ケニア・マサイマラの野生動物(その最終回、旅の記念にフォトブックを作ってみました)

2016年3月に訪問したケニア。
自分の日記では、タグ「ケニア」、もしくはカテゴリー「動物」で、いつでも見れるのですが、旅の記念に「フォトブック」を作成してみました。
幸いキャノンが主催する「トラベルブックコンテスト2016」で、ベスト30に選ばれたので、PHOTOPRESSOギャラリーでご覧いただけます。

フォトブックを手にしてご覧になりたければ、下の方の「カートに入れる」をクリックしていただければ、2,400円で、お買い求めいただけますが、
この内容で、2,400円は、正直言って高いです(笑)
だって、岩合光昭さんの、「ねこ歩き」の本は、どれも2,000以下で買えますから。

販売価格は自分で決めることができ、キャノンの印刷費と手数料が1冊あたり2,360円なので、販売価格を2,400円と決めました。
なので私の取り分は1冊あたり40円(笑)
私が儲かるというものでもないので、買わずにネット上で、パラパラと立ち読みされればじゅうぶんと思います。
コンテストに応募しただけで1,000円、ベスト30にノミネートされてさらに3,000円をいただきましたが、優秀賞9作品からは漏れてしまいました。
この写真はフォトブックの表紙にした写真で、3月のケニア訪問のハイライトシーンでした。

b0291402_20183893.jpg


ケニア・マサイマラの3月14日と15日の写真を何枚か掲載します。
3月14日のタンザニアからの帰り道で目撃した象同士のバトル。

b0291402_23152018.jpg

b0291402_23152929.jpg


ダチョウの行進。

b0291402_23154987.jpg


3月15日の最終日に見たマサイマラの夜明け。左のバンガローみたいのは空港ですが、空港ビルも、チェックインカウンターも、搭乗待合室もありません。
ここには時々、ライオンが集団で来るので、迎えの車が来てないと飛行機から降りるのは危険です。

b0291402_23161472.jpg


バッファローの背中で、ご歓談中のウシツツキ。迷惑そうなバッファロー。

b0291402_23171967.jpg



キリン&象。キリンと象は、1日に何回も出会いました。

b0291402_23173442.jpg

b0291402_23175342.jpg


キリンと象の2ショット。

b0291402_23181936.jpg



飛行機が滑走路を走ってるのに、手を振り続けてくれた紀子さんと、ドライバーのオルオチ。

b0291402_23184499.jpg


ケニア旅行は3月中旬だったので、もう帰国して5ヶ月半になりますが、今でも懐かしく思いだされるマサイマラの楽しい日々でした。


☆☆ 追記 ☆☆
余談となりますが、私の次の旅行は、またアフリカです。
日本 → エチオピア → ケニア → 南アフリカ共和国 → ジンバブエ → ボツワナ。そして帰りはその逆で戻ります。

今回はアフリカ縦断の旅なので、黄熱病の予防接種も受けました。
アフリカは過去7回訪問しており、エジプト3回、モロッコ1回、チニジア1回、ケニア2回で、今回のケニアは3度目の訪問となります。
慣れてはいますが、南アフリカ共和国のヨハネスブルグなんかは相当危険な都市なので、決して一人で外を歩かぬよう気を付けて行ってきます。
出発は9月4日、帰国は9月の中旬の予定で、日記の投稿は、野生動物を中心に毎日1回か2回はできると思います。



# by tabi-to-ryokou | 2016-09-01 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(30)

供用開始から、はや6年。羽田空港国際線ターミナルのスナップショット。

8月20日の雨の土曜日に訪問した羽田空港です。

第1ターミナルで、着陸する飛行機の水しぶきを撮ってから、久しぶりに国際線ターミナルに廻ってみました。
夏休み期間中の土曜日午前中ということで、ターミナルは搭乗客が多く、賑やかでした。

b0291402_09124106.jpg


国際線ターミナルの供用開始は2010年。当時は運航便数も少なく閑散とした印象でしたが、2014年の拡張もあって、今は乗り入れる航空会社が増えました。
中央階段からみた北側のチェックイン・カウンターです。

b0291402_09124945.jpg


このターミナルは屋根の形が独特です。

b0291402_09130495.jpg


2階が到着ロビー、3階が出発ロビー、4階は「江戸小路」で土産物屋さんが入ってます。

b0291402_09131388.jpg


その国際色豊かな「江戸小路」

b0291402_09132113.jpg


さらに上がると、5階には展望デッキがあります。

b0291402_09133156.jpg


国際線ターミナルの展望デッキは、滑走路を挟んで第1ターミナルの展望デッキと向き合います。
フライトはJALの767-300型機。雨があがったので、水しぶきはもう上がりません。

b0291402_09133969.jpg


最後の写真は560mmの超望遠で撮った空港です。
向こうから3機目は、今ちょうどA滑走路に着陸中のJAL機。

b0291402_10202052.jpg


写真にタイトルを付けるとすれば「過密状態」
飛行機が全部で6機見えますが、実際は国際線ターミナル駐機場、A滑走路、第1ターミナル駐機場に分散してるので、それほど過密感はありません。
望遠で撮ると、景色がギュッと圧縮されて、遠くのものも近く見えるという圧縮効果の錯覚です。
久しぶりに羽田の国際線ターミナルを訪れましたが、初めて社会人となった時の最初の職場がここだったので、隔世の感があり、雨上がりの空港が眩しく見えました。



# by tabi-to-ryokou | 2016-08-31 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(16)

びしょぬれでワッショイ!!その過激な水掛け写真の最終回(深川八幡の水掛け祭り)

8月14日に行われた深川八幡の水掛け祭り。
その3回目は最終回で、さらに過激な水掛けシーンの特集です。

容赦ない空中砲水。

b0291402_08505402.jpg


冷てえな~~。めえった、めえった~。

b0291402_08510338.jpg


風邪ひきそう、早くビール飲みたい。(嘘ですよ、そんなことは言ってません)

b0291402_08511435.jpg


夏雨じゃ~、濡れてまいろう、おのおのがた~。

b0291402_08513271.jpg


そして富岡八幡宮の前では太鼓が迎えてくれます。

b0291402_08514283.jpg


やっと「宮入」かと思ったら、ここでもバケツ攻撃。
木場の衆、おきばりやす!!


b0291402_08515145.jpg


そして最後の1枚は、水を浴びながらも笑顔の女の子。

b0291402_08520088.jpg


可愛いですねえ。これぞ370年続く下町の水掛け祭り。
3回にわたってお届けしましたが、本日が最終回です。

来年は3年に1回の本祭。氏子各町会の神輿、五十数基が深川の氏子各町を一周する約8キロのコースを練り歩きます。
また来年をお楽しみに。



# by tabi-to-ryokou | 2016-08-30 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(24)