炎のオブジェと雲

36度の暑さの中、週末カメラマンは浅草で街撮り。

アサヒビールタワーに隣接するスーパードライホール屋上の「オブジェ」と「雲」を撮ってみました。

アサヒビールの燃える心を象徴するという「炎のオブジェ」も当初はその色と形から、

色々と揶揄されましたが、今はすっかり街に馴染んでいます。

b0291402_1832361.jpg

# by tabi-to-ryokou | 2013-09-01 18:06 | 建造物 | Trackback | Comments(0)

8月の最終日に「てふてふ」

平安時代は、文字が「てふてふ」、発音も「てふてふ」でした。

その後、「てふ」の発音は「てう」、そして「ちょー」と変わり、
鎌倉時代には「てふてふ」は「ちょうちょ」と発音されたそうです。

今日が「けふ」と発音され、その後「きょー」に変わったのと同じ流れです。

だれの詩か覚えていませんが
「てふてふが一匹 韃靼海峡を渡って行った」
なんてありますから、弱そうに見えるちょうちょもやる時は
「ちょうちょうはっし」
きっとやるんですよ。

写真は「アオスジアゲハ」、あちこちでよく見かける普通のちょうちょです。
b0291402_16474169.jpg

# by tabi-to-ryokou | 2013-08-31 16:49 | Trackback | Comments(2)

早く逃げないと食べられちゃう

右のウツボが大きな口を開けて、獲物を狙ってます。

早く逃げないと危ないぞ!!

でもここは水族館なんです。

さて場所はどこでしょうか ??

銀座ソニービルの真ん前に設置された14トンの大型水槽で泳ぐ魚たちです。

b0291402_20315029.jpg


9月1日までご覧になれます。
# by tabi-to-ryokou | 2013-08-30 20:32 | Trackback | Comments(0)

サギソウをさがそう

サギソウが見頃です。

今シーズンは九品仏の浄真寺、それから昭和記念公園と2ヶ所で、観賞しました。

見に行かれるなら、間近で、沢山のサギソウを見れる昭和記念公園のがお薦めです。

カメラを持った人には、鉢植えのサギソウを貸してくれるので
 「マイ サギソウ」 を独り占めして、ゆっくりと写真を撮ることができます。

b0291402_17293673.jpg

# by tabi-to-ryokou | 2013-08-29 17:41 | Trackback | Comments(2)

有楽町イトシア広場の「打ち水ウィーク2013」

舞台ではバンド演奏、モウモウと吹き出る涼しげなミスト。

環境は整ってますが、観客はお子様一人。

乳母車に乗ってますが、母親らしき女性は近くに見当たらず。

それでも涼しきゃいいか。

b0291402_20375483.jpg

# by tabi-to-ryokou | 2013-08-28 20:37 | Trackback | Comments(0)

最近、隈研吾さんの建築作品にはまってます

隈研吾さんの2009年の作品、根津美術館です。

玉砂利と竹に囲まれた、この長いアプローチは、竹を好んで取り入れる隈研吾さんらしい設計でした。

開館5分前になり、遠くの方で警備員さんと、入館を待っているお客さんがなごやかに談笑しています。

b0291402_2154455.jpg

# by tabi-to-ryokou | 2013-08-27 21:11 | 建造物 | Trackback | Comments(0)

浜離宮恩賜公園のキバナコスモス

都心の真ん中で今年もキバナコスモスが咲いています。

b0291402_20471613.jpg

# by tabi-to-ryokou | 2013-08-26 20:48 | Trackback | Comments(0)

御岳山のレンゲショウマ

レンゲショウマは森の妖精と言われますが、花は下を向いて咲くので、写真家はしゃがみこんで上を向いて撮ります。足腰を鍛えるには絶好の花でした。
b0291402_2054610.jpg

# by tabi-to-ryokou | 2013-08-25 20:22 | Trackback | Comments(0)

酒瓶

初投稿です。

隈研吾さんが設計した「食と農の博物館」を見にいって、建物の外観よりも、このコーナーが気に入りました。
b0291402_2305110.jpg

# by tabi-to-ryokou | 2013-08-24 23:01 | 建造物 | Trackback | Comments(4)