ギリシャ、サントリーニ島、「フィラ」の夕日。(今回のギリシャ・オランダ旅行の最終回)

本日の日記で7月に訪問した、ギリシャ(9泊)、フランス(1泊)、オランダ(2泊)、ベルギー(日帰り)の旅は終わります。
6月30日に出発し、7月13日に帰国してから延々とお届けしてきましたが、いよいよ最終回。
7月の旅行期間中から、ずっとご愛読いただきました皆様、そして途中からご覧いただいた皆様は、本当にありがとうございました。
一応「タグ」は付けましたので、今回の旅行の過去日記はギリシャ、パリ、オランダ、ベルギーからご覧いただけます。

サントリーニ島の滞在は2泊でした。
昨日の夕日「ギリシャ、サントリーニ島の夕日」は北端の「イア」の街から、本日の夕日は宿泊してる「フィラ」の街からです。

楽して部屋のバルコニーから三脚を立てて撮ってます。

b0291402_14383497.jpg


隣の部屋の宿泊者は、腕がマッチョです(笑)
私と同様、ビールを飲みながらの夕日観賞です。
その先のバルコニーはご夫婦みたいですが、出たり入ったり、やはり飲んでます(笑)

b0291402_14384665.jpg


レストランや、街の道路からも皆さんが、夕日が沈むのを、今か今かと待ってます。

b0291402_14385775.jpg


もう太陽の5分の4は水平線に沈みました。
空や海を茜色に染め上げます。

b0291402_14390693.jpg


ここで、あちこちから拍手が聞こえました。
過去の日記でも書きましたが、ギリシャでは夕日が沈む瞬間に皆さんが拍手をします。
自然への畏敬の念なのか、今日もお日様ご苦労さんという意味なのかよくわかりません。
そして段々と暗くなってきました。

b0291402_14392228.jpg


夕日はというと完全に沈みました。
街の明かりが灯りはじめます。

b0291402_14394527.jpg


空は茜色から紫色に変わっていきます。
斜面に沿ったレストランは、飲み物サービスから、食事のサービスが忙しくなってるようです。

b0291402_14395460.jpg


そしてレストランにも、民家にも明かりが灯りました。

b0291402_14400395.jpg


この夕日の写真を撮りたかったのですが、幸い2日とも雲一つない快晴で、太陽はゆっくりと水平線に沈んでくれました。

これで、隣のレストランに食べにいけます(笑)。そして翌日はアテネ経由でパリまでの移動。

エーゲ海の島々の中で、サントリーニ島と、ミコノス島が人気という理由がよくわかりました。
景色、気候、白い家、路地と街並み、食事、ホテルのサービス、どれも良かったです。
もう一度、来ることはないと思いますが、写真も沢山撮れたし、いい思い出になりました。


# by tabi-to-ryokou | 2015-10-11 16:00 | 旅行 | Trackback | Comments(42)

築地市場、マグロの競り見学(後半)

前回の日記「早朝5時25分からの築地市場マグロの競り見学は、定員が先着順で120名」の続きです。


我々60人の見学者が長方形の1辺から見守る中、競りが始まりました。

右の方で手を挙げてるのが競り人で、このマグロの競りを仕切ります。

b0291402_08262322.jpg


画像がボケ気味ですが、はるか左のほうで手を挙げてる仲買人が、指と手のひらで指値を入れてます。
何故、こんな奥から注文を出してるかというと、前の方の目立つ位置で手をかざすと、指値がバレバレで、頭をこされて、
そのちょっと上の指値で競り負けてしまうから。
勝負は一瞬で終わり、その間に厳しい駆引きが行われます。

b0291402_08263338.jpg


この右の人は、競りを見ながら、買った仲買人と買値を、黄色い札に書いて、マグロの上に乗せて行きます。

b0291402_08264306.jpg


観客席みたいな高い席は無いので、奥の方がどうなってるのか見えませんが、まだ競りは続いています。

b0291402_08265811.jpg


一方では仲買人に競り落とされたマグロは、次々と運び出されます。

b0291402_08270973.jpg


左後方は、競り場でも一番大きなマグロが数本あって、ここには仲買人も大勢集まります。
競りの指は1から5までは出した指の数。6は4本の指を丸めて親指1本を出します。7は親指と人差し指、8はさらに中指、
9は親指と人差し指で丸を示します。
なので、左の仲買人は1kg、5000円を出したと思われますが動きが素早くてよくわかりません。
手のひらを捻ってれば「5」が二つで5500円です。

b0291402_08272194.jpg


競りは平均で5秒、長くても7秒で決着がつく真剣勝負。まだ続いてますが、仲買人の背中で指値を出す手が見えなくなってしまいました。
お花の競りはスタディアムで行われるので、見物してても勝負がわかりやすいのですが、マグロの競りは、同じ高さで遠くからしか見物できないし、
1本1本の決着があっという間だし、アレヨアレヨと見てる間に終わってしまいました。

b0291402_08273596.jpg


私がわからないので、外国人の方も、競りの仕組みはわからなかったのではないでしょうか。
競り落とされたマグロが次々と場内に運ばれていきます。

b0291402_08274687.jpg



この仲買人さんは3本。

b0291402_08280166.jpg


こちらは5本か、6本を、場内の自分の店まで運んでいきます。

b0291402_08281172.jpg



そうして今度は仲買人さんが、場内の自分の店で、集まるバイヤーさんや、魚屋さん、料亭・レストランに売る番です。
こうして築地市場の商いは、朝の9時か10時頃まで続きます。

私は6時15分に見学が終り、自宅には7時に戻りました。
迫力は感じましたが、ちょっと遠過ぎて、よく見えないのが残念でした。



# by tabi-to-ryokou | 2015-10-10 16:00 | 街撮り | Trackback(1) | Comments(12)

私たち、まだ名前がありません。6月28日に生まれた生後3ヶ月のレッサーパンダです(千葉市動物公園)

関東の動物園を順番に廻ってみようという、だいそれたプランを考え始めて1ヶ月。
同じ関東なのに、「日本動物園水族館協会」は34動物園、「ウォーカープラス」は32動物園、「市民ZOOネットワーク」は25動物園と、動物園のカウントがそれぞれ違います。

象しかいない動物園、猿しかいない動物園、子供向けの小動物だけの動物園もあり、範囲かややこしいので、取り敢えずは、面白そうな動物園から廻ってみることにしました。

その最初の動物園は千葉市動物公園。JR千葉駅から都市モノレールで12分の動物園です。
6月28日に生まれたレッサーパンダの赤ちゃん2頭が、9月19日から展示されています。

生後3ヶ月、本当にちっこいです。

b0291402_22342616.jpg


父親はクウタ、7歳。クウタの父親は立ち上がることで日本一有名な風太君、12歳です。
母親はメイメイ、8歳。多摩動物園で産まれて、こちらにやってきました。
そして赤ちゃんが双子の2頭でした。

b0291402_22345627.jpg


チョロチョロと動き回るので、ピンボケを量産。そしてなかなか兄弟の2ショットと、親子の3ショットが撮れません。

b0291402_22351365.jpg


ヤバイ!!、ガラスの中の展示室に移動しました。
こちらは後方の観客がガラスに反射して、映り込んでしまうので、写真が撮りにくい場所です。

b0291402_22353042.jpg


まだ名前がありませんが、2頭ともメスで、体重は1.5kgです。

b0291402_22354311.jpg


2頭でじゃれあってましたが、そろそろ眠くなったみたいです。

b0291402_22411700.jpg


ゴリラや、ハシビロコウや、オランウータンを見てから戻ってきたら、なんだ、まだ全然寝てません。
再び、外で元気に遊んでました。

b0291402_22355689.jpg


名前の募集は9月19日から10月4日、もう締め切られており、発表は10月17日の土曜日に、この檻の前で行われるそうです。
母親がメイメイなので、姉はオノオノ、妹はソレゾレなんてどうでしょうね(笑)



# by tabi-to-ryokou | 2015-10-09 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(30)

ウクライナの世界遺産(首都キエフに今も残るキエフ大公国の建造物群)

エキサイト・ブログを始める前の時期ですが、2012年9月の旅行日記を、すこしずつお届けします。
この時の旅行は、ウクライナ、ポーランド、クロアチア、「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ」、モンテネグロと5ヵ国を廻りました。
ウクライナは旅行後に紛争が起き、2014年3月にクリミアがロシアに編入されることになりました。
その2014年2月に、エキサイト・ブログ上でも、ウクライナを取り上げたのですが、だいぶ前のことなので、あらためて日記にまとめました。


2012年9月6日です。

昨夜のフランクフルトからキエフへのルフトハンザ便は、キエフ空港への到着は深夜の1時30分。

* 深夜着 外はクライナ ウクライナ

しかも雨が降っていた

* キエフ雨 見通しクライナ ウクライナ


なんて川柳をひねってるような気楽な場合では無く、ユーロしか持ってないのに、空港の銀行はとっくに閉まっていて両替ができません。

早速タクシーと交渉。何かあったらまずいので、タクシーを選べる時には、自分よりも弱そうな運転手のタクシーを選ぶことにしてます(笑)

意外とあっさり交渉成立し、支払いは25ユーロで決まりました。
空港から市内までは40分なので、2,500円(当時は1ユーロ:100円でした)ならむしろ安い。

高速道路は片側4車線でよかったけど、途中から細くて暗い道になり、ちょっとばかり心細くなってきた頃に、無事ホテルに到着しました。

ネットをチェックして就寝は3時30分、朝まで3時間の睡眠。
起床は朝6時30分。
ブッフェは西欧の豪華ホテルのブッフェに負けないくらい豪華でした。

しかもピアニストが朝7時なのに名曲を奏でてくれて、とてもいい感じ。まるでリゾート・ホテルの朝みたいでした。

b0291402_17460336.jpg


キエフは黒海に注ぐ大河ドニエプル川の中流に位置し、6世紀の頃からビザンティンとヨーロッパの交流で発展し、9世紀にはキエフ大公国が誕生しました。

ギリシャ正教を国教化し、公国は最盛期を迎えますが、その後、モンゴル、リトアニア、ポーランド、ロシア帝国の統治を受け、1991年のソ連崩壊にともない独立しました。

世界遺産の大修道院と大聖堂は、独立広場に近いホテルに泊まれば、一日で歩いて廻れます。

さて、朝食を終え、ホテルからブラブラ歩くこと1時間、公園の木立の中からペチェールスカ大修道院が見えてきました。
このタマネギ型のドーム、これぞ元ソヴィエト連邦の構成国です。

b0291402_17561130.jpg


1051年、ギリシャのアトス山からきた修道士達がこの地の「ペチェル(洞窟)」で始めた修道生活を起源とし、東スラブで最も長い歴史を持つ修道院です。

その入口の門に、17世紀に建てられたのが全聖者教会。金ぴかのドームが目立ちます。

b0291402_17562573.jpg


修道院全体の入場料は250円なのですが、写真を撮る許可はさらに500円が必要です。天井のフレスコ画が見事なので、500円を払い許可証を手に入れました。

b0291402_17564802.jpg


修道院の施設で一番大きな聖堂がウズベンスキー大聖堂です。

b0291402_17570647.jpg


内部には黄金の輝きが眩しい祭壇がありました。
この裏がどうなってるのか、覗こうとしましたが、隙間が狭くて無理でした(笑)

b0291402_17573313.jpg


次に訪れたのが聖三位一体教会。

b0291402_17574557.jpg


この教会は12世紀に建てられたもので、壁面を埋め尽くすフレスコ画と木製のイコノスタスが見事です。

b0291402_17580621.jpg


内部が狭いので、全体像が撮れないのですが、天井を見上げるとバロック風の装飾が、きらびやかでした。

b0291402_17581465.jpg


ここまでがペチェールスカ大修道院で、午後からもう一つの世界遺産ソフィア大聖堂に向かいました。
独立広場に戻り10分程、坂を登ると大聖堂の屋根が見えてきます。

写真はソフィア広場からの眺めですが、左が鐘楼、奥がソフィア大聖堂です。

b0291402_18020096.jpg


鐘楼は76mの高さで、明るいうちに登ってみました。
ここがキエフの中心街です。車も沢山走ってます。
そして大通りの奥のほうに見えるのは聖ミハイル黄金ドーム修道院。

b0291402_18021890.jpg


真下に見えるのがソフィア大聖堂。
現存するキエフ最古の教会で、1037年に建てられました。
でも上から眺めると、オモチャの模型にしか見えません。

b0291402_18025160.jpg


キエフを象徴する建造物で、18世紀にバロック様式に改築されましたが、
内部空間は創建時のビザンティン様式のままで、黄金色に輝くモザイクの装飾は素晴らしいものでしたが、ここだけは撮影禁止でした。

b0291402_18031263.jpg


二つの世界遺産の見学を終える頃には、夕方になりました。
キエフは道路も広く、広場も多くて、街の中心の独立広場は、夕方になると人が集まってきます。

b0291402_18035085.jpg



くたくたになって、ホテルに戻り、この日記を書いていたら窓の外で突然花火が!!
三脚を立てている時間は無さそうなので、カメラをしっかり抱えて手撮り。ちょっとだけ撮れました。
左下の建物は同じホテルの反対側の棟です。

b0291402_17480798.jpg


気温は日中が24度、18時頃は19度、
ホテルの戻りが18時、万歩計は24,629歩、撮った写真は144枚でした。

実はキエフは、ポーランド、クロアチア旅行のスケジュールに、無理矢理押し込んだので、宿泊は2泊。市内を見て廻ったのは1日だけでした。
明日は朝早く、ポーランドのワルシャワに向かいます。



# by tabi-to-ryokou | 2015-10-08 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(12)

谷根千の散歩に、あと1ヵ所、大正ロマンに浸れる「旧安田楠雄邸庭園」はいかがでしょうか

文豪や芸術家のゆかりの場所が点在する谷根千(やねせん)エリア。
文学散歩を楽しみながら大正時代にタイムスリップできる空間が大正8年(1919年)に建てられた近代和風建築の旧安田楠雄邸です。

関東大震災と空襲の被災を2度とも免れた建物は、東京都の「指定名勝」に指定され、現在は「日本ナショナルトラスト」の管理のもとに、
当時の建物、レトロな家具、緑あふれる庭がそのままの姿で残され、大正から昭和初期の雰囲気を楽しめます。

ここが表門です。
玄関で維持修復協力金の500円を払い、靴を預けます。

b0291402_21102555.jpg


ボランティアガイドの方が邸内をずっと案内してくれます。
熱心な歴史ファンのような外人男性1人と、一眼レフを持った男性1人と、我々夫婦の4人が一緒に案内してもらいました。
ガイドの女性が邸内の案内図を見せてくれます。

b0291402_21103731.jpg


玄関横にはレトロな電話機が。
ガイドの女性の案内を熱心に聞いてるのが、外人男性と、うちの連れ合い。
もう一人の男性と私は、こんな電話機があると写真を撮るのに夢中で、徐々に3人対2人に分かれ、一緒になったり、離れたり(笑)

b0291402_21104909.jpg


1階の応接室です。奥にチラリと見えるのは土産物や本を売る売店。

b0291402_21105720.jpg


庭は前庭、主庭、中庭、坪庭とありますが、応接室からの眺めは主庭です。

b0291402_21110768.jpg


「残月の間」に移動しますが、歩いてきた畳敷きの廊下も立派でした。

b0291402_21111656.jpg


「残月の間」です。

b0291402_21112849.jpg


主庭が正面に望めます。

b0291402_21113833.jpg



1階にはお風呂や、台所もありました。
台所の写真ですが、氷で冷やす冷蔵庫も見えます。

b0291402_21114889.jpg


台所の床板を持ち上げると、床下には壺が見えます。
そういえば、私が育った家でも、こんな床下があって、味噌や、醤油や、漬物を置いてました。

b0291402_21121397.jpg



2階に上がります。まず客間です。

b0291402_21180424.jpg


そして予備室と書いてあった部屋。

b0291402_21175150.jpg


スリガラスの格子模様が綺麗でした。

b0291402_21181146.jpg


2階の庭側にも畳敷きの廊下があり、サンルームのように使ってたのではないでしょうか。

b0291402_21181959.jpg


見学時間は、かれこれ30分でした。
床面積140坪の建物も立派だし、敷地面積450坪の庭園も綺麗でした。
庭の木から推測すると、桜の時期と、紅葉の時期は、さらに庭が輝きを増しそうでした。

見学できる日は決まっていて、水曜日と土曜日の10時30分から、16時までです。
メトロ千代田線、千駄木駅からなら徒歩7分、日暮里・西日暮里の各駅からは15分。
谷根千の散歩とからめて行かれると、いいと思います。



# by tabi-to-ryokou | 2015-10-07 16:00 | 建造物 | Trackback | Comments(20)

高さ15メートル前後のタワー9基を、合計150メートルのロープで繋いだ、スカイウォークを渡る、3頭のオランウータン(多摩動物公園)

高さ15メートル前後のタワー9基を、合計150メートルのロープで繋いだ、オランウータンの空の散歩道(スカイウォーク)を、ウータン3頭が渡ります。

何故渡るのか??
終点にはウータン舎の飛び地があり、そこは自然の森のような場所で、草や木の葉を食べたり、高木が作る木陰で涼しく休んだりして過ごせるからです。
私は飼育員が彼らの好物である、果物や、木の実をそっと置いとくのかと思ってましたが、そうでもなく、ウータンが自発的に行きたい場所のようでした。

11時半が近づくと、キキ(15歳のママ)、リキ(2歳の男の子)、ミンピー(血縁関係はないけど、いつもキキとリキと、一緒に行動してる近所のお姉さん、9歳)は
展示場から、タワーに向かいます。そしてリキはキキの背中にしがみついてます。

b0291402_20305205.jpg


まずはタワーの高さをご覧下さい。この高さです。15mくらいは楽にあります。
ミンピーが勇敢に進みます。

b0291402_20311038.jpg


そしてキキが続きます。あまりに高いし、逆光のシルエットなので、リキが全く見えません。

b0291402_20312165.jpg



写真をちょっと明るめにしたらリキが見えました。肉眼ではよく見えなかったのですが、キキの横腹にしがみついてるリキ。
この写真はちょっと衝撃でした。

b0291402_20313447.jpg


ウータンだから当たり前といってしまえば、その通りですが、リキはよく落ちずに高い空中をずっと、キキにしがみついていられます。
そしてキキは、リキを横腹にかかえてこの体勢で、ロープだけを頼りに150mも空中を歩きます。

b0291402_20314857.jpg


先頭がキキとリキ、後からいくのがミンピーです。

b0291402_20320157.jpg


タワーに到着するごとにちょっとずつ休みますが、まだ先には何本ものタワーがあります。
今度はミンピーが先頭に立ち、キキとリキが後からついていきます。

b0291402_20321417.jpg


一応飛び地の上まで辿り着きました。
ちょっと感動のシーンだったので、森の中に去っていくウータンを見ながらこの3頭の無事と幸せを祈ってしまいました。


多摩動物公園を4回にわたってお届けしましたが、これで終了です。
また近いうちに、キキ、リキ、ミンピー、それからシンギズ閣下、ルンンルンとララを訪ねて、お届けしたいと思います。
何故なら、この動物園で、大勢の素晴らしい役者さんと会うことができたからです。



# by tabi-to-ryokou | 2015-10-06 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(24)