サバンナの動物たち(その1)(象、キリン、エランド、鳥たち) sanpo

ケニア、マサイマラで撮影した、サバンナの動物たち(その1)です。

空港で出迎えてくれたのは象の家族。

b0291402_14163482.jpg



草食動物は、あっちにも、こっちにも沢山いるので、あまりシャッターを切らないのですが、初日だと、ついつい撮ってしまいます(笑)

b0291402_14164898.jpg



「何か御用??」

b0291402_14170506.jpg



「エランド」は、そのお肉が美味しいので、家畜化が試みられましたが、まだ成功してないそうです。

b0291402_14172723.jpg




お肉の美味しさなら、こちらも負けてません。「ホロホロ鳥」はフランス料理の食材。

b0291402_14173906.jpg



絶対に食べたくないのは、「ヘビクイワシ」(笑)

b0291402_14175060.jpg



サバンナには野鳥も沢山いますが、日本にはいなくて、名前も分からない小鳥が多いです。

b0291402_14180082.jpg


この鳥の名前は、 アフリカ中東部と南部に生息する「ライラックニシブッポウソウ」とおしえていただきました。
ブロ友のmanyamou02さん、ありがとうございます




そよ風と空気の香り、白い雲と青い空は、久々の再訪を、五感で感じさせてくれました。
ケニア、マサイマラの初日が始まりましたが、「サバンナの動物たち」は、あと何回か、続編があります。



# by tabi-to-ryokou | 2017-10-16 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)

バスク地方のここは見ておきたい(その1)(世界遺産、ビスカヤ橋)

バスク地方のここは見ておきたいシリーズ(その1)は、9月30日に訪問した世界遺産のビスカヤ橋です。

ビルバオ市内から地下鉄で20分、最寄りのポルトゥガレテ駅からは歩いて15分。
歩き始めて10分もすると、高さが45mもあるビスカヤ橋が、マンションとマンションの間に見えてきました。

b0291402_20134745.jpg



さらにネルビオン川に向かって、急な坂道を下っていきます。

b0291402_20140171.jpg



坂道を下りたところで、ビスカヤ橋の全景が見えました。
全長160m、高さ45mの運搬橋は1893年に完成し、当時としては画期的な構造で、その後に世界各地に造られた運搬橋のモデルとなりました。

b0291402_20145667.jpg



橋桁から鉄のワイヤーで吊り下げられたゴンドラが、人や車を載せて移動する仕組みです。

b0291402_20150687.jpg



対岸からゴンドラが到着するところ。

b0291402_20151944.jpg



今度はゴンドラへの乗り込みです。車は真ん中に6台、人間は両側のゴンドラで、1度に300人は乗れるそうです。

b0291402_20155129.jpg



勿論、自転車もOKです。「早く雨が止まないかな~」、と空を見上げる自転車おじさん。

b0291402_20174397.jpg



自分もゴンドラに乗り込んでみました。吊り下げられたゴンドラなので、景色は周囲360度。

b0291402_20163657.jpg



164mの移動に約2分、料金は約50円でした。

b0291402_20162412.jpg




橋桁の上を歩けるという事で、挑戦してみました。料金は7ユーロ(約1,000円)
雨の日なのに、傘を差して橋桁に登り、対岸に渡るなんて変人は、自分だけでした(笑)

b0291402_08471380.jpg


高さ50mからの景色ですが、雨なので見晴らしはイマイチです。

b0291402_08530030.jpg



世界遺産、ビスカヤ橋に満足して、再びメトロの駅を目指しますが、帰りは階段ではなくて、昇りのエスカレーター。
途中で美人と、ワンちゃんとすれ違いましたが、左上の黒いのは自分が差してる傘。自分もエスカレーターで動いてるので、せっかくのバスク美人はピンボケ、ワンちゃんは半分隠れてました(笑)

b0291402_20184884.jpg


次回の、「バスク地方のここは見ておきたい」、はグッゲンハイム美術館をお届けします。



# by tabi-to-ryokou | 2017-10-15 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(18)

モモコ無事出産、生れて6日目のゴリラの赤ちゃん(上野動物園)

10月14日、土曜日、東京は朝から雨、気温は15度で肌寒い天気です。

旅行の出発日に「羽田空港でモモコを想う」という日記を書きましたが、モモコは10月9日に無事出産しました。
帰国したらすぐ見に行こうと思ってましたが、本日モモコと赤ちゃんを訪問しました。

次女のモモカが覗きに来ますが、両腕でがっちりガードしてるので、赤ちゃんが見えません。

b0291402_15493442.jpg



長女のコモモも覗きに来ますが、左腕と、右腕でガッチリとガード。

b0291402_15494607.jpg



父親のハオコも気になる様子で、モモコをチラチラと見てます。

b0291402_15495647.jpg



そして赤ちゃんが両腕から顔を半分出した瞬間です。
おめでとう、よく無事に生まれてきてくれました!!

b0291402_15500851.jpg


目を閉じてますが、可愛い!!

b0291402_15502555.jpg


ちょっと笑ってるような、健やかな表情。

b0291402_15503678.jpg



ずーーっとカメラを構え、ファインダーから覗いて、半押しで待ってましたが、モモコの右腕がちょっとだけ離れました。おっぱいを吸ってます。
小ちゃくて、細い!!

b0291402_15504970.jpg




あとは再び、モモコの腕の中におさまりました。モモコ、おめでとう~~!!

b0291402_15510088.jpg



日本でゴリラの赤ちゃんが誕生するのは、2013年6月、東山動物園のアニー以来ですから、今日・明日は、上野動物園に、全国の「ゴリ友」さんが、大集合。
上野動物園まで30分の自分よりも、三重県や、京都のゴリ友さんが、先に到着してたのには驚きました。遠方組は、東京1泊で、明日も撮影だそうです。
なお、ゴリ友さんたちの噂では、この赤ちゃんは男の子だそうですよ(笑)



# by tabi-to-ryokou | 2017-10-14 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(32)