小石川後楽園の紅葉を、映り込みだけで表現してみました

小石川後楽園の紅葉の後半です。

色づきが予想以上によかったので、大堰川に映り込む紅葉を狙いました。
奥で日差しを浴びてるモミジよりは、手前の日陰のモミジのが紅が濃く映ります。

b0291402_08535993.jpg


大堰川という名前ですが、流れは殆ど無くて池のようです。
なので、映り込みも、色あざやかでした。

b0291402_08533756.jpg


この右側の丸い石の上が、庭園の道になってます。
水面全体が赤信号を出してるように見えますが、背中にリュック、首から一眼レフをぶら下げて、慎重にゆっくりと渡りました。

b0291402_08541413.jpg


一番大きな池「大泉水」です。
ここも、そこそこに紅葉し水面が綺麗でした。

b0291402_08542999.jpg


最後の1枚は「ほんまかいな」というくらいの映りこみ。
集会所として利用される涵徳(かんとく)亭です。

b0291402_08532306.jpg


中で掃除をされてるようですが、きっとこの方の視界は全てがモミジ色でしょうね。いやいや、驚きました。
小石川後楽園の見ごろは、今週いっぱいは続くと思います。



# by tabi-to-ryokou | 2015-12-09 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(16)

銀座の田中貴金属さん、今年の純プラチナ製クリスマスツリーは税込みで1億円。

昨年は「アナ雪」をモチーフに3億円のクリスマスツリーを公開してくれた田中貴金属さん。今年もやってくれました。
「ディズニー シンデレラ プラチナ クリスマスツリー」という長い名前です。

b0291402_08300218.jpg


周りをらせん状に取り巻く装飾には、純プラチナジュエリー「ファセット ミラクル」を施し、まばゆい輝きでシンデレラが魔法に魅せられていく様子を表してるそうです。

b0291402_08301440.jpg


純プラチナ製の「ガラスの靴」の中央には3カラットのダイヤモンドが・・・・・。

b0291402_08302477.jpg


ちなみにツリー本体の高さは2.3m。純プラチナ9kgが使用され、お値段は税込みで1億円とか。
あまりに眩し過ぎて、今年は5分ほどの撮影で退散しました。


なお昨年の「アナ雪」のクリスマスツリーはこちらからご覧いただけます。
覚えてらっしゃる読者も、いらっしゃるかと思いますが、昨年は公開初日の昼休みに行ったので、TBSさんの取材を受けました。
親族一同で、たけしと安住が出演する「ニュースキャスター」という番組を見守ったら、見事に全部カットされてました(笑)

イルミネーション第3弾、TBSさんの取材を受けながら、3億円のクリスマスツリーを撮影



# by tabi-to-ryokou | 2015-12-08 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(20)

今年の紅葉は「あきまへんなあ」の大合唱ですが、ここの紅葉は素晴らしかった(文京区・小石川後楽園)

12月6日(日曜日)は今年2回目の紅葉撮影に出かけました。
11月29日(日曜日)は千葉県本土寺で「あきまへんなあ」を喰らってるので、できれば2連敗は避けたいところ。

JR飯田橋駅からも、メトロ後楽園駅からも徒歩8分の小石川後楽園は、東京都立の庭園です。
開園は朝9時ですが、9時20分に到着しました。
毎年訪問する庭園ですが、その入り口で、勝利???、を確信!!!
この色づきは、毎年観る小石川後楽園の色づきです。

b0291402_11180864.jpg


そして入ってすぐ右側のイロハモミジです。安心しました。

b0291402_11182356.jpg


ここは小石川後楽園で定番といえる紅葉の撮影スポットです。
手前が大堰川、奥が通天橋です。

b0291402_11183571.jpg


これだけ紅葉してればOKですね。
「あきまへんなあ」といわない場合は、「ぼちぼちでんなあ」といえばいいでしょうか。

b0291402_11185737.jpg


花見客はここにもいました。どこから遊びにくるんでしょうね。

b0291402_11191035.jpg


天気は晴れですが、陽光が差したり、曇ったり。
そのたびに、モミジの「紅」も色が変化します。

b0291402_11192566.jpg


このモミジが、見物客に一番の人気でした。
朝早かったので、庭園内はすいてましたが、ここだけはカメラマンで渋滞中。

b0291402_11193632.jpg


「大泉水」を一周しました。
写真の女性が撮ってるモミジが、先ほどの人気のモミジです。

b0291402_11194767.jpg


ここまでゆっくり歩いてかれこれ40分。
恐らく午後になると、もっと混雑すると思いますが、心地よい散歩でした。



# by tabi-to-ryokou | 2015-12-07 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(26)

生きた化石ともよばれるメタセコイアの紅葉は今が見ごろ

葛飾区水元公園のメタセコイアが今年も紅葉しました。

過去の訪問日は2012年12月8日、2013年12月7日、2014年12月7日。
毎年律儀に(笑)、12月の7日前後に訪問してますが、今年は12月5日。
ちょっと早いかと思いましたが綺麗に紅葉してました。

b0291402_19400407.jpg


ここの小道は日当たりがいいので、毎年一番鮮やかに紅葉します。

b0291402_19401514.jpg


メタセコイアですが、杉科の針葉樹でWIKIによれば「当初、化石として発見されたために絶滅した種とされていたが、1945年に中国湖北省の「水杉(スイサ)」が同種とされ、
現存することが確認されたことから(生きている化石)と呼ばれる」そうです。

b0291402_19402368.jpg



水元公園にはメタセコイアが1900本も植えられています。
森の中は鬱蒼として暗く、ちょっとひんやりとします。

b0291402_19403266.jpg


朝の10時頃なので日差しは横から。光と影が地面に模様を作ります。

b0291402_19404022.jpg


ここで、メタセコイアの森の周囲を散歩。
池の反対側は埼玉県で、みさと公園です。

b0291402_19405139.jpg


上の写真が題名「釣り人」とすると、こちらは「ザリガニ4人組」
糸にスルメのエサをつけ、釣糸を上下させながら、ザリガニが食いつくのを待ちます。
私もガキの頃に、よくやりましたが、おじさんが仲良く釣ってる風景は珍しいです(笑)

b0291402_19405961.jpg


再び、メタセコイアの森に戻ると、いいモデルさんがいたので、撮らせてもらいました。
おじいさんに伺ったら、1歳3ヶ月の女の子で、名前は「もあ」ちゃんです。可愛い名前ですね。

b0291402_19411153.jpg


メタセコイアは11月下旬からレンガ色に色づき、12月中旬から落葉しますが、落葉はもう始まってるので、見に行かれる方はお早めに。



# by tabi-to-ryokou | 2015-12-06 16:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(30)

鷲神社の「三の酉」は景気のよい手締めが聞こえ、巨大な熊手も売れていきました。

「春を待つ 事のはじめや 酉の市」
平成27年度の酉の市は、一の酉が11月5日、二の酉が11月17日、三の酉が11月29日でした。
一の酉が11月の6日までにあると、酉の日が12日毎なので、三の酉まで行われます。

今年は旅行と、帰国後の風邪で、行けないかと諦めてましたが、幸いにも三の酉があったので、29日の16時頃に訪問しました。

三ノ輪から途切れることなく人が歩き、鷲神社まで続いてました。
入谷から歩く人は、もっと大勢いるので、神社入り口も、拝殿前もこの混雑です。

b0291402_05094973.jpg


樋口一葉の「たけくらべ」にも「鷲神社の賑わひすさまじく・・・」と、書かれてますが、ここで売られる熊手は一般に「かっこめ」「はっこめ」といわれ、福運や財をかき込むという
縁起から開運、殖産、商売繁昌のお守りとされます。

b0291402_05100050.jpg


今年も次から次へと売れてました。
ヨ~~シャンシャンシャン!!、ヨ~~シャンシャンシャン!!

b0291402_05101771.jpg


見てると、この巨大な熊手に買い手がついたようです。

b0291402_05102962.jpg


お客さんが「買った=勝った」、露店商が「負けた」とやりとりすれば交渉成立。
値切った金額をご祝儀として渡すのが、 江戸っ子の粋ですが、見えてしまった万札は少なくとも10枚はありましたね(笑)
盃で乾杯してから、ヨ~~シャンシャンシャン!!、ヨ~~シャンシャンシャン!!

b0291402_05104656.jpg


通りがかりのカメラマンにとっても気持ちがいいもんですね。
最後の1枚は、毎年写真を撮らせていただいてる大黒さん。
しばらくお客さんが買うのを待ってたのですが、残念ながら現れず、寒くなってきたので、ここで引き上げました。

b0291402_05105848.jpg


年末まであとわずか。
私の場合、ここで熊手を買っても飾る場所が無いので買ったことはありませんが、酉の市の「ヨ~~シャンシャンシャン」に出会うと、年末の元気がもらえます。



# by tabi-to-ryokou | 2015-12-05 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(22)

「日比谷アカリテラス2015」というイベントは、有名ではないけど、キャンドルの優しい灯りが噴水を囲み、幻想的な夜を演出してました。

11月26日・27日と二日間限定のイベントでしたが、27日(金曜日)の夜に日比谷公園に寄ってみました。

大噴水の周囲に、一面のキャンドル・ライトが灯っています。

b0291402_22071915.jpg


銀座はLEDのイルミネーションばかりですが、こういう自然のぬくもりがあるキャンドルも、おつなもんですね。
このキャンドルの模様は「不思議の国のアリス」みたいです。

b0291402_22073736.jpg


主催者発表では、2000本のキャンドルだとか。
日比谷のOLさんや、サラリーマンがスマホ片手に押し寄せて、この灯りを楽しんでました。

b0291402_22075053.jpg


大噴水の反対側の広場では、軽音楽のコンサートが行われてました。

b0291402_22082531.jpg


トランペットがメインで、ギター、キーボード、ベース、ドラムという編成です。
「山崎千裕+ROUTE14band」というバンド名でした。

b0291402_22083390.jpg


女性のトランペッターは珍しいです。しかも彼女を中心としたバンドでした。
歌えるインストュルメンタルサウンドというのが、グループの売りで、私が好きだったトランペットの「ニニ ロッソ」の曲をカバーして、アルバムも出したそうです。

b0291402_22084262.jpg


最後の1枚は、帰り道の帝国ホテルです。
今年のクリスマス・イルミネーションもナイアガラの滝のようで素敵でした。

b0291402_22085380.jpg


いよいよ銀座も、日比谷もクリスマス・シーズン。
12月は丸の内と、銀座と、六本木のイルミネーションを、もうちょっと追っかけてみます。



# by tabi-to-ryokou | 2015-12-04 16:00 | イルミネーション | Trackback | Comments(14)