<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

東京から眺める富士山と夕陽(2016年最後の日記)

2016年の最後の日記は富士山です。
今年も365日、日記を書き続けることができました。
体力が続く限り来年も続けようと思います。

12月30日、15時40分、足立区の都市農業公園から。

b0291402_07443630.jpg


上の写真は望遠レンズの100mm側、下の写真は望遠レンズの400mm側。
手前の小さな山は丹沢です。

b0291402_07444438.jpg


ここは荒川の河川敷なので風が強く、通りかかるのは元気なランナーと、犬を連れて散歩する人。手前でキラキラ輝いてるのが荒川です。

b0291402_07445490.jpg


15時57分。ねぐらに帰る鳥が3羽。

b0291402_07450293.jpg


太陽が低くなり、沈む寸前に空が赤く染まります。

b0291402_07451157.jpg


16時7分。太陽が雲に隠れて、富士山がシルエットになりました。

b0291402_07452051.jpg


もうちょっと粘って、空の色がどう変化するかを撮りたかったのですが、荒川の河川敷はとにかく寒い。
正月に風邪を引くのは避けようと、ここで自宅に戻りました。

今年も「旅プラス」の日記を見に来ていただき、「イイネ」や、「コメント」や、励ましを沢山いただきまして、ありがとうございました。
皆様の応援を励みに、365日、365回の日記を書きました。
「門松や 冥土の旅の 一里塚」、なんて句もありますが、来年も元気に写真を撮って、日記を書き続けようと思います。

2017年が、皆さまにとって最高に素晴らしい年になりますように。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-31 16:00 | 散歩 | Trackback | Comments(38)

自分が幹事だった2016年忘年会、その場所と料理とお値段は・・・(エスカーレ ホテルモントレ赤坂店)

12月27日は学生時代の同級生が集まる、同窓会 兼 忘年会でした。
我々同級生12名が集まる同窓会は、過去10年以上、1年に12回、つまり毎月行われており、幹事は12名で持ち回り。私は12月の幹事をやってます。

同窓会の条件は、飲み放題があること。個室で食べれること(何故なら我々が騒がしくて周囲に迷惑をかけるから)、そして料金は8,000円以内。
その条件だと、どうしても居酒屋、中華が多くなってしまうので、今回は思い切ってホテルのフランス料理店を選びました。

場所は、赤坂見附から歩いて5分の「エスカーレ ホテルモントレ赤坂店」

b0291402_05552679.jpg


店のHPによると、「赤坂御用地の緑を眼下に、英国の伝統的なインテリアが心地よい空間と、頭上にはスワロフスキーのシャンデリアが輝くフレンチレストランエスカーレ。
旬の素材に拘った華やかなコース料理をご堪能いただき、至福のひとときをお過ごしくださいませ。」

b0291402_05553497.jpg


ウーマンエキサイトにも「女性のための厳選レストラン」として取り上げられてます。

b0291402_05554404.jpg


メニューは前菜が4種類。

b0291402_05555442.jpg


これは私が取り分けたお皿です。

b0291402_05560421.jpg


あとは季節のポタージュがあって、飲み放題メニューは、ワイン、ウィスキー、日本酒、焼酎とあり、どれも居酒屋のアルコール類よりは上等な銘柄で、2時間飲み放題。
そういえば乾杯用にはシャンパンが注がれました。

b0291402_05561384.jpg


メインの料理は豚肉のロースト焼き。これ5人分です。

b0291402_05562236.jpg


そして主食は焼きそばでした。

b0291402_05563360.jpg


デザートがこちら。

b0291402_05564334.jpg


会場はというと十数名は入れそうな個室。
宴たけなわで、1人が唸ってます「親思ふ 心にまさる 親心 けふのおとずれ 何ときくらん」
吉田松陰が家族に残した「辞世」であり、ここは詩吟を唸ろうが、校歌を歌おうが、がっちりした建物で、部屋も広くて自由です。

b0291402_05565485.jpg


赤坂のホテルダイニングで、個室。
料理はフランス料理というよりも、パーティー料理でしたが、まあ、お値段相当でそれなりでした。
場所と、会場の雰囲気と、サービスは二重丸。
飲み放題は係がいない時、写真右側のバーカウンターに自分が立っていけば、飲みたい酒を飲みたいだけ席に運べるので、全員が呑兵衛という我々にはありがたかったです。
最後に、この日の会費は1人、6,300円。居酒屋の宴会はちょっと厭きたよ、という方にはお薦めです。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-30 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(20)

築地の「場外市場」は、移転後どうなるの??、という質問にお答えします(築地魚河岸)

先日、築地場外市場に出かけた時に、配られていたチラシをご紹介しましょう。

質問 : 築地場外市場って、どうなるの
答え : 移転しません。場外400店舗はもちろん、新たに「築地魚河岸」の60店舗が、食市場として他にないものを揃えていきますので、豊洲移転後も築地にお越しください。

・・・というわけで、11月19日にオープンした「築地魚河岸」を取材してきました。
築地魚河岸は2棟ありますが、晴海通りに面した「小田原橋棟」です。

b0291402_20305567.jpg


1階が鮮魚と野菜の中卸、2階が事務室で、3階は大食堂です。

b0291402_20310555.jpg


タラバガニは1個入り9,000円、2個入りが18,000円。今年は中国船が根室沖で乱獲しており、その影響で激しく値上がりしてます。

b0291402_20311914.jpg


車海老は大きさにより100円/200円/350円。

b0291402_20312794.jpg


生ウニ1箱、2,800円。これ安いですか、高いですか。なんか高いのかなという気もしました。

b0291402_20315552.jpg


この生牡蠣はでかいです。1個が500円/600円。生帆立は6個入りが1,000円。
カミサンの買い物に付き合うのは月に1回あるかないか、なので相場がよく分かりません。

b0291402_20320880.jpg


お客さんが押し寄せていたマグロ店。左の方は大トロ、右の方は中トロです。

b0291402_20321771.jpg


お刺身です。2点盛りが800円、3点盛りが1,200円。

b0291402_20322952.jpg


3階に上ると食堂があります。
あら炊き定食900円、鉄火丼900円、焼魚定食900円、天丼1,000円、海鮮丼1,000円、刺身定食1,200円。お客さんが多くて、行列でした。

b0291402_20325075.jpg


隣の「海幸橋棟」は、2階どうしが陸橋で繋がってますが、1階の入り口は殺風景です。

b0291402_20375389.jpg


2階から眺めると、1階の売り場はこんな感じです。

b0291402_20380351.jpg


ずわい船盛りが4,100円。今年は蟹が高すぎます。

b0291402_20381152.jpg


「築地魚河岸」には、このような店が揃ってました。
築地の場外市場はどうなるの??、ですが、「築地魚河岸」も含めて460店舗が現在の場外の場所に軒を連ねるので、移転後も築地は変わらないと思いました。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-29 16:00 | | Trackback | Comments(22)

甘い夜も、甘い昼も、キャンディとマカロンの小道の先には不思議なスイーツの街(表参道ヒルズ)

キャンディとマカロンの小道の先には不思議な世界が広がっていました。

b0291402_05293894.jpg


これ全部お菓子でできてます。パン、チョコレート、ケーキ、ポッポコーン。

b0291402_05294868.jpg


お菓子やさんはキラキラ輝いてます。

b0291402_05302595.jpg


「passage de bonbon」、訳すと、キャンディの通りでしょうか。

b0291402_05303636.jpg


これは食べれません(笑)

b0291402_05310320.jpg


電話ボックスの天井からはキャンディーがぶら下がります。

b0291402_05312481.jpg


そしてプロジェクションマッピングで再現されたパリの街角では女の子が踊ります。この子は本物の女子。

b0291402_05314521.jpg


この不思議な空間をプロデュースしたのは、村松亮太郎さんが率いる「NAKED」
表参道のスイーツのお店が何店か協賛して実現しました。

b0291402_05315546.jpg


ただ見るだけの観賞券と、スイーツも食べれる観賞券がありましたが、私は観賞券のみ。
スイーツ付きチケットを買った女子たちは、別室で食べれるようでしたが、食べ放題なのかどうか、肝心なところはチェックできませんでした。
DIGITAL SWEET ART展、SWEETS by NAKEDの開催は、来年の1月9日までです。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-28 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(14)

1年に1度はここを訪れないと年が明けません(場所は秘密)

12月24日、クリスマスイブの16時ごろ。

行先は内緒で、日記の最後に出てきます(笑)

ここが降り立った場所です。
ヒントは都内ですが、JRの駅ではありません。メトロの駅から歩きます。

b0291402_05104787.jpg


もしかして、もう分かりましたか。正解はもうちょっと先です。
最初にクリスマスツリーを見に行きました。

b0291402_05105850.jpg


250個の風船からできた高さ8mのツリーは、名前がバルミネーションツリー。
光の風船が、木琴の音に合わせて踊るように点滅します。

b0291402_05110731.jpg


次は屋外にあったクリスマスツリー。
クリスマスツリー型のイルミネーションで、風の動きを感知して7色に変化します。

b0291402_05111840.jpg

b0291402_05112739.jpg



もうどこだか分かりましたか。そろそろネタばらしを。

b0291402_05113880.jpg


はい、ここは六本木ヒルズです。

b0291402_05115181.jpg


52階の「星にタッチパネル劇場」では、展望台から見える夜景に、プロジェクションマッピングで、映画「君の名は。」の名シーンを
投影するという案内があり、ついでに紅く染まる富士山も撮ろうと望遠レンズも持って来ましたが、この日は展望台に昇るだけで70分待ち。
カップルなら70分待てるでしょうが、おじさんが1人で70分待つのはきついし、お腹もすいてきたので諦めて自宅に帰りました。

このプロジェクションマッピングは、1月29日までやってるらしいので、来年の混雑してない時期を見て再度チャレンジしてみます。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-27 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(18)

何が来るのか分からないまま、列に加わり「撮り鉄」をして、大混雑の築地場外を歩いた日

12月24日、土曜日、クリスマスイヴ

年末の築地市場を撮影しようと、自宅を出たのは朝の9時頃。
最寄り駅の南千住駅から、築地駅まではメトロ日比谷線で18分。
ところが南千住駅の様子がいつもと違います。

b0291402_05570124.jpg


野次馬(笑)の直感で、何か凄い電車が来るはずだと、十数名の列の最後に並びます。
反対側のプラットホームは、いつもの南千住駅の駅員さんの3倍くらいの駅員さんが待機中。

b0291402_05570911.jpg


この段階で、隣の中学生やおじさんに、「何が来るの」、とも聞けないので、わからないまま、電車を待ちますが行列はさらにのびて、
私より後ろにも十数名が並び合計で三十数名が、今や遅しとカメラを持って待っていると、電車がやってきました。

b0291402_05571709.jpg


「いつもの日比谷線と似てるけど、ちょっと綺麗。でもそれだけ?」とガッカリ気分。
この日は日比谷線に新型車両の「13000系」がお披露目された特別運行の日。
新車両が霞が関駅と南千住駅を往復するというので、撮り鉄さんが大集合していたわけで、列車は綺麗でピカピカです。

b0291402_05572462.jpg


霞が関駅から乗ってきた撮り鉄さんたちは、列車の後部を撮ろうと、カメラを構えてこの騒ぎ。
帰宅後にネットで調べたら、新型車両は車体が18mから20mにのびて、3ドアと5ドアが混在した日比谷線も、来年から4ドアに統一されるそうです。

b0291402_05573235.jpg


撮り鉄でない私は、「は~~そうなんだ」、くらいの感想しかありませんが、南千住の駅に集まった撮り鉄さんはご苦労様です。
築地にやってきました。イヴの土曜日ですが、場外市場は大混雑。

b0291402_05574336.jpg


この狭い道を歩いてもカメラを構えるのは無理なので、11月に新しくできた「築地魚河岸」を、見学してから酒の肴を買おうと、波除通りを歩きました。

b0291402_05575171.jpg


鰹節の松村さん。前列に出るのが大変。

b0291402_05581256.jpg


特上削パックが、250g、995円。500gが1,940円です。

b0291402_05582409.jpg


玉子焼きの築地山長さん。最前列には出れないので、その行列を撮りました。

b0291402_05583319.jpg


明太子と、シラスと、サキイカの店で、レジに並ぶお客さんたちです。

b0291402_07274767.jpg


取材は諦めて、新大橋通りに戻りました。海宝水産さん、どんぶり市場、菅野商店さん。歩道が歩けないので、車道を歩く人もいました。

b0291402_07275763.jpg


やっといつも酒の肴を買う三宅水産さんに辿り着きました。
カニは高すぎるし、ウニ、アワビは近所のスーパーでも買えるし、ささやかに6個、900円のトコブシを買って帰りました。

b0291402_07280605.jpg


ところで「築地魚河岸」という場外の新らしい市場が、11月19日にオープンしました。
築地市場移転後も築地の活気とにぎわいを継承するために、中央区が設置して、小売り店約60軒が入居する生鮮市場です。
午前9時までは業務用の仕入れを目的とした方向け、9時からは一般客向けということで、ここで撮った写真は次回、お届けします。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-26 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(24)

イルカに祝福される水族館の花嫁さん(アクアパーク品川)

アクアパーク品川で、イルカが祝福する結婚式を見てきました。

新郎・新婦の入場。

b0291402_08414838.jpg


モデルさんじゃなくて、本物の花嫁さんです。そして花婿さんもいるのですが、花嫁さんの陰。
逆じゃなくてよかったです(笑)

b0291402_08420969.jpg


誓いの言葉や、指輪の交換があって、永遠の愛を誓うキス。

b0291402_08421965.jpg


ここでイルカに乗ったトレイナーさんたちのビッグ・ジャンプ。

b0291402_08423264.jpg


こういう姿勢で、イルカの鼻先に乗ってたんですね。
このジャンプは過去に何回か撮影しましたが、ようやくタイミングが合いました。

b0291402_08424154.jpg


新郎・新婦が左手を挙げると、イルカたちが祝福のジャンプを始めます。

b0291402_08425312.jpg

b0291402_08430519.jpg

b0291402_08433954.jpg



来場客からも沢山の温かい拍手があり、和やかな結婚式も閉宴となりました。

b0291402_08435056.jpg


新郎・新婦、おめでとうございます。
式は20分くらいだったでしょうか。花嫁さんの笑顔がとても素敵でした。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-25 16:00 | | Trackback | Comments(24)

高さ20mを超えるメタセコイアを、覆う巨大イルミネーション(足立区の元淵江公園)

12月24日、クリスマスイヴ。

・・・だからといって、子供も独立した我が家では、特別なことは何もありません。
近所のケーキ屋さんで、小さなケーキを2個買ってくるくらいでしょうか。

巨大なイルミネーションをお届けする前に、今シーズンのイルミネーション第4弾は埼玉県の可愛いイルミネーションです。

b0291402_22561235.jpg


場所は東武スカイツリーラインの新越谷駅から徒歩3分の、サンシティ。

b0291402_22562649.jpg


小さな広場に、7万球のLEDが輝き、地元の家族連れが楽しんでました。

b0291402_22563772.jpg


次は同じ東武スカイツリーラインの竹ノ塚駅です。歩くと20分、バスなら10分の元淵江公園。
駅から公園まではシャンパンゴールドの22万球が欅並木に輝きますが、軟弱にもバスに乗ってしまったので、撮影はできませんでした(笑)

元淵江公園に到着しました。イルミネーション第5弾は、東京都足立区の元淵江公園で、「光の祭典2016」を開催中です。

b0291402_22571160.jpg


ここの名物は20mを超えるメタセコイアの巨木8本です。

b0291402_22574776.jpg


この位置からが一番よく見えますが、8本の生木のクリスマスツリーは巨大です。

b0291402_22580149.jpg


横から見たり、斜めから見たり。

b0291402_22594924.jpg


高さ20mのイルミネーションはさすがに迫力がありました。

b0291402_22595819.jpg


最後の1枚は、ツリー・イルミネーションを撮影するベストポイントです。

b0291402_22565981.jpg


なお越谷サンシティのイルミネーションは1月9日まで、元淵江公園のイルミネーションは12月25日までです。




by tabi-to-ryokou | 2016-12-24 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(14)

スカイツリーに投影するプロジェクション・マッピング、でもよくわかりません(東京スカイツリーのドリームクリスマス)

東京駅前の丸ビルで行われている、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」に続いて、プロジェクション・マッピングの第2弾です。

ワクワク!!、ドキドキ!!、東京スカイツリーのスカイアリーナ4階に向かいます。

b0291402_05434204.jpg


今年から投影場所が、「そらまち」の建物壁面ではなく、塔体下部の高さ約120メートルをメインスクリーンに見立てて、映し出します。

b0291402_05435161.jpg


映像制作は、エッフェル塔でプロジェクションマッピングを手掛けたフランスのクリエイター。
ツリーの中心にある直径8mの「心柱」や、その外周部の鉄骨に、十数台の投影機で映します。

b0291402_05440057.jpg


確かに鉄柱の曲面にまで映像が映ってます。どうやらジャングルです。

b0291402_05440807.jpg


ストーリーの繋がりが分からないのですが、お花畑のようです。

b0291402_05441720.jpg


そして突然、ロケットが打ち上げられます。

b0291402_05442539.jpg


紅白の模様が鉄塔に現れ、「これはなに??」、「わたしはだれ??」(笑)

b0291402_05444440.jpg


なにやらバレリーナが現れて踊り始めました。

b0291402_05445324.jpg


そしたら突然、ペンギンが現れます。

b0291402_05450117.jpg


魚も泳いでいて、同じ敷地内の「すみだ水族館」、の宣伝でしょうか。

b0291402_05493145.jpg


扉が現れました。プロジェクション・マッピングで扉が現れると、クリスマスソングが流れて、そのフィナーレを迎えるというのは定番です。

b0291402_05494038.jpg


予想が適中し、指揮者が現れて、タクトを振ってます。ここで音楽は、クリスマスソングに変わります。

b0291402_05494847.jpg


ツリーが黄金色に染まり、「Merry Xmas」の文字が現れて、プロジェクション・マッピングは終わりました。

b0291402_05501959.jpg


筋書きがあったのか、何も無かったのか、画面は雪原から、ジャングル、花畑、、宇宙、バレリーナ、水族館と矢継ぎ早に変化し、あれよあれよと観てる間に終わりました(笑)
どうやら物語は期待せずに、8分間の音楽と映像を楽しめばいいみたいです。

ちなみにプロジェクション・マッピングは12月25日まで、17時30分から20時までの間の30分毎に6回上映され無料です。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-23 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(10)

銀座に2億円のゴールドクリスマスツリーが登場(GINZA TANAKA)

クリスマスツリー第6弾は「GINZA TANAKA」さんです。

貴金属の老舗として名高い「GINZA TANAKA」が、長さ1,250m、太さ1mmの純金線を使用し、ラインアートでクリスマスツリーを創り上げました。
バックパネルには、「GINZA TANAKA」が本店を日本橋から銀座に移転して90周年を迎えたことを記念し、90年前の銀座の街並が描かれています。

b0291402_07473818.jpg


純金線を、「ラインアート」と呼ばれるアート技法で立体的に組み立てることにより、ツリーを表現しています。

b0291402_07474743.jpg


重量19kg、高さ2m、純金線1,250mの輝きは、繊細でありながらも眩いばかり。金の純度は、99.999%と書かれてました。

b0291402_07475648.jpg


ちなみに、過去に写真を撮らせていただいた、クリスマスツリーです。
2013年はディズニーキャラクターでした。

b0291402_07480443.jpg


2014年はアナ雪。

b0291402_07481106.jpg


2015年はシンデレラ。

b0291402_07482019.jpg


「GINZA TANAKA]さんの俯瞰図です。
東武ワールドスクエアの模型とは違い、本物です(笑)

b0291402_07482939.jpg


なお、ゴールドクリスマスツリーの展示は12月25日まで、時間は10時30分から19時です。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-22 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(14)