<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「バラ」と、「紅葉」のハーモニー(北区、旧古河庭園)

11月29日、東京は晴れで、7度から19度のいい天気。

水曜日は休みなので、上野動物園で、モモジロウ君(本日、正式名が発表される予定です)を撮ろうと思ってましたが、「テレ朝」の天気予報で
依田気象予報士が、旧古河庭園のバラと紅葉を背景に実況をしてたので、急遽予定を変更して、朝9時の開園と同時に、旧古河庭園に入りました。
もう、ここに来る前から日記のタイトルは決まってます。「バラ」と「紅葉」のハーモニー(笑)

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ。背景は紅葉です。

b0291402_08044560.jpg



一応、「国の名勝」旧古河庭園の紅葉なので、敬意を表して「洋館と紅葉」

b0291402_08045633.jpg



ドフトゴールド。背景は黄葉です。

b0291402_08051092.jpg



紅葉はどうかというと鮮やか。まさに見頃です。

b0291402_08053347.jpg



ブルーライトがちょうど満開でしたが、ここのブルーライトの色は、やけにピンク系でした。。

b0291402_08054380.jpg



心字池の眺めです。左は雪見灯籠。

b0291402_08055349.jpg



バニラ・パヒューム。この背景も鮮やかな紅葉でした。

b0291402_08061942.jpg



ゴールデン・メダイヨン。11月29日にこれだけのバラが咲いてるのが驚きます。

b0291402_08062944.jpg



そして美しい紅葉。

b0291402_08064404.jpg



バラと紅葉のハーモニーが楽しめるのは、九つある都立庭園でも、ここだけです。
私は9時に入園して10時に出ましたが、10時には続々と来園者が到着してました。
バラの見頃は12月3日までと依田気象予報士が言ってましたが、紅葉と両方を楽しまれるなら今週一杯です。興味がありましたら、お早めに。
この後は、歩いて15分の六義園に向かいました。次回は六義園の紅葉です。


今晩は、丸ビル6階の「天まる」さんで同窓会。
天麩羅のコース料理なのに、呑み放題もついてます。しかもワインはイタリア産で、いけてるらしい。
遅い時間の「ほろ酔い帰宅」は避けられない情勢なので(笑)、コメント欄は閉じさせていただきました。



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by tabi-to-ryokou | 2017-11-30 16:00 | 紅葉 | Trackback

僕たち6月8日に生まれたチーター4兄弟。ママが死んじゃったけど11月13日から放飼場にデビューしました(多摩動物園)

11月25日、土曜日の多摩動物園です。

行列に並んで展示開始の1回目に見ましたが、時間は3分。でも写真は14枚あります。
8月7日に死亡したママの名前が「リリー」だったので、女の子には百合にちなむ名前が付けられました。
3匹の名前は「ブランカ」、「マルタ」、「レリア」。そして男の子の名前は「レン」です。

扉が開いて外を覗いてる4兄弟。真っ先に飛び出すはずのママがいないので、4匹でモジモジ。
この写真の色が悪いのは、この放飼場はガラス越しの撮影だからです。

b0291402_05331344.jpg



3匹が見えますが、まだ奥に1匹います。

b0291402_05332386.jpg



恐る恐る匍匐前進のように出てきました。勇気あるこの子はオスのレンちゃんでしょうか。

b0291402_05333740.jpg



ようやく4匹全員が見えました。中に残ってる3匹は「お兄ちゃん頑張れ」と言ってるみたいです。

b0291402_05334782.jpg



2匹目も好奇心で、前進しようかどうしようかと迷ってますが、左の子だけは姿勢正しくカメラ目線。
おっとりタイプのようで、どことなく3兄弟のジョラスと似てます。

b0291402_05340402.jpg



3匹目が、割り込んできて、2匹目の下から外を眺めてます。

b0291402_05341402.jpg




2匹目が、へっぴり腰で前進開始。左の4匹目は相変わらずで悠然とカメラ目線。

b0291402_05342554.jpg




腰が引けながら前進中の2匹目は、飼育員さんが岩の上に置いて行った、小さな肉の塊を見つけました。

b0291402_05344818.jpg




匂いを嗅いで、舐めてます。

b0291402_05351366.jpg



2匹目は肉にかぶりつき、3匹目は外にようやく出てきて、4匹目はまだ檻の入り口で待機中。

b0291402_05352344.jpg



この写真は4匹が写ってます。一番左側は2匹目で、肉片はこの子の胃袋に。隣の尻尾が見えてるのは3匹目。
「お肉がないじゃない」と、残念そうな顔をしてるのが4匹目。その右の尻尾だけは1匹目です。

b0291402_05491615.jpg




もう子供同士の判別ができませんが、我々がいるガラス窓に近づいてきてくれました。ユキヒョウのフクちゃんより、はるかに足が長い。

b0291402_05492675.jpg



6月に生まれて約半年。ママがいないなかで、飼育員さんがよく頑張ってここまで育てたと思います。

b0291402_05493624.jpg



まだ恐る恐るですが、腰を低く落として、いつでも逃げられる態勢で近くまで来てくれました。

b0291402_05494663.jpg



無情にも、「30秒前です」、「はい、終了です」の声が響き渡りました。観察時間はわずか3分。いくらなんでも短いです。
もう1回並ぼうかとも思いましたが、行列が長かったので諦めて、フクちゃんがいるユキヒョウ舎に向かいました。やはり土日の動物園は厳しいです。
次回はフクちゃんです。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-29 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(22)

純度99.99%の純金コイン2017枚(3.5億円相当)を使用したゴールドのツリー(GINZA TANAKA)

貴金属の老舗として名高い銀座1丁目の「GINZA TANAKA」さん。
毎年、訪問して写真を撮らせてもらってるお店ですが、今年も素敵なツリーを展示してました。

b0291402_16224844.jpg



今年のバックパネルには、立体的に見せる「3Dトリックアート」を使用したそうです。
なんか楽器や、クリスマスギフトが立体的に見えませんか。奥の方はバックパネルに描かれた楽器で、手前は床に描かれた楽器と、ギフトです。

b0291402_16230805.jpg



ツリーは、オーストリア造幣局発行の純度99.99%の純金コイン「ウィーン金貨ハーモニー」2017枚(3.5億円相当)を使用したゴールドツリー。
金貨の重量は63kg、高さは3m、今年のクリスマス用に製造した非売品です。

b0291402_16231834.jpg



写真が3枚だけなので、過去に撮影した「GINZA TANAKA」さんのクリスマスツリーです。
2016年は、純金線をラインアート技法で組み立てたツリー。

b0291402_16233477.jpg



2015年は、シンデレラ。

b0291402_16234609.jpg



2014年は、アナ雪。

b0291402_16235601.jpg



2013年は、ディズニーキャラクター。

b0291402_16240798.jpg



毎年、3億円以上の製作費をかけたクリスマスツリーが、ここに展示されます。
今年のツリーは63kgって、自分の体重と一緒。自分が全部「純金」だったら3.5億円(笑)
一銭にもならないアホなことを考えながら、近所でランチを食べてからオフィスに戻りました。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-28 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(12)

紅葉の紅さも年によって微妙に違います(文京区、小石川後楽園)

11月26日、日曜日、東京は晴れ。気温は4~18度で、絶好の「紅葉狩り」日和でした。

小石川後楽園への到着は、開園と同時の朝9時ちょうど。
紅葉が一番綺麗な、渡月橋から通天橋を眺めます。オレンジに近い紅さがちょっと足りなくて、真紅に染まるには、あと4・5日でしょうか。

b0291402_05411232.jpg



同じ場所ですが、2年前。この年の色彩が近年では一番鮮やかでした。

b0291402_05184731.jpg



そして昨年。紅葉も年によって明るい紅、暗い紅があります。

b0291402_05221106.jpg




反対側の「西湖の堤」です。実はこの写真は、リアル画像ではなくて、映り込みです。

b0291402_05100013.jpg




「シルエットと紅葉」。やはり眺めのいい場所には人がいます。

b0291402_05101138.jpg



庭園内の一番鮮やかな紅葉を探しながら撮ってます。

b0291402_05102089.jpg



その映り込みはこちらです。

b0291402_05103042.jpg



ここでは見上げずに、池の映り込みを狙う人のが多かったです。

b0291402_05110565.jpg



高い場所から、入り口近くの紅葉を眺めます。

b0291402_05111792.jpg



得仁堂からの大泉水。この辺りは色づきもよかったです。

b0291402_05113032.jpg



最後の1枚は、映り込みから。

b0291402_05114201.jpg


これだけ紅葉してれば、じゅうぶんと思いますが、2年前よりは色がちょっと悪くて、昨年よりは鮮やか。
あと4日か5日でもっと色づくと思いますが、本当の見頃にドンピシャで、合わせるのは難しいもんだと思いました。
9時に入園して、撤収したのは9時40分。午後からは入園待ちの行列ができるそうですが、朝の一番はまだすいてました。
この後は、江戸川区の園芸農家を訪ねて、シクラメンを購入してから帰りました。





色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by tabi-to-ryokou | 2017-11-27 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(16)

ネコ好きにはたまりません。大きくなったチーター3兄弟のジャンプ(多摩動物園)

11月25日、土曜日、東京は晴れ。気温は4度~14度の、動物園日和。

多摩動物園は2月5日生まれのチーター3兄弟が4月8日にデビューし、6月2日生まれのユキヒョウ、フクちゃんが10月12日にデビュー。
そして6月8日生まれのチーター4兄弟が11月13日にデビューしました。

昨日は私の「多摩御三家」(笑)を順番に訪問しましたが、開園の朝9時半からはお馴染のチーター3兄弟です。
横からの朝日を受けたアイガー。手足が長くなり恰好良くなりました。

b0291402_07540268.jpg



背後の木漏れ日がキラキラと綺麗です。左クラリス、右アイガー。

b0291402_07541282.jpg



ジョラスはというとここ。相変わらず孤高のジョラス。

b0291402_07542276.jpg



朝日を背に受けて、3兄弟が一斉に走ります。

b0291402_07544758.jpg




さあ、ここからがジャンプ合戦。アイガー。

b0291402_07551101.jpg



続くジョラス。

b0291402_07552158.jpg



再びアイガー。

b0291402_07555398.jpg



先頭アイガー、後ろがクラリス。

b0291402_07560215.jpg



上がジョラス、下がクラリス。

b0291402_07561488.jpg



アイガー、ジョラス、クラリスの3兄弟はすっかり大きくなり、逞しくなってます。
3兄弟の次は、11月13日にデビューしたチーター4兄弟を見るために、隣のガラス舎の行列に並びました。
ママのリリーが8月4日に亡くなってしまい、環境への順応が遅れていた4兄弟ですが、ようやくお披露目されました。
私も今回が初対面ですが、次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-26 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(10)

東京から日帰りで、遡上するサケのジャンプを撮影(はたして場所はどこ??)

え、まさか、予想もしてなかった場所で、サケが遡上する雄姿を見れるという日経新聞の記事を参考に出かけてきました。
北海道、岩手県、宮城県じゃないですよ。上野駅から高崎線に乗って埼玉県方向に向かいます。降りた駅は熊谷駅。
レンタカーを借りて運転すること30分、サケが遡上する南限といわれる利根川に向かいました。埼玉県行田市と群馬県千代田町を結ぶ利根大堰がその観察場所です。

年間2万人以上の小学生が社会科見学で訪れるそうですが、この日も大勢来てました。

b0291402_05380739.jpg



大堰自然の観察室では、遡上するサケを窓越しに間近で見ることができますが、果たして!!

b0291402_05381735.jpg



利根大堰は利根川から取水し、荒川などに導く施設。こちらは上流側です。

b0291402_05382889.jpg



利根大堰を管理する水資源機構は1990年代に遡上しやすいように魚道を改築しました。
二つ目の橋桁の下が、三つある魚道の2号魚道です。魚道には堰の落差を解消する段があって、サケが順番に昇るので、上流に行きやすくなります。

b0291402_05383737.jpg



この階段を降りて行くと左側が1号魚道です。

b0291402_05384743.jpg



観察中のご夫妻が、「サケは通り過ぎないけど、そこで1匹休んでるよ」と教えてくれました。

b0291402_05385737.jpg



魚道から段差を昇ったサケが休憩中のようでしたが、水の泡でこれじゃよく見えません。

b0291402_05390966.jpg



そのうちに先ほどの小学生の一団がやってきました。場所を譲って後ろで待機します。
三つある観察窓のうち、この真ん中の窓からは段差を昇るサケが見えそうです。

b0291402_05392157.jpg



待つこと1時間。小学生もいなくなり退屈してきました。過去20年間で最大のサケは全長95cmのシロサケで、こんな大きさだったそうです。

b0291402_05393107.jpg



先ほどの段差では体長10cmほどの小魚が、この高さを超えられず行ったり来たり。なんとも、もどかしい光景です。

b0291402_05394299.jpg



10時から観察を始めて、1時間待っても来なかったら諦めて帰ろうと思ってましたが、10時59分30秒に奇跡が起こりました。
F値は4.0、ISO5,000、シャッタースピード5000分の1秒で、連写します。

b0291402_05455253.jpg



利根川河口から154kmを遡上してきたサケです。力強く尾びれを振って、ジャ~~ンプ~~!!

b0291402_05460306.jpg



70cmから80cmはあるでしょうか。急流をものともせず段を昇りました。
凄いです、帰郷しようとする生命力のなせる「業」でしょうか。

b0291402_05461411.jpg



そして観察窓の左に消えていきました。このサケが写っている4コマとも、10時59分30秒。つまり1秒以内の瞬間の出来事でした。
キタ!!、カシャカシャカシャ・・・じゃないです。キ・カシャカシャカシャカシャ・タ~~~~~!!(笑)
この一瞬のチャンスを逃さなかった、自分はよくやった(笑)

b0291402_05462423.jpg



自宅に戻って図鑑や、ネットを調べましたが、形と模様からこのサケはメス。
1万キロを超す大海での回遊を終え、産卵すると4年余りの生涯を終えます。
産卵場所まではまだ数十kmを遡るので群馬県の前橋あたりまでも遡るそうです。無事産卵を終えて、利根川のサケを絶やさず、繋いで欲しいですね。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-25 16:00 | | Trackback | Comments(26)

酉の市  商売繁盛  シャン・シャン・シャン(台東区、鷲神社)

今年の「酉の市」は11月の6日、18日、30日と、「一の酉」から「三の酉」まで開催されます。
「二の酉」が土曜日だったので、朝一番で浅草鷲神社に出かけて、9時半には到着しました。
パラパラと雨が落ちる曇り空でしたが、鷲神社の前から三ノ輪方面には500mの行列。
商売をやってる旦那さん、おかみさんの全員が集まったかのような熱気が境内に溢れました。

最初の「ヨ~~~・シャン・シャン・シャン!!」
増田屋さんは、おかみさんの笑顔が素敵です。
右上に見えますが、尾上松也さんもお得意様。

b0291402_16522459.jpg



今年の露店はというと、昨年同様100店以上。
縁起物の熊手が眩いばかりです。

b0291402_16523690.jpg



よく見ると、昨年は見かけなかったパンダの飾り物が。
12月19日に一般公開予定のシャンシャンの、人気先取りですね。

b0291402_16524700.jpg



そして、西野さんでも、「ヨ~~~・シャン・シャン・シャン!!」
熊手が売れるたびに、店員が手拍子に合わせて「繁盛、繁盛」と声を張り上げます。
西野さんは5分に1個は売れる人気店なので、私はいつもこの近辺で露店をウォッチしてます。

b0291402_16530124.jpg



時々いますよ。「受け狙い」さんが。あまりに奇抜なので、受けてるのかどうか。
まあ、祭りですからね、いいんじゃないでしょうか。楽しくいきましょう。

b0291402_16531006.jpg



熊手を買った人を追跡しました。最近は外人さんも買っていきます。
熊手の次は、キャンディーをお買い上げでした。

b0291402_16532230.jpg



そして最後の、「ヨ~~~・シャン・シャン・シャン!!」は、大黒さんです。
大黒さんは、もう6年前から毎年、撮らせていただいてます。

b0291402_16533296.jpg



お客さんの顔が写らないように撮ってますが、その為の自分の立ち位置と、構図が難しいです。
でも6年も通ってると、どの店がよく売れるか、そして売れたら、自分はどこから撮るべきかが段々と分かってきました。
来年はもっと上手に撮れると思います(笑)

樋口一葉の「たけくらべ」にも「鷲神社の賑わひすさまじく、此処をかこつけに検査場の門より入り乱れ入る若人達の
勢ひとては天柱くだけ地維かくるかと思はるる笑ひ声のどよめき」と書かれています。
ちなみに「三の酉」は、11月30日の木曜日。まだ間に合います。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-24 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(12)

なんとも気が早い、シャンパン・ゴールドのイルミネーション(丸の内仲通り)

「丸の内 Bright Xmas 2017」が、11月9日から始まり、丸の内仲通りは、17時30分からシャンパン・ゴールドに彩られます。

ザ・ペニンシュラ東京と、自分のオフィスが入居してる有楽町電気ビルの前から、丸の内仲通りをスタートしました。

b0291402_23082107.jpg



丸の内ブリックスクエアでは、ゴールドのボールを積み重ねたツリーを楽しみましょう。

b0291402_23083249.jpg



明治安田生命ビルは、夜になると装いもあらたに迎えてくれます。

b0291402_23084480.jpg



丸ビル、三菱商事ビルが近づいて来ると、シャンパンゴールが、さらに輝きをましてきます。

b0291402_23091222.jpg



背の高いビルは丸ビルです。

b0291402_23092318.jpg



ここで丸ビルの中に寄り道しましょう。祝祭をイメージした高さ10mのツリーが迎えてくれます。

b0291402_23095941.jpg



15分ごとに約2分間、クリスマスツリー ライティングショーが行われます。

b0291402_23103324.jpg



プロジェクション・マッピングとは違うので、色が変わっていくだけです(笑)

b0291402_23104415.jpg



それでも花々が咲き誇るイメージの光と音の演出は、楽しめます。

b0291402_23192685.jpg



2分で終わってしまうので、終わったと気づかず3分してから「もう終わり?」と気づきます(笑)
お決まりのスマホ撮影。やはり今年の流行語にノミネートされた「インスタ映え」ですよね。

b0291402_23111728.jpg




丸ビルから外に出ると、再びシャンパンゴールドのイルミネーションが迎えてくれます。

b0291402_23120513.jpg



名残り惜しいのですが、この日は東京駅のオークバーに寄り道もせずに真っ直ぐ帰りました。

b0291402_23183360.jpg



「丸の内イルミネーション2017」は来年の2月18日まで輝き続きますが、開始時間や終了時間が月によっては変わるので、確認してからお出かけ下さい。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-23 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(22)

中世の面影が残る巡礼路の古都ブルゴス(その2、街の様子)(スペイン、ブルゴス)

10月1日に訪問したスペインの古都ブルゴスです。
(その1)では祭りをお届けしましたが、(その2)では街の様子をお届けします。

サンタ・マリア広場からブルゴス大聖堂を眺めます。1221年に着工し300年かけて建てられました。

b0291402_08305825.jpg





馬で参加した、中世の騎士たちは聖堂に入らずに、ここで市民との写真撮影に応じてました。

b0291402_08031245.jpg



子供たちが馬に乗せてもらってます。

b0291402_08032407.jpg



さっきの女の子が、今度は妹と一緒に別の馬に。

b0291402_08033771.jpg



この女の子のパパに注目。頭の布、リュック、パンツが水玉でお揃いです。お洒落ですねえ。

b0291402_08035468.jpg



こちらのパパも、よその関係なさそうなおじさんも嬉しそう。

b0291402_08040492.jpg



ここでお腹もすいてきたので、ランチ休憩です。
サン・フェルナンド王広場に面した「Rincon de Espana」というお店。

b0291402_08041797.jpg



店から眺めた、広場の景色です。

b0291402_08042700.jpg



炭火焼のレストランなので、フィレミニヨンを頼んでみました。お会計はステーキが20ユーロ、ワイン2.2ユーロ、パン1ユーロ、合計で23.20ユーロ。
チップも含めて3000円とちょっとです。高いけど、柔らかくて、ジューシーなステーキでした。

b0291402_08043744.jpg



午後の観光は、ブルゴスの街が見渡せるという「ブルゴス城跡」への山道を登りました。
山道を登ること20分、ここが展望台です。

b0291402_08045773.jpg



ここから眺めるブルゴスの街と、大聖堂は絶景でした。

b0291402_08095926.jpg



帰りの坂道で出会ったワンちゃん。背景の花が可愛かったのでシャッターを押しましたが、黒いワンちゃんの顔を、はっきりと撮るって難しいです。

b0291402_08101357.jpg



先ほどのサンタ・マリア広場まで降りてきました。もう馬も、騎士も、観客もいません。

b0291402_08103662.jpg



サン・フェルナンド王広場では巡礼中の2人の若者を見かけました。
ブルゴスは、サンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路の拠点となる都市です。

b0291402_08105064.jpg



大通りには、「路チュー」のカップルが(笑)
昔から交通の要衝として栄え、サンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路としても賑わい、カスティーリャ王国の首都として繁栄したブルゴスは
集まる人も多様、ご挨拶も多様。

b0291402_08110351.jpg


そしていよいよ、ブルゴス大聖堂の中を見学します。
写真が多いので、次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-22 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(8)

4万8千個のクリスタルガラスが輝くクリスマスツリー(千代田区ガーデンテラス紀尾井町)

クリスタルガラスのクリスマスツリーは、昨年から東京ガーデンテラスに登場したので、今年で2回目です。
4万8千個のクリスタルガラスで装飾されたクリスマスツリーは高さが6m。

b0291402_16414862.jpg



制作は「箱根ガラスの森美術館」で、昼は太陽光にクリスタルが輝き、夜は白色LEDが輝きます。

b0291402_17045690.jpg



クリスマスツリーの手前には、何が何だかよくわからないオブジェ。確か昨年も撮りました。

b0291402_16422484.jpg



やはり眩い輝きから生まれるタマボケが狙い目。

b0291402_17051694.jpg



通りかかる女性も、男性も、ほお~~と見上げて、3人に1人はスマホで撮影していきます。

b0291402_16425272.jpg



クリスタルガラスが風に揺れ、キラキラ輝いていました。

b0291402_17050791.jpg



帰ろうかと思ったら、2匹のワンちゃんを連れてきた飼い主が、ワンちゃんを柵につないで、ガーデンテラスに入っていきました。
撮るなら今のうち、これこそワン・チャンス(笑)

b0291402_16432663.jpg



私がしゃがんで真剣に撮ってる後ろでは、OLさんたちがスマホでワンちゃんたちを撮影。
礼儀正しい女性たちで、「撮らせて下さ~い」「ありがとうございま~す」。どうやら、私が飼い主と勘違いしてるようです。
「あ、どうぞ~~~」と、笑顔で答えて、私もそそくさと現場を離れました(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-11-21 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(20)