<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ハロウィーンを楽しむクラゲ君たち(墨田区すみだ水族館)

10月30日、日曜日、東京は曇りのち晴れ、気温は10度から14度の寒い1日でした。

前日に部活同期の集まりが三田で開催され二日酔い。この日の取材は午後からでした。
出かけた先は東京スカイツリータウンの5階・6階にあるすみだ水族館。
ハロウィーンの特別演出で、「クラゲとハロウィーン」を開催中でした。

b0291402_07391006.jpg


クラゲ水槽の中にコウモリやジャック・オー・ランタンなどが描かれた背景パネルがあります。

b0291402_07394150.jpg


全面でフワフワと漂うのはクラゲ君たち。

b0291402_07394995.jpg


なんか、ミステリアスな雰囲気です。

b0291402_07401471.jpg


観客は少なかったので、ハロウィーンの雰囲気を楽しみながら、ゆっくりと撮影できました。

b0291402_07402455.jpg


最後の写真は壁に映し出されたハロウィーンの映像です。子供たちもびっくりしてます。

b0291402_07403399.jpg


すみだ水族館の「クラゲとハロウィーン」は、10月31日で終了しますが、11月8日から写真家・映画監督の蜷川実花さんの作品で彩られたクラゲ展示ゾーンが登場します。
彼女の映像作品や写真をご存知の方は多いと思いますが、最近は2人のお子さんに恵まれ、ママさんアーティストとして活躍中です。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-31 16:00 | イベント | Trackback | Comments(18)

見頃には2週間早かった亀戸天神の菊の花(江東区亀戸天神社)

10月29日、土曜日、東京は最高気温21度の曇り空。

毎年恒例の亀戸天神菊祭りですが、今年は10月23日から始まりました。
いくらなんでも23日は早いだろうと、じっと待ってた気の早い江戸っ子も、29日にもなるともう我慢ができません。
いそいそと朝の10時にかけつけました。

作品名は「藤岡の秋」、展示は鈴木敏彦さん。
この方は毎年綺麗な菊の花を出品される園芸家さんです。

b0291402_08312538.jpg


咲いてた菊もあるけれど、1週間早いという菊もある。
同じく鈴木敏彦さんで、「兼六雪峰」

b0291402_08313454.jpg


この小さな庭には名前がなかったけど、園芸家は丸山三福さん。

b0291402_08314437.jpg


全く咲いてないのは名物の「菊のスカイツリー」、これは2週間早かった。
園芸家は小林文武さん、協賛は東武タワースカイツリー株式会社。

b0291402_08321097.jpg


Even if I fall down, I don’t get up freely. 転んでもタダでは起きません。
作戦を変更。菊の蕾。

b0291402_08322705.jpg

b0291402_08323624.jpg

b0291402_08324560.jpg

b0291402_08325552.jpg


最後の1枚は雨滴をたくわえた菊の蕾。

b0291402_08330343.jpg


菊祭りと言えば、初日から咲いてると思ったら大間違い。
最終日が11月20日なので、今年の亀戸天神の菊の見頃は11月10日から15日くらいではないかと思いました。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-30 16:00 | | Trackback | Comments(14)

キリンの赤ちゃんに見つめられた日(アフリカ縦断の旅、9月10日、マサイマラ西地区へ)

9月5日の初日に、「人気ビッグ6」のうち、象、ライオン、サイ、バッファロー、チーターと出会い、
9月6日には、6時間のロングドライブで、ヌーの川渡りを初めて見ることができました。
9月7日は、午前・午後それぞれ短いドライブで、午後に再びヌーの川渡りを見学し、
9月8日は、マサイマラ東地区で2歳のチーター3兄弟が、車の真下まで来て遊んでくれました。
9月9日は、同じくマサイマラ東地区でブッシュの中に潜む豹の親子を写真に撮りました。

ということで、ケニア訪問2回目で、人気ビッグ6の全てを見ることができ、運を使い果たした感があるケニアの6日目、9月10日の日記です。
この日は朝6時と午後3時の2回にわけて、マサイマラの西地区に出かけました。

毎朝、お約束の朝陽です。

b0291402_07193255.jpg


9月10日にホテルで書いた日記には、こちらの熱気球が太陽と重なる写真を掲載しました。

b0291402_07203068.jpg


この日はライオンがハンティングをする場面を撮りたいというのが希望でしたが、こればかりは、そう簡単にはタイミングが合いません。
朝の6時30分にはライオンを見つけましたが、既にハンティンングは終わって食事中でした。

b0291402_07194892.jpg


朝陽の中、集結していたヌーの大群。いったい、どんだけいるんだ(笑)

b0291402_07195706.jpg


そして黒サイの親子たち。先頭を歩いてるのが花子です。

b0291402_07200656.jpg


午前中のドライブでのハイライトは、花子との6ヵ月ぶりの再会と、つぶらな瞳で見つめてくれたキリンの赤ちゃんでした。

b0291402_07265354.jpg


午後のゲームドライブです。パンクを修理するオルオチ。こんなこともあります(笑)
オルオチの友達が応援に来たのか、おしゃべりしにきたのか、とにかく役には立っていません。働いてる方がオルオチです。
なんだかんだと騒がしく会話しながら、1時間ほどの作業で無事タイヤ交換は終わりました。

b0291402_07205471.jpg


午後はあまり動物が現れず、出会ったのは昼寝から目が覚めて、不機嫌そうなオスライオン。

b0291402_07210392.jpg


マサイマラ西地区では山の方向に陽が沈みます。

b0291402_07211354.jpg


ケニアでの6日目はパンク修理以外は何事もなく、おだやかな1日でした。
この翌日は午前中だけゲームドライブをして、午後からは南アフリカ共和国に向かいます。
次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-29 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)

富士の高嶺に降る雪も~♪、初冠雪を見ようと、文京シビックセンター25階のラウンジへ。

10月27日、木曜日の夕方です。
平年よりも26日遅い富士山初冠雪のニュースを見て出かけたのは文京シビックセンター。
ここは文京区役所ですが、25階は展望ラウンジになっていて、富士山が展望できます。
こちらがその富士山が見える、「はずの」、新宿副都心方向です。

b0291402_08140889.jpg


テレ朝の気象予報士、依田司さんが、「今日は、秋晴れの青空が広がります」と言ってたのに(笑)
真ん中の2本のタワーが都庁舎ですが、本来はその左に富士山が見えます。

b0291402_08141752.jpg


Even if I fall down, I don’t get up freely.
間違ってるかもしれないけど、「転んでもタダでは起きない」と、言おうとしてます(笑)
作戦変更で、ラウンジの反対側から観覧車を撮影。「ビッグオー」という名前です。

b0291402_08142804.jpg


ビッグオーには中心軸も、ホイールもありません。両脇の柱が支えるのでセンターレス。
ゴンドラは15分かけてゆっくり回り、一番高い場所は地上80m。
平日の昼なので、カラのゴンドラが多いのですが、時々お客さんが見えます。

b0291402_08144197.jpg


そこに、ジェットコースターの「サンダードルフィン」が疾走してきます。

b0291402_08145888.jpg


ビッグオーを時速130kmで、くぐり抜けました。

b0291402_08150873.jpg


これ、私は乗る気になれませんが、満席です。
ほぼ垂直に落下してるのに、バンザイ・ポーズの若者が多数。

b0291402_08151891.jpg


観覧車なら乗ってみたい。でも「おじさんが1人で??」、という突っ込みが入りそうですね。
たまには、「都会の喧騒を離れた15分間の孤独」なんてのも、いいと思うのですが(笑)

b0291402_08152999.jpg


ビッグオーと、サンダードルフィンを見て、富士山側のラウンジに戻りました。

b0291402_08153852.jpg


この厚い雲では、富士山が見えるわけないじゃないですか(笑)
富士の高嶺に降る雪も~♪ 京都先斗町に降る雪も~♪♪
雪に変わりはないじゃなし~♪  溶けて流れりゃ~みな同じ~~♫♫
・・・って、ことで次回、またリベンジします。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-28 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(22)

一発芸ができるアオウミガメ(アクアパーク品川)

先日、品川の水族館「アクアパーク」に行った時に、ちょっと惹かれて写真を撮りました。
絶滅危惧種で、世界でも捕獲禁止になってる、アオウミガメですが、横から見ても美しく、

b0291402_07535635.jpg


下から見ても美しい。

b0291402_07540745.jpg


顔をアップにするとちょっとグロテスクですが、亀ですからそんなの「カメへん、カメへん」

b0291402_07542150.jpg


それでは一発芸を披露します。
「横断歩道は手を挙げて」

b0291402_07543972.jpg


「ばんざ~~い」

b0291402_07545277.jpg


いよいよ彼が得意な一発芸、「サッカ~~ボ~ル~」

b0291402_07550668.jpg


どうですか、サッカーボールに見えたでしょうか(笑)
最後は「バイバイ」、でお別れです。

b0291402_07551812.jpg


撮影は10月9日、アクアパーク品川でした。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-27 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(26)

再びリヒト君登場。生後6ヵ月のヤンチャな男の子です(リヒト君、その2、旭山動物園)

ママのジーマと、リヒト君が1日の大半を過ごすのがこの金網の上。
見物客は金網越しに、ジーマ・ママと、リヒト君を真下から見上げますが、金網が太くて、写真を撮っても「金網アート」のようになってしまいます。


b0291402_05440263.jpg


退屈したリヒト君が、1人で遊んでいます。大きな丸太の上もへっちゃら。

b0291402_05442859.jpg


でもしばらく遊んだらジーマ・ママのそばに戻ります。

b0291402_05445138.jpg



なんか目がトロンとしてきました。

b0291402_05450271.jpg


眠くなってきたみたい。

b0291402_05451603.jpg


フワアァァァ~~~~

b0291402_05452955.jpg


まどろみそうになるのですが、なかなか寝ません。また遊ぶんかい?

b0291402_05441712.jpg


本日、最後の1枚は、リヒト君の背伸び。

b0291402_05460350.jpg

リヒト君のアンヨの裏が可愛い!!!
次回はユキヒョウ以外の動物たちもお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-26 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)

これが秋バラの色見本(千葉県習志野市谷津バラ園)

10月23日、日曜日の東京は、曇り空で最高気温は23度。
我が家からは京成線で比較的近い千葉県習志野市の谷津バラ園に出かけました。

習志野市のHPによるとバラ園の開花率は60%。こういう日は咲き誇るバラでなく、綺麗な蕾を狙います。
最初の5枚ですが、まずはゴールド。

b0291402_05464043.jpg


バラ色

b0291402_05464955.jpg


赤紫

b0291402_05465799.jpg


桃色

b0291402_05470712.jpg


いちご色

b0291402_05471729.jpg


あと5枚あるので、ここでバラ園の様子。

b0291402_05473453.jpg



山吹色

b0291402_05475226.jpg




b0291402_05480247.jpg




b0291402_05482205.jpg



柿の色

b0291402_05515621.jpg


ピンク

b0291402_05520566.jpg


自分で勝手につけた色もありますが、以上が秋バラの色見本10種類でした。
最後の写真は、背景にボケを入れてみた黄色です。

b0291402_05521475.jpg


谷津バラ園は12,000㎡の敷地に700品種、6,300株のバラが咲きます。
習志野市のHPは10月25日なのに、「10月19日現在、習志野市谷津バラ園の開花率は60%となっております」、と超スローペースの更新ですが、
10月23日のバラの状況からみると、11月上旬までは見頃が続きそうです。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-25 16:00 | | Trackback | Comments(22)

旭川のグルメといえばジンギスカン、ラーメン、寿司。でもあえて選んだのは札幌かに本家旭川駅前店

10月16日の旭川での夕食です。
ホテルのコンシェルジュの女性に聞いたら、ジンギスカン、ラーメン、寿司が人気とのこと。
どれも東京でも食べれるので、東京よりも安く食べれそうなカニの美味しい店はないかとたずねてみました。
紹介してくれたのがこのお店。JR旭川駅の隣にあるイオンモールの4階です。

b0291402_07273139.jpg


そして選んだのがこの「七福」というミニ会席。タラバカニ豆腐、ズワイカニ酢、タラバカニもずく、寿司盛り三カン、カニ汁、デザート。
そしてメインはカニ天麩羅、カニ焼き2種類、カニすき、カニお造りからの選択で、「流氷カニ北海造り」を選びました。

b0291402_07274087.jpg


最初にど~~んと料理が。

b0291402_07275210.jpg


上が茹でたカニ、下が選択した流氷カニ北海造り。

b0291402_07280869.jpg


身をほぐしました。新鮮なカニは美味しい!!

b0291402_07282100.jpg


上は寿司と、カニ汁。下はデザートのアイスクリーム。

b0291402_07283315.jpg


このミニ会席で、2,500円、安いです。ワインと日本酒がすすみました。
写真は宿泊した、旭川グランドホテルです。

b0291402_07285393.jpg


ロビーも豪華。

b0291402_07290455.jpg


朝食ブッフェを食べた1階レストランです。

b0291402_07291971.jpg


朝食も込みで、ホテル料金は6,000円。まるでビジネスホテルなみの料金でした。
タクシーの初乗り運賃も東京は730円なのに、こちらは540円。
地方都市の物価が安いのか、東京の物価が高すぎるのか。
最後の1枚は部屋からの眺めです。

b0291402_07292828.jpg


道路は直線で碁盤の目のよう。所・番地は、北O条西O丁目というわかりやすい表示でした。
食事、ホテル、タクシーどれも安くて、旭川はお財布にやさしい町でした。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-24 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(20)

みはらしの丘では3万2千本のコキアが見頃です(茨城県国営ひたち海浜公園)

10月22日、土曜日、昨日の茨城県は曇り、最高気温は19度でした。

ネモフィラとコキア、毎年2回は訪問する、国営ひたち海浜公園ですが、コキアの紅葉が見頃とのHPの情報をみて、昨日訪問しました。
自宅出発は朝の7時、みはらしの丘到着は9時20分。開園は9時30分と書いてありましたが、次々と見学者が押し寄せるので、早く開門してるみたいです。

b0291402_08114242.jpg


手前は約50万本というソバの花。

b0291402_08115151.jpg


そして約200万本というコスモスの花。ソバの花も、コスモスの花も見頃でした。

b0291402_08120095.jpg


手前コスモス、背景コキアという組み合わせは、誰もが撮りたくなる構図。

b0291402_08120943.jpg


今年は9月下旬から10月上旬の暖かい日の影響で、コキアの紅葉が例年より遅れました。
でも今は3万2千本のコキアが見事に色づいてます。

b0291402_08121944.jpg


焦って50枚ほど撮ったところで、やっと落ち着いて丘の景色を眺めました。
朝の10時ですが、丘の道という道に大勢の人たち。

b0291402_08122966.jpg


こんな過密地帯もありました。

b0291402_08123860.jpg


最後はコキア&コスモスの2枚です。

b0291402_08124867.jpg

b0291402_08125610.jpg



やはり土曜日は午前中から混雑します。恐らくですが午後はもっと大変かもしれません。
それでも3万2千本のコキアの紅葉は圧巻です。海外にもこんな景色はないでしょう。
1時間程の撮影で、150枚ほど撮って引き上げました。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-23 16:00 | | Trackback | Comments(34)

ヒョウの母親と赤ちゃんに出会った日(アフリカ縦断の旅、9月9日、前日と同じくヒョウを探してマサイマラ東地区へ)

10月16日に撮影した旭山動物園のユキヒョウ、リヒト君の日記が続いてますが、本日は9月9日に撮影したケニアの野生のヒョウをお届けします。
ケニアに滞在中の9月10日に、この日の出来事を興奮覚めやらぬなか、日記に書きましたが、今日の日記には、当日掲載した写真と、昨夜現像した新しい写真の両方を載せました。

最初は早朝に出会ったダチョウ。

b0291402_22561708.jpg


次はイボイノシシ。小さい4匹は生まれて1週間か2週間と思われます。
手のひらサイズでした。

b0291402_22562936.jpg


ドライバーのオルオチは、川の両側に鬱蒼と繁る樹木やブッシュに目を凝らしながら、ゆっくりと車を流します。
視力では、はるかに負けますが、私も車の天井から頭を出し、ヒョウがいそうな大木の樹の上を探しました。そしてオルオチがヒョウの母親を発見、さすがです。

車からは30m以上あったと思いますが、その30mは殆どがブッシュに覆われてました。
オルオチが、「I’s there」と指を差しても私には何も見えず、しばらくしてヒョウが動いたので、やっとその存在を確認できました。

b0291402_22564159.jpg


赤ちゃんもいます。ブッシュが邪魔してピントが蹴られてしまい、焦りまくりで撮ってます。

b0291402_22571132.jpg


同じ瞬間に撮った写真は当日にも掲載しました。

b0291402_22582827.jpg

b0291402_22584143.jpg

b0291402_22580119.jpg



ブッシュの上に顔が出る母ヒョウは見えるし、大きいのでピントも合ったのですが、赤ちゃんは肉眼では殆ど見えず、この写真にもいるのですが、それは後から気づきました。

b0291402_22593058.jpg


撮った中で1枚だけ、赤ちゃんの目が写ってました。

b0291402_22594342.jpg


目撃できたのは5分くらいだったでしょうか。長かったような、短かったような。
他の車が、我々の車に近づいてきて、そのエンジン音に危険を察したのかヒョウの親子は、川の崖を降りていってしまいました。
その後も探しましたが、崖下は、車からは全く見えないので、撮影はここで終了しました。

帰りに出会ったのは、毎度おなじみヌーの行列。
奥の方に森が見えますが、ヒョウがいるのは、こういう森の中です。森の中はブッシュに覆われ彼らを見つけるのは、そう簡単ではありません。

b0291402_23000088.jpg


個体数が多くて撮影が楽な順からいうと、断然ライオン、次がチーター、その次がヒョウです。
写真はイマイチですが、絶滅危惧種の豹親子を目撃できて、ラッキーな1日でした。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-22 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(22)