<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

バッファロー、カンムリヅル、象の赤ちゃんたち(到着して5日目のサファリ)

2月17日の、タンザニア国境へのロング・ドライブです。
前回の日記でチーター、ライオン、豹をお届けしましたが、今日の日記は猛獣以外です。

日の出とともに、望遠レンズで太陽光線を狙って見ました。
一条の光の背景は、バッファローのグループです。

b0291402_08000229.jpg


カンムリヅル2羽と、自分との3ショット。

b0291402_08002053.jpg


小さな水溜りに集まってきたシマウマたち。空が真っ青でした。

b0291402_08003014.jpg


赤ちゃん象を見つけるたびに車を停めてもらい撮ってます。
生れたばかりの赤ちゃんは体重が90~120kg、背の高さが1mといいますから、この子は生後3・4ヵ月でしょうか。

b0291402_08011670.jpg


先ほどの赤ちゃんよりも、さらに小さな赤ちゃん。
大人の象たちが、周囲をガッチリとガードしてます。

b0291402_08012653.jpg


そして赤ちゃんが耳をパタパタとさせました。歓迎なのか、不安になったのかどっちでしょうか。

b0291402_08014053.jpg


国境付近でチーター、豹をに出会い、帰り道でライオンの親子にもあって、ホテルの近くです。
小学校から生徒たちが出てきて、手を振ってくれました。

b0291402_08004020.jpg


まだ授業中みたいで、砂を拾いに行くそうです。

b0291402_08004999.jpg


ここの子供たちは本当に愛想がよくて、車を見ると笑顔で手を振ってくれます。
もしかしたら、カメラを持ってる私に対してかもしれないので、私も手を振って、日本とケニアの友好・親善に務めてます。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-31 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)

花桃が咲き乱れ、「華むすめ」が微笑む桃源郷(茨城県古河市の桃まつり)

桜の満開にはまだ3日か4日早いので、昨日は古河市の「桃まつり」に出かけてきました。
桃まつりの名物は、「華むすめ」さん。
昨年までは「古河桃むすめ」の名前でしたが、今年から「古河華むすめ」と名前が変わりました。

b0291402_08181517.jpg


毎年2名が選ばれて、任期は2年だそうです。なので合計4名いらっしゃるのですが、
交代でそのうちの2名が、いつもこの場所で出迎えてくれます。

b0291402_08182401.jpg


日本一の花桃の里には、小さな小川が流れます。
桃のピンクが映り込むのを狙う、カメラマンさんたち。

b0291402_08183311.jpg


勿論、私も1枚。

b0291402_08184246.jpg


江戸時代に古河藩主土井利勝が、領地に桃を植えさせたことから、この地には桃が多いとか。

b0291402_08185207.jpg


でも、現在の花桃は昭和50年の古河総合公園の開園を機に植えられたので、かれこれ40年。

b0291402_08190729.jpg


今では1,500本の桃が古河総合公園に咲き誇ります。

b0291402_08193785.jpg


矢口・源平・菊桃・寿星桃・寒白桃の5種類の花桃があるそうですが、名前が書かれてないのでどれがどれだか分かりません。

b0291402_08195474.jpg


観賞用として改良された花桃ですが、実がなっても小さいので食べれないそうです。
写真を撮りながら、公園内を歩きましたが、花びらを撮ったのはこの1枚だけでした。

b0291402_08200508.jpg


ちなみに古河の桃まつりは3月18日から、4月5日まで。
望遠で撮った写真が、あと何枚かあるので次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-30 16:00 | | Trackback | Comments(12)

イルカとともに。はじけるお兄さん、はじけるお嬢さん、そして癒しの時間(アクアパーク品川)

3月の、ある日の「アクアパーク品川」です。
トレーナーさんが何人か交代したみたいで、今まであまり見かけなかったトレーナーさんが、この日は活躍してました。

はじけるトレーナーのお兄さんです。

b0291402_20364883.jpg

b0291402_20365632.jpg

b0291402_20370674.jpg

b0291402_20371464.jpg



見事ですね。負けじとイルカもはじけます。

b0291402_20372365.jpg


休憩時間に見た、トレーナーさんと、イルカ君のひと時。
こういう風にして、信頼関係が築かれてるんですね。なんかこの光景には癒されます。

b0291402_20373533.jpg


館内を散歩してたら、カピバラ君がまったりと温浴中。この光景にも癒されます。

b0291402_20381925.jpg


そして再び、はじけるトレーナーのお嬢さん。

b0291402_20374988.jpg


見事ですねえ。どうして滑りやすそうなイルカの頭に乗っていて、落ちないんでしょうか。

b0291402_20380065.jpg


アクアパーク品川は、リピーターの観客も呼べるように、様々な工夫をこらしてました。その点では、TDLや、USJは大先輩ですね。
品川駅前という好立地をいかし、都心のアミューズメントパークとして、これからも頑張って欲しいです。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-29 16:00 | | Trackback | Comments(10)

ゴールデン・ターキンの赤ちゃんと、キリンの赤ちゃん(多摩動物園)

3月25日、土曜日は、日中13度の心地よい晴れで、久しぶりに多摩動物園に出かけました。
お目当てはゴールデン・ターキンの赤ちゃんと、キリンの赤ちゃんです。

こちらは1月12日に生まれたゴールデン・ターキンのムツ君。オスです。

b0291402_13572798.jpg


登ったのはいいけど固まってしまった、ムツ君。生後3ヵ月ですからね、まだ下り方がよく分かってないのかも(笑)

b0291402_14303487.jpg


やっと下りれました。右はパパ。名前はオウテンです。

b0291402_13575295.jpg


ゴールデン・ターキンはインド北部や、チベット・ブータンに住む牛科の動物ですが、生息数が少なくて絶滅危惧種(UV)としてレッドリストに指定されています。
こちらは2月3日に生まれたフクちゃん、メスです。左はママ。名前はオーキです。

b0291402_13580034.jpg


ムツ君の放飼場は親子3頭ですが、その隣のフクちゃんのほうは5頭が共同生活をしています。
甘えん坊のフクちゃんは、お姉ちゃんのメイちゃんにもチュッ!!

b0291402_13581423.jpg


キリンの赤ちゃんを探しに、アフリカ園にやってきました。
この子が赤ちゃんかな。でもこの身体の大きさならば1歳弱くらい。

b0291402_13583954.jpg


あ、赤ちゃん発見。1月31日に生まれたメスのキリンで、奥にいるのはママの「ユーカリ」です。

b0291402_13585961.jpg


ママの「ユーカリ」と、パパの「ジル」の名前から文字を貰い「ユルリ」と名付けられました。
見物に来たキリンが2頭いて、ユルリちゃん、ゆるりと後ずさり。

b0291402_13590740.jpg


もう1頭、でかいキリンが来て、ユルリちゃんは、引っ込んでしまいました。

b0291402_13591655.jpg


生れてまだ2ヵ月ですからね。ちょっと怖くなるとママのそばに逃げていきます。
この写真は、我々がのぞくことができない部屋なので、動物園のHPからお借りしました。

b0291402_13594999.jpg


1月から4月にかけては、多摩動物園も出産ラッシュ。
2月5日にはチーターに赤ちゃんが3匹生まれました。
名前はクラリス(メス) 、アイガー(オス)、ジョラス(オス)。一般公開が待ち遠しいです。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-28 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(18)

雨だったので国立新美術館のミュシャ展に、そして雨が降ってるのに、さくらを撮影しようと葛飾区へ

3月26日、日曜日、東京は朝から小雨、気温は4度から8度と肌寒い1日でした。
午前中は降らないという天気予報だったので、茨城県古河市で桃を撮影するか、水元公園でカワセミを撮影するかと考えてましたが、朝から雨。
我が家の家訓は「雨の日は美術館か、水族館」(笑)、なので朝一番で、国立新美術館のミュシャ展に行ってきました。

一部屋、5作品のスラヴ叙事詩だけが撮影可でした。
作品は「ロシア農奴制廃止」

b0291402_12504068.jpg


HPのミュシャ概要から引用しますが、
アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャは、モラヴィア(現チェコ)に生まれ、ウィーンやミュンヘンを経て、27歳でパリに渡り絵を学びました。
作品は「スラヴ民族の賛歌」

b0291402_12505156.jpg


なかなか才能を発揮する機会に恵まれなかったミュシャは、34歳の時に、舞台「ジスモンダ」のポスターを手がけることになり、一夜にして成功をおさめます。
以降、優美で装飾的な作風は多くの人を魅了し、時代の寵児として活躍しました。
作品は「 スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」

b0291402_12510189.jpg


50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた画家渾身の作品が「スラヴ叙事詩」です。
作品は「イヴァンチツェの兄弟団学校」

b0291402_12513165.jpg


およそ縦6メートル、横8メートルに及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた油彩画は、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクルです。
作品は「聖アトス山」

b0291402_12514397.jpg


東京の六本木までは行くのが大変という方のために、撮影可能な全5作品を撮ってきました。
会場はというと、かなり混雑してます。作品の真正面に立って、観賞客が間に入らない瞬間はなかなか訪れず、この5作品を撮るだけでも、かなりの時間がかかりました。
私が帰る頃のチケット売り場は、50mの行列で、行かれるならやはり朝一番がお勧めです。

b0291402_12515281.jpg


さて、ここからが、感動のさくらの登場です。
雨の中、乃木坂から千代田線で金町に向かい、京成電車で一駅。駅前のさくらです!!

b0291402_12520066.jpg


なに、なに、「桜はどこだ!!」、ですって。
左側のさくらが見えませんか。
放浪の旅に出る兄の寅さんを、心配そうに見送るさくらの姿です(笑)

b0291402_12520968.jpg


なんとなく像の表情は、「さくら」を演じた、倍賞千恵子さんに似てませんか。
葛飾区が、さくら像の建設を望むファンの声を受け、柴又駅前に設置しましたが、除幕式が3月25日の土曜日だったので、まさに開花直後のさくら。
なお、この像の予算は1,600万円だとか。なんとも豪華なさくらですね。おしまい(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-03-27 16:00 | 絵画 | Trackback | Comments(20)

「落ちつけ、落ちつけ」と自分に言い聞かせながら、10分間で撮ったサグラダ・ファミリアのステンドグラス(スペイン、バルセロナ)

今日のタイトル、長かったですね(笑)
サグラダ・ファミリアはエレベーターの予約が15分単位で、自分は9時15分までに乗らなければいけません。
塔を見学して、降りて来てからも写真は撮れますが、朝一番の光を受けたステンドグラスを撮りたかったので、先に聖堂に向かいました。
大聖堂の内部を見て、いかに感動して、いかに興奮したか、まずは写真をご覧下さい。

正面方向の祭壇。

b0291402_05320707.jpg


聖堂が完成した姿を見て、感激のあまり身体が震えました。
それでも、横画面を撮ったら、縦画面も撮らねばいけません。

b0291402_05321868.jpg


祭壇の反対側です。なんでしょう、この美しさは。

b0291402_05322914.jpg


やっと落ち着いて、ステンドグラスです。

b0291402_05324156.jpg


前回の訪問がが2008年12月ですから9年ぶり。

b0291402_05333434.jpg


あの埃だらけで資材置場として使われてたこの場所が、こんなに綺麗になってました。

b0291402_05334380.jpg


この朝の光を受けた赤いステンドグラスは、いつまでも見ていたくなります。

b0291402_05335139.jpg


赤系のステンドグラスと、青緑系のステンドグラスは、誕生から死までなのか。

b0291402_05340176.jpg


それとも「躍動」と「静寂」なのか。

b0291402_05341133.jpg


聖堂内は巨木が育つ森のようなイメージで設計され、ステンドグラスの明かりは神聖な中にも、華やかさと、賑やかさ、静けさを感じさせます。
グエル公園や、他の建築作品と同じように、ガウディの設計思想が反映された光の空間では、誰もが呆然と立ちすくむしかありません。
僅か10分程の撮影でしたが、遅れぬようにエレベーターに急ぎました。
聖堂内は、あと1回続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-26 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(38)

野生動物の宝庫マサイマラでも、同じ日にチーター、ライオン、豹に出会えるのは奇跡的(到着して5日目のサファリ)

2月17日は、タンザニア国境までのロング・ドライブでした。
同乗者に女性が2人いたからでしょうか、女神が微笑むだけでなく、大笑いの、大盤振る舞い。

タンザニアの国境に近い草原で、若いチーターの兄弟を見つけました。
狩りをするかもしれないので、後を付けます。

b0291402_15365428.jpg


どちらが兄で、どちらが弟かはわかりませんが、頭が小さく、スリムで、毛並みは綺麗。
ケニアでは、ライオンよりも、チーターが人気ですが、この美しい容姿のせいでしょう。

b0291402_15370983.jpg


我々の期待に反して、昼寝タイムに入ってしまいました。お腹がすいてなかったようです。

b0291402_15371737.jpg


眠そうな顔をしてますが、アップで1枚。

b0291402_15372710.jpg


チーターが動きそうにもないので、豹が暮らすという国境からそう遠くない川に向かいました。
その途中で出会ったライオンは、メスが2頭、赤ちゃんが1匹でした。
親はサファリカーに興味も示しませんが、赤ちゃんにとっては自動車は興味の対象です。

b0291402_15374340.jpg


豹が住んでるという川の、大きな木の上に、メスの豹がいました。
距離は20m以上、樹の上の高さ5・6mの枝の間からこちらを見てます。

b0291402_15375172.jpg


ほんの一瞬ですが、立ち上がってくれました。眼光が鋭い!!

b0291402_15380094.jpg


この豹も、同じ樹の上で場所を変えて、昼寝を始めました。
チーター、ライオン、豹と出会えると、6時間なんてあっという間です。
今日はもういいかと、ホテルに戻る途中で、今度はよく会うライオンの一家がいました。
珍しくパパライオンがいます。

b0291402_15381917.jpg


こちらは毎回、お馴染。ママライオンと赤ちゃん7匹です。いえ、1匹はちょっと遠くにいて6匹でした。

b0291402_15382890.jpg


最後の写真は、赤ちゃん2匹ですが、私には笑ってくれてるように見えました。

b0291402_15383720.jpg


マサイマラはアフリカで最も猛獣が多いサバンナですが、たった1日、しかも6時間で、チーター、ライオン、豹に出会えたのは奇跡でした。
写真はよく似たのばかりですが、558枚も撮れて、晩のビールと、ワインが美味しかったです。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-25 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(22)

クリエイティブ集団ネイキッドが表現した桜をお届けします(コレド室町 & アクアパーク品川)

3月21日に全国に先駆け、桜の開花が発表された東京ですが、本日は撮りためた写真から、クリエイティブ集団ネイキッドが表現した桜をお届けします。

場所はコレド室町の日本橋三井ホール、テーマは「花の体験型庭園」でした。
桜のウェディングドレス。

b0291402_08422052.jpg


桜の映像の前で踊るダンサー。

b0291402_08423276.jpg


桜が背景の、奇妙なガラスの空間。

b0291402_08424354.jpg


桜のアート空間「桜彩(おうさい)」では、日本酒や花のカクテルを注文できました。

b0291402_08425150.jpg


この催しは3月20日で終了しましたが、2月6日の日記「なんとも奇妙な花の体験型庭園」でも取り上げました。
場所が変わって、アクアパーク品川では、「SAKURA AQUARIUM by NAKED」、を4月16日まで開催中です。
桜につつまれた花道が迎えてくれます。

b0291402_08431473.jpg


桜でも、こぼれ桜をイメージしたという映像。

b0291402_08432326.jpg


桜の映像に幻想的な水槽が浮かびます。

b0291402_08433515.jpg


桜の花灯りで、ビールを一杯。

b0291402_08434468.jpg


桜模様のジェリーフィッシュ・ランブル。

b0291402_08435460.jpg


桜とクラゲのコラボです。

b0291402_08440390.jpg


桜の映像、オブジェ、デジタルアートはいかがだったでしょうか。
物足りなかった、しつこかったという皆さまは、本物のお花見にお出かけ下さい(笑)
東京の満開は4月1日前後と、今朝のTVで天気予報士が言ってました。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-24 16:00 | | Trackback | Comments(14)

美味しくて安いミシュラン店を探すシリーズ(その7店目は神楽坂のビストロ、ルグドゥノム・ブション・リヨネさん)

「東京」、「ミシュラン店」、「ランチ」、「料金は2000円以下」で探すシリーズの7店目です。

今まで6店もあったかな、という読者がいらっしゃったら、カテゴリーで「グルメ」を検索して下さい。でもリンク張りました。店名クリックで検索できます。
4月15日が赤坂の懐石料理、帰燕さん、4月21日が銀座の蕎麦、流石さん、5月24日は銀座の懐石料理、一二岐さん
7月18日は赤坂の日本料理、井ざわさん、10月5日が赤坂の魚料理、ととや魚新さん、12月17日が東銀座の鯛茶漬け、うち山さんです。

7店目は神楽坂のシンボルである毘沙門天から、反対側の路地「本多横丁」の3軒目か4軒目の左側。

b0291402_05295287.jpg


ルグドゥノム・ブション・リヨネって、1回では記憶できない名前ですが、「ルグドゥノム」は、リヨン、「ブション」はレストラン、もしくはビストロのような意味で、
リヨンの郷土料理を提供するミシュランの一つ星店です。

b0291402_05300211.jpg


オーナー・シェフはリヨン出身者のクリストフ・ポコさん。数多くのミシュラン店で働き、日本の料理学校コルドンブルーでは25歳にして教師を務めたという
有名シェフですが、日本で初のリヨン出身者によるブションを2007年に開業しました。

b0291402_05312781.jpg


1900年代の螺旋階段、伝統的な木製の錫トップのカウンター、エミール・ガレのアール・デコのライト、樫の木のテーブル。リヨンの風景の写真やポスター、
数々の小さな装飾品が壁を飾り、内装はポコさんのセンスが行き渡ってました。

b0291402_05313925.jpg


なんとなく敷居が高そうですが、平日ランチはサラダ、メイン、カフェのコースで1,850円。
野菜たっぷりのサラダはハーブも多く、右のレンズ豆のサラダは、マスタード風味でパンに付けて食べます。パンは外側カリカリ、中身はモチモチ。

b0291402_05301318.jpg


メインは魚料理、肉料理と選べますが、鴨のローストを選びました。
提供された鴨はフランス産。風味、旨味、焼き加減、ソース、ともに最高。右手前は牛蒡、右奥はキノコです。

b0291402_05315121.jpg


料理は手が込んでいて美味しく、店員のサービスも良くて、「1,850円でいいの」、というのが感想です。
1回目は、予約なしでブラリと訪問し満席で断られ、2回目は予約して行きました。
行かれる場合は平日限定メニュー、そして予約必須の店ということをお忘れなく。
なお写真の何枚かはHPからお借りしました。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-23 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(16)

繁殖期を迎え奮闘するカワセミの「カワ男」君(葛飾区、水元公園)

3連休の最終日、真っ先に向かった場所は水元公園でした。
いつもなら「かわせみの里」に行くのですが、先週あまりにもカメラマンが多かったので、久しぶりに「不動池」に行ってみました。先着のカメラマンは十名程。
嬉しいですね~、到着したら既にカワセミがいてくれて、カメラマンさん全員がおしゃべりもせず、真剣にファインダーを覗いてます。不動池いいぞ!!

b0291402_15270216.jpg


ここは昨年まで、デブ子ちゃんと、ドジ男君が縄張りとしてた池。現れたのはオスなのですが、昨年のドジ男君なのかどうか、よく分かりません。
一応、「カワ男」君と名付けましたが、愛想もいい。

b0291402_15271261.jpg


ところがこの日は風が強くて、池にさざ波が立ち、狩りには向かない日。
お腹の黄色い羽も風に吹かれて、たなびきます。

b0291402_15272743.jpg


それでも繁殖期なので、獲物をGETしたいカワ男君。必死に池を覗きこみます。

b0291402_15274087.jpg


時々、場所を変えるので、その度にシャッターは押しますが、瞬間でフレームから飛び出してしまうので、飛翔場面が撮れません。
持ってる器材はかれこれ3kg。支える腕が疲れますが、カワ男君が移動する度に、自分も近い場所に移動し、ダイブするシーンを狙い続けます。
一方の、カワ男君は、狩りは成功しないけど涼しい顔。

b0291402_15274957.jpg


30分以上は経過したでしょうか、腕が痛くてたまらない時に、カワ男君が果敢にダイブ。
カワ男君、捕りました~。自分、撮り損ねました~。
待ち疲れて、ピントがずれてました。
カワ男君は枝の上で、ザリガニを、しっかりと咥えています。おめでとう!!

b0291402_15280098.jpg


食事風景をアップで撮ろうと思ったら。獲物を咥えたまま飛んでいってしまいました。
巣では奥さんが待ってたんでしょうか。カワ男君、本当に頑張ってました。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-22 16:00 | | Trackback | Comments(36)