<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

北緯69度、フィンランドのグルグル星と、北緯35度、東京のお月さま(2015年最後の日記です)

2015年、最後の日記になります。元気な日も、そうでなかった日もありますが、なんとか「361日記」を投稿できました。
1年間のご愛読ありがとうございました。


フィンランドのヘルシンキから飛行機と車を乗り継いで、北緯69度のイナリ村です。
2015年11月6日はオーロラが現れず、星の連続撮影で遊んでました。

b0291402_17411536.jpg


1回のシャッタースピードが5分のバルブ撮影、その5分を連続6回で合計30分。露出のF値は4.0、ISOは1,600でした。

これを3時間とか5時間続ければ、星の光跡がもっと長くなり、グルグルができるのですが、零下5度の気温に、大事なカメラを3時間も置いといて、
センサーを凍らせてしまうと危ないので、30分で切り上げ、カメラはその場で、ジップロックに入れて部屋に運び、1時間かけてゆっくりと常温に戻しました。

これにはオチがありまして、カメラは無事でしたが、この零下5度の30分間で私が喉を冷やし過ぎて肺炎にかかりました。
咳がでる風邪だと思って、旅行を続けてましたが、帰国して医者にいったら肺炎との診断。
日頃、暖かいところで生活してる人間が、氷点下で過ごす時は、気を付けねば危ないというのがわかりました。
カメラより、自分のがはるかにデリケートでした(笑)


さて写真が1枚しかないので、12月22日に撮影した、北緯35度、東京のお月さまです。

b0291402_17414169.jpg


撮影場所は六本木ヒルズの屋上、「東京シティビュー」。
F値は18、シャッタースピードは40分の1秒、ISOは3,200でした。


皆さん、風邪や肺炎には(笑)気を付けて、よいお年をお迎え下さい。
なお、正月休みの期間中は12時に投稿いたします。



by tabi-to-ryokou | 2015-12-31 12:00 | 旅行 | Trackback | Comments(40)

忘年会幹事が1年も考えて選んだレストラン、はたしてその料理とお値段は??

忘年会幹事は私でした。日にちは12月28日。
同級生12名で、毎月集まってる飲み会ですが、忘年会は出席11名、欠席1名でした。
場所は銀座4丁目の「Blue Lily 青百合飯荘」、Oriental Chinese Restaurantです。
場所で言うと三越とMATSUYAの間にある、三菱銀行の地下2階です。写真はHPからお借りしました。

b0291402_19170794.jpg













会費がいくらだったかは最後のお楽しみということで。

店のHPによると、「1930年代のニューヨーク、シカゴ、上海を想わせる古き憂いのある町から抜け出してきたような、エレガントなチャイニーズ空間」、確かに内装はその通りです。

我々の内規では、個室と、飲み放題が月例会の場所選びの必須項目。それから過半数になれば飲み始めていいこというのも暗黙の了解事項。
宴会はこの部屋が11人で貸し切りでした。

b0291402_19171512.jpg


18時の開宴予定が、20分前の17時40分に半数の6名が集まったので、まず、ウェルカムドリンクです。
5人と6人の2テーブルですが、スパークリングは1テーブルに1本ずつ。泡が美味しいです。
「飲み放題メニュー」が写ってますが、この日は「かめだし紹興酒」と、ワインが人気でした。

b0291402_19173286.jpg


■前菜4品盛り合わせ

b0291402_19174383.jpg


■白黒餃子
黒が牛肉、白が豚肉、この店ではパンダ餃子としてメニューに出してます。何故パンダ??

b0291402_19175239.jpg


■北京ダック
くるくる巻いて食べます。

b0291402_19180547.jpg


■白身魚のカボス蒸籠蒸し

b0291402_19182031.jpg


■大エビチリソース

b0291402_19182916.jpg


■牛肉丹波シメジ醤油炒め

b0291402_19183732.jpg

■大山地鶏の雪菜炒飯、■花びら茸の玉子スープ

b0291402_19184896.jpg


■本日のデザート
プリンです。

b0291402_19185776.jpg


モダンチャイニーズというジャンルで、それほど辛くもない日本風のマイルドな味でした。

さあ、銀座4丁目、個室、乾杯スパークリング付き、全9品の料理に、飲み放題付き。
個室の使用料も込みにしてもらって、




・・・・・・1人あたり5,500円でした。
皆さんからの評判が良かったので、ホッとしました。



by tabi-to-ryokou | 2015-12-30 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(20)

舟木一夫さんをご存知ですか。観劇も花道の横では騒がしくて、おちおちと~~、(今日の日記は文章が長いです)

新橋演舞場の、松竹創業120周年「舟木一夫 特別公演」、を観るはめになりなりました。

「観るはめになった」、というのは株主優待の無料チケットが1枚あって、我が家の相方は「年末は忙しい」、娘たちは舟木一夫って誰???の世代。
舟木一夫を知っていて、なおかつ一番閑な私が、「仕方ないなあ~~」と、出かけたわけです。

ここが地下鉄「東銀座駅」から徒歩5分の新橋演舞場です。
建物は1925年に建てられましたが、東京大空襲で焼けてしまい、1948年に再建されました。その建物も老朽化し、今の新橋演舞場は1982年に建設された3階建、客席数1428席の劇場です。

b0291402_08171777.jpg


築地の歌舞伎座が改築中の3年間は、ここが歌舞伎興行の常設小屋として活躍しました。

b0291402_08172503.jpg


私は新橋演舞場は初めてだったので、早めに行って客席の全体図を撮りました。
私の席は1階の19列目。1番後ろが20列目なので、ゴルフならブービーみたいな席です(笑)
2階席の下なので、この写真では私の席は隠れて見えません。でも花道が右横でした。

b0291402_08173465.jpg


ところで、舟木一夫ってご存知ですか。
橋幸夫、西郷輝彦とともに“御三家”と呼ばれ、デビュー曲が大ヒット曲で「高校3年生」。1963年の発売1年で100万枚の大ヒットとなり、レコード大賞新人賞を受賞しました。
その後、「絶唱」「夕笛」「初恋」などがヒットして、「絶唱」でレコード大賞歌唱賞も受賞しました。
その後はパットしないので、若い方はご存じないと思いますが、こんな顔です。

b0291402_08174331.jpg


舞台構成は2部で、1部が「気ままにて ござ候」という劇、2部が舟木一夫の歌謡ショーでした。
芝居は、なんと言いましょうか~~、言い難いのですが、睡魔に襲われ「スイマ セン」状態。
ところが花道から役者が登場する時に、役者は今から花道を通って舞台に行くぞというので大声を出します。
「おい、おい、てめ~~ら~」、とか「若さま~~」とか。時には花道の踏み板をバタバタと打ち鳴らし「待ちやがれ~~」
その度に、心地よい眠りを掻き消され、ビクッと目が覚めて、うるさくてしょ~がない(笑)

2部の歌謡ショーでも驚きましたが、2曲目の歌で、お約束みたいに、前に陣取ったファンの女性が舟木一夫に紙袋や花束を届けます。その数、約30名。
熱烈なファンがいるんですねえ。しかもこの公演の1等席は13,000円。全員が女性、殆どが70歳以上。

舟木一夫さんは左手にマイク、右手で握手をしながら大きな紙袋を1回に4・5個受け取ります。指で紙袋の紐をひっかけて持ちながら、その手で握手もするんですから指の力が強い。
舞台奥のベンチみたいなところに、その紙袋や花束を、何回も往復しながら運ぶ後姿は、銀座で見る爆買いのご一行のようにも見えました(船木一夫さんごめんなさい)
7・8回は往復したでしょうか。プレゼントを受け取り終わる頃に2曲目の3番までが終わりました(笑)

私が知っていた歌は、ヒット曲の「高校3年生」だけ。その当時は彼は学生服で唄ってました。
「僕ら離れ離れになろうとも~~♪ ク~ラス仲間はいつまでも~~♪♪」、を71歳になって唄うとは本人も、予想してなかったでしょうね。
でも客席の前のほうでは手拍子もおこり、本人は生き生きと唄ってました。
昭和の前半で活躍した歌手ですから、舞台の真ん中からは殆ど動きません。身振り手振りはありますが、半径1mの範囲でしょうか。
郷ひろみさんや、安室奈美恵さんのように舞台で動き回る歌手が見たらきっと驚くでしょうね。

・・・てなわけで、予想外の光景を沢山見て、睡魔はありましたが、感激して帰ってきた観劇でした(笑)



by tabi-to-ryokou | 2015-12-29 16:00 | イベント | Trackback | Comments(10)

カワウの瞳に乾杯、カワウの瞳に釘づけ、カワウの瞳に恋してる、カワウの瞳は100万ボルト

「カワウ」って、カツオドリ目、ウ科、ウ属、カワウ、なんですって。
私のイメージは、黒くて、不気味で、カワウくない鳥です(笑)

でも、飛んでる姿をアップで撮ってみたら、ブルーの瞳が可愛かったのでちょっと見直しました。

凄いスピードで飛ぶので流し撮りです。

b0291402_17184364.jpg


着水場面です。
時には1分以上、10mまでも潜って魚を捕まえるので、鵜飼いにも登場します。

b0291402_17185247.jpg


繁殖期には婚姻色として頭部が白くなり、せっせと巣作りに励みます。
本来の繁殖期は、春先と秋ですが、暖冬の影響でしょうか、今年はちょっと早いです。

b0291402_17190092.jpg


さあ、瞳に注目です!!、ブルーの綺麗な目をしてます。

b0291402_17191375.jpg


産卵する卵も直径5・6cmで、淡いブルーだそうですが、見たことありません。
繁殖期には腰の両側にも白斑が出ます。

b0291402_17192069.jpg


近くに飛んできたカワウを思いっきりアップで撮影。
つぶらな瞳にピントが合いました(笑)

b0291402_17192897.jpg


可愛いですか。
え~、やはりカワウくない!!(笑)

撮影は12月5日、葛飾区の水元公園でした。



by tabi-to-ryokou | 2015-12-28 16:00 | | Trackback | Comments(24)

東京ミチテラス2015の「東京駅スペシャルライトアップ」、その前にちょっとだけ羽生君のスケートリンクに寄り道

12月25日、金曜日の夜。
毎年恒例の「東京ミチテラス2015」、その中でも「東京駅スペシャルライトアップ」は必見です。

有楽町の会社を出て、丸の内仲通りを東京駅方向に歩きます。何故か凄い人並み。
「東京ミチテラス2015」には、行幸通りの「光のプロムナード」があるからでしょうか。

b0291402_22055598.jpg


混雑してるので、まず丸ビルに避難し、ここから東京駅を目指します。
すると、「羽生くんのスケートリンク」で滑ってる若者たちが・・・。
そして光るオブジェ「Lighting Bench Art」はオブジェとの記念撮影が可能ですが、羽生君のオブジェと記念撮影をしたい人が次々とベンチに座ります。

b0291402_22060668.jpg


これは東京駅よりも写真に撮ると面白そうだと、しばしスケートリンクを撮影。
見てる人が1階にも、2階にも、3階にもいます。

b0291402_22061775.jpg


しばらくすると、ソチオリンピック2014 ショートプログラムで羽生選手が使用した楽曲「パリの散歩道」に合わせ、羽生選手のスケーティングの軌道をイメージした照明演出が行われました。
でも見てても、曲とどう関係してる照明なのかさっぱりわかりません(笑)

b0291402_22062742.jpg



照明が終わると、またスケートです。真上からの俯瞰図でスケートを撮れるなんて、丸ビルのスケートリンクだからですね。

b0291402_22063543.jpg


・・・で、そろそろ東京駅の撮影に。
まずは丸ビルの3階から撮りました。
昨年も手前が工事中でしたが、今年もまだ工事が続いてます。

b0291402_22064796.jpg


下りて正面に向かいますが、あらゆる場所で警備員さんが「立ち止まらないで下さい」の大合唱。東京駅が見える場所は全て立ち止まっての撮影ができません。
警備員さんの右のご婦人は、怒られながらもスマホで撮ってました。素晴らしい根性!!

b0291402_22065598.jpg


信号を渡るとようやく立ち止まって撮れました。
プロジェクションマッピングとは違い、映像は動きませんが、この青や赤は、「日本の伝統色」です。
普通のライトアップやイルミネーションとは違う色彩でした。

b0291402_22070518.jpg


残念ながら行幸通りの「光のプロムナード」は、混雑してるので、今年も諦めて帰りました。



by tabi-to-ryokou | 2015-12-27 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(18)

興味を持ったワイン造りをきっかけに、昨年「果実酒製造免許」を取得し、東京練馬区にワイナリーを開業した素敵な女性

越後屋美和さんは東京大田市場での野菜を扱う仕事からワイン造りに転じ、「果実酒製造免許」を2014年に取得して、東京都練馬区に「東京ワイナリー」を開業しました。
恐らく東京都では、ただ1軒のワイナリーだと思うのですが、先日アポ無しで訪ねてみました。

西武池袋線大泉学園駅から徒歩10分。メモしてきた住所を頼りに住宅街を歩きます。
東京ワイナリーの真ん前を通りながら、気づかずに先まで行ってしまい戻ります。また通り過ぎて戻り、2・3回往復したでしょうか(笑)
ようやく見つけた「東京ワイナリー」は、私が持っていたワイナリーのイメージとは違いました。
実は「東京ワイナリー」の間口は、全部でこれだけです。前を通っても気づかないわけです。

b0291402_13583996.jpg


ワイナリーの前には黒板に手書きの文字と可愛い絵が・・・
2014年9月に「果実酒酒造免許」を取得し、ココで醸造と販売を行っています。小さな醸造所ですが、どうぞよろしくお願い致します。

b0291402_13584884.jpg


小さな間口の、小さな引き戸を開けて中に入りました。
70平米の半分(左側)が醸造スペース、残り半分(右側)が販売所をかねたカフェです。

b0291402_13585634.jpg


カフェは毎週火・水・金の営業で、コーヒー、ティー、ハーブティー、ジュースが400円。グラスワインが500円、ショートケーキが400円、あとは地元のお菓子も売ってます。

b0291402_13590597.jpg


そしてワインが3本。この真ん中の青森産のスチューベンで造った赤、2,000円を買いました。

b0291402_13591582.jpg


「醸造所も見学したいのですが」と、飛び込み訪問の私がお願いすると快く受けてくれました。
醸造スペースには長靴に履き替えて入ります。
そしてこの方が、このワイナリーを切り盛りしてる越後屋美和さん。とても感じがいい女性です。

b0291402_13592637.jpg


35平米の醸造所にはブドウをつぶす機械や搾汁機、大型タンク4基が所狭しと並んでいます。

b0291402_13593473.jpg


ここでは山形産デラウェアや、練馬のブドウ、高尾のブドウも使い1年で8,000本から9,000本ものワインを製造するというので驚きました。
しかも殆どは美和さんがお一人で醸造をやられているみたいです。余程、効率よく機械やタンクを使ってるのでしょうね。

b0291402_13594322.jpg


私が好きなのはカベルネソーヴィニヨンやメルローの、熟成された辛口ですが、今の日本のブドウでは、そこまでの味と香りを出すのは難しく、これからも研究を続けるそうです。
製造工程の説明をうかがい、ワイン談義にも花が咲きましたが、仕事の邪魔になってもいけないので30分ほどで「東京ワイナリー」を後にしました。

買って帰ったスチューベンの赤は、ヌーヴォーのワインですが、甘い香りのさっぱりとした味で美味しかったです。
東京でたった1軒のワイナリーを、殆どお一人で立ち上げ、切り盛りしている美和さんの今後に期待したいと思います。



by tabi-to-ryokou | 2015-12-26 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(20)

都内を東奔西走、六本木、スカイツリー、日本橋、銀座、日比谷のツリーとイルミネーションをまとめてお届けします

12月25日、クリスマス。
六本木、スカイツリー、日本橋、銀座、日比谷だって?、今日で賞味期限が切れそうな写真をまとめただけじゃないの???

安心して下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・その通りです(笑)

在庫整理ともいいますが、その中から厳選したクリスマスツリーとイルミネーションだけをお届けします!!!


最初は六本木から。六本木ヒルズのクリスマスツリーです。

b0291402_08393738.jpg


色が白、赤、ブルーと変わりますが、いい感じでした。

b0291402_08392991.jpg


次は東京スカイツリーへ。イルミネーションです。

b0291402_08380388.jpg


ここのプロジェクション・マッピングは楽しかったけど、25日が最終日です。

b0291402_08382105.jpg


日本橋まで移動しました。ビルの名前は忘れましたがポインセチアのツリーが綺麗でした。

b0291402_08392124.jpg


次は銀座です。ティファニービルの中に初めて入いり、許可をもらって撮りました。

b0291402_08385964.jpg


そして我が社に戻りお隣のビルです。
ザ・ペニンシュラ東京のクリスマス・デコレーション。

b0291402_08402436.jpg


アップで撮ると、結構可愛らしいツリーでした。

b0291402_08403364.jpg


今日の銀座も賑わってました。
ランチタイムのレストランは12時前からどこも行列。
店の飾りはクリスマスですが、ショッピングは師走の雰囲気で、百貨店やショップの手提げ袋を持った女性を大勢見かけました。

これでしばらくはイルミネーションの撮影はないだろうと思ってましたが、大事なイルミネーションを一つ忘れてました。
「東京ミチテラス」、東京駅のスペシャルライトアップがあるので、今から行ってきます(笑)



by tabi-to-ryokou | 2015-12-25 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(30)

クリスマスにはオーロラを、(フィンランド・イナリ村で11月5日に撮影した写真です)

11月5日にフィンランド・イナリ村に到着し、その晩に撮ったオーロラ写真です。
11月6日も、11月7日もオーロラが現れなかったので、撮れたのはこの日だけでした。

まあまあの写真が8枚だけで、4枚は旅行中の日記で公開したので、その残りの4枚です。
撮った場所がホテルの前で、全部同じ場所なので、最初の4枚と似てますが、オーロラの形がそれぞれちょっとずつ違います。
下のほうがぼんやりと緑色なのは、オーロラの明かりが湖に映っています。

b0291402_18133184.jpg


シャッター・スピード6秒で撮ってますが、左下に流れ星が飛んでます。
そして、上のほうで明るく見える七つの星は北斗七星です。

b0291402_18141654.jpg


オーロラを明るく撮ろうとすると、対岸の灯りも同時に明るくなってしまいます。
オーロラの形はいいのですが、湖の映りこみが明るすぎるのが、ちょっと残念な写真です。

b0291402_18144630.jpg


オーロラが一番強い時間は、竜巻のように縦に長くのびました。

b0291402_18151679.jpg


もう1回、行けば次回はもっと上手に撮れそうな気がするのですが、また肺炎にかかるのは御免こうむりたいので(笑)、2回目はやめておきます。


by tabi-to-ryokou | 2015-12-24 16:00 | 旅行 | Trackback | Comments(24)

クリスマスの飾りつけが綺麗な都心ですが、今日は銀座から日本橋をご案内しましょう。

毎日のように、ランチタイムは有楽町から銀座に向かい歩いてますが、たまには京橋、日本橋、三越前まで歩くこともあります。
そんな日々の写真ですが、街はクリスマス・ムードで、昼も夜も華やかです。

有楽町駅前のイトシア前広場では、イベントが毎日のように行われます。
「キャラリーマン総選挙」と書いてありますが、サンリオさん主催でしょうか。

b0291402_08262596.jpg


同じ広場でも夕方になると雰囲気が変わります。
東京交通会館も控え目にですがイルミネーションを始めました。

b0291402_08263455.jpg


銀座の8丁目のビルに、ツリーか、オブジェかよくわからないのがありました。

b0291402_08283001.jpg


このビルの前は「爆買い」のご一行が、待ち合わせに使う集合場所になってます。
ご一行のお買い求めは凄いです!!!、LAOXとユニクロが目立ちますが、ダンボールは電化製品でしょうね。

b0291402_08283982.jpg



日本橋に向かいました。高島屋さんのクリスマス・デコレーションです。
映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」をイメージしてるそうです。

b0291402_08291208.jpg


やはりセンスがいいですね。可愛くて華やかです。

b0291402_08292484.jpg


コレド日本橋は、ツリーを飾るようなホールが無く、日本橋三越へ向かいました。
ここは標準タイプのクリスマスツリーでした。

b0291402_08295738.jpg


でも驚いたのは、日本橋三越の壁の落書き。
案外茶目っ気がありますね。お堅い三越というイメージがありますが安心しました。

b0291402_08300691.jpg



コレド室町にやってきました。1・2・3と、3棟ありますが、売り場優先でツリーを飾るようなホールは無かったです。

b0291402_08301615.jpg


最後に、ここに来ると毎回撮るビルです。再開発が進みこういう景色が増えてきました。

b0291402_08303548.jpg


現在の大規模プロジェクトは、やはり高島屋の隣の敷地で進んでいる再開発です。
2018年に完成すると、高島屋も含めた新しい街が完成し、高島屋の屋上は緑に囲まれたオープンテラスになるという将来図がありました。
イメージがうかびませんが、2年後が楽しみです。



by tabi-to-ryokou | 2015-12-23 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(10)

元淵江公園に聳える高さ20mの自然木による8本のクリスマスツリーは、素朴で幻想的な夜を演出します。

クリスマスまであと2日。
本日は東京都足立区の元淵江公園内に聳える、高さ20mの自然木による8本のクリスマスツリーを紹介します。
いきなりですが、ドド~~~~ン。

b0291402_08381078.jpg


木の下に見えるイルミネーションの明かりと比べていただければ、高さ20mも本当だと、感じていただけるのではないでしょうか。
これで本日の日記は終わりなのです(笑)、が・・・、元淵江公園の他のイルミネーションも撮ったので、まとめてアップします。

b0291402_08373543.jpg



足立の冬の風物詩「光の祭典2015」は、約70万個のLEDが光の世界を演出します。

b0291402_08374345.jpg


メイン会場の元淵江公園内では、飾り付けされた光のアーチが幻想的です。

b0291402_08380227.jpg


クリスマスツリーもこじんまりと可愛らしく輝いてました。

b0291402_08382054.jpg


そしてハートマークのイルミネーション。
地元のカップルが押し寄せてきそうですが、この日は誰もいなくて、カメラを持ったおじさんが1人だけ(笑)

b0291402_08375335.jpg


帰りの公園内の道も、クリスマスモードでした。

b0291402_08383272.jpg


都心から、ちょっとはずれた小さな街にも、こんな素敵なイルミネーションがありましたが、観客は少なかった(笑)
ちょっと勿体ないような気もしますが、こういう人影がまばらなイルミネーションも雰囲気があっていいと思います。

公園内のイルミネーションは12月25日までですが、スカイツリーライン竹ノ塚駅と、元淵江公園の間の1.2kmのイルミネーションは1月10日まで点灯してるそうです。



by tabi-to-ryokou | 2015-12-22 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(14)