私が好きな「ハルマキ」は、中華料理ではなくて、レッサーパンダの「ハルマキ」ちゃん(市川市動植物園)

以前お届けした「レッサーパンダ、オランウータンの昼寝日和」、の続きです。
年長のレッサーパンダが、ほぼ全員、昼寝中というなかで、起きてたのが「ハルマキ」ちゃん。

b0291402_20333265.jpg


2016年7月16日生まれのメスで、生後11カ月。若いから元気なんです。

b0291402_20334242.jpg


檻の金網を登り始めました。

b0291402_20335626.jpg


でも見えるのは、見物客ばかり。

b0291402_20340827.jpg


金網に登っても景色は一緒やんか、もう疲れたわ~~~

b0291402_20390663.jpg


折角なので、ド・アップの、「ハルマキ」ちゃん。

b0291402_20373715.jpg


「ハルマキ」ちゃん、可愛かったです。
レサパンには、ネパールレッサーパンダと、シセンレッサーパンダがいますが、日本にいるレサパンは、ほぼ全員が、シセンレッサーパンダ。
「ハルマキ」ちゃんの名前は、四川 → 中華料理 → ハルマキ、からきてるんでしょうね。



# by tabi-to-ryokou | 2017-06-09 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(28)

東京下町は花菖蒲が見頃を迎えました(足立区、しょうぶ沼公園)

我が家の近くでは、葛飾区の堀切菖蒲園と、水元公園が花菖蒲の名所ですが、6月4日は朝9時から神輿の撮影をした後だったので、
車で10分の「しょうぶ沼公園」に行ってみました。

b0291402_18115574.jpg


「しょうぶ沼公園」は、木立に囲まれた足立区立の公園で、中には五つの菖蒲田があります。

b0291402_18120540.jpg
b0291402_18122266.jpg


見渡すと江戸系の花菖蒲が多いように見えます。

b0291402_18125545.jpg


足立区のHPには、140品種、8,100株の花菖蒲が咲くと書いてあり、入園は無料。
有名ではありませんが、ここの花菖蒲、勝負する価値ありです(笑)

b0291402_18123140.jpg


この公園のいいところは、菖蒲田に木道があるので、花びらをすぐ近くから撮れること。

b0291402_18124155.jpg


でも木道は狭いので、撮ったらすぐにどかないと、通行の妨げになります。

b0291402_18130575.jpg


立ったり、しゃがんだり、横から撮ったり、下から見上げたり、いい運動になりました。

b0291402_18131814.jpg


最後の1枚は、ベビーカーの赤ちゃんと、ご家族と、花菖蒲。

b0291402_18133340.jpg


自分の予測ですが、あと2週間。少なくとも6月中旬までは見頃が続くと思います。



# by tabi-to-ryokou | 2017-06-08 16:00 | | Trackback | Comments(18)

神輿を地面すれすれまで左右交互に倒し振り合う、都内でも珍しい神輿振り(荒川区、素戔嗚神社の天王祭)

都内でも「神輿振り」が有名なのは、オラが町、南千住のお祭りです(笑)
荒川区南千住に鎮座する、素戔嗚(すさのお)神社の祭礼、天王祭。
6月3日、4日に 氏子町内の神輿が繰り出しましたが、4日の朝9時から取材しました。

まずは神輿振りです。

b0291402_08474539.jpg


子供神輿だって倒します。

b0291402_08475420.jpg


場所は千住間道。一般車両は通行止めの神輿天国。つまり、「ホコテン」ならぬ「ミコテン」(笑)

b0291402_08480467.jpg


センターポジションは、神輿の下に入ります。

b0291402_08482968.jpg


あらよ~~っと、、下に潜り、神輿の重さを背中で支えます。
昨年は腰砕けになり押しつぶされた男性を見かけました。

b0291402_08484041.jpg


ほいさ~~、ふ~~!!。千智さん(半纏のお名前)、身体が柔軟です。 粋ですねえ。

b0291402_08484923.jpg


このセンターポジションは、結構つらいそうです。でもやってみたいという担ぎ手も多いとか。

b0291402_08490061.jpg


皆さんがいい笑顔。「綺麗に撮ってね~~」
「は~~い」
でもピントが、ボケました~(笑)

b0291402_08491067.jpg


最後の1枚は、「粋」で「いなせ」に、〆ましょう。

b0291402_08492446.jpg


天王祭の神輿振りは次回に続きます。



# by tabi-to-ryokou | 2017-06-07 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(8)

新緑に映える濃いピンクのサツキ(文京区、六義園)

ついでと言ってはなんですが、6月3日の六義園では紫陽花だけでなく、サツキも満開でした。

池の周りを縁取るかのように、200株のサツキが植えられています。

b0291402_16311484.jpg


こんなもんじゃありません。あの坊ちゃんも、できるならこのサツキの前を走ってほしかった(笑)

b0291402_16312494.jpg


田鶴橋の周囲も、新緑に映え、サツキが目立ちます。

b0291402_16313791.jpg


水面への映り込みも濃いピンク。

b0291402_16314749.jpg


一番、見事に咲いてるのが、玉藻磯から出汐湊にかけて。

b0291402_16421196.jpg


遠くの日陰では、一組の老夫婦が、静かにサツキを観賞してました。

b0291402_16422479.jpg


六義園のお知らせには、「サツキは見頃が続いてますが、雨などで花びらの色が変わってしまうので、お早めにご覧下さい」、と書いてありました。



# by tabi-to-ryokou | 2017-06-06 16:00 | | Trackback | Comments(18)

千葉の大空に舞うアクロバット飛行(幕張、レッドブル・エアレース会場)

「レッドブル・エアレース千葉」は、6月4日に決勝が行なわれ、室屋義秀選手が優勝しました。
室谷選手は昨年の千葉大会に続いての2連覇、おめでとうございます!!
レースの状況は見なかったのですが、土曜日に行われたアクロバット飛行を観てきました。

到着したのは14時30分頃。レースに出場する選手が次々とテスト飛行をしていました。

b0291402_10404066.jpg


翼には「RedBull」の文字が。

b0291402_10405134.jpg


パイロン(エアゲート)を華麗にすり抜け・・・・・

b0291402_10405941.jpg


煙を残しながら一瞬で飛び去ります。

b0291402_10410941.jpg


パイロットの顔が見えました。予選と決勝、頑張って下さい。

b0291402_10411806.jpg


そして15時30分、アクロバット飛行を演ずる軽飛行機がやってきました。
急上昇!!飛行機を背中から見ると、翼には「CHALLENGER」の文字。

b0291402_10412829.jpg


アクロバット飛行ですが、プログラムには「エアロバティック飛行」と書いてありました。
そして急旋回。

b0291402_10413880.jpg


今度は急上昇。迫力はブルーインパルスのが凄いけど、こういう展開の素早さは、さすが軽飛行機!!

b0291402_10431125.jpg



と思ったら突然、背面飛行。

b0291402_10415032.jpg


パイロットさん、恰好いいです。観客は唖然・茫然と拍手を贈りました。

b0291402_10415935.jpg


会場の幕張海浜公園です。

b0291402_10491730.jpg


幕張の空に弧を描き、美しく舞うエアロバティック飛行は次回に続きます。



# by tabi-to-ryokou | 2017-06-05 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(20)

いよいよ関東地方も、紫陽花の見頃となりました(文京区、六義園)

6月3日、土曜日、東京は快晴、16度~26度の心地よい1日。
朝は六義園で紫陽花とサツキを撮影し、家に戻って食事をしてから、午後は千葉県幕張の「RED BULL AIR RACE」の観戦。忙しい土曜日でした。

開園の9時ちょうどに六義園に入りました。
ヤマアジサイの「シチダンカ」は、前日の雨で濡れてます。
淡い青色は、落花までの間に薄紅、濃紫、藍色と変化するので、幻のアジサイと言われます。

b0291402_07465551.jpg


同じくヤマアジサイの、「くれない」
最初は白く、だんだん赤に変色していきます。

b0291402_07472594.jpg


ガクアジサイの「おたくさ」
シーボルトが日本人妻の「お滝さん」の名前から「おたくさ」と名付けたそうです。

b0291402_07475542.jpg


ヤマアジサイの「甘茶」。
葉に甘味があり、甘味料として使われてきました。

b0291402_07482580.jpg


ヤマアジサイの「紅額」。
装飾花は、終盤には真っ赤になるそうです。

b0291402_07485426.jpg


ガクアジサイと、ヤマアジサイの違いは、
ガクアジサイは、葉にうぶ毛が少ない。ヤマアジサイは、うぶ毛が多い
ガクアジサイは、葉が厚めでやや光沢がある。ヤマアジサイは、葉が薄めで、光沢がない
ガクアジサイは、背丈が高い。ヤマアジサイは、背丈が低め。
ガクアジサイは、開花時期が6月中旬~7月。ヤマアジサイは、5月下旬頃~6月頃
日が差してきました。葉っぱに映るのは「紅額」の影。

b0291402_07492567.jpg


ヤマアジサイの「紅てまり」
現在は白い花ですが、これから赤く変色するアジサイです。

b0291402_07495438.jpg


ガクアジサイの「黒軸」
花は美しいのに、茎が黒いので、黒軸という名前が付いてます。

b0291402_07502576.jpg


ヤマアジサイの「深山八重紫」
濃い紫色の綺麗な八重咲き。

b0291402_07505545.jpg


咲き具合はというと、ちょうど咲き始めの見頃。「あじさい山」も鬱蒼とした緑色が目立ちます。

b0291402_07512560.jpg


六義園には15品種、1,000株の「和の紫陽花」が咲き、額咲きの、優美な花が特徴的です。
見頃は6月中旬まで続くので、まだまだ楽しめます。




美しいあじさい&6月のイメージショット!



# by tabi-to-ryokou | 2017-06-04 16:00 | | Trackback | Comments(16)

レッサーパンダ、オランウータンの昼寝日和(市川市動植物園)

5月末の暑い日でしたが、久しぶりに市川市動物園を訪ねました。

開園の9時30分に到着しましたが・・・・
眠くてたまらないメイト(2013年、6月、20日生まれ、オス)

b0291402_17125939.jpg


後ろ足でオデコを掻いてます。痒い~、でも眠てえ~~。

b0291402_17130846.jpg


自分 : じゃあね、メイト!、バイ・バイ
メイト : アカンべ~~~

b0291402_17131891.jpg


市川市動物園には、おそらく12頭のレッサー・パンダがいますが、皆さん朝からお昼寝。
かすかに顔が見えたのは小屋の中で引き籠り中のナミ(2002年7月15日生まれ、メス)

b0291402_17133554.jpg


ペタッと寝てるのはルル(2008年6月21日生まれ、メス)

b0291402_17134476.jpg


オランウータン舎を見に行きました。
アチャ~~、誰もいない。

b0291402_17140419.jpg



お父さんのイーバン(1988年生まれ、オス)と、お母さんのスーミー(1988年生まれ、メス)と、娘のリリー(2010年生まれ)が、いるはずですが、
全員が室内に引っ込んでました。
息子のウータン(2003年生まれ、オス)は、昨年から豊橋動物園のウラン(2005年生まれ、メス)のところへ婿入り中。
はたして、ウータン、ウランのカップルに赤ちゃんは生まれるでしょうか。

b0291402_17171783.jpg


もう帰ろうかという時に、パッチリと目を覚ましていたレッサーパンダが・・・・
ハルマキは2016年7月16日生まれのメスで、生後10か月と半分。

b0291402_17142774.jpg


この子、可愛いいです。
年上のレッサーパンダが、ほぼ全員昼寝中というなかで、ハルマキだけが元気でした。
次回は、ハルマキ特集をお届けします。



# by tabi-to-ryokou | 2017-06-03 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)

祭りの朝、天神さまの境内は静かでした(文京区、湯島天神)

5月28日の朝に、湯島天神を訪ねました。

湯島天神は2月の梅祭り、11月の菊祭りの時期によく来てますが、5月の天神祭の時期に来たのは確か2回目。

b0291402_05205281.jpg



朝の9時。参道はガラ~~~ン。神輿の宮入は14時からなのでこんなもんでしょう(笑)

b0291402_05210232.jpg


境内をご案内いたしましょう。学問の神様、菅原道真公を祀った総檜造りの本殿。

b0291402_05211466.jpg


本殿と社務所の間は、赤い毛氈が鮮やかな渡り廊下で結ばれます。

b0291402_05212414.jpg


渡り廊下の下をくぐり、本殿の奥に進むと、小さなお稲荷さん。ここは笹塚稲荷です。

b0291402_05213311.jpg


湯島天神の例大祭に合わせ、生花展が奉納されます。

b0291402_05214691.jpg
b0291402_05215420.jpg
b0291402_05220335.jpg


地元の子供たちが描いた「湯島百景展」も開催中。

b0291402_05222352.jpg
b0291402_05223151.jpg



そして出番を待つのは、湯島天神の本神輿。

b0291402_05261351.jpg


氏子町内の様子はというと、神輿が午後からなので、皆さんのんびりしてます。

b0291402_05262352.jpg


境内に戻りました。湯島天神には400本の梅が植えられており、梅の名所として有名です。

b0291402_05263529.jpg


小畑実が唄った「湯島の白梅」、原作:泉鏡花、主演:山本富士子の映画「湯島の白梅」は、湯島通れば思い出す~、お蔦、主悦の心意気~、知るや白梅玉垣に~、残る2人の影法師~♪
はるか昔の映画なので知る由もありませんが、この場所に立つと、何故か、湯~島通れば~♪、のメロディーが浮かんできます(笑)

b0291402_05264484.jpg


都会の天神さまなので境内は狭く、箱庭のような小さな庭ですが、新緑に癒されました。
梅まつり、菊祭りの時期には、ゆっくりと撮れませんが、祭りの朝はゆっくりと写真を撮れました。



# by tabi-to-ryokou | 2017-06-02 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(8)

東京みなと祭のパレードは、空から海から(晴海ふ頭)

5月28日、日曜日、気温27度の陽気で開催された「東京みなと祭」です。

消防艇や、消防ヘリコプターのページェントが終わった頃に到着したので、閉会式典でした。

b0291402_22394895.jpg


東京消防庁の、「ご苦労さん」、「敬礼」の瞬間。

b0291402_22395659.jpg


さあ、ここからが、写真を撮りに来た、「空から、海から」のパレードです。
船は、はっきり見えますが、上空で待機する3機のヘリコプターも見えるでしょうか。

b0291402_22400774.jpg


自分がいる晴海客船ターミナルに近づいてきます。

b0291402_22401936.jpg


3機とも東京消防庁のヘリコプターですが、1機目は「かもめ」

b0291402_22402968.jpg


飛んでるヘリコプターをこんなに近くから見たのは初めてです。2機目は「ちどり」

b0291402_22403739.jpg


こんなにリラックスしてますよ。3機目は「こうのとり」

b0291402_22404623.jpg


次に海からやってきたのは東京消防庁の消防艇。
全員が「魚キャラ」なので、真ん中の白衣は「さかなクン」かと思いましたが、別人でした。

b0291402_22405869.jpg



アンパンマン、バイキンマン、ショクパンマン。なんだ、こりゃあ~~(笑)

b0291402_22410914.jpg


次は本物の消防マン。皆さんが消火活動に着用する、消防服で登場です。

b0291402_22412018.jpg


消防艇のパレードは、ちょっと?、でしたが、ヘリコプターは恰好良かったです。
この後、「珍しい船の一般公開」の会場に移動して、しゅんせつ船や、護衛艦を見学します。



# by tabi-to-ryokou | 2017-06-01 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(14)

三社の掛け声は「オイサ~、オイサ~」。(台東区、浅草、三社祭の後半)

5月22日の三社祭後半です。
1トン神輿「三之宮」についてますが、「浅草馬三会」は担ぎ手も多く、ギャラリーも多い。
浅草5丁目界隈に「オイサ~、オイサ~」の威勢のいい掛け声が響きます。

b0291402_16480506.jpg


大通りからちょっと狭い道に入ると、通勤時間帯のラッシュアワー。

b0291402_16460895.jpg


ここで右折ですが、右も、左も、手前も、正面も、人、人、人、右折できるのか!!!

b0291402_16461887.jpg


「気を付けろよ~」の叫び声が聞こえますが、右折しました。そして「三之宮」はゆっくりと下町の路地を進みます。

b0291402_16462733.jpg


後を追うのは、お囃子の山車。担ぐのも暑いし、歩くのも暑いし、山車の中も暑いと思いますが、ご苦労様です。

b0291402_16463655.jpg


少し先回りしてみました。神主さんと、馬子がこんなサービスをしてました。女の子の笑顔がはじけます。

b0291402_16464505.jpg



もっと先回りすると、「三之宮」の到着を待つ粋なお姐さん。浅草らしいです。

b0291402_16465565.jpg


ずらり揃った「浅草馬三会」の半纏。

b0291402_16471508.jpg


右の浅草富士浅間神社は別名が「おふじさま」。元禄年間(1688~1703)の創建と言われます。

b0291402_16473029.jpg


ここで、「三之宮」と別れ撤収~~。疲れたので、そのまま自宅に帰りました。

b0291402_16475536.jpg


この日の東京の気温は30.9度。担ぎ手も大変ですが、カメラマンも大変でした。
今週末は地元、素戔嗚神社の天王祭。あとは葛飾菖蒲祭りも始まります。



# by tabi-to-ryokou | 2017-05-31 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(14)