあるのは「太平楼」です。
王宮内には40もの建物が建てられました。

b0291402_17003045.jpg



庭の景色です。
4つの川が取り囲んで自然の堀をなし、内堀や池もあるので、どこを見ても水風景が見えます。

b0291402_17011057.jpg


そして見事な盆栽がさりげなく、置かれています。

b0291402_17080295.jpg


ここまで来て、ようやく入り口と反対側の奥の濠です。

b0291402_17004399.jpg


最後に菊の花を撮って見学を終わりました。

b0291402_17081608.jpg

もしガイドさんがいたら1時間以上は説明を聴きながら歩くのでしょうが、ドライバーさんは駐車場の食堂で休んでおり、私1人がよくわからないまま40分程で1周してきました。

建物は中国式の建築様式が多く、形もそっくりですが、ベトナム戦争後に再建された建物にはバロックの建築様式も取り入れられており、王宮では近代ベトナム建築の変遷を見ることができました。

ちなみに王宮は陵墓と合わせて「フエの建造物」として1993年に世界遺産に指定されました。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-30 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(8)

都内で一番だと、私が勝手に評価してる桜は、六義園の枝垂れ桜

昨夜(3月28日、土曜日、夕方)、行ってきました。

もう何年見てきたことか覚えてませんが、私が都内で最も愛する桜です。


列の最後尾に到着したのが17時40分。
ライトアップは日没からなので、間に合いそうです。

チケット売り場は3列あり、すいすいと前に進んで、12分後の17時52分には中に入れました。

ここが六義園の内庭大門です。

b0291402_09245577.jpg


この混雑を見て、ひるんでいるあなた!!
こんなの、どうってことありません。

私がいつも見る場所に、静かに進みます。
そして徐々に前進して、10分程で最前列に。
ここが私がお薦めするベストポジションです。

b0291402_09250550.jpg



反対側の観賞客が沢山見えますが、無視、無視!!!
カメラの角度を工夫すれば見えません。

b0291402_09251942.jpg
b0291402_09252908.jpg
b0291402_09254193.jpg


この枝垂れ桜は樹齢が70年、高さが15m、幅が20mあります。
一通り、写真も撮り終わって一安心。

b0291402_09254992.jpg


そろそろ引き上げますか。
名残惜しいので、内庭大門で、もう1回パシャ。

b0291402_09255930.jpg

門を出たのが18時30分くらい。
もみくちゃの混雑は、出入りする時だけで、あとはゆっくり観賞できました。

今年も綺麗に咲いてくれてありがとう。


ちなみに六義園のライトアップは4月5日まで、時間は日没から21時です。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-29 15:00 | | Trackback(3) | Comments(34)

小石川後楽園の枝垂れ桜は満開でした

3月28日、土曜日、東京は晴れ、気温は15時現在で21度です。

桜のシーズンに毎年必ず行くのが、小石川後楽園と六義園。

午前中に小石川後楽園に行ってきました。
実は明日の日曜日は雨らしいので、夕方に六義園に行って夜桜も撮ってきます。
・・・・というわけで、今日は枝垂れ桜の連チャンです。


何本かある枝垂れ桜で、一番見事に咲いてたこの桜は、満開でした。

b0291402_16072538.jpg


背景にちょっと見えるのは東京ドームホテルです。

b0291402_16073726.jpg


折角来たので、庭園を一周しました。
ここでは、毎回「コサギ」に会いますが、いつも同じ「コサギ」なのかは、わかりません。

b0291402_16074783.jpg


都立の庭園ですが、なかなか綺麗です。

b0291402_16080169.jpg


和服の女性は、この庭園のボランティアガイドさん。
私と同時刻に庭園に来ていた金髪の女の子が申し込みをしてました。
撮影が無ければ私が案内してもよかったのですが(笑)

b0291402_16080938.jpg


一服風景。
カメラバッグに三脚は重たいでしょうね。
ちなみに今日の私はカメラ本体に、レンズは2本なので軽装でした。

b0291402_16081608.jpg


小さな白い枝垂れ桜が、きれいでした。

b0291402_16082591.jpg


ここからはボケの3段活用で、色んな撮り方を試しています。

b0291402_16083422.jpg


ちょっと気に入ったのが、この白い花を利用した前ボケ。

b0291402_16084288.jpg


ちょっといい感じ。

b0291402_16084970.jpg


だからといって、3枚も載せることはないと思いますが(笑)

b0291402_16125782.jpg

都心のソメイヨシノは、まだ3分咲きから5分咲きですが、枝垂れ桜は見頃を迎えました。
見頃はあと1週間と思います。

9時半に入園した時はすぐ入れましたが、10時半に帰る時には50名程の方が、チケット売り場に行列してました。

さて、六義園のライトアップは日没からなのですが、今日の東京の日没は17時58分。
そろそろ六義園に向かいます。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-28 16:22 | | Trackback | Comments(26)

6年前の「くーちゃん」の思い出

丹頂鶴を訪ねた今回の釧路への旅は、前回の釧路への旅から6年目でした。

以下は、画像が粗くて恐縮ですが、6年前の釧路への日帰り旅行です。

この時もマイレージで、JAL便に搭乗しました。

以下はその日の日記の抜粋です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2009年、3月7日、土曜日。
釧路は晴れ、気温は2度、低気圧の影響で風が強く、体感温度は零下5度くらいです。

釧路駅から10分程歩き釧路川へ。
海に一番近い橋に行ってみたら、ドンピシャです、いました、いました!!

ラッコの「くーちゃん」がのんびり昼寝をしてるのが、橋の上から見えました。
見物客は10人から20人。 こんなに間近から見れるとは思いませんでした。

b0291402_17005933.jpg


時々起きて周囲を見渡す姿が可愛いです。
しかし撮影場所の橋の上は、海からの強風をもろに受けるので凍える寒さで、川岸に移動して横の方から撮りました。
一応、カメラ目線をしてくれたのですが、画像はイマイチでした。
(持っていったカメラは買ったばかりのEOSKissXⅡという一眼レフで、操作もよくわからず、望遠レンズも持っていませんでした)

b0291402_17012252.jpg


「くーちゃん」は近くで見ると想像していたより大きく、毛皮はツヤツヤして、太ってました。
まったりとまどろむくーちゃんです。何か夢でも見てるのでしょうか。

b0291402_17013672.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後のくーちゃんの情報が「WIKI」に出てたので、転載します。

2009年2月11日に、釧路川にラッコが出現したことが釧路新聞によって報じられたことが出現の一報となった。
ラッコが釧路市付近で観察されることは珍しく、また市内の河川に現れたこともあり、観察しやすいことから人気者となった。
出現して数日内に釧路川にちなんで「くぅちゃん」「クーちゃん」などの愛称が付けられ、出没地点の橋では見学客が多数出る事態となった。

クーちゃんは、そのまま釧路川に滞在を続け、見学の観光客も増加した。釧路市では、これに便乗し観光PRのために4月29日に、
クーちゃんの特別住民票を発行し、特別観光大使に任命、釧路市観光協会も感謝状を送るイベントを実施している。

しかし、5月8日から釧路川では目撃されなくなり、同一個体と思われるものが根室市方面などで目撃されるようになった。
6月11日に、市はクーちゃんを記念し、幣舞橋そばに記念パネルを設置している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というのが6年前の出来事でした。
私の旅好き、そしてよく言えば「好奇心」、普通に言えば「野次馬癖」は昔から相当なもんでした(笑)



by tabi-to-ryokou | 2015-03-27 16:00 | 旅行 | Trackback | Comments(14)

旧庁舎の跡地活用と、新庁舎のマンション販売で、総事業費430億円を賄った豊島区の区役所

東京豊島区の新庁舎が完成し、区民を対象とした見学会が3月24日から始まりました。
区民ではないのですが(笑)、24日の昼休みにちょいと見学してきました。


新庁舎はメトロ有楽町線の東池袋駅から歩いて5分。
見えてきました。東側からの外観です。
10階までの建物の外壁は環境に配慮して太陽光パネルや緑化パネルで覆われています。

b0291402_08503534.jpg


1階の一部と3階から9階に区役所の新庁舎が入っていて、ここはエレベーターホールです。
ホールは10階まで吹き抜けになっているので、上下するエレベーターが見えます。

b0291402_08504506.jpg


ここまでの2枚の写真でお気づきの方もいらっしゃると思いますが、この木の格子を多用したデザインは、建築家隅健吾さんの特徴です。
隅健吾さんが設計した建造物は、過去にこのブログでも何回か取り上げてきましたが、ファンとしては、「待ってました、イヨッ!!、隅健吾」と声をかけたくなります。

b0291402_08505404.jpg


10階には「豊島の森」と名付けられた屋上庭園が設けられています。
狭いスペースで、「豊島の森」というほどの森はどこにもありません(笑)

b0291402_08510400.jpg


でも眺めはいいので、昇ってみる価値はあります。
新宿方向の景色です。

b0291402_08511150.jpg


さて11階から上ですが地上49階まで、430世帯が入る分譲マンションです。
平均価格帯は7,000万円で、豊島区は旧庁舎の跡地活用と、新庁舎のマンション販売で430億円の総事業費を賄ったそうです。しっかりしてますね。
こちらは西側の外観。

b0291402_08512746.jpg


財政難だった豊島区の旧庁舎は23区では一番古く、見た目も一番ぼろかったのですが、一挙に逆転ホーマーです。
どこから見ても外観は似てますが、こちらは北側の外観。
高さは190mあります。

b0291402_08513857.jpg



この最後の写真は、どうみても区役所には見えませんね(笑)
ウィーンの美術史美術館で見たブリューゲルの「バベルの塔」を思い出しました。

b0291402_08514836.jpg


でも分譲マンションを上層階に設けることで、建設費が浮いたわけですから、ちょっとくらい豪華でも、誰も文句は言わないでしょう。

見学会は28日と29日にも開催され、時間は午前10時から。
新庁舎での業務は5月7日から始まるそうです。

      


by tabi-to-ryokou | 2015-03-26 16:00 | 建造物 | Trackback | Comments(26)

東京スカイツリーを世界一高い桜に見立てた特別ライティングは4月12日までです sanpo

東京の開花宣言は3月23日に出ましたが、東京タワーは、桜前線の到達を記念し、ピンク色の「さくら開花 ピンクダイヤモンドヴェール」を点灯しました。
この点灯は3月23日の1日限定でした。


一方、スカイツリーは、3月16日から特別ライティング「咲」を実施しており、東京の桜の開花宣言前は「咲」、宣言後は「舞」でデザインをチェンジしたそうです。
昨夜(24日)、その特別ライティング「舞」を撮影しました。

b0291402_13325910.jpg


「舞」は桜の花びらが舞う美しさをテーマにしたピンク色のライティング。
桜の花びらのように、交点照明がひらひらとゆっくり舞います。

b0291402_13331235.jpg


ところが撮影場所の白髭橋からでは、肉眼でも、写真でも、ひらひらとゆっくり舞うという交点照明は見えませんでした。
桜色は綺麗に見えますが、きっともっと近くまでいかないと、ひらり・ひらりは見えないのでしょう。


でも世界一の夜桜、東京スカイツリーで、少しだけ春の訪れを感じてきました。

特別ライティングの点灯最終日は4月12日(日)で、「咲」・「舞」の両方を点灯するそうです。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-25 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(15)

3ヵ所の丹頂鶴・観察ポイントを訪問しましたが、その一つは鶴見台です

鶴居村の鶴見台は、無料のタンチョウ観察ポイントで、釧路市内からは28km、車なら40分~50分です。


タンチョウの給餌場の一つで、昭和38年頃から給餌は行われており、11月~3月の冬期間、朝方と午後2時30分頃に、ご近所の有志の女性が給餌を行っています。
ただ、ここは私有地みたいで、我々が観察できる場所からは遠くて、給餌はよく見えません。

b0291402_14240952.jpg


阿寒国際ツルセンターでは、飛んでるタンチョウを見ることはできなかったのですが、ここでは、見ることができました。

b0291402_14241991.jpg


着地風景です。
夫婦のタンチョウだと思うのですが、着地も息がぴったりです。
あらよ~~~

b0291402_14242805.jpg


ほいさ~~
お見事です。

b0291402_14243550.jpg


この鶴見台の欠点は、あちこちに電線が見えることで、カマラマンにとっては、せっかく撮った写真が、残念な結果になります。、
撮る角度は工夫してるのですが、この写真は電線が写ってしまった失敗作です。

b0291402_14250893.jpg


ここで面白い光景を目撃しました。
1歳児の1人ダンスです。
今年は無理ですが、来年の求愛に備え、今から練習してるようでした。

b0291402_14252699.jpg
b0291402_14254132.jpg
b0291402_14255388.jpg


親たちのダンスに比べたら、50点ですね。来年は頑張って下さい。

白鳥たちが、あきれて眺めてます。

b0291402_14264705.jpg


鶴見台は大きな道路に面してるので、大型バスで乗り付けて観察するツアー客もいました。

やはり「伊藤サンクチュアリ」が、カマラマンにとっては一番、撮りやすい場所ですが、阿寒国際ツルセンターはオジロワシが、給餌の餌を横取りに現れるので面白そうです。


写真を整理してると、来年も行きたくなってきました。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-24 16:00 | | Trackback | Comments(10)

世界遺産(ベトナムのホイアンは中国風の家並みが残された港町)(その前半)

ベトナムのホイ・アンはトゥーボン川が南シナ海に注ぐ河口に位置し、16~18世紀に国際貿易港として栄えた港町です。

16~17世紀半ばにかけては、日本が朱印船貿易の中継地点とし、およそ1000人の日本人がここで、暮らしました。


ホイアンのオリエンタルな古い町並みは、世界遺産に登録されましたが、400年も前に同胞が、ここで暮らした街並みなので、その時代を思い起こすと、郷愁がわきます。

その散歩の出発点は来遠橋(日本橋)。1593年に造られた屋根つきの橋で、近くで見るとボロボロと言ったら失礼ですが、相当に古い橋です。

b0291402_08015842.jpg


来遠橋はベトナムを代表する観光名所の一つですが、当時ホイアンに住んでいた日本人によって架けられた橋と言われます。
橋の途中には寺院がありました。

b0291402_08020655.jpg


橋を渡ると賑やかな場所なので、露天商や、物売りが店を構え、客を待ちます。

b0291402_08021725.jpg

b0291402_08022922.jpg

b0291402_08024290.jpg



通りに入ると、露天商は減り、観光客向けのきれいな店が並びます。
一番一般的な土産物屋さん。

b0291402_08025277.jpg


宝石店。

b0291402_08030686.jpg


何を売ってるのかよく分からないのですが、屋根が立派だったので撮った店。

b0291402_08032657.jpg


この店もそうですが、ホイアンは縦に細長い家が多く、ちょっと京都の家と似ています。
反対側の通りまで突きぬけてる家も何軒かありました。


ホイアンの旧市街は次回に続きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は「3月大歌舞伎」、夜の部を見に行きます。
通し狂言で演目は「菅原伝授手習鑑」。

株主優待なので、予約できる座席はいつも最後列なのですが、なんと1階の7列目が1席だけ空いてて予約が取れてしまいました。
こんなことは過去に1回も無いのできっと、予約システムの間違いじゃないかと思います(笑)
出演は菊之助、染五郎、愛之助。皆さん元気がいいので楽しみです。



by tabi-to-ryokou | 2015-03-23 16:00 | 世界遺産 | Trackback(1) | Comments(14)

渋谷の街撮り、というか駅撮り

3月22日、日曜日、晴れ、東京の気温は15時現在で15度、暖かいです。

本日は、六本木と渋谷を廻りましたが、先に渋谷の写真を掲載します。


(タイトル1、工事現場)

渋谷の東横線のプラットホームがあった場所は、全て解体され工事が進んでいます。
工事現場の後方に見えるのは山手線のホーム、
そして右から出てきた黄色い電車は、メトロ銀座線です。

b0291402_15454758.jpg


(タイトル2、地下空間)

従来の東急東横線はメトロ副都心線とつながり、地下深くを走ります。

b0291402_15460151.jpg


(タイトル3、エスカレーター)

「渋谷ヒカリエ」のエスカレーターは、いつも写真を撮りたくなります。

b0291402_15460980.jpg


(タイトル4、交差)

ここではエスカレターが、上・下・左・右で交差します。

b0291402_15461898.jpg



(タイトル5、黄色い交差)

黄色い銀座線と、黄色いクレーンが交差しました。

b0291402_15462659.jpg


今度の木曜日に先生に見ていただき、講評を受けますが、毎回提出枚数は15枚。

先週撮った丹頂鶴で、10枚はいこうと思うのですが、残り5枚をどうするかと、本日は六本木、渋谷で撮影し、渋谷では街撮りならぬ、駅撮りをしてきました。


「直線と曲線の交差」を頭に浮かべながら、撮ったのですが、それがこの5枚です。
誰もがご存じですが、私はあまり悩まないタイプなので、もうこれで行っちゃいます(笑)



by tabi-to-ryokou | 2015-03-22 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(16)