<   2017年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

午前の顔と、午後の顔が、ガラリと変わる東京でも超有名な街(答えは文中に)

ここはどこでしょう、と聞かれても分かる人は少ないと思います。

b0291402_19584503.jpg


おじさん、1人見っけ~~!!

b0291402_19585215.jpg


普段は大勢の買い物客、観光客で賑わうこの波除通りも、ゴーストタウンのよう。
時間は午後の4時頃ですが、午前中の喧騒がまるで嘘のようです。

b0291402_19590182.jpg


明太子のお店がポツンと営業中でした。
特盛2,160円、大盛1,620円、並盛1,080円。

b0291402_19590968.jpg


こちらは本鮪のお店。お客さんが値段をチェックしてます。

b0291402_19591807.jpg


いつでも行列の「あんこクロワッサン」の、パン工房はル・パンさん。なんとも寂しい店先。

b0291402_19592590.jpg


波除通りを左折します。築地神楽寿司さんは営業中でした。

b0291402_19593902.jpg


築地で3店舗を営む「すし好」さんは、準備中でしたが、夕方は5時から営業再開です。

b0291402_19594842.jpg


さらに新大橋通りに向かうために路地を左折。この通りは普段なら通行人同士がぶつからないように身を細めて歩くのですが、寂しいかぎりです。

b0291402_19595768.jpg



この路地の右側では「すしざんまい」さんが営業中。
毎年、マグロの初セリを高値で競り落とすのが右側の社長さん。左側は本物の呼び込みさん。




b0291402_20041456.jpg




新大橋通りに戻ると、ちょうど陽が沈むところでした。もろに逆光!!

b0291402_20042392.jpg




最後の1枚は、「カワセミを見ると条件反射でカメラを構える男」が、舞台カーテンのカワセミを撮りました(笑)

b0291402_20043134.jpg




16時半からの歌舞伎座初春大歌舞伎の演目は、井伊大老、越後獅子、傾城、松浦の太鼓。
松本幸四郎、市川染五郎が、いい芝居をしてました。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-31 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(24)

墨田川の橋の上でマジックアワーを待ってみる(永代橋、清洲橋、駒形橋)

1月29日、日曜日、東京は晴れで気温は5度~12度。
浅草で開催中の「下町演劇祭」を観に行く予定でしたが、土曜日に撮った白鳥の現像に時間がかかってしまい、自宅を出たのが午後の3時半。
行先を永代橋に変更してマジックアワーを待つことにしました。

私が「東京マンハッタン」と名付けている月島の高層マンション群。

b0291402_08153591.jpg


先客カメラマンは約1名。片足を欄干にかけてお洒落です。

b0291402_08154460.jpg


東京マンハッタンの反対側にはスカイツリーが望めます。

b0291402_08155311.jpg


まだ陽が沈まないので、墨田川大橋を通り越して二つ上流の清洲橋に廻ってみました。
ここには先客はおらず、お年寄りとわんちゃんが散歩をしてました。

b0291402_08160839.jpg


16時5分、箱崎町の方向に陽が沈みました。

b0291402_08161902.jpg


下流の東京マンハッタンが、ソフトな黄金色に包まれます。

b0291402_08164028.jpg


上流のスカイツリー方向には、語らう男女。

b0291402_08165312.jpg


さらに場所をかえて上流に向かい、スカイツリーに近い駒形橋までやってきました。
観光船が上流の吾妻橋の方向に向かいます。

b0291402_08170259.jpg


そして最後の1枚は、やはりスカイツリー。
マジックアワーもせいぜい20分。夕陽の名残りに、ほんのりと夜の帳が降りようとしています。

b0291402_08171142.jpg


2008年に「EOS Kiss X2」を買って、スカイツリーの建設現場を撮り始めた頃、まだ花や、鳥、動物、飛行機を撮ってなかったので、
よく隅田川の橋から景色を撮ってました。
スカイツリーと隅田川は、私の写真の原点でもあり、故郷です。
久しぶりの橋で懐かしい色彩と空気に、たっぷり浸ってきました。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-30 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(26)

冬空に舞う白鳥たち(千葉県印西市の白鳥の郷)(その1回目)

今年も千葉県印西市「白鳥の郷」に白鳥たちがやってきました。
昨年は1月10日に訪問しましたが510羽、ピーク時で800羽。
今年は1月25日の段階で既に956羽。昨年よりはるかに沢山の白鳥がやってきてます。

b0291402_10180470.jpg


白鳥の飛来地としては新潟県の瓢湖が有名ですが、昨年は6,000羽。今年は3,000羽。
大寒波の影響で、新潟から千葉やその他の地まで南下する白鳥が多いのでしょう。

b0291402_10181515.jpg


白鳥の郷は、3時を過ぎると餌場から戻ってくる白鳥が次々と着水します。

b0291402_10182563.jpg


ただあまりにも池が混雑してるので、着水場所を探しながら、真上で旋回することも。
どこに降りようかと鵜の目鷹の目、いえ、コハクチョウの目、オオハクチョウの目。

b0291402_10183679.jpg


過去に4回はここに来ましたが、こんなに数多くの白鳥を見たのは初めてでした。
最後の1枚は、真上を旋回中のコハクチョウが、どこに降りるか迷ってるみたいです。旋回は、いいかげんにせんかい(笑)

b0291402_10184642.jpg



久しぶりに700枚も撮りました。
現像が間に合わないので、あと2回か3回にわけてお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-29 16:00 | | Trackback | Comments(24)

働く女性は美しい。見えるのは目だけですが恐らく女性(アクアパーク品川)

変なタイトルで申し訳ありません。
ウェットスーツを着てるので、見えるのは目だけ。水槽の掃除という仕事なので、当然ながら男性と思ってました。

b0291402_23184299.jpg


挨拶してからワンダーチューブのガラスの掃除に取り掛かります。後方にはマンタ、エイ、サメが泳ぎます。

b0291402_23192908.jpg


「ノコギリエイ」の悪役面を撮ろうと思って来ましたが、イルカのパフォーマンスがあと10分で始まるので、ここにいたのは自分だけ。

b0291402_23193804.jpg


水槽の掃除をしながら、私に手を振ってくれましたが、写真は撮り逃がしました。
この瞬間、清掃をしてるのは女性と確信しました。

b0291402_23200495.jpg


だって、男が、男に手を振らないですよね。

b0291402_23201320.jpg


私も手を振って応えて、さらにカメラを構えると、パッチリした、つぶらな瞳。
2時間サスペンスの女王、片平なぎささんの若い頃に似てます。

b0291402_23210471.jpg


これで男だったら怒りますよ。どう見ても女性です。しかも絶対に美人のはず(笑)

b0291402_23211322.jpg


これは絵になると写真を撮ってたら、イルカのパフォーマンスの、一番撮りたかった人魚姫のジャンプが既に終わっていて、空振りに終わりました(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-01-28 16:00 | | Trackback | Comments(22)

白雪、白煙、ハクセキレイ(羽田空港)

ある日の羽田空港、第1ターミナルです。

ここに来ると必ず撮るのが富士山。白雪が綺麗です。

b0291402_07310617.jpg


北風の日は、東京湾の方向から機体を輝かせた着陸機が、続々とやってきます。
特に午前中は過密状態で2機が同時に見えることもあります。

b0291402_07311688.jpg



ド~~ン!!、綺麗に白煙を上げてくれました。ANAのボーイング787型機です。

b0291402_07312455.jpg


次にやってきたのは、JALのボーイング737型機。

b0291402_07313239.jpg


機体が小さくて軽いので白煙は僅か。

b0291402_07314186.jpg


次はANAのボーイング777型機。747が退役したあとでは一番大きな飛行機です。
重かったようで見事にド~~ン!!

b0291402_07314961.jpg


展望デッキにスズメじゃない小鳥が混ざってました。ハクセキレイのメスです。

b0291402_07315957.jpg


スズメとのバトルが始まりました。ハクセキレイのメスが、スズメたちを追っ払います。

b0291402_07320846.jpg



お母さん強いなあと、椅子の陰に隠れていたハクセキレイのお父さんも、ほっと一息。

b0291402_07321833.jpg


最後にスカイマークの737型機です。ド~~ン!!!

b0291402_07322758.jpg


いかがでしたか。白雪、白煙、ハクセキレイ。
ちょっとこじつけましたが、いずれも「ハクリョク」、の羽田空港でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-27 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(18)

銀座でウニを食べたくなったら。そのお値段は文末です(銀座インズの地下1階)

ウニといったら、和食か、お寿司屋さんを想像するかもしれませんが、ここはパスタ、オムライス、牛かつ、カキフライがある食堂です。
店の名前は「東京銀座食堂」

b0291402_05443704.jpg


店は「銀座インズ」の地下1階、つまりプランタンの手前の高速道路の下のビルです。

b0291402_05452318.jpg


パスタのセットメニューを注文すると、まず最初に野菜のスープ。

b0291402_05453563.jpg


この日は「和風きのこパスタ バター醤油セット」、を頼みましたが、「炙り板うに付き」です。

b0291402_05444776.jpg


こちらは別の日に注文した「うにカルボナーラ」。

b0291402_05454436.jpg


「炙り板うに付き」が、どんなもんかというと、こんなもん!!!
うにがペロッと乗ってるのでなく、2階建て、3階建ての重層構造です(笑)

b0291402_05455375.jpg


最初は、レモンを絞ってかけたウニを食べてから、あとはパスタに混ぜて食べようが、ずっとウニ単独で食べようかご自由に。
さて、そのお値段は????
ど~~ん!!

b0291402_05445805.jpg


どちらも1,186円。消費税込みで1,280円。ローストビーフとのセットなら1,380円。
銀座でウニを食べたくなったら、「東京銀座食堂」がお薦めです。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-26 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(28)

アドリア海の真珠といわれるドブロヴニク。そのホテルはトホホ!!!(2012年9月のウクライナ、ポーランド、クロアチア旅行)

2012年9月の旅行をお届けしています。
このシリーズはダラダラと続いてますが、過去の掲載は、

2015年10月8日 ウクライナの首都キエフ
2016年2月25日 ポーランドのワルシャワ
2016年3月 7日 ポーランドの古都クラクフ
2016年8月 5日 ポーランドの世界遺産カルヴァリア・ゼブジドフスカ
2016年8月23日 ポーランドの世界遺産ヴィエリチカ岩塩坑
2016年12月1日 この飛行機、本当に大丈夫なの??(ポーランドのクラクフからクロアチアのドゥブロヴニクに移動した日)

ドブロヴニクの城壁内に、たった2軒しかないというホテルのうちの1軒の予約を取ってます。地球の歩き方にも出てますが「スターリ・グラード」
6階建てで、8室しかないというので、素晴らしい豪華ホテルかと期待してましたが、6階建てで、エレベーターも無い細長いホテルで、勘違いでした(笑)
要するにホテルは上に高く、入口のある路地は狭く、ホテルの間口も狭く、ホテルの全景は撮りようがありません。
朝食はどうするのかというと、ダイニングルームが無いので、この路地で食べます。

b0291402_08144004.jpg



朝食メニューにはトースト、クロワッサン、ハム、ベーコンとかがあって、選ぶと作って持ってきてくれますが、通りが坂道なので、コーヒーを倒さぬように注意が必要。
そしてこの通りは地元の人も、観光客も通るので、皆さんが「おや、ハムとベーコン食べてるぜ」みたいに、私の食事を上から見ながら通り過ぎていきます(笑)
写真の左に見えるお花の横がホテルの入口です。私の部屋は5階で、狭い階段をスーツケースを運び上げるのに一苦労しました。
そしてPCをするためWIFIの繋がる1階ロビーまでの往復が、毎日の運動になりました。

ドブロヴニクの城壁上部は1940mの遊歩道となっていて、ぐるりと1周できます。
ここは3箇所ある入口のうちのピレ門の入口で、このあたりの城壁は高さが25m近くあります。

b0291402_08343214.jpg




城壁の上からは、ルジャ広場まで続く200mのプラツァ通りが眺められます。ホテル「スターリ・グラード」は二つ目の通りを左に入った2軒目です。


b0291402_08362818.jpg




城壁の遊歩道は左回りの一方通行です。最も景色がいい遊歩道を三つ挙げるとすれば迷わず、ドブロヴニクの城壁、カルカッソンヌの城壁(フランス)、
チンクエテッレの散歩道(イタリア)を挙げるでしょう。

b0291402_08392159.jpg




城壁内には教会、修道院、宮殿、学校、一般の民家があり、洗濯物も目にします。

b0291402_08393245.jpg




しばらく歩くと海側の城壁です。訪れたのは9月の中旬でしたが、海で泳いでいる人が見えます。

b0291402_08405142.jpg




ヨットハーバーまでやってきました。上は城壁の上を散歩する人達、下は城壁の外を散歩する人達です。

b0291402_08410115.jpg




城壁は高くなったり、低くなったりと、勾配がきついところもありますが、高くなった場所からの眺めは抜群です。

b0291402_08431505.jpg



途中にトイレ、カフェ、売店がありますが、遊歩道の途中で景色を眺めながら休憩する人も大勢見かけました。

b0291402_08432427.jpg



山側まで来ると、スルジ山ロープウェイが民家の上を降りてくるのが見えました。

b0291402_08454250.jpg



そして城壁の遊歩道での一番の絶景がここだと思います。 アドリア海の青と、瓦屋根のオレンジの対比は最高の美しさでした。

b0291402_08455287.jpg


クロアチアの最南端に位置するドブロヴニクは、7世紀初めに築かれて以来、海上交易の拠点として発展し、ヴェネツィア、ハンガリー、オスマン帝国と宗主国を
変えながらも自治を守ってきました。
19世紀初めにフランス軍に征服され、共和制に終止符が打たれましたが、特異な歴史と美しいたたずまいは「アドリア海の真珠」と称えられます。
8世紀に建設が始まった城壁は、市域の拡大とともに16世紀まで拡張を続け、今では素敵な散歩道となってました。
次回は、城壁から下りて街中を散歩します。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-25 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(20)

ダイブするカワセミを撮ろうと狙うも・・・・あまりの超高速に玉砕でした(葛飾区、水元公園)

1月15日、日曜日の水元公園、かわせみの里です。

ちょうどいい具合に、カワセミのオスが、池の枝に止まりました。
小魚を探してますが、この日の、この時間は気温が2度前後。小魚が水面近くに上がってきません。

b0291402_21433904.jpg


それでも果敢にダイブ!!、ボケボケの画像で申し訳ありません。
あまりの速さについていけません。

b0291402_21435219.jpg


戻ってきて、枝に止まろうとする瞬間です。残念ながら狩りは失敗でした。

b0291402_21440373.jpg


寒かったのか、恥ずかしかったのか、狩りをやめて藪の中に隠れてしまいました(笑)
この写真は距離3mくらい。枝被りですが、トリミング無しです。

b0291402_21441420.jpg


待ってたら再び、狩りを開始しました。
飛び出しは撮れなかったのですが、枝に戻ってくるところは撮れました。

b0291402_21442452.jpg


アラヨ~~ット!!、
これが本日のベストショット(笑)

b0291402_21443517.jpg


再び枝から獲物を狙います。

b0291402_21444721.jpg


難しいもんですね。春から秋にかけての子育ての時期は、狩りの成功率が高いのですが、冬になり小魚が底の方に沈んでると見つけるのも、
捕まえるのも大変なようです。
春になって水が温むのもあと1ヵ月ちょっとですから、それまで頑張って欲しいですね。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-24 16:00 | | Trackback | Comments(16)

人気キャラを中心とした雪だるまが21体(神田小川町雪だるまフェアー)

1月22日、日曜日、晴れ。東京は暖かくて1度~13度。

千代田区が、群馬県妻恋村と姉妹都市という関係で、今年も80トンの雪が妻恋村から運ばれてきました。
地元の町会や、消防署や、大学生が作った、大きさ1mから2mの雪だるまが21体。
開催が1月21日と22日の2日間なので、さっそく行ってきました。
残念ながらこの気温では、雪だるまもメロメロ。融け始めてました。まずはよく分からない雪だるまから。

タイトルが「ありがとう両さん」 ← 似てるのは黒い眉毛だけ(笑)

b0291402_05384900.jpg


タイトルが「ゴジラ東京に現る」 ← ゴジラにしては目が可愛すぎます。 

b0291402_05385881.jpg


タイトル「スターウォーズ」 ← タイトルは「お地蔵さん」でもいいのでは。

b0291402_05391064.jpg


無理もありません。駿河台下はこの日差しですから。

b0291402_05393696.jpg


地元の消防署が作った「火の用心」

b0291402_05401391.jpg


これは分かりやすいです。「ポケモンGO」

b0291402_05403723.jpg


この雪だるまは、形がしっかりしていますが、東京では知名度が低い「ぐんまちゃん」、群馬県妻恋村が後援してるからだと思います。

b0291402_05404939.jpg


「くまちゃんと、千代田区のキッ君」。キッ君は千代田区の消費生活センターのイメージキャラクターだそうですが、知りません(笑)

b0291402_05413146.jpg


最後は誰でもわかります。下に文字も書いてありました。この雪だるまも制作は消防署。

b0291402_05414028.jpg


雪だるまコンテストも行われていて、投票で選ばれた最優秀チームには図書券10万円分が贈られるそうです。
私が投票するなら、最後のPPAPでしょうか。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-23 16:00 | イベント | Trackback | Comments(12)

石川佳純選手は可愛くて、水谷隼選手は力強い(卓球・全日本選手権、準々決勝、東京体育館)

1月21日、土曜日、東京は1度~11度で晴れ。風が冷たい1日でした。

ネットで予約して、ローソンで受け取ったチケットを持って、東京体育館には9時に到着しました。
試合開始の1時間前ですが、既に体育館の周囲には長蛇の列。
チケットは、アリーナ席、SS席、S席の順に、近くて見やすい席なのですが既に売り切れ。私のA席は一番安くて、2階席。卓球台ははるかかなたでした。

b0291402_08352688.jpg


4連覇がかかる石川選手の、準々決勝の相手は三宅選手。

b0291402_08354308.jpg


試合中の撮影は禁止で、写真は練習風景です。営利目的でなければ、SNSへの投稿もOKと書いてありました。

b0291402_08355344.jpg


三脚と、超望遠レンズも禁止なので、300mmの小さい望遠で撮ってます。

b0291402_08360376.jpg


試合はというと石川選手が4対0で圧勝。30分くらいで試合は終わりました。

b0291402_08361290.jpg


次は昨年の決勝戦で石川選手に敗れた16歳の平野美宇選手。
隣でもう一組の準々決勝が試合中で、ゲームとゲームの合間に撮れたのがこの1枚だけでした。
試合は平野選手が4対2で勝ちました。

b0291402_08362039.jpg


男子シングルスの水谷選手です。彼も4連覇がかかっています。

b0291402_08362931.jpg


ラケットが膝のあたりの低い位置から出てきて、強烈なスピンをかけているのがわかります。

b0291402_08430966.jpg


フォアハンドの、ワン・ツー・スリーのショットです。

b0291402_08431902.jpg

b0291402_08432896.jpg

b0291402_08433801.jpg



水谷選手の第一セットまで見てから帰りましたが、彼も4対1で勝って、準決勝に進みました。
やはり超一流選手は、フォアハンドのスマッシュのスピードが違います。ラリーを重ねて、甘い球が来るとすかさず強打。実力差を見せつけてくれました。

平野選手、水谷選手の叫び声は聞こえなかったけど、石川選手がスマッシュを決めた時の叫び声は時々聞こえました。
「サ~」と、「シャ~」と、「タ~」がミックスされたような発声(笑)
今回欠場の福原愛選手よりは小さな声ですが、これがまた可愛かったです。

追記:本日の決勝で平野選手が、石川選手に4対2で勝利し、16歳9カ月という史上最年少で、全日本チャンピオンに輝きました。おめでとうございます。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-22 16:00 | イベント | Trackback | Comments(10)