寒い、冷たい、しびれる!! 誰もが「寒そう~~」、と叫んだ寒中禊がまん会(神田明神)

新春恒例の人気行事「寒中禊がまん会」は、新成人を中心に、老若男女40人が厳寒の中、大きな氷柱が入った禊場の中で、冷水を浴び身を清めました。
1月13日の最低気温は0.8度。我々カメラマンでさえ寒くて震えながらの撮影でした。

境内を1周走ってから、入場行進です。

b0291402_23410224.jpg



そして体操。目の前の皆さんの、手も足も震えてるのが、はっきり見えました。

b0291402_23411452.jpg



そして冷水を頭からかぶります「えいっ!!」

b0291402_23413081.jpg



新成人というよりも、お歳をめしたリピーターさんが多いです。

b0291402_23414909.jpg



読売新聞の記事によりますと、参加者は「これをやらなければ年があけた気がしない」とおっしゃってたそうです。

b0291402_23415960.jpg



ごめんなさい、顔を消すと全く迫力が伝わらないので、そのまま掲載させていただきました。
もし問題があるようでしたら、すぐ消しますので、ご連絡下さい。

b0291402_23421301.jpg



いやあ~~、見事です。

b0291402_23422381.jpg



この方は、過去にも撮影してますが、迫力満点です。

b0291402_23423529.jpg



女性陣も参加してます。できることなら、カイロを1ダースプレゼントしたい。

b0291402_23424867.jpg



帰りの神田明神の御神殿、参拝客が多いです。

b0291402_23431180.jpg




門前には甘酒で有名な天野屋さん。甘酒1杯が300円。

b0291402_23470423.jpg


神田明神の寒中禊は今年で31回目。見てるだけで寒くなりましたが、帰りの甘酒で温まりました(笑)
自分は、鳥越神社のとんど焼きと、神田明神の寒中禊が終わらないと年が明けません。



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-15 16:00 | イベント | Trackback | Comments(32)

ええ、お好み焼きのレディースランチセットを食べましたよ、それがなにか(銀座三越、ぎゅんた)

たまに、こってりしたお好み焼きを食べたくなることがありませんか。
そういう時に行く店が、銀座三越11階の、「神戸六甲道ぎゅんた」さん。
このブログで以前にも掲載したことがあるので、2回目です。

b0291402_05430199.jpg



なにがいいかって、レディースランチセットは海鮮焼きそば(ハーフ)と、お好み焼き(豚、イカ、エビから選択)の1人分と両方を食べられるんです。
最初は白菜サラダ。ドリンクもセットに入っていて、ジャスミン茶、アイスティー、コーヒー、コーラ、ジュース、ランチビールから選べます。
勿論、私の選択は写真の通り(笑)

b0291402_05431483.jpg



今回はカウンターの左端に座って、焼き上げる過程も写真に撮りました。
まずは水に溶いた小麦粉を。

b0291402_05433268.jpg



キャベツをたっぷり乗せます。

b0291402_05435448.jpg



お好み焼きはイカを選びましたが、具を乗せて、さらに味付けをして、上から小麦粉です。

b0291402_05440854.jpg



手前に見えてるのは、海鮮焼きそばのハーフです。
満席になってしまい、外人さんが次の案内を待ってます。

b0291402_05444747.jpg



出て来ました、海鮮焼きそば。量もちょうどいいです。美味いです。

b0291402_05445973.jpg



鉄板ではお好み焼きがいい具合で、ひっくり返してます。

b0291402_05451495.jpg



これが自分の分で、イカのお好み焼きです。

b0291402_05460118.jpg



なんとも美味しそう。

b0291402_05461228.jpg



カットすると、こんな焼き具合。

b0291402_05521377.jpg



レディースランチセットといっても、結構な量がありました。でも完食しましたよ。

b0291402_05523271.jpg



そのお値段は1,277円、税込みで1,380円。サラダ + ビール + 海鮮焼きそば + イカのお好み焼き、ですからね。
上の看板に、小さく「男性もどうぞ」と書いてありますから、男性も遠慮なく注文できます。
銀座三越の11階です。お好み焼きを無性に食べたくなったら、是非どうぞ。



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-14 16:21 | グルメ | Trackback | Comments(24)

ユキヒョウのフクちゃんは、今日も元気(多摩動物園)

丘の上のユキヒョウ舎まで坂道を上ると、ミミ母さんは台の上。

b0291402_08241425.jpg



フクちゃんは、そう広くも無い檻の中をパトロール中。

b0291402_08242552.jpg



ヒョイ!!、身のこなしが素早くなりました。

b0291402_08243572.jpg




でも、ミミ母さんが気になって、台の上をちらちらと見上げます。

b0291402_08244570.jpg



ミミ母さんが台から下りる瞬間。

b0291402_08245677.jpg



ど~お、私の着地。決まってるでしょう、ペロリ。

b0291402_08250567.jpg



フクちゃんも真似して飛び下ります。

b0291402_08251858.jpg



こちら側から撮ると、金網が邪魔、木の杭も邪魔。
予想以上にフクちゃんのジャンプが大きくて、画像内に収まらなかった失敗作。

b0291402_08252843.jpg



カメラマンさんはというと、こんな状況。
日曜日だったので混んでいて、15分も列に並んで2分見て、また15分も列に並んで2分見て。

b0291402_08254017.jpg




1枚だけ撮れた、フクちゃんと、ミミ母さんの2ショット。

b0291402_08324876.jpg



最後にフクちゃんの、いいお顔。こうやって見ると両目の大きさは一緒ですが・・・

b0291402_08255137.jpg



眠くなってくると、右目が先に細くなります。

b0291402_08331016.jpg




ペロリンコ!!

b0291402_08332653.jpg



フェェ~~!!

b0291402_08333628.jpg



てな具合で、この後、フクちゃんは目を閉じてしまいました。
15分待って、2分。2ラウンドしたので、合計30分待って、ガラス窓から撮影できたのはたったの4分。
フクちゃんは人気者なので仕方がありませんが、やれやれの日曜日でした。(撮影は1月7日)



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-13 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(26)

氏子さんたちが持ち寄る門松やしめ飾りを、お炊き上げする「とんど焼き」(浅草、鳥越神社)

お正月にお迎えした歳神様(としがみさま)をお送りし、お焚き上げの火や煙にあたると、一年間無病息災で過ごせるといわれる「とんど焼き」
地方によっては「さぎっちょ」、「どんど」、「どんと」、とも呼ばれます。

氏子さんたちが持ち寄る門松やしめ飾りは、町内の「ほトンド」かどうかは分かりませんが、境内に高く積み上げられ、「とんど」の開始を待ちます。

b0291402_07333674.jpg



宮司の祝詞が終わるといよいよ着火です。 神主さんが、火打石でパチパチとやってから、神官が火を点けて廻ります。

b0291402_07334554.jpg



「とんど」「とんど」の掛け声とともに、竹で地面を叩きながら、火の回りを2周すると1年間は無病息災。

b0291402_07335620.jpg



元気に廻る、可愛いらしいお子さんたち。

b0291402_07340894.jpg



中には火が怖くて、顔を隠すお子さんも。

b0291402_07341779.jpg



門松、しめ飾り、輪飾り、古いお札、破魔矢と燃えやすいものばかりなので、炎が凄くて、廻るお子さんたちも熱いし、撮ってるカメラマンも熱い!!

b0291402_07343004.jpg



外人のご家族も参加してます。

b0291402_07344086.jpg



この後、竹竿の先にお餅を吊るして焼き、子供たちや、観客にもふるまうのですが、生憎と雨が降ってきました。

b0291402_07345082.jpg



17時頃から雨という天気予報だったので、まさかお昼から降るとも思わず傘は無し。
身体は濡れるし、カメラも濡れるしで、残念ながらお餅を見ることも無く撤収しました。
この後、お餅を焼いたのかどうかは確認できてません。撮影は1月8日、成人の日でした。



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-12 16:00 | イベント | Trackback | Comments(11)

再び登場「影カワセミ」。狩りは苦戦するも小さなエビをGET(葛飾区、水元公園)

久しぶりに水元公園を訪問しました。

誰が名付けたのか「影カワセミ」。名付け親は私で、「影カワセミ」を知ってるのは、私と、私のブログの読者だけ(笑)
彼はオスで、不動池と、修景池を縄張りとし、この2・3年は、私のモデルさんです。

b0291402_08072477.jpg



修景池で、獲物を探しながら右へ飛んだリ、左へ飛んだリ。

b0291402_08073434.jpg



私の推測ですが、毎日のようにエビや小魚の、ブッフェ状態だったので、この池も獲物が少なくなってきたのではないでしょうか。

b0291402_08074303.jpg



アラヨ~ット!!

b0291402_08075206.jpg



こんな感じで、時間が過ぎていきましたが、待望のダイブです。
影カワセミも、本物のカワセミを追いかけます。

b0291402_08080267.jpg



獲物を見つけたようで、急降下開始。

b0291402_08081147.jpg



嘴は既に水の中。突撃~~!!

b0291402_08082770.jpg



分かりにくい、飛び出し画像ですが、カワセミはこちらを向いていて、縦に白く光ってるのが嘴です。

b0291402_08083906.jpg



小さなエビをGETしました。おめでとう。

b0291402_08084861.jpg


この後、カワセミが不動池に向かったので、私も不動池に移動しました。
ここから不動池までの距離は200mくらいでしょうか。三脚無し、カメラ1本の軽装備は、こういう時に移動が楽です。
次回に続きます。



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-11 16:00 | | Trackback | Comments(12)

中世の面影が残る巡礼路の古都ブルゴス(その4、ブルゴス繁華街の街撮りスナップ)(スペイン、ブルゴス)

10月1日に訪問したスペインの古都ブルゴスです。

ブルゴスからビルバオに戻ってその晩に書いた日記は「バスク地方を旅行中」、帰国後1回目の日記は「そのお祭り」、2回目の日記は「街の様子」、
3回目の日記は「ブルゴス大聖堂」でした。今回は「ブルゴス繁華街の街撮り」で、最終回です。

旧市街のパン屋さん。

b0291402_20130360.jpg



よく見ると、1個ごと丁寧に、こねてます。

b0291402_20131998.jpg



実はこのパン屋さん、飛ぶように売れていて、1個の値段は4ユーロ、約550円でした。
安くはない気がしますが、日本のように菓子パンや、デニッシュを売るパン屋さんがここには無いので、皆さんが4ユーロを払って買ってました。

b0291402_20132968.jpg



お隣のチーズ屋さん、まるで売れてません(笑)

b0291402_20134136.jpg



ブラブラ歩いていたら、栗を焼くおばちゃんの像。
何の意味があるのか分かりませんが、スペインの田舎町ですから、へんてこな像もあります。

b0291402_20135223.jpg



アルランソン川を渡って、新市街へ向かいます。闊歩するのはスペインのおばちゃんたち。
橋の真ん中を堂々と歩いてますが、ブルゴスもスペインですから、ここはスペイン人ばかりです。

b0291402_20140503.jpg



サンタ・マリア門の向こうには、ブルゴス大聖堂の尖塔が見えてます。さようなら大聖堂!!

b0291402_20143331.jpg



ヨーロッパの繁華街にはこういう恰好をして、「投げ銭」を集める大道芸人が多いです。
でも、息をしていません。本物の像でした(笑)

b0291402_20144346.jpg



しばらく散歩してから、バスターミナルに向かって急ぎました。最後に見た、ブルゴス旧市街の景色です。

b0291402_20145333.jpg



ビルバオに戻るバスが来たので、カメラをしまおうとしてたら、おや、まあ、なんと!!
熱烈なカップルがいたので、最後の写真を。

b0291402_20150369.jpg



この後に撮った写真は、お別れの「ブチュ~~」、とてもここには掲載できません(笑)
こんなわけで、4回に渡り、お届けしたブルゴスの日記は終わります。
翌日に、スペイン・バスクのビルバオから、フランス・バスクのバイヨンヌに日帰りしたので、日記はあと1回続く予定です。



# by tabi-to-ryokou | 2018-01-10 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(12)