日比谷公園の大噴水は13時間、365日、水を噴き上げます

日本初の西洋式公園と言われる日比谷公園は1903年に開園しました。

その象徴でもある大噴水は、池の直径が20m、主噴水の放水の高さは12mと、なかなかのスケールです。

28分間周期で24景を楽しめるそうですが、28分もじっくりと見たことはありません。

夏はいいのですが、冬は寒々しくて、「ちょっと休んだら」 と言ってあげたくなります。

毎朝8時から、夜9時までの13時間で、夜間は照明付き、それを何十年と続けてるので大変なことです。

b0291402_16562048.jpg


たまに虹が見えるのですが、この日は曇り空で、 Somewhere Over The Rainbow

とは、いきませんでした。


文章の流れからすると、ピントは噴水にあわせるべきでしたね。

でも噴水にピントが合った写真が1枚もみつからなかったのです。

私の場合こういう失敗がよくありますので、笑ってスルーして下さい。
# by tabi-to-ryokou | 2013-11-07 01:00 | Trackback | Comments(2)

ヘルシンキの EROMANGA

「EROMANGA」 って 「エロまんが」?

それ面白いの? 凄いの?  と、立ち寄られた皆さん、ここです。

b0291402_15441019.jpg


この日は隣国のエストニアに日帰りした日で、疲れた頭は「漫画喫茶だ・・・」と思いましたが、

いくらなんでもそれはない。

店内を覗きこんでも店が開いてないし、暗くてよくわかりません。

b0291402_1683587.jpg


「Hembageri」という文字があるので、ハンバーグ屋さんかと思いましたが、ホテルに帰ってから

ネットで、フィンランド語からの日本語変換をすると

Kotileipomoはフィンランド語、Hembageriはスウェーデン語で「自家製パンの店」という意味でした。

フィンランドは公用語が、フィンランド語とスウェーデン語なので、2か国語表示が多いのです。

EROMANGAはオーストラリアのクイーンズランド州にありますが、なんでまた店の名がEROMANGA?

世界にはよく分からないことが沢山あります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日8度5分の熱がでて、一日寝てたのですが、今朝になっても7度7分。

本日はEOS学園での作品講評の日なので、十数枚の写真をプリントして準備をしてたのですが、あえなく欠席。

残念でした。

でも午後から熱も下がり、今は元気にエキサイトの投稿をしてるので、ご安心下さい。
# by tabi-to-ryokou | 2013-11-06 01:00 | 旅行 | Trackback | Comments(14)

お酉さまの設営

昨日の続きで鷲神社の酉の市。

今年は11月3日、15日、27日で、 各日午前0時から午後24時まで。

平成25年は、三の酉まで執り行われます。

b0291402_1783193.jpg



毎回店の飾り付けが大変だと思いますが、これがないと「商売繁盛」の祈願ができません。

b0291402_179051.jpg


武運長久、開運、商売繁盛の神として信仰されてますが、やはり商売をやってられる経営者の方々が

熊手を買っていくケースが多いそうです。
# by tabi-to-ryokou | 2013-11-05 01:00 | Trackback | Comments(4)

酉の市で縁起熊手が売れた時の「手締め」を撮ってきました

台東区千束の鷲神社は江戸時代から、「鳥の社(とりのやしろ)」または

「御鳥(おとり)」といわれており、現在も「おとりさま」として下町で親しまれています。

大きな縁起熊手は値段交渉するのが通例で、お客さんが「買った=勝った」、

露店商が「負けた」とやりとりすれば交渉成立。

値切った金額をご祝儀として渡すのが、江戸っ子の粋と言われますが、最近はどうでしょうか。

今年も景気のよい手締めを撮ってきました。

b0291402_18172095.jpg


実は昨年も手締めを撮っていて、偶然この大黒さんの前だったのですが、

その写真がなんと「カメラのキタムラ」フォトコンテストに入選してしまい、賞金をいただき、

富士フォトサロンに展示され、祭りの本にも掲載されました。

今日はその写真をA4にプリントして大黒さんにお持ちしたら、お店の方々がとても喜んでくれました。

その昨年、撮った写真はこちらです。

b0291402_18264411.jpg


今年も「カメラのキタムラ」フォトコンテストは挑戦しますが、私の2連覇は可能性ゼロ、

巨人の2連覇は、確率は高そうです。

ちょうど6時半です。運命の決戦が今から始まります。
# by tabi-to-ryokou | 2013-11-04 01:00 | Trackback | Comments(6)

湯島天神、菊祭り。果物が美味しい季節ですが、菊にも「管物」があります

毎年恒例の、湯島天神、菊祭りも今年で35回目。

本年の菊人形はNHKの大河ドラマ「八重の桜」をテーマに、二景五体。

どうってことない菊人形なのでパスし、撮影が一番難しい大菊の管物へ。

b0291402_14213859.jpg


まるで爆発したかのような華やかな管物を、中腰で下から覗きこんで撮りました。

雨の日に花を撮るのに比べれば楽なもんです。

b0291402_14271081.jpg


社務所から本殿への渡り廊下にも大懸崖があったので撮ってると神官が通り過ぎました。

b0291402_14332642.jpg


菊も頑張ってますが、湯島天神・神官のスカイブルーの袴のあざやかさにはかないません。

神官の勝ち~~♪♪

菊祭りは11月1日から11月23日までなので、今は咲き始めという菊もありますが、

2,000株が展示され、種類も多いので、この3連休でも撮影は楽しめると思います。
# by tabi-to-ryokou | 2013-11-03 01:00 | Trackback | Comments(10)

エストニアのタリンで誰もが写真を撮る観光スポット

元大関、把瑠都関の故郷エストニアも今日の掲載が最終回。

ちょっと大袈裟ですが、最後までとっておいた誰もが写真を撮る場所はここです。

b0291402_1746579.jpg




トームペアの丘の上の展望台から、塔が立ち並ぶ下町を見下ろせます。

b0291402_17445361.jpg


奥のほうに見えるのは、タリンの市民ホール港。


ヘルシンキからの日帰りだったので、観光時間は正味3時間。

一生懸命歩いて(18,598歩)、写真を撮りまくり(101枚)、船に遅れぬようにと、

慌てて港に戻る途中で、お昼を食べてないことに気づきました。

なにか、タリン、と思ってましたが、昼食でした(笑)

港の売店でピザを食べ、ワインを飲んで、ヘルシンキまでの90分は夢の中でした。
# by tabi-to-ryokou | 2013-11-02 00:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(4)

日比谷公園にも紅い葉っぱがチラホラと

「全国地図観光情報センター」のサイトに、「2013全国紅葉最前線」というのがありまして、

紅葉前線が今、どこまで到達したかを一目で見ることができます。

「見ごろ」という赤いしるしが、北海道、東北、関東の栃木県、群馬県、それから静岡県まで押し寄せて、

オセロゲームで言うと、東京、埼玉、神奈川、千葉を赤軍が包囲したような地図になってきました。

さて日比谷公園には、

b0291402_16443655.jpg


見事な紅葉が・・・・・

b0291402_16421859.jpg


と言うのは、紅葉だけに真っ紅な嘘です(失礼しました)


実は「2013、全国ガーデニングショー」が開催中で、これは全国から集められた紅葉です。

日比谷公園の自前の紅葉は、例年だと、11月下旬なので、まだまだ先。

撮影するのに手ごろな花が無くなってきたので、紅葉が待ち遠しい今日この頃です。
# by tabi-to-ryokou | 2013-11-01 01:00 | Trackback | Comments(6)

こんなお庭が欲しい

本日のランチタイムですが、日比谷公園で、こんな箱庭を見つけました。

b0291402_18121844.jpg


2013年、日本ガーデニングショーに出展されている作品です。



話はかわりますが、銀座のキャノンギャラリーで開催中の「竹田津 実」さんの写真展が強烈です。

タイトルは「アフリカ命の旅の物語」

獣医師であり、写真家であり、エッセイストの竹田津さんの写真は、まさにアフリカの大地が動いてるような

迫力がありました。

キャノンギャラリーは昼休みの散歩道として、毎週1回は訪れてますが、竹田津さんの鑑賞客は多くて、

今年のトップ3に入るくらいの賑わいでした。
# by tabi-to-ryokou | 2013-10-31 01:00 | Trackback | Comments(6)

今日の雨で、ずぶ濡れになった「男」と「バラ」

最近よく呟いてます。「こんな雨の日に、ホンマに外で撮影実習をやるの」

雨の御堂筋、雨の赤坂、雨の西麻布。

もっとあります、雨の銀座、雨の屋台酒。

今日は10時半集合で、「雨の新宿御苑」

この雨で傘を差したまま一眼レフの上部をビニールで隠しながら、構えて撮るのだから、

先生も皆さんもすごい。

私はというと、フード付きの大型ポンチョで、カメラをポンチョの中に隠し持ち、傘も差さずに勝負。

結果はびしょ濡れになりました。

b0291402_16213620.jpg


撮るものがないので、濡れた花でいきました。

b0291402_1625838.jpg


十月桜が満開で、濡れた桜も1枚。

b0291402_16255855.jpg


苑内の行動は、各人自由行動なので、後半の1時間は濡れないところで、殆どサボってました。

なので、提出できそうな写真は、マジでこの3枚だけ。

もしも先生に「3枚? サボってたんじゃない?」 と言われたら、「誤表示です」 なんて言い訳はせずに、

「はい、サボってました」 と素直に白状します。
# by tabi-to-ryokou | 2013-10-30 01:00 | Trackback | Comments(8)

エストニアの首都、タリン歴史地区の散歩

世界遺産でもあるタリン歴史地区の中心地は、ラエコヤ広場。

右側のゴシック様式の建物は旧市庁舎で、1404年の建造。そして塔の高さは65mあります。

b0291402_1716315.jpg


13世紀から14世紀の街並みは、ハンザ同盟に加盟し交易都市として発展した往時の面影が残ります。

シックで綺麗な通りと、シックで綺麗なお嬢さん。

b0291402_1725557.jpg


歴史地区の中で最も高い塔を持つ、聖オレフ教会。

この塔は階段で上まで登れますが、124mも上るのはきついので、あっさりパスしました。

b0291402_17371421.jpg


中に入ると祭壇は質素でしたが、高いアーチ形天井の身廊は荘厳な佇まいでした。

b0291402_17545710.jpg


タリンの見どころは、世界遺産の歴史地区に集中していて、カメラ散歩には最高でした。
# by tabi-to-ryokou | 2013-10-29 01:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(4)